ワインセラーのおすすめ3選&選び方【2019年版】

ワインセラーのおすすめ3選&選び方【2019年版】

ワインはとてもデリケートなため、冷蔵庫などで保管すると劣化してしまい、せっかくの味が変化してしまうことがあります。ワインセラーを使えば適切な温度や湿度を保ち、美味しく保管することができます。家庭でも一般的になってきたワインセラーですが、コンプレッサー式やペルチェ方式などタイプが多く、選び方がわからない方や、電気代が心配な方も多いでしょう。今回はワインセラーの種類と特徴、選び方、おすすめの商品をまとめました。さくら製作所やフォルスター、ルフィエールなどの人気メーカーの商品や、日本酒も保存できる商品もご紹介します!

冷蔵庫でワインを保存すると良くない…?

冷蔵庫でワインを保存すると良くない…?

ワインはデリケートな飲み物で、適切な温度や光のもとで保存しないと味が劣化してしまいます。ワインに適した環境についてまとめると、ポイントは次の通りです。

・15度前後で湿度が65〜80%
・直射日光や蛍光灯からの光があたらない
・振動やニオイ移りの原因が少ない

冷蔵庫は温度や湿度が低く、内部にはライトもついているのでワインがダメージを受けやすくなってしまいます。ワインセラーは冷蔵庫に比べて開閉頻度も少なくなる上に、温度や湿度も管理しやすいのが特徴です。温度調整が可能で、湿度も保てるワインセラーを使えば、ワインの劣化を防ぐことができます。

家庭用ワインセラーの電気代や節電方法

家庭用ワインセラーは、タイプや商品にもよりますが、大体1ヶ月400円程度といわれています。商品や温度設定によっても電気代は変わりますので、購入前にチェックしておきましょう。電気代を節約したい方は、ワインセラーにワインを詰めすぎないようにしたり、直射日光に当たらないようにしてみてください。そうすることで温度が下がりやすく、消費電力を抑えることができます。

ワインセラーの3つの冷却方式

ワインセラーの冷却方式は3種類あり、それぞれ特徴が異なります。

冷却力がダントツ!コンプレッサー式

冷却力がダントツ!コンプレッサー式

出典:Amazon.co.jp

冷蔵庫と同じように、圧縮機を使用して冷却するタイプです。最大の魅力は、冷却力が強いことです。他のタイプと比べて振動や騒音が気になる方もいるかもしれません。何度も扉を開け閉めしても、温度を一定に保つことができます。

騒音がなく長寿命!アンモニア吸熱方式

アンモニアの気化熱によって冷却するタイプです。駆動部品を使用しないため、振動や騒音がなく、長寿命だといわれています。商品数はあまり多くありません。

家庭用はこのタイプが多い!ペルチェ方式

家庭用はこのタイプが多い!ペルチェ方式

出典:Amazon.co.jp

2種類の半導体を使用し、温度を変化させるタイプです。振動や音なく、温度を変化させることができます。家庭用ワインセラーの多くは、このペルチェ方式を採用しています。しかし、他のタイプに比べると冷却力が高くありません。

ワインセラーを選ぶポイント

何本収納できるのかによってサイズも変わる

何本収納できるのかによってサイズも変わる

出典:Amazon.co.jp

一度に何本のワインを収納できるのかをチェックしておきましょう。8本や12本ほどのものから、80本以上収納できるものまで収納本数も幅広いです。何本保存したいのかや、どれぐらいのペースで飲み切るのかによって本数を決めてください。また、収納本数が多くなればなるほど、ワインセラー本体のサイズも大きくなります。 

大事なワインには紫外線UVカットガラスを!

大事なワインには紫外線UVカットガラスを!

出典:Amazon.co.jp

紫外線UVカットガラスは、外からの光による劣化を抑えてくれる効果があります。すぐに飲み切ってしまうワインであればワインセラーのガラス面にまでこだわる必要はありませんが、10年や20年と長期保存したい場合や、大事な1本がある場合にはガラスまでこだわってみるのも良いかもしれません。

ワイン以外も保存可能かどうか

ワイン以外にも、日本酒などを保存できる商品も販売されています。日本酒などワイン以外のものも保存したい方は、ぜひチェックしてみてください。

ワインセラーの主なメーカー

さくら製作所

ワインセラーを取り扱う有名なメーカーの1つです。ワイン好きと機械好きが集まったメーカーです。ワインを熟成させ、最高の状態を維持させるためのテクノロジーが詰まっています。

フォルスター

ワインセラーのトップシェアを誇るメーカーです。ワインだけではなく環境も大切にしたいと考え、地球温暖化対策にも取り組んでいます。

都光酒販

有名ブランド「ルフィエール」を運営しています。本格派ワインセラーから、自宅で気軽に使えるシンプル&スリムなワインセラーを手掛けています。デザインもおしゃれで、部屋に馴染みやすい製品が多いです。

ワインセラーのおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値13,824円(税込)
4.33(3,746件)

この商品の特徴

12本収納できるルフィエールのワインセラーです。1万円台で購入できるので、ワインセラーを初めて購入する方にもおすすめです。シャンパンボトルも収納することができます。加湿機能がないので、コップに水をいれてセラー内に置いておくと乾燥を防ぐことができます。お手頃価格で購入したい方向けの製品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

12本収納できるルフィエールのワインセラーです。1万円台で購入できるので、ワインセラーを初めて購入する方にもおすすめです。シャンパンボトルも収納することができます。加湿機能がないので、コップに水をいれてセラー内に置いておくと乾燥を防ぐことができます。お手頃価格で購入したい方向けの製品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値60,900円(税込)
4.27(52件)

この商品の特徴

本格的にコレクションしていきたい方向けのフォルスター製のワインセラーです。2室で別々に温度設定ができるので、常飲用と長期保存用で分けて保管することができます。10〜120本まで収納サイズがあるので、ちょうど良い本数のものを選んでみてください。中の構造を変えれば、日本酒など他のお酒も保存可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

本格的にコレクションしていきたい方向けのフォルスター製のワインセラーです。2室で別々に温度設定ができるので、常飲用と長期保存用で分けて保管することができます。10〜120本まで収納サイズがあるので、ちょうど良い本数のものを選んでみてください。中の構造を変えれば、日本酒など他のお酒も保存可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値50,306円(税込)
4.19(86件)

この商品の特徴

静音性に優れ、音を床へと逃がす仕様になっているため長期保存に向いたワインセラーと言えます。一升瓶も縦にして入れることができるので、様々な種類のお酒を保管できるというメリットもあります。温度設定も0度まで設定することができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

静音性に優れ、音を床へと逃がす仕様になっているため長期保存に向いたワインセラーと言えます。一升瓶も縦にして入れることができるので、様々な種類のお酒を保管できるというメリットもあります。温度設定も0度まで設定することができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー