そば焼酎のおすすめ7選!人気の博多の華や天照も

そば焼酎とは、特有の香りと、さわやかな味わいが特徴の焼酎です。カロリーが低く、糖質を抑えることが出来るため、健康志向の方から注目されている焼酎です。美味しいおつまみと一緒に楽しめば、素敵な時間を過ごすことができます。今回は、そば焼酎の特徴や選び方、うれしい効能、そば湯割りなどの美味しい飲み方、そして焼酎を飲むときに便利なおすすめの焼酎サーバーをご紹介します。「十割」や「天照」、「博多の華」といった有名なおすすめ銘柄のそば焼酎もご紹介します。

飲みやすい焼酎が飲みたい

特有の香りとさわやかな味わいが特徴の「そば焼酎」は、低カロリーな焼酎のため、健康志向の方に選ばれています。芋焼酎や麦焼酎よりも飲みやすいため、若い人にもおすすめの焼酎です。そば焼酎は、作られ始めてからまだ歴史が浅いですが、すでに「十割」「天照」「博多の華」のような有名な銘柄も販売されています。どのそば焼酎を選べばいいのかわからない、という方に向けて、今回はそば焼酎の選び方やおすすめの銘柄をご紹介します。

そば焼酎の特徴

特有の香り・風味

そば焼酎の特徴と1つとして挙げられるのが、特有の香り・風味です。喉を通るときほのかに香るそばの苦味が心地よいと言われています。米焼酎や麦焼酎よりも強い口当たりではないため、比較的飲みやすい焼酎になります。

爽やかな味わい

そば焼酎の2つ目の特徴は、さわやかな味わいです。上品な口当たりなのですが、ほんのりと甘みを感じることが出来るため、そば本来の味わいを楽しめる焼酎です。他の焼酎と比べてさっぱりとしているため、料理に合うのも特徴のひとつです。

そば焼酎の選び方 

産地で選ぶ 

宮崎県産

出典:Amazon

1973年に宮崎県五ヶ瀬町にあった雲海酒造が、地域の特産品であるそばを有効活用するために焼酎をつくり、全国に広めたことでそば焼酎の歴史は始まりました。宮崎県の五ヶ瀬町は標高が高い場所にあるため、涼しい天候がそばの生育にピッタリです。そば焼酎の第一号は、雲海酒造がつくった「雲海」というお酒です。発祥の地である宮崎県のそば焼酎を飲んでみてはいかがでしょうか。

長野県産

出典:Amazon

長野県の信州は、「信州そば」という料理がある通り、そばの名産地として広く知られています。宮崎県の五ヶ瀬町と同じく、冷涼な気候がそばの栽培条件に適していることで、質の良いそばが育てられるのが特徴です。宮崎に遅れながらも1975年に橘倉酒造が、そば焼酎「峠」の販売を開始しました。そばの風味や味わいを強く感じることが出来るため、よりそば焼酎を味わいたい方におすすめの商品です。

蒸留法で選ぶ 

常圧蒸留

そば焼酎の蒸留法は大きく分けて2つあります。そのうちの1つが「常圧蒸留」です。常圧蒸留は昔ながらの蒸留方で、蒸留器内の気圧を下げることなく蒸留するので、そばの風味や味わいを残したまま仕上げることが出来ます。そばの風味が損なわれずにしっかりと残るため、ソーダ割りやジュース割りにしても、そば本来の味を感じることが出来ます。その反面、素材の雑味も丸ごと抽出してしまうため、クセが残るという面もあります。

減圧蒸留

2つめの蒸留法は「減圧蒸留」というものです。この方法は、蒸留器内の気圧を下げて蒸留するので、そばの雑味を出すことなく仕上げることが出来ます。雑味が出ないため、クリアな味わいになり、非常に飲みやすくなります。常圧蒸留と比較すると多少の風味は損なわれてしまいますが、飲みやすいので、初心者の方にはよりおすすめ出来る蒸留法です。

麹の種類にこだわる 

そば麹

出典:Amazon

そばの風味を極限まで楽しみたいツウな方はそば麹がおすすめです。昔は水分量の少ないそばだけで麹を作るのは難しく、米麹や麦麹を加えて作られていました。しかし、2004年に宝酒造が、そばのみを使ったそば麹の製造に成功し、そば100%で焼酎を作ることが可能になりました。そば100%の焼酎はそばの味わいや香り・風味が強いため、そば好きな方にはおすすめです。

米麹・麦麹

出典:Amazon

「そば焼酎は飲みたいけど、クセが少ないものを飲みたい」という人には、米麹や麦麹で作ったそば焼酎がおすすめです。風味や香りがひかえめなので、口当たりが優しく、女性や初心者にもおすすめです。そば焼酎選びで失敗したくないときは、飲みやすい米麹や麦麹で作られたそば焼酎が良いでしょう。

そば焼酎のおいしい飲み方 

ストレート・ロック

濃厚なコクと香りを味わいたい方には、ストレートやロックがおすすめです。ロックの場合、そば焼酎に氷を入れるとさわやかさが増して美味しくいただくことが出来ます。風味や味わいを損なうことなくそのまま味わいたい方にはおすすめの飲み方です。

お湯割り

本格的にそば本来の風味を味わいたい方には、お湯割りがおすすめです。温めることで原料の香りと風味が調和し、旨味も出てきます。ただ、お湯割りにする場合は、入れるお湯が熱すぎるとそば焼酎の風味が飛んでしまうので気を付けてください。初めにグラスに注ぐお湯は80℃~85℃くらいにして、次にそば焼酎を入れ、お湯割りしたそば焼酎が40℃~45℃ほどになるのが美味しい飲み方です。

水割り

そば焼酎をマイルドに味わいたい方には水割りがおすすめです。水割りにすると風味や味わいを残しながら、口当たりが優しいそば焼酎をいただくことが出来ます。熱い夏などにおすすめの飲み方です。

そば湯割り

そば焼酎はそば湯で割って飲むことで、両方の旨味が1つになって、よりまろやかな味わいを楽しむことが出来ます。お蕎麦屋さんへ行ったときはぜひ試してみてください。

焼酎サーバーを使って飲もう

出典:Amazon

お家で焼酎を飲むときは、「焼酎サーバー」の使用をおすすめします。片手でコックをひねるだけで焼酎が出てくるので、便利なアイテムです。入れ物も有田焼や美濃焼きなど、オシャレなものがあるので、友人を家に招いたときの話のネタにもなります。入れておくだけでも熟成が促される効果もあるので、すぐに飲まない焼酎があるときに入れておくと、後になってより美味しく飲めるのでおすすめです。

そば焼酎のおすすめ7選

最安値1,418円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値2,897円(税込)

4.80(10件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値6,123円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,317円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値2,268円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値2,530円(税込)

4.20(38件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値2,900円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

まとめ

今回は、そば焼酎の特徴や選び方からおすすめの商品までご紹介しました。気になるそば焼酎があったら、ぜひチェックしてみてください。

おすすめ記事

焼酎の人気売れ筋ランキング

おすすめキーワード

紹介されているメーカー