焼酎サーバーのおすすめ4選!カップ付きも

焼酎サーバーのおすすめ4選!カップ付きも

コックをひねるだけで焼酎が飲める「焼酎サーバー」は業務用だけでなく、家庭用にも販売されています。焼酎をいれておくと熟成をうながすという効果もあります。有田焼や美濃焼、信楽焼などのおしゃれな商品がたくさんあり、どれを購入しようか迷ってしまいますよね。そこで今回は焼酎サーバーの選び方や、おすすめ商品をご紹介します。また手入れの方法や使い方も解説しています。

焼酎サーバーとは

焼酎サーバーとは

出典:Amazon.co.jp

タンクの下部に取り付けてある水道の蛇口のようなコックから、グラスやコップに注ぐことができます。焼酎のビンをわざわざ取り出してきて、フタを開いてグラスに注ぐといった手間がいりません。コックを回せばすぐに飲むことが可能です。

焼酎サーバーの効果

焼酎サーバーの多くは陶器です。陶器には、日の光からお酒を守り、熟成をうながす効果があります。

焼酎の大敵である光を通さない

焼酎の大敵である光を通さない

焼酎などのお酒は直射日光を受けると味が変化してしまう性質があります。それは熟成とは異なり、味に悪い影響が出ます。そこでポイントなのが、焼酎サーバーの容器に使われている陶器です。陶器は日の光を通さずに焼酎を守ってくれます。室内の蛍光灯の光でさえも、焼酎に当て続けると少しずつ味が悪くなるといいます。あらゆる光をしっかりと遮ってくれる焼酎サーバーならば、安心して熟成を待つことができるでしょう。

遠赤外線の力で熟成をうながす

焼酎サーバーの容器に使われている陶器は、焼酎を熟成させるのに最適です。陶器の内部は、遠赤外線の力によって熟成がすすんでいきます。ガラス製の透明なビンなどと比べるとその違いは明らかです。数日間、サーバーの中に保存しておくだけで、焼酎の味には丸みが加わり、まろやかな口当たりとなるでしょう。

焼酎サーバーを選ぶポイント

用途に合ったサイズを選ぶ

用途に合ったサイズを選ぶ

焼酎サーバーを自分で使うために購入するつもりの方は、普段飲んでいる焼酎の入れ物がどのくらいのサイズなのかを確認しておくことをおすすめします。焼酎サーバーは保存に適した商品です。新たに焼酎をつぎ足すときには、なるべく全部の量を入れてしまうのが理想です。何度もつぎ足す手間を省けるというメリットもありますので、焼酎の入れ物に合わせてサイズを選びましょう。

また、友人などを呼んで一緒にお酒を飲むことが多い方の場合、ある程度大きなサイズの焼酎サーバーがおすすめです。焼酎は数日間熟成させると味がよくなるため、まとまった量を用意していればお酒が切れることもありません。プレゼントに焼酎サーバーを考えている方は、送る相手の方がどういったお酒の飲み方をするのかで、サーバーのサイズを決めるとよいでしょう。

陶器の種類は好みのものを

焼酎を陶器で保存すると、熟成がうながされて味がまろやかになります。土から作られた陶器はその内側に小さな穴が空いており、そこから焼酎は呼吸をします。その間は、ある程度温度が一定に保たれた暗い場所で保存しておくことが求められます。光をしっかりと遮ってくれるのも、焼酎保存に陶器が使われる理由です。きちんと作られた陶器であれば、有田焼、美濃焼、信楽焼、どれであっても十分に機能してくれます。デザイン性や手触り感などのお好みで選びましょう。

密閉性をチェック

焼酎サーバーは容器部分の陶器も大切ですが、コックやフタによってしっかりと密閉されているかどうかも味や品質に大きく影響を与えます。お酒は空気にふれることで味や品質は変化します。それが、ある程度制御された状態で期間を決めて行われるのであれば、熟成による味の向上が見込めます。しかし、無制限に空気にさらされ続けてしまうと、味も品質も低下してしまいます。きちんと密閉できるかどうか、コックやフタの締まり具合をチェックしておきましょう。

焼酎サーバーの使い方

STEP1:中身をきれいに洗う

サーバーの中身を洗います。ただ、焼酎サーバーは使い続けることで焼酎の香りが移っていくという楽しみがあります。使うたびに隅々まで洗ってしまうとその香りもなくなってしまうため、それほど頻繁に洗う必要はありません。

STEP2:焼酎は3~4日間寝かせておく

焼酎をサーバーに入れたら、3~4日間そのまま寝かしておきましょう。自宅で焼酎の熟成が手軽に行えるのは便利です。保存に適している陶器ですが、なるべく直射日光の当たらない暗所におくことをおすすめします。

STEP3. 焼酎をつぎ足す

STEP3. 焼酎をつぎ足す

焼酎サーバーのお酒がなくなれば新たな焼酎をつぎ足します。焼酎はなるべく空気にふれさせないほうがよいですが、それでもワインなどと比べると長期間おいしく飲むことが可能です。つぎ足しながら焼酎を楽しみましょう。

また、サーバーの中に焼酎と水を入れておき、水割りを熟成させる「前割り」という飲み方があります。焼酎と水がよくなじんで口当たりがよくなると評判ですが、あまりに長く保存しておくと、雑菌が繁殖して健康に害となることがあります。焼酎自体には消費期限はありませんが、保存期間には注意しましょう。

焼酎サーバーのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

アマゾンの売れ筋ランキング・焼酎サーバー部門でベストセラー1位になった商品です。焼酎サーバーの他に特製カップ2つが付いています。サーバー本体の中央に描かれたひと刷毛のデザインが印象的です。容量が2,000mlと大きいのも特徴となっており、自分用にたっぷりの焼酎を熟成させておくのもよいですし、友人や家族といっしょにお酒を楽しむにも十分なサイズでしょう。

アマゾンの売れ筋ランキング・焼酎サーバー部門でベストセラー1位になった商品です。焼酎サーバーの他に特製カップ2つが付いています。サーバー本体の中央に描かれたひと刷毛のデザインが印象的です。容量が2,000mlと大きいのも特徴となっており、自分用にたっぷりの焼酎を熟成させておくのもよいですし、友人や家族といっしょにお酒を楽しむにも十分なサイズでしょう。

焼酎サーバー本体中央に、ふくろう2匹が木の枝にとまって上方を眺めている細工が施してあります。焼酎が好きな女性も増えてきていることもあり、かわいいおしゃれなデザインはパーティーなどで話題になりそうです。容量は3リットルと大容量です。少しサイズが大きいという人には、容量2.2リットルの姉妹商品「親子ふくろう焼酎サーバー」もあります。

焼酎サーバー本体中央に、ふくろう2匹が木の枝にとまって上方を眺めている細工が施してあります。焼酎が好きな女性も増えてきていることもあり、かわいいおしゃれなデザインはパーティーなどで話題になりそうです。容量は3リットルと大容量です。少しサイズが大きいという人には、容量2.2リットルの姉妹商品「親子ふくろう焼酎サーバー」もあります。

焼酎サーバーのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

紹介されているメーカー