パーコレーターのおすすめ8選!登山やキャンプでもコーヒーを

パーコレーターのおすすめ8選!登山やキャンプでもコーヒーを

パーコレーターは豆とミルさえあれば、登山やキャンプでコーヒーを楽しむことができるアイテムです。焚き火だけではなく、IHでも使えるタイプもあるので自宅でも使用可能です。ドリップの仕組みやおいしい味わい方を知りましょう。また、パーコレーターはコーヒーだけでなく、紅茶や日本茶が飲みたい方にもおすすめです。今回はGSI、コールマン、スノーピーク、チヌークなどの人気メーカーのおすすめ商品を紹介します。ステンレスやホーローなどの素材の違いにも注目です。

キャンプでも本格的なコーヒーを楽しみたい

キャンプでも本格的なコーヒーを楽しみたい

キャンプでおいしい食事や飲み物を楽しむことがブームになっています。屋外でもおいしいコーヒーを飲みたいという方はおおいのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、パーコレーターです。パーコレーターがあれば屋外でも、本格的なコーヒーを飲むことができます。

パーコレーターとは

パーコレーターとは

出典:Amazon.co.jp

パーコレーターはステンレスやホーローなどでできたポットの中に、コーヒー豆を入れるバスケットが付属しているものをいいます。ポットでお湯を沸かしてから、コーヒー豆が入ったバスケットをポットにセットします。パーコレーターの中心部分には管が付いていて、沸いたお湯がバスケット上部まで噴出する仕組みになっています。時間をおくほどコーヒーが濃く抽出されていくので、ポットのフタのノブをよく見ながら、自分にあった濃さのコーヒを見極めましょう。

パーコレーターで淹れたコーヒーの特徴

パーコレーターで淹れたコーヒーの特徴

パーコレーターはフタ部分がガラス製になっているので、色を見ながら抽出具合を確認できます。そのため、早めに抽出を止めれば、薄めのアメリカンコーヒーを飲むことができます。逆に強めの濃いコーヒーを飲みたいなら、抽出時間を少し延ばしましょう。

パーコレーターの特徴として、抽出時間を調整することで、他のドリップ方法よりもより自分好みのコーヒーを作ることができます。しかし、蒸らす時間を長引かせすぎると雑味が多くなり、香りが飛んでしまいます。またコーヒー豆のカスがどうしても混入してしまうので、カップの底に沈殿するのを待ってから飲むのがおすすめです。火加減と時間によって毎回違う味わいのコーヒーができるのも、パーコレーターならではの特徴です。

パーコレーターの選び方 

サイズで選ぶ

パーコレーターは抽出できるカップ数によって、大きさは異なります。1カップ用は小さくコンパクトなので、単独でのアウトドアには向いています。しかしポットの底のサイズも小さくなってしまうので、小さすぎて自宅のコンロの五徳では使えない場合もあります。パーコレーターは中のバスケットを外せば、お湯をわかすポットとして調理などでも使えるので、コーヒー以外にも使いたい方は少し大きめのサイズを選ぶのもおすすめです。自分の使うシーンに応じたサイズを選びましょう。

カップ数で選ぶ

カップ数で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

パーコレーターには、抽出できるコーヒーの量がカップ数で表示されています。大きい方が便利な気がしますが、アウトドアでの持ち運びは少し大変です。またカップ数の多いパーコレーターで1人分のコーヒーを作るのは、うまく抽出しにくいことがあります。使用するシーンを良く考え、カップ数も考慮しましょう。

材質で選ぶ

アウトドア向けのステンレス

アウトドア向けのステンレス

出典:Amazon.co.jp

ステンレスはなんと言っても丈夫な点が特徴です。山などで本格的なキャンプをしたい、激しい動きをする方にはステンレスがおすすめです。見た目も光沢があるので高級感があります。また保温性もあるので、コーヒーのように温かい飲み物を入れるのに向いています。汚れも落としやすいので、アウトドアでの管理が簡単です。

デザインが豊富なホーロー

デザインが豊富なホーロー

出典:Amazon.co.jp

ホーローは割れるというイメージがある方もいますが、よほど激しい扱いをしない限りは割れることはありません。ステンレスより重たいですが、その重厚感が良いという意見もあります。またカラー展開が豊富で、ブルーやレッドなど好きなカラーのアイテムを選べます。屋外だけでなく自宅でもパーコレーターを使いたい方には、高級感があっておしゃれなホーローが人気です。

おしゃれなガラス

パーコレーターの中にはガラス製のタイプもあります。ステンレス製やホーロー製と比べると、販売されている数が少ないので珍しいです。耐熱ガラスで作られていますが、他の素材に比べて割れやすいのでアウトドアよりも自宅で使うことに向いています。コーヒーの粉を入れるバスケットもガラスで作られているので、見た目がおしゃれで洗いやすいです。

直火式か電気式か

直火式か電気式か

アウトドアをメインにパーコレーターを使いたい方には、直火式がおすすめです。しかし、電源が確保できる車の中や自宅でおいしいコーヒーが飲みたい方には、直火を使う必要がなく、安心して使うことができる電気式も人気です。電気式は直火式と違い、火力や温度の調整ができるので、温度が高くなりすぎでコーヒーに雑味がでたり、いつも味が違うということも防げます。

 IHに対応しているか

パーコレーターを自宅でも使いたい方は、IHに対応しているかどうかも重要なポイントです。自宅がガスコンロの場合でもIH対応のパーコレーターなら、ポーターブルIHも使用も可能になるので何かと便利です。パーコレーターは頻繁に買い替えるものではないので、より多くの熱源に対応しているタイプをおすすめします。

パーコレーターの使い方

パーコレーターの使い方

出典:Amazon.co.jp

パーコレーターの基本的な使い方をご紹介します。

 STEP1:豆をひく

パーコレーターを使う際には、豆をひくことは必須です。パーコレーターは、他の抽出方法よりもお湯の触れる時間が長めなので、できるだけ粗挽きで焙煎が浅めのコーヒー豆が向いています。苦みや酸味を強く感じやすい抽出方法なので、なるべく苦みや酸味の少ない豆だとおいしくコーヒーが飲めます。

STEP2:水とコーヒー粉の分量をはかる

パーコレーターにもよりますが、1カップ160ccが目安です。豆は10g~15gなので、飲みたいカップやコーヒーの濃さによって調整してください。

STEP3:お湯をわかす

ポットに先ほど量った水を入れ火にかけ、沸騰してくるまで待ちます。

STEP4:抽出する

お湯が沸騰したら火からパーコレーターを降ろし、豆を入れたバスケットをセットします。火を弱めにして3分程度待てば完成です。パーコレーターによっては、火をかけた時点でバスケットをセットして抽出する方法を推奨している場合もあります。苦いのが苦手な方やアメリカンコーヒーが好みの方は、抽出時間を短くしてください。ガラス製のフタのパーコレーターの場合は、色で抽出具合が確認できます。

STEP5:カップに注ぐ 

できたコーヒーをカップに注ぎます。パーコレーターの中にコーヒーが入ったままだと、どんどん抽出が進んでしまうので、なるべく早めにカップに注ぎましょう。大きめのパーコレーターで一気に抽出した場合は、水筒などに入れておくのがおすすめです。

パーコレーターのおすすめ8選

出典:Amazon.co.jp

高い機能性と専門的なファミリーキャンプギアを提供しているChinookのコーヒーパーコレーターです。継ぎ目のない作りなので丈夫で耐久性に優れています。ハンドルにはウッドを使用し、熱が伝わるのを防いでくれます。ノブのみ別売りもございます。収納サック付きで持ち運びも便利です。アウトドアでのコーヒータイムに大活躍してくれるグッズです。容量は約710ml、重さは約370gです。

高い機能性と専門的なファミリーキャンプギアを提供しているChinookのコーヒーパーコレーターです。継ぎ目のない作りなので丈夫で耐久性に優れています。ハンドルにはウッドを使用し、熱が伝わるのを防いでくれます。ノブのみ別売りもございます。収納サック付きで持ち運びも便利です。アウトドアでのコーヒータイムに大活躍してくれるグッズです。容量は約710ml、重さは約370gです。

出典:Amazon.co.jp

スタンレーロゴが刻印されたスタイリッシュなデザインの18/8ステンレス製パーコレーターです。軍手をしていても持ちやすい大きなハンドルが特徴です。直火での使用時はシリコンカバーは外せます。蓋は開閉しやすく、フタノブもハンドルに干渉しない様に工夫されています。食洗機の使用も可能でお手入れも楽々です。容量は1ℓ、重さは710gです。

スタンレーロゴが刻印されたスタイリッシュなデザインの18/8ステンレス製パーコレーターです。軍手をしていても持ちやすい大きなハンドルが特徴です。直火での使用時はシリコンカバーは外せます。蓋は開閉しやすく、フタノブもハンドルに干渉しない様に工夫されています。食洗機の使用も可能でお手入れも楽々です。容量は1ℓ、重さは710gです。

出典:Amazon.co.jp

ホーローのブルーのパーコレーターです。8カップ分抽出できます。容量は1200mlで、重量は576gです。大きさは直径14.8×高さ23cmです。底が広く、安定感のあるデザインが特徴です。ケトルとしても使用できます。クラシカルな雰囲気でアウトドアを盛り上げてくれるパーコレーターが欲しい方におすすめです。

ホーローのブルーのパーコレーターです。8カップ分抽出できます。容量は1200mlで、重量は576gです。大きさは直径14.8×高さ23cmです。底が広く、安定感のあるデザインが特徴です。ケトルとしても使用できます。クラシカルな雰囲気でアウトドアを盛り上げてくれるパーコレーターが欲しい方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

6カップまで抽出可能なPrestoのパーコレーターです。ステンレススチール製で、錆びにくく強度に優れています。大きさは19×10.2×25.4cmです。500wの電源を使用します。電源コードは取り外すことができます。抽出完了を示すライトが付いています。通電式で安定した味に仕上がる、ステンレス製のパーコレーターが欲しい方におすすめします。

6カップまで抽出可能なPrestoのパーコレーターです。ステンレススチール製で、錆びにくく強度に優れています。大きさは19×10.2×25.4cmです。500wの電源を使用します。電源コードは取り外すことができます。抽出完了を示すライトが付いています。通電式で安定した味に仕上がる、ステンレス製のパーコレーターが欲しい方におすすめします。

パーコレーターのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

紹介されているメーカー