シングルバーナーのおすすめ4選&選び方【アウトドア・キャンプ飯】

シングルバーナーのおすすめ4選&選び方【アウトドア・キャンプ飯】

シングルバーナーとは、アウトドアでの料理におすすめのバーナーです。本体の形状には一体型・分離型があり、BBQ(バーベキュー)や登山、キャンプといった用途に応じて選ぶことができます。また、使用する燃料もガス缶・ガソリン・灯油と様々で、イワタニやSOTO、スノーピークなどのブランドから発売されています。でも、いざ買うとなるとどれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。今回は、シングルバーナーの選び方やおすすめ商品をご紹介します。

キャンプでちょっと火を使いたいときに

キャンプでちょっと火を使いたいときに

キャンプや登山中、ちょっと小腹が空いて、インスタントラーメンが食べたいときや、ちょっとした料理をつくりたいときに、火が必要になることがあります。でもわざわざ火をおこすのも面倒ですよね…

そんなときにおすすめなのがシングルバーナーです。シングルバーナーとは、キャンプや登山の際に料理をするときや、飲み物を温めるために欠かせないアイテムです。燃料部分とストーブ部分で構成されるシングルバーナーには、一体型と分離型という形状があります。一体型はコンパクトで持ち運びがしやすく、分離型は安定感があるため鍋での調理がしやすいメリットがあります。また、使われる燃料にはガス缶・ガソリン・灯油があり、それぞれが異なる特徴を持つため、商品を選ぶときに考慮することが大切です。

人数が多いときにはツーバーナーがおすすめ

シングルバーナー以外にも、ツーバーナーという、コンロ口が2つになったバーナーもあります。少し多めに調理したいときや、人数が多いときにはツーバーナーもおすすめです。以下の記事ではツーバーナーについてご紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

シングルバーナーの選び方

シングルバーナーの「形状」「燃料」の特徴をおさえることで用途に合った商品を選ぶことができます。項目ごとに分けていきますのでチェックしてみてください。

使いやすい形状を選ぶ

シングルバーナーの形状には一体型と分離型があります。それぞれ異なる特徴を持ちますので、目的とする用途に応じて選ぶことをおすすめします。

コンパクトな一体型

コンパクトな一体型

出典:Amazon.co.jp

一体型は燃料缶の上にストーブ部分を直接乗せる構造になっています。コンパクトで持ち運びがしやすいです。ただ、安定感はあまりないため、大きな鍋での調理の場合は分離型をおすすめします。

安定感のある分離型

安定感のある分離型

出典:Amazon.co.jp

分離型は燃料と本体がホースでつながった構造をしています。本体が自立し、重心が低いので安定感があります。鍋で調理をしたい方には分離型がおすすめです。長時間持ち運ぶ場合は、重量を必ず確認してください。

燃料を選ぶ

シングルバーナーに使用する燃料には「LPガス」「ガソリン」「灯油」があります。本体の商品数としてはLPガスとガソリンが主流となっています。

ガス式(LPガス)

簡単に装着ができるガス式で使われるガス缶には「OD缶」と「CB缶」があります。高機能で扱いやすいOD缶は、火力が強いのが特徴です。CB缶と比べるとコストはかかってしまうものの、火力を重視する場合に適しています。対してCB缶はホームセンターやスーパーなどで販売されており、価格も安いです。ただ、パワーに欠ける面があるので、寒冷地などで使用する場合は火力が足りないことがあります。それぞれ異なる特徴を持ちますので、使用する環境やシーズンで使い分けることをおすすめします。

ガソリン式(ホワイトガソリン)

ガソリン式のシングルバーナーではホワイトガソリンを使用します。自動車用のガソリンが使える商品もあります。ガソリンを精製してつくられるホワイトガソリンは、揮発性が高く火力が強いのが特徴です。寒冷地や高山でも安定した火力を必要とするときに適しています。

灯油

数は少ないものの、灯油対応のシングルバーナーもあります。灯油は燃料の中でも低コストです。ただ、取り扱いには注意が必要です。

シングルバーナーの使い方

ガス式

ガス式のシングルバーナーは、取り付けが簡単なので初心者にも人気のタイプです。LPガスカートリッジをバーナー本体にセットします。あとは燃料調節のツマミをひねって点火してください。

ガソリン式

ガソリン式のシングルバーナーは、燃料タンクの中の空気を加圧して燃料を送り出す「ポンピング」という作業を行います。商品の取り扱いを守りながら、しっかり圧力をかけてください。その後は着火をしてダイヤルを回し、炎を安定させるだけです。

シングルバーナーでできる料理

シングルバーナーでできる料理

シングルバーナーではどんな料理がつくれるのか気になる方もいらっしゃるでしょう。カレーやスープ、餃子などいろいろな料理をつくることができます。以下のサイトで詳しい紹介がされていますので、ぜひチェックしてみてください。

シングルバーナーのおすすめ4選 

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値6,980円(税込)
4.50(572件)

この商品の特徴

CB缶を燃料として使う一体型のシングルバーナーです。熱効率バーナーを採用し、最大発熱2,300kcal/hのパワーを持っています。水温20度の水1Lを約4分間で95度まで上昇させることができるので、屋外の調理でも快適です。イワタニのシングルバーナーはスッキリとしたシャープなデザインが特徴で、約274gと軽量なので持ち運びが楽なのも高ポイントです。専用のハードケースも付属しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

CB缶を燃料として使う一体型のシングルバーナーです。熱効率バーナーを採用し、最大発熱2,300kcal/hのパワーを持っています。水温20度の水1Lを約4分間で95度まで上昇させることができるので、屋外の調理でも快適です。イワタニのシングルバーナーはスッキリとしたシャープなデザインが特徴で、約274gと軽量なので持ち運びが楽なのも高ポイントです。専用のハードケースも付属しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値8,100円(税込)
4.40(684件)

この商品の特徴

CB缶を燃料として使う分離型のシングルバーナーです。デザイン性の高いSOTOの商品で、大きなゴトクを採用した低重心設計により安定感が優れています。直径25cmまでであれば鍋での調理できるので、長時間のアウトドアに重宝します。圧電点火方式を採用したシンプルな構造なので、扱いやすいところも高ポイントです。重量は約690g、収納ケースもついています。燃料は別売りのSOTO製品専用容器を使用してください。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

CB缶を燃料として使う分離型のシングルバーナーです。デザイン性の高いSOTOの商品で、大きなゴトクを採用した低重心設計により安定感が優れています。直径25cmまでであれば鍋での調理できるので、長時間のアウトドアに重宝します。圧電点火方式を採用したシンプルな構造なので、扱いやすいところも高ポイントです。重量は約690g、収納ケースもついています。燃料は別売りのSOTO製品専用容器を使用してください。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値5,216円(税込)
4.63(655件)

この商品の特徴

OD缶を燃料として使う一体型のシングルバーナーです。コンパクトですがX型ゴトクで安定感があり、自動点火装置もついています。出力は3,600kcal/hと圧倒的なパワーを持っており、燃焼時間はおよそ55分です。また、約110gと軽量で、折り畳みが可能なので、コンパクトに持ち運ぶことができます。登山やハイキングなど、できるだけ荷物を増やしたくない方におすすめです。ガス缶は別売りになっていますので、合わせてチェックしてください。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

OD缶を燃料として使う一体型のシングルバーナーです。コンパクトですがX型ゴトクで安定感があり、自動点火装置もついています。出力は3,600kcal/hと圧倒的なパワーを持っており、燃焼時間はおよそ55分です。また、約110gと軽量で、折り畳みが可能なので、コンパクトに持ち運ぶことができます。登山やハイキングなど、できるだけ荷物を増やしたくない方におすすめです。ガス缶は別売りになっていますので、合わせてチェックしてください。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値6,778円(税込)
4.52(156件)

この商品の特徴

OD缶を燃料とした一体型のシングルバーナーです。本体が約350gと軽量でありながら2,800kcal/hの出力を実現した優れた商品です。高出力なので外気温に影響されにくく、連続調理に適しています。また、バーナーヘッド部分を高くして横風を防ぐ「すり鉢形状」を採用してあり、19cmまでの鍋を使用することができます。見た目の軽やかさも素敵ですが、持ち運ぶ時にゴトク部分を外してコンパクトにできるところにも注目です。専用の収納ケースも付属しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

OD缶を燃料とした一体型のシングルバーナーです。本体が約350gと軽量でありながら2,800kcal/hの出力を実現した優れた商品です。高出力なので外気温に影響されにくく、連続調理に適しています。また、バーナーヘッド部分を高くして横風を防ぐ「すり鉢形状」を採用してあり、19cmまでの鍋を使用することができます。見た目の軽やかさも素敵ですが、持ち運ぶ時にゴトク部分を外してコンパクトにできるところにも注目です。専用の収納ケースも付属しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー