グラタン皿のおすすめ3選&選び方【人気のストウブやルクルーゼも】

グラタン皿のおすすめ3選&選び方【人気のストウブやルクルーゼも】

「グラタン皿」は使用頻度が少なく、揃える機会がない方も多いと思いますが、1枚あると料理の幅が広がります。レンジや直火で使えるものもあり、中には使い捨ての商品もあります。100均やニトリなどで手軽に購入することができますが、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。そこで、今回はグラタン皿の選び方やレシピ、人気ブランドであるストウブやルクルーゼのおすすめ商品をご紹介します。また、一人用の容量や代用品などの基礎知識も解説します。

グラタン皿とは

グラタン皿とは

出典:Amazon.co.jp

グラタン皿は、グラタンをつくるときにオーブン調理できる深皿のことです。陶器やガラスなど、耐熱性がある素材でできています。出番が少ないしわざわざ買うのはちょっと、という方は、使い捨てのアルミ製カップやアルミのケーキ型でも代用できます。ニトリや100均などでも安く購入することができます。

グラタン皿の選び方

高温調理ができる耐熱調理用を選ぶ

高温調理ができる耐熱調理用を選ぶ

グラタン皿は必ず「オーブン使用可」「耐熱調理用」と記載のあるものを選びましょう。グラタンは180度以上にもなるオーブンで調理するため、耐熱性ではないお皿を使うと割れてしまう危険があります。中には直火や魚焼きグリルで使用OKのものもあります。幅広い使い方をしたい場合は、オーブン・直火OKのグラタン皿を選ぶといいでしょう。

素材は主に4種類ある

和食に合う陶器

陶器は土でできた焼き物です。土ならではのざらっとした温かみのある質感で、和食にもよく合います。冷めにくい性質があるためグラタンを熱々のまま保ってくれます。衝撃に弱く割れやすいのがデメリットです。

割れにくい磁器

磁器は石でできた焼き物です。ツルツルした質感で、衝撃に強く割れにくいのが特徴です。水や汚れが染み込みにくいため、洗いやすく清潔に保つことができます。ただし、保温性はあまりありません。

汚れを落としやすいセラミック

セラミックは陶器や磁器とは違う原料を使った焼き物です。シリコンや炭化物など様々な種類があり、衝撃や耐熱性に優れています。ビビットなレッドやブルーなどカラーも豊富で、汚れを落としやすいのも特徴です。

冷蔵にも強い耐熱ガラス

冷蔵にも強い耐熱ガラス

出典:Amazon.co.jp

耐熱ガラスはガラスなので割れやすいですが、熱にも冷蔵にも強いため使い勝手がいいのが特徴です。保温性も高いため、グラタン皿としてもバッチリです。洋風のイメージに仕上げたい方におすすめです。

大きさや深さをチェックする

グラタン皿は一人用からみんなで取り分けて食べる大きいものまで、サイズが豊富です。一人用の容量は300〜400mlが目安とされています。深さがあるものはアヒージョやスープなど、その他の調理に使うこともできます。また、深いものほどグラタンの表面と中身の焼け具合に差が出てきます。好みの火の通り具合を考え、深さを選びましょう。

電子レンジで使えると調理が楽に

オーブンで使える耐熱性であっても、レンジで使用できるとは限りません。電子レンジ対応のグラタン皿を選ぶと、冷めたグラタンを温め直すときも便利です。また電子レンジで使えるものだと、グラタン調理以外でもグラタン皿を活用しやすくなります。

オーブンから取り出しやすい形状もある

オーブンから取り出しやすい形状もある

グラタン皿は高温になるため、持ちやすいかどうかが大切です。厚手の鍋つかみでもすべらずしっかり持てるよう、長めの取っ手がついているものがおすすめです。オーブン内で移動しやすいよう菜箸を引っ掛ける穴があいているものもあります。

汚れが落ちやすい加工がされているか

グラタン皿はチーズのこげや濃厚なホワイトソースがこびりつきやすいですよね。フッ素加工など汚れが落ちやすい加工がしてあると、食器洗いやお手入れが楽になります。食器洗浄機を使用している方は、食器洗浄機対応かどうかもチェックしておきましょう。

グラタン皿を使ったおすすめレシピ

グラタン皿を使ったおすすめレシピ

グラタン皿はグラタンだけでなく、様々な料理に応用できます。今回は、グラタン皿を使ったキッシュのレシピをご紹介します。

STEP1:具材を切って炒める

ほうれん草やじゃがいもなど具材を食べやすい大きさに切ります。フライパンにバターを熱して、火が通るまで軽く炒めます。

STEP2:卵液をつくる

卵・塩コショウ・生クリームを混ぜて卵液をつくります。

STEP3:グラタン皿に入れてオーブンで焼く

グラタン皿にSTEP1で炒めた具材を敷きつめます。チーズを振りかけたあと卵液を流し込み、180度のオーブンで25分焼いて完成です。

詳しい材料やレシピは、動画で確認できるこちらを参考にしてください。

グラタン皿の主なブランド

ストウブ

ストウブはフランスの伝統的な製法でつくられている鋳物ホーロー鍋専門ブランドです。おしゃれな見た目とセラミックやホーロー素材の特徴を活かした確かな品質から、世界中の料理人や料理愛好家に人気のブランドです。

ルクルーゼ

ルクルーゼは鋳物ホーロー鍋をはじめ、ステンレスやスチール、ストーンなど様々な素材を積極的に取り入れたキッチンウェアブランドです。見た目のおしゃれさはもちろん、インドではカレー鍋、日本ではすきやき鍋など、国の食文化にあったラインナップも特徴的です。

グラタン皿のおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,004円(税込)
4.70(8件)

この商品の特徴

2人分がたっぷりつくれるセラミック素材のグラタン皿です。食洗機対応、表面にエマイユ加工がされているため汚れが落ちやすくお手入れも簡単です。ターコイズ、レッド、グレーなど、カラーにこだわりたい方も満足のいくラインナップも魅力です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

2人分がたっぷりつくれるセラミック素材のグラタン皿です。食洗機対応、表面にエマイユ加工がされているため汚れが落ちやすくお手入れも簡単です。ターコイズ、レッド、グレーなど、カラーにこだわりたい方も満足のいくラインナップも魅力です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値3,283円(税込)
4.57(23件)

この商品の特徴

蓋付きのミニココットタイプのグラタン皿です。260度までオーブン調理可能で、電子レンジ、冷蔵・冷凍にも対応しているので使い勝手はバッチリです。深めのタイプなのでスープ皿としても使えます。様々な料理に活用したい方におすすめのグラタン皿です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

蓋付きのミニココットタイプのグラタン皿です。260度までオーブン調理可能で、電子レンジ、冷蔵・冷凍にも対応しているので使い勝手はバッチリです。深めのタイプなのでスープ皿としても使えます。様々な料理に活用したい方におすすめのグラタン皿です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,061円(税込)
3.90(71件)

この商品の特徴

陶器でできた日本製のグラタン皿です。オーブン・レンジ・直火OKなので、アヒージョにもぴったりです。持ち手があるので持ちやすく、汚れも落としやすいのが魅力です。国産で価格の安いグラタン皿を探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

陶器でできた日本製のグラタン皿です。オーブン・レンジ・直火OKなので、アヒージョにもぴったりです。持ち手があるので持ちやすく、汚れも落としやすいのが魅力です。国産で価格の安いグラタン皿を探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー