絵本のおすすめ14選!子どもの年齢に合わせて紹介

絵本のおすすめ14選!子どもの年齢に合わせて紹介

絵本は、0歳の赤ちゃんから大人まで楽しめ、子どもの学習にも役立ちます。小学生になると自分で文字が読めるようになってきますが、絵本を読み聞かせている間の親子のコミュニケーションは貴重なものです。今回は、1歳〜2歳、3歳〜4歳、5歳〜6歳と子どもの年齢に合わせた絵本の選び方や、おすすめの商品をご紹介します。

絵本の魅力

語彙力が上がる

絵本は、言葉を絵に繋げて覚えることができるので記憶しやすく、子どもの語彙力が身に付くのを助けてくれます。また、絵本の読み聞かせをすることで、言葉を音として耳で聞くことができるため、文字だけを見て覚えるよりも言葉を覚えるのが早くなります。初めのうちは意味を知らなくても、言葉の音やリズム感を楽しみながら段々と新しい言葉として覚えて、次第に会話で使えるようになるでしょう。

集中力が身につく

集中力が身につく

子どもは、長い時間じっとしていられないことも多くあります。本を読んだり、読み聞かせを習慣的に行ったりすることで、文字や絵を追って集中する力が見につくので、徐々に落ち着いて聞ける時間を伸ばしていくことができます。子どもの興味をひきやすい絵本や、話の流れが分かりやすい内容のものを選んで、お気に入りができたら何度も読み聞かせしてあげましょう。また、集中力を養うためには途中で質問をしたり、説明を加えるなど話を途切れさせることなく、子どものペースで読み進めることがおすすめです。

感受性が豊かになる

絵本には、様々な表現やストーリーが出てきます。それらを通じて多様な感情表現を学ぶことで、情緒や感受性の発達に繋がります。情緒が豊かになると喜怒哀楽といった感情表現を使ってコミュニケーションが取れるようになるでしょう。また、感受性が豊かになると物語に共感したり、登場人物の気持ちを考えることで、実際の生活でも相手の気持ちを想像したり、思いやりを持って接することができるようになります。

親子のコミュニケーションに繋がる

親子のコミュニケーションに繋がる

読み聞かせの時間を習慣的に持つことで、親子のスキンシップに繋がり、普段の会話にも幅が生まれます。特に毎日の生活でコミュニケーションを取る時間が少ない場合は、就寝時などを利用して読み聞かせの時間をつくることがおすすめです。近い距離に寄り添って読み聞かせすることで、愛情を存分に伝えてあげましょう。

絵本の選び方

1〜2歳児にはわかりやすい絵本

色がはっきりしたもの

色がはっきりしたもの

出典:Amazon.co.jp

言葉を覚えたての1〜2歳頃は、話の内容や文字情報よりも絵に注目しやすいです。はっきりとした色遣いで、絵の形や輪郭がくっきりと分かりやすいものを選んであげると興味を持ちやすくなります。

効果音や音の響きがおもしろいもの

日本語は音の描写表現がとても豊かで、絵本や童謡にも多用されています。「トントン」「きらきら」などの擬音語や擬態語などのオノマトペは、リズム感があるため耳に残りやすく、子どもが真似して口に出しやすい言葉です。動物の鳴き声や車の音などオノマトペから覚えて、徐々にものの名前を覚えていくこともあるので、特徴的な効果音や音の響きがある絵本を選ぶのもおすすめです。

繰り返しのストーリーで構成されているもの

1歳に近くなると興味を持った遊びを何度も繰り返すようになります。絵本の内容も同じパターンが繰り返されるものだと、ストーリーを理解しやすく頭に残りやすいです。また、物語の展開を覚えるとまた同じ絵本を読みたがるので、暗記するくらいに繰り返し読んであげるのがいいでしょう。

絵が優しいタッチのもの

絵が優しいタッチのもの

出典:Amazon.co.jp

複雑すぎる絵や怖そうに見える絵だと興味を持ちにくいので、優しいタッチの分かりやすい絵を選ぶと良いでしょう。動物や人が登場する絵本なら表情が読み取りやすい絵や、登場人物に親近感を持てる優しい雰囲気の絵がおすすめです。

3〜4歳児にはよりストーリー性がある絵本

楽しく優しいストーリー性があるもの

3歳頃になると物語の面白さが理解できるようになってきます。好奇心旺盛なこの時期は、絵本を通して新しい言葉や物事を学ぶことが楽しくなります。絵本の長さに関わらず気に入ったものがあったら、何度も繰り返し読んであげましょう。

日常生活の一部を扱ったもの

日常生活の一部を扱ったもの

出典:Amazon.co.jp

話の内容は、より具体的で想像しやすいテーマのものや、登場人物と自分を重ねて考えやすいものが適しています。毎日の食事や歯磨き、着替えなどイメージしやすい題材だとより楽しめます。

分かりやすい言葉を使っているもの

家族や友達との会話を通して言語能力が発達してくる時期です。新しい言葉を覚えることにも興味を持っているので、分かりやすい言葉で書かれた絵本を選ぶのがおすすめです。

子どもの興味のある題材のもの

子どもの興味のある題材のもの

出典:Amazon.co.jp

3〜4歳は興味のあるものやこだわりがはっきりとしてくるので、子どもの興味に合わせて絵本を選んであげると、飽きが来ず長く集中していられます。乗り物や動物、買い物、キャラクターものなど、子どもがもっと知りたいと思えるものを題材にしている本を選びましょう。本屋さんや図書館で子どもと一緒に選ぶのも良いかもしれません。

5歳児以上は濃い内容の絵本にも挑戦してみよう

5歳児以上は濃い内容の絵本にも挑戦してみよう

出典:Amazon.co.jp

5歳を過ぎたら少し複雑なストーリーも読んでみると良いでしょう。わくわくした気持ちになる冒険ものや、チャレンジ精神を掻き立てる物語は、書いていないことまで想像を膨らませ、想像力を身に着けることができます。毎日少しずつ読む長編童話も、本への興味が深まりやすいのでおすすめです。

大人でも楽しめる絵本も

大人でも楽しめる絵本も

出典:Amazon.co.jp

大人になってからも、絵と一緒に文字を読むことで、言葉を改めてじっくりと味わうことができます。短くてストレートな文章と、世界観のある絵に、大人でも感動を覚えます。絵本のストーリーは、生きるために大切なことや、日々の生活で忘れかけていたことを思い出させてくれます。また、内容を知っている絵本でも、子どもと一緒に読むことで新たな発見をすることができます。

絵本の読みきかせ方

絵本の読みきかせ方

絵本を読み聞かせしてあげるときは、子どものペースで進めることが大切です。寝そうなときは途中で切り上げて、前に戻りたくなったら再度読んであげるなど臨機応変に対応しましょう。子どもの想像力を邪魔しないように大げさな読み方はせず、ゆっくりと心を込めて読むと効果的です。絵がよく見える位置に絵本を置いて、ページはゆっくりとめくることを心がけましょう。

1〜2歳児向け絵本のおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

はじめての言葉の勉強におすすめな、オノマトペ絵本です。水道の音、自動車の音、犬の泣き声などの身近な音が、ポップなイラストと合わせて紹介されています。物の名前や形を、音と関連付けて覚えさせたい時期に役立ちます。おでかけ先にも持ち運びやすい、ミニサイズの絵本です。

この商品の特徴

はじめての言葉の勉強におすすめな、オノマトペ絵本です。水道の音、自動車の音、犬の泣き声などの身近な音が、ポップなイラストと合わせて紹介されています。物の名前や形を、音と関連付けて覚えさせたい時期に役立ちます。おでかけ先にも持ち運びやすい、ミニサイズの絵本です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

松谷みよ子の赤ちゃん向けの絵本です。日本で初めての赤ちゃん向けの絵本としてつくられました。語りかけるように読み聞かせがしやすい構成なので、赤ちゃんと絵本を通じて触れ合うことができる内容になっています。子どもとのコミュニケーションを深めるきっかけの絵本としておすすめです。

この商品の特徴

松谷みよ子の赤ちゃん向けの絵本です。日本で初めての赤ちゃん向けの絵本としてつくられました。語りかけるように読み聞かせがしやすい構成なので、赤ちゃんと絵本を通じて触れ合うことができる内容になっています。子どもとのコミュニケーションを深めるきっかけの絵本としておすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

エリックカール著、もりひさし訳の仕掛けつき絵本です。ページに穴が空いた仕掛けがしてあるので、小さな子どもでも興味を持ちやすくなっています。カラフルな色使いや絵本に登場する様々なおいしそうな食べ物は、子どもの目を惹きつけることができます。数字や曜日もでてくるので、絵本を読みながら子どもの数字や曜日の勉強にもなります。

この商品の特徴

エリックカール著、もりひさし訳の仕掛けつき絵本です。ページに穴が空いた仕掛けがしてあるので、小さな子どもでも興味を持ちやすくなっています。カラフルな色使いや絵本に登場する様々なおいしそうな食べ物は、子どもの目を惹きつけることができます。数字や曜日もでてくるので、絵本を読みながら子どもの数字や曜日の勉強にもなります。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

五味太郎著の幼児向け絵本です。主人公のきんぎょを子どもが指を差しながら探せる絵探しの本です。きんぎょを探すときの集中力や、指差しをする動作など、ただ読み聞かせをするよりも子どもが積極的に参加できる内容になっています。子どものはじめての絵探しの本としておすすめです。

この商品の特徴

五味太郎著の幼児向け絵本です。主人公のきんぎょを子どもが指を差しながら探せる絵探しの本です。きんぎょを探すときの集中力や、指差しをする動作など、ただ読み聞かせをするよりも子どもが積極的に参加できる内容になっています。子どものはじめての絵探しの本としておすすめです。

3〜4歳児向け絵本のおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ホットケーキを題材とした、若山憲氏の絵本です。ストーリーはシンプルで、主人公のこぐまちゃんがお母さんと一緒にホットケーキをつくります。料理や洗い物など日々の生活に近いお話で、言葉も日常でよく使う表現が多く出てくるので、子どもも親しみを感じやすい作品です。ぽたん、ぴちぴちといった擬音や短い言葉が多いことも特徴です。

この商品の特徴

ホットケーキを題材とした、若山憲氏の絵本です。ストーリーはシンプルで、主人公のこぐまちゃんがお母さんと一緒にホットケーキをつくります。料理や洗い物など日々の生活に近いお話で、言葉も日常でよく使う表現が多く出てくるので、子どもも親しみを感じやすい作品です。ぽたん、ぴちぴちといった擬音や短い言葉が多いことも特徴です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

なかがわりえこ著、おおむらゆりこが絵を担当している絵本です。ぐりとぐらシリーズの一番最初の絵本で、繰り返されるお決まりの言葉が読み聞かせにもぴったりです。温かく優しい色使いと、ぐりとぐらのわくわくするストーリーは子どもの興味を引きやすいでしょう。読み聞かせは3才から、自分で読むなら小学校低学年からがおすすめです。

この商品の特徴

なかがわりえこ著、おおむらゆりこが絵を担当している絵本です。ぐりとぐらシリーズの一番最初の絵本で、繰り返されるお決まりの言葉が読み聞かせにもぴったりです。温かく優しい色使いと、ぐりとぐらのわくわくするストーリーは子どもの興味を引きやすいでしょう。読み聞かせは3才から、自分で読むなら小学校低学年からがおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

A・トルストイ著、内田莉莎子訳、佐藤忠良画のロシアの昔話の絵本です。リズミカルな文章の響きは読み聞かせにぴったりで、子どももいっしょに掛け声をかけることができます。内容もシンプルでわかりやすく、文章を声に出して読むことで楽しい絵本です。読み聞かせは3才から、自分で読むなら小学校低学年からがおすすめです。

この商品の特徴

A・トルストイ著、内田莉莎子訳、佐藤忠良画のロシアの昔話の絵本です。リズミカルな文章の響きは読み聞かせにぴったりで、子どももいっしょに掛け声をかけることができます。内容もシンプルでわかりやすく、文章を声に出して読むことで楽しい絵本です。読み聞かせは3才から、自分で読むなら小学校低学年からがおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

エウゲーニー・M・ラチョフ絵、内田莉莎子訳のウクライナ民話の絵本です。様々な動物がでてくるので、動物の名前と姿を覚えることもできます。手袋にどんどん動物たちが入りぎゅうぎゅうになっていくストーリーはラストまで印象深く、冬にぴったりな絵本です。動物好きな子どもにおすすめです。

この商品の特徴

エウゲーニー・M・ラチョフ絵、内田莉莎子訳のウクライナ民話の絵本です。様々な動物がでてくるので、動物の名前と姿を覚えることもできます。手袋にどんどん動物たちが入りぎゅうぎゅうになっていくストーリーはラストまで印象深く、冬にぴったりな絵本です。動物好きな子どもにおすすめです。

5歳児以上向け絵本のおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

シェル・シルヴァスタイン著、村上春樹訳の絵本です。シンプルながら愛について考えさせられるストーリーは、ただ見て読んで楽しめるだけでなく子どもの道徳の勉強にもなるでしょう。子どもだけでなく、大人も読むことで気づいたり考えさせられる内容の深い絵本です。

この商品の特徴

シェル・シルヴァスタイン著、村上春樹訳の絵本です。シンプルながら愛について考えさせられるストーリーは、ただ見て読んで楽しめるだけでなく子どもの道徳の勉強にもなるでしょう。子どもだけでなく、大人も読むことで気づいたり考えさせられる内容の深い絵本です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

いわむらかずお著の「14ひきのシリーズ」の絵本です。細かく丁寧に描かれた自然や家族の日常の様子などの絵は、ページをめくるごとにじっくり見入ってしまうほど描き込まれているので、子どもだけでなく大人も見て楽しめます。優しい色合いと、短く読みやすい文章なので小さなこども向けの絵本としてもおすすめです。

この商品の特徴

いわむらかずお著の「14ひきのシリーズ」の絵本です。細かく丁寧に描かれた自然や家族の日常の様子などの絵は、ページをめくるごとにじっくり見入ってしまうほど描き込まれているので、子どもだけでなく大人も見て楽しめます。優しい色合いと、短く読みやすい文章なので小さなこども向けの絵本としてもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

島田ゆか著の「バムとケロシリーズ」の絵本です。カラフルな色使いや隅々まで描かれた細かい絵、ユーモアのあるキャラクターたちが年齢問わず読者をわくわくさせてくれます。ページの様々なところに一度読んだだけでは気づかないようなストーリーや発見があるので、何度でも読み返したい絵本です。

この商品の特徴

島田ゆか著の「バムとケロシリーズ」の絵本です。カラフルな色使いや隅々まで描かれた細かい絵、ユーモアのあるキャラクターたちが年齢問わず読者をわくわくさせてくれます。ページの様々なところに一度読んだだけでは気づかないようなストーリーや発見があるので、何度でも読み返したい絵本です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

マーカス・フィスター著、谷川俊太郎訳の絵本です。ちりばめられた、にじいろのさかなのキラキラとしたうろこは子どもが喜びそうです。メッセージが込められたシンプルなストーリーは、子どもが少し大きくなってから読み直したときに新たな発見になるでしょう。絵本がキラキラと光るのが珍しく、特徴的なのでプレゼントとしてもおすすめです。

この商品の特徴

マーカス・フィスター著、谷川俊太郎訳の絵本です。ちりばめられた、にじいろのさかなのキラキラとしたうろこは子どもが喜びそうです。メッセージが込められたシンプルなストーリーは、子どもが少し大きくなってから読み直したときに新たな発見になるでしょう。絵本がキラキラと光るのが珍しく、特徴的なのでプレゼントとしてもおすすめです。

大人向け絵本のおすすめ2選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

湯元香樹実著、酒井駒子絵の絵本です。時間と愛する人の死、悲しみを乗り越えていくことなど、多くの人に寄り添うストーリーになっています。絵本という形を取ることで、文章だけでは表現できない大切なメッセージを伝えてくれます。親子でいっしょに読んだり、プレゼントとしてもおすすめの一冊です。

この商品の特徴

湯元香樹実著、酒井駒子絵の絵本です。時間と愛する人の死、悲しみを乗り越えていくことなど、多くの人に寄り添うストーリーになっています。絵本という形を取ることで、文章だけでは表現できない大切なメッセージを伝えてくれます。親子でいっしょに読んだり、プレゼントとしてもおすすめの一冊です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

母親になり、子育てをしていく中での喜びや不安、苦しみ、寂しさ、子どもへの愛情や思いなどが、シンプルで簡潔な文章で表現された絵本です。1ページ1文の短い文章ですが、母親が子育て中に感じた思いが一つ一つ心にしっかり刺さるので、妊娠中の方や、新米ママさんでこれから子育てを行う方にぴったりです。女の子の成長を追った内容なので、女の子ママに特におすすめです。

この商品の特徴

母親になり、子育てをしていく中での喜びや不安、苦しみ、寂しさ、子どもへの愛情や思いなどが、シンプルで簡潔な文章で表現された絵本です。1ページ1文の短い文章ですが、母親が子育て中に感じた思いが一つ一つ心にしっかり刺さるので、妊娠中の方や、新米ママさんでこれから子育てを行う方にぴったりです。女の子の成長を追った内容なので、女の子ママに特におすすめです。

絵本のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー