Androidスマホのおすすめ10選!豊富なラインナップ【2019年版】

Androidスマホのおすすめ10選!豊富なラインナップ【2019年版】

「アンドロイドスマホ」とは、Google社の「Android OS」を搭載するスマートフォンのことです。日本では「アンドロイドスマホ」とApple社の「iPhone」の大きく分けて2種類のスマホが販売されています。アンドロイドスマホは、iPhoneと比べて「カスタマイズ性が高い」「多種多様なアプリが豊富」「バージョンアップの際の最新技術の導入が早い」などのメリットがあります。また、アンドロイドスマホの充電器には、上下の向きを選ばない形状の「USB type-C」も登場したり、各シリーズに対応するケースも販売されています。今回は、アンドロイドスマホの特徴や選び方とおすすめ商品をご紹介します。

Android OSの特徴

現在、日本で販売されているスマホのOSには、Google社の「Android OS」とApple社の「iOS」の2種類があります。ちなみに「OS」とは「オペレーティング・システム」の略で、スマホを制御・管理する頭脳部分のソフトウェアのことです。ここでは、「Android OS」の特徴をご紹介します。

カスタマイズ性が高い

「Android OS」の最大の特徴は、カスタマイズ性が高いことです。ホーム画面を自分好みにカスタマイズすることで、使い勝手を良くすることができます。

ホーム画面のアイコン数&大きさを変更できる

ホーム画面のアイコン数&大きさを変更できる

出典:Amazon.co.jp

「Android OS」では、ホーム画面のアイコン数や大きさを自由に変更できます。「Android OS」では、「ランチャー」と呼ばれるアプリがホーム画面を制御しています。この「ランチャー」は、「Google Play Store」で有料・無料ともに数多く販売されており、ランチャーを変更することでホーム画面を自由に変更することができます。「iPhone」では、ホーム画面に並ぶアイコン数や大きさの変更はできないので、この機能は「Android OS」ならではのメリットと言えます。

ホーム画面に表示するアプリを選べる

「Android OS」では、インストールしたアプリは、「ドロワー」と呼ばれるアプリの一覧画面に全て保存されます。使いたいアプリはこの「ドロワー」から選ぶのが基本ですが、ドロワー内のアプリを長押しすることで、ホーム画面に表示させることもできます。「iPhone」では、インストールしたアプリは強制的にホーム画面に表示されますが、「Android OS」では、よく使うアプリをピックアップしてホーム画面に表示させることができるのがメリットです。

ウィジェット機能で欲しい情報が常に確認できる

「Android OS」では、「ウィジェット機能」を活用することで、アプリを常に開いた状態で小さく起動させておくことができます。天気予報アプリやメモアプリなど毎日のように確認したいアプリを常にホーム画面上に表示できる使い勝手の良い機能です。ウィジェットアプリは、「Google Play Store」で購入することができます。

ラインナップが豊富

ラインナップが豊富

出典:Amazon.co.jp

アンドロイドスマホは、iPhoneよりも豊富な端末のラインナップがあります。その理由として、iPhone端末の製造は、Apple社が独占していますが、アンドロイドスマホはSonyやSamsung(サムスン電子)など様々なメーカーによって製造されているからです。メーカーごとの強みを生かしたデザイン、スペック、機能性が異なる個性豊かなラインナップがあります。

端末の操作性が高い

アンドロイドスマホには、中央にある「ホームボタン」の他に、一つ前の画面に戻る「戻るボタン」と「最近のタスク」表示ボタンが左右に配置されています。初心者でも端末操作がしやすい仕組みです。iPhoneでは、ホームボタンが一つだけのシンプルな構造の仕組みを採用しています。

SDカードを使える

アンドロイドスマホには、多くの機種に「SDカードスロット」が搭載されています。SDカードを使ってデータ保存容量を増やせるので、写真や音楽データなどをたくさん保存したい方におすすめです。iPhoneには「SDカードスロット」がないので、あらかじめ自分が必要な容量の機種を選ぶ必要があります。

Androidスマホの選び方

購入方法

スマホ本体の購入方法には、「docomo」「au」「softbank」などの大手キャリアで購入する「キャリアスマホ」と、キャリアを限定せずスマホ本体だけを購入する「SIMフリースマホ」の2種類があります。「キャリアスマホ」には、端末を契約キャリア以外では使えないように制限する「SIMロック」がかけられています。一方で「SIMフリースマホ」には、「SIMロック」がかけられていないので、通信会社を自由に選ぶことができます。但し、2015年5月以降に販売された「キャリアスマホ」については「SIMロック解除」が義務付けられているので、キャリアでSIMロックを解除してもらえば、「SIMフリースマホ」と同様に自由に通信会社を選ぶことができます。

サポートが充実!キャリアスマホ

「キャリアスマホ」のメリットは、サポート体制が充実していることです。「docomo」「au」「softbank」などの大手キャリアは全国にたくさんの店舗があるので、困ったときに手厚いサポートが受けられるという安心感があります。また、「SIMフリースマホ」よりも高性能で多機能な機種が豊富で、通信が安定しているというメリットもあります。デメリットとしては、スマホの本体価格や通信料が高いことです。また、2年契約の縛りがあり、解約月以外に解約すると違約金が発生します。

月額料金が安い!SIMフリースマホ

「SIMフリースマホ」の最大のメリットは、スマホ本体や月額使用料が圧倒的に安く抑えられることです。「SIMフリースマホ」は、通信会社を選ばずに本体を購入できるので、好きなスマホと通信会社を組み合わせることができます。スマホ本体は、1万円台から販売されています。また、月額料金には、「キャリアスマホ」の半額程度のものや、月額が数百円のプランなどもあります。デメリットとしては、格安の通信会社には実店舗が少ないのでサポートが受けにくい場合があること、時間帯によって通信速度が遅くなる場合もあることです。

性能(CPU)

CPUとは、「セントラルプロセッシングユニット」の略で、スマホの全ての動作に影響を与える頭脳部分のことです。CPUの性能が高いほどデータ処理が速くなり、スマホ動作が快適になります。CPUの性能は、「コア数」と「周波数」で表されます。「CPU=人間の作業能力」と例えると、「コア数=作業する人数」「周波数=作業スピード」となります。「コア数」には、「シングルコア(1コア)」「デュアルコア(2コア)」「クアッドコア(4コア)」「ヘキサコア(6コア)」「オクタコア(8コア)」の5種類があります。「コア数」と「周波数」が共に高いスマホほどCPUの性能が高くなります。

メモリ容量(RAMとROMについて)

メモリ容量(RAMとROMについて)

一度に複数のアプリを開く方は「RAM」が大きいものを

「RAM」とは「Random Access Memory」の略で、CPUがデータ処理を行ったり画面上にデータを表示する場合に使う作業領域のことです。簡単に言い換えれば、「RAM」は作業する「机の広さ」になります。「RAM」のメモリが大きいほどスマホの作業量が増えるので、同時にたくさんのアプリを開くことができます。一般的なスマホの「RAM」は1~4GB程ですが、最新機種の中には6GBを搭載するモデルもあります。

アプリやゲームをたくさん使う方は「ROM」が大きいものを

アンドロイドスマホにおける「ROM」とは「Read Only Memory」の略で、スマホ本体の内蔵ストレージのことです。「ROM」のメモリが大きいほど、「アプリ」「ゲーム」「画像」「動画」などたくさんのデータを本体に保存することができます。アンドロイドスマホでは保存媒体として「microSDカード」も使えますが「ROM」の方がデータ処理が速いので、「ROM」に保存されるアプリの方が起動が速くなります。「ROM」には、「64GB」「32GB」「16GB」「8GB」「4GB」などの種類があり、数字が大きいものほど容量が大きくなります。

サイズ

スマホを選ぶ際には、画面サイズも重要なポイントです。最近は5.5インチ以上の大画面スマホが登場していますが、5.0インチ以下の小さなスマホにも根強い人気があります。ここでは、大きいサイズと小さいサイズのスマホのメリット・デメリットをご紹介します。

軽量で片手にフィットする!5.0インチ以下

軽量で片手にフィットする!5.0インチ以下

出典:Amazon.co.jp

5.0インチ以下の小型スマホのメリットは、軽量で手の小さな女性でも操作がしやすいことです。アンドロイドスマホの中には、「4.6インチ」などの機種があります。片手でも操作がしやすいので、荷物で片手がふさがっている外歩きなどのシーンでも活躍します。デメリットとしては、大型スマホと比べると性能が劣ること、文字や動画が見づらい場合があることです。日々の使いやすさを重視する方におすすめです。

高性能で画面が見やすい!5.5インチ以上

高性能で画面が見やすい!5.5インチ以上

出典:Amazon.co.jp

5.5インチ以上の大画面スマホには、「4K動画」「ハイレゾ音源」など最新機能が搭載されている機種が多いのが特徴です。大画面スマホには、動画視聴やゲームがしやすく文字も読みやすいというメリットがあります。スマホ端末で映画やゲーム、読書などを楽しみたい方におすすめです。デメリットとしては、重量があり片手では操作しにくいこと、ポケットには入らないことなどがあります。また、高性能なので小型スマホよりも価格は高めです。

カメラ機能

カメラ機能

スマホのカメラ機能は年々進化しており、最近ではデジカメ代わりにスマホのカメラを使う方も増えています。カメラ機能は、スマホ選びの重要なポイントと言えます。ここでは、スマホのカメラ性能についてご紹介します。

画素数をチェック

カメラの性能を見るときはまず、「画素数」をチェックしましょう。「画素数」とは、画像を構成する素子数のことです。画素数が多いほどきめ細やかな写真になります。画質の良い写真を撮りたい方は、「2000万画素以上」を目安に選ぶことをおすすめします。

F値をチェック

「F値」とは、レンズが光を取り込む明るさを示すものです。「F値」は、「F1.4」「F2」「F2.8」「F4」などと表記されます。「F値」は数字が小さいほどたくさん光を取り込んで明るい写真が撮れる、ピントを合わせた前後のぼかしやすくなるという特徴があります。夜景や暗い場所での撮影や、背景をぼかしたおしゃれな写真を撮りたい方は、「F値」の数字が小さいものがおすすめです。

ISO感度をチェック

「ISO感度」とは、カメラが光を捉える能力のことです。「ISO感度」が高いほど、暗所でもよりクリアな撮影ができます。夜景や花火を綺麗に撮影したい方におすすめです。アンドロイドスマホでは、マニュアル撮影モードにすることで、「ISO感度」を調節できる機種があります。

バッテリー・充電方法

バッテリー・充電方法

充電性能が高い!「充電専用ケーブル」

「充電専用」の充電器は、その名の通り充電だけができるタイプです。PCと接続してもデータ転送はできませんが、余計なスペックがない分、充電性能が高いタイプです。Android端末を「AC充電モード」にすることで、素早く充電ができます。価格が安いというメリットもあります。

データ転送もできる!「通信ケーブル」

「通信ケーブル」は、PCと接続することでPCから充電しながらデータ転送などもできるタイプです。端子形状が「microUSB」であれば、デジカメやポータブルHDDなど多くのパソコン周辺機器との接続も可能です。

素早く充電が完了する!「急速充電対応ケーブル」

「急速充電ケーブル」は、通常の充電器の約2倍の速さで充電できるタイプです。但し、接続するスマホや機器が急速充電に対応していることが条件となります。

機能

アンドロイドスマホには、現金を持ち歩かずにショッピングができる「おサイフケータイ」、汗や雨などの水濡れに強い「防水機能」、スマホ紛失時などにも安心な「指紋認証機能」など様々な便利機能が搭載されています。ライフスタイルや用途に合う機能を選べば、スマホの使い勝手が格段にアップするのでおすすめです。

Androidスマホのおすすめ10選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値26,897円(税込)
4.30(327件)

この商品の特徴

HUAWEI(ファーウェイ)の5.84インチ大画面スマートフォンと、UQモバイルのSIMがセットになった商品です。SIMカードを別で契約しなくても使えるので、SIMフリースマートフォンが初めての方でも迷わず使えます。指紋認証に加え、顔認証にも対応しているので、画面を見つめるだけでロック解除も可能です。初めてSIMフリースマホを検討中の方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

HUAWEI(ファーウェイ)の5.84インチ大画面スマートフォンと、UQモバイルのSIMがセットになった商品です。SIMカードを別で契約しなくても使えるので、SIMフリースマートフォンが初めての方でも迷わず使えます。指紋認証に加え、顔認証にも対応しているので、画面を見つめるだけでロック解除も可能です。初めてSIMフリースマホを検討中の方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値22,920円(税込)
4.10(77件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値8,937円(税込)
3.50(312件)

この商品の特徴

Android 8.1のOSを搭載したSIMフリースマートフォンUMIDIGI A3です。SIMカードスロットにはNano SIM2枚とMicro SD1枚が入れられます。5.5インチの大画面なので、動画も写真も見やすいです。背面に指紋認証のセンサーがついているので、ワンタッチでロックを解除できます。スマートフォンの2台持ちをしたい方、サブで持ちたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

Android 8.1のOSを搭載したSIMフリースマートフォンUMIDIGI A3です。SIMカードスロットにはNano SIM2枚とMicro SD1枚が入れられます。5.5インチの大画面なので、動画も写真も見やすいです。背面に指紋認証のセンサーがついているので、ワンタッチでロックを解除できます。スマートフォンの2台持ちをしたい方、サブで持ちたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値13,799円(税込)
3.70(254件)

この商品の特徴

ジーンズのコインポケットにも入るクレジットカードサイズの世界最小の4Gスマホです。スマホやmp3プレーヤーとしての機能は十分ですが、ゲームをするには画面が小さすぎるかもしれません。軽くて手のひらに収まるサイズですから、子どもに持たせる最初のスマホにしてもいいでしょう。スペースブラック、スカイブルー、パールホワイトの3色があります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ジーンズのコインポケットにも入るクレジットカードサイズの世界最小の4Gスマホです。スマホやmp3プレーヤーとしての機能は十分ですが、ゲームをするには画面が小さすぎるかもしれません。軽くて手のひらに収まるサイズですから、子どもに持たせる最初のスマホにしてもいいでしょう。スペースブラック、スカイブルー、パールホワイトの3色があります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値16,800円(税込)
4.49(234件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値6,802円(税込)
3.22(324件)

この商品の特徴

スマホはスタンダードな機能があれば十分という方におすすめのコスパ抜群の製品です。画面サイズは4.5インチ、軽くて薄く持ちやすいので、片手で操作も楽にすることができます。SIMカードを2枚入れることができるデュアルSIMで、海外旅行では日本で使っているSIMカードと海外で購入したSIMカードを入れて同時に待ち受けすることも可能です。おしゃれな6色のカラーから選ぶことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

スマホはスタンダードな機能があれば十分という方におすすめのコスパ抜群の製品です。画面サイズは4.5インチ、軽くて薄く持ちやすいので、片手で操作も楽にすることができます。SIMカードを2枚入れることができるデュアルSIMで、海外旅行では日本で使っているSIMカードと海外で購入したSIMカードを入れて同時に待ち受けすることも可能です。おしゃれな6色のカラーから選ぶことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値14,425円(税込)
3.77(225件)

この商品の特徴

5.2インチのコンパクトなボディに大容量4,100mAhのバッテリー搭載なので、アクティブに使いこなせます。他端末に充電できるリバースチャージ機能もついているので、スマートフォンの2台持ちをしている方に嬉しい機能です。2枚のSIMカードとSDカードを同時に入れられるので、通話とデータでSIMを使い分けしたい方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

5.2インチのコンパクトなボディに大容量4,100mAhのバッテリー搭載なので、アクティブに使いこなせます。他端末に充電できるリバースチャージ機能もついているので、スマートフォンの2台持ちをしている方に嬉しい機能です。2枚のSIMカードとSDカードを同時に入れられるので、通話とデータでSIMを使い分けしたい方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値61,146円(税込)
4.30(100件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値82,000円(税込)
4.00(22件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値68,670円(税込)
3.50(9件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

おすすめ記事

Androidの人気売れ筋ランキング

おすすめキーワード

紹介されているメーカー