デュアルSIMスマホのおすすめ11選!DSDSも【2019年版】

デュアルSIMスマホのおすすめ11選!DSDSも【2019年版】

普段スマホやガラケーを2台持ちしている方におすすめなのが「デュアルSIMスマートフォン」です。2枚のSIMカードを1台にまとめるという便利な使い方ができ、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)であれば両方のSIMを同時待ち受け状態に設定できるというメリットがあります。ソフトバンクやドコモ、auユーザーの方でも、格安SIMやFOMA SIMなどと上手く組み合わせることで、お得に使えるかもしれません。今回はデュアルSIMスマホの選び方や、防水機能付きの商品も含めた、XperiaやZenFoneなどのおすすめ商品をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

デュアルSIMスマホとは

デュアルSIMスマホとは

電話もインターネットもよく使うという方の中には、ガラケーとスマホやスマホ2台持ちなど、端末ごとに通話用とデータ通信用に分けて通信料を安く抑えている方もいると思います。しかし、荷物が増える、使い分けが面倒などと感じる方も多いのではないでしょうか。通信費を節約しつつ、2台も携帯電話を持ちたくないという方には、「デュアルSIMスマートフォン」がおすすめです。

日本国内仕様となっているスマートフォンはSIMカードを1枚しか入れられませんが、海外製のデュアルSIM対応のスマートフォンにはSIMカードを入れるスロットが2つあり、別々のSIMカードを2枚入れることができます。そのため、「音声通話は大手キャリアのSIM、データ通信は格安SIM」や「仕事用とプライベート用」「海外用と国内用」など様々な使い分けが可能です。海外メーカーのスマートフォンにはデュアルSIM対応のスマートフォンが多く販売されています。

デュアルSIMスマホの選び方

技適を取得しているかチェック

日本国内で使用する無線機器には、総務省に届けを出して「特定無線設備の技術基準適合証明等のマーク」を取得し付ける必要があります。国内で正規代理店を通して販売されている端末は技適を取得しているのが前提となっていますが、海外から輸入されたものは技適マークが付いていないものが多いです。技適ではない端末を使用すると電波法違反となることがあるので、必ず確認するようにしましょう。技適について詳しい内容は総務省の電波利用ホームページをご確認してください。

タイプにより使いやすさが異なる

タイプにより使いやすさが異なる

出典:Amazon.co.jp

デュアルSIMには「同時待ち受けが可能なもの」と「同時待ち受けができないもの」そして「同時使用が可能なもの」の3種類あります。それぞれのメリットデメリットを確認しておきましょう。

シングルスタンバイ(DSSS)は切り替えが必要

2枚のSIMカードを挿すことができますが、使用するときは1枚ずつのみとなり同時に待ち受けをすることはできず、別のSIMカードを使うときは切り替えが必要なタイプです。そのため、使用していない方のSIMは圏外状態となります。格安スマホをデータ通信のみに使用し、片方のSIM残量がなくなったらもう片方に切り替えるという使い方だとお得に使うことができます。

デュアルスタンバイ(DSDS)は両方待ち受け状態にできる

両方のSIMを同時に待ち受け状態にできるのがデュアルスタンバイです。音声通話用とデータ通信用など分けて管理できるので、かけ放題とデータ使い放題など格安SIMを利用して料金を安く抑えたい方におすすめです。ただ、待ち受け状態は同時ですが、利用は片方のみとなるので、音声通信用とデータ通信用を分けて使用している場合、通話中はデータ通信が利用できません。

デュアルアクティブ(DSDA)は同時に利用できる

デュアルスタンバイは同時使用ができませんが、デュアルアクティブタイプだと可能です。通話中にネットで調べものをするなど同時に使うことができます。普段使用しているシングルSIMと全く同じ使用感ながら、音声通信用とデータ通信用と分けて契約できるのでシングルSIMの契約より安く抑えることができます。しかし、日本国内ではデュアルアクティブのスマートフォン端末は出回っていないのが現状です。技適法上、DSDAは認可されないという情報もあります。

SIMスロットが2つともLTEに対応しているか

SIMスロットが2つともLTEに対応しているか

現在、日本のメイン通信規格は3G・4G LTEになっているので、海外では使用できる2G回線も、日本国内では使用できません。そのため、デュアルSIMによっては1つ目のスロットはLTEに対応しているが2つめは2G回線のみの対応で日本では使用できないという機種もあります。デュアルSIMとして使用する場合は、必ず両方のスロットがLTEに対応しているかどうか確認するようにしましょう。

性能(CPU)はどうか

デュアルSIM対応のスマートフォンは、性能と価格のバランスが重視されたミドルレンジモデルのものが一般的でした。しかし、ハイエンドモデルのSIMフリー端末も発売されるようになり、価格も性能も高いものが増えてきています。

メモリ容量(RAMとROM)はどれくらい?

メモリ容量(RAMとROM)はどれくらい?

RAM(自由に読み書きが行われる一時的なメモリー)は2GBのものからハイスペックな6GBのものまであり、ROM(データが書き込まれ常に保存され書き込みできるメモリー)も6GB〜128GBなど幅広く揃っています。デュアルSIMで便利なだけでなくハイスペックな端末まであるので、自分にぴったりの端末を選ぶことができます。

SIMのサイズを確認しよう

SIMカードにはサイズが3種類あり、「nanoSIM」「microSIM」「標準SIM」と3つの規格があり、端末によってはnanoSIMとmicroSIMなどそれぞれ異なるSIMを用意する必要があるので、挿入できるSIMのサイズは必ず確認しましょう。また、デュアルSIM対応でもSIMスロットとSDカードスロットを併用する端末もあるので、2つのSIMを使いながらSDカードも利用する場合はトリプルスロットのものを選びましょう。

バッテリー・充電に注意

バッテリー・充電に注意

2回線を待ち受け状態にしているデュアルスタンバイは、通常のシングルスタンバイよりはバッテリーの消費量は大きくなります。そのため、モバイルバッテリーを携帯しておくと安心です。中にはバッテリーが大容量のデュアルSIMスマホもあるので、電話もインターネットも良く使うという方はバッテリー容量の大きいものを選びましょう。

デュアルSIMスマホのおすすめ11選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値24,800円(税込)
2.90(101件)

この商品の特徴

RAM5GB/ROM32GBを搭載しています。特にRAMはアプリの動作を安定的に、ゲームや動画のストリーミング、マルチタスクなどストレスなく快適に使うことができます。また、人差し指でタッチしやすい本体背面に指紋認証センサーを設置し、スマホを持つだけで端末ロック解除ができます。価格が安いものがほしいという方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

RAM5GB/ROM32GBを搭載しています。特にRAMはアプリの動作を安定的に、ゲームや動画のストリーミング、マルチタスクなどストレスなく快適に使うことができます。また、人差し指でタッチしやすい本体背面に指紋認証センサーを設置し、スマホを持つだけで端末ロック解除ができます。価格が安いものがほしいという方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値10,197円(税込)
3.73(42件)

この商品の特徴

最低限の機能を搭載し、価格を低く抑えたお手頃なモデルです。CPUはQualcomm Snapdragon 210、メモリはRAM2GB/ROM16GBを搭載しており、メールやSNS・写真/動画撮影・カジュアルゲームの利用には十分なスペックです。また、7色のバックカバーが同梱されていて、その日の気分に合わせて着せ替えることができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

最低限の機能を搭載し、価格を低く抑えたお手頃なモデルです。CPUはQualcomm Snapdragon 210、メモリはRAM2GB/ROM16GBを搭載しており、メールやSNS・写真/動画撮影・カジュアルゲームの利用には十分なスペックです。また、7色のバックカバーが同梱されていて、その日の気分に合わせて着せ替えることができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値16,545円(税込)
4.21(40件)

この商品の特徴

2万円を切る、手に取りやすいモデルです。しかし、1300万画素高速オートフォーカスカメラや、3スロット設計のDSDSなど必要な機能は揃っています。また、背面指紋認証センサーで簡単にロック解除でき、バッテリーは4,000mAhで終日使用しても余裕があります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

2万円を切る、手に取りやすいモデルです。しかし、1300万画素高速オートフォーカスカメラや、3スロット設計のDSDSなど必要な機能は揃っています。また、背面指紋認証センサーで簡単にロック解除でき、バッテリーは4,000mAhで終日使用しても余裕があります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値14,425円(税込)
3.77(225件)

この商品の特徴

5.2インチのコンパクトなボディに大容量4,100mAhのバッテリー搭載なので、アクティブに使いこなせます。他端末に充電できるリバースチャージ機能もついているので、スマートフォンの2台持ちをしている方に嬉しい機能です。2枚のSIMカードとSDカードを同時に入れられるので、通話とデータでSIMを使い分けしたい方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

5.2インチのコンパクトなボディに大容量4,100mAhのバッテリー搭載なので、アクティブに使いこなせます。他端末に充電できるリバースチャージ機能もついているので、スマートフォンの2台持ちをしている方に嬉しい機能です。2枚のSIMカードとSDカードを同時に入れられるので、通話とデータでSIMを使い分けしたい方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値16,800円(税込)
4.39(92件)

この商品の特徴

HUAWAI(ファーウェイ)のnovaは薄さ7.45mm、重さ約143gと軽量コンパクトボディで女性にも扱いやすいスマートフォンです。顔認証や指紋認証など機能も充実しており、スピーディーにロックが解除できます。さらに3,000mAhの大容量バッテリーが搭載されており、快適に使い続けることができます。nanoSIMを2枚セットできるデュアルSIMデュアルスタンバイモデルです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

HUAWAI(ファーウェイ)のnovaは薄さ7.45mm、重さ約143gと軽量コンパクトボディで女性にも扱いやすいスマートフォンです。顔認証や指紋認証など機能も充実しており、スピーディーにロックが解除できます。さらに3,000mAhの大容量バッテリーが搭載されており、快適に使い続けることができます。nanoSIMを2枚セットできるデュアルSIMデュアルスタンバイモデルです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値17,258円(税込)
3.90(94件)

この商品の特徴

ボトムモデルの中でも格安で使用できる端末です。メインカメラは1300万画素と少々低めですがスマホの利用がメインは通話と言ったライトユーザー、もしくはカメラの使用頻度は高くないという方はストレスなく使用できる端末となり、内蔵バッテリーも3300mAhと大容量です。セキュリティーに関しても指紋認証機能が搭載されています。ライトユーザーだけどももう一つ上のランクを使用したいという方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ボトムモデルの中でも格安で使用できる端末です。メインカメラは1300万画素と少々低めですがスマホの利用がメインは通話と言ったライトユーザー、もしくはカメラの使用頻度は高くないという方はストレスなく使用できる端末となり、内蔵バッテリーも3300mAhと大容量です。セキュリティーに関しても指紋認証機能が搭載されています。ライトユーザーだけどももう一つ上のランクを使用したいという方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値17,740円(税込)
4.05(42件)

この商品の特徴

狭額縁と18:9超ワイドディスプレイが特徴的なHUAWEIのMate liteモデルです。横幅を抑えたデザインで女性にも持ちやすいスリム設計になっており、メインカメラもインカメラもダブルレンズが搭載されています。夜通し使い続けても安心の大容量バッテリーで充電の心配がいりません。nanoSIMを2枚挿すことができるデュアルSIMデュアルスタンバイモデルです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

狭額縁と18:9超ワイドディスプレイが特徴的なHUAWEIのMate liteモデルです。横幅を抑えたデザインで女性にも持ちやすいスリム設計になっており、メインカメラもインカメラもダブルレンズが搭載されています。夜通し使い続けても安心の大容量バッテリーで充電の心配がいりません。nanoSIMを2枚挿すことができるデュアルSIMデュアルスタンバイモデルです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値30,778円(税込)
4.32(26件)

この商品の特徴

ワイドアングルの風景写真から美しいポートレート写真までデュアルレンズで撮影できます。1200万画素のカメラはデュアルピクセル・オートフォーカスと1.4umピクセルにより、暗い所でもキレイに撮影ができます。一方800万画素のカメラは120°の広角レンズで、ワイドアングルな写真撮影が可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ワイドアングルの風景写真から美しいポートレート写真までデュアルレンズで撮影できます。1200万画素のカメラはデュアルピクセル・オートフォーカスと1.4umピクセルにより、暗い所でもキレイに撮影ができます。一方800万画素のカメラは120°の広角レンズで、ワイドアングルな写真撮影が可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値39,578円(税込)
4.37(125件)

この商品の特徴

ASUSのデュアルSIMスマートフォンZenfone5です。AIシーン分析機能により誰でも理想的な写真を撮影することができ、バッテリーを長持ちさせる機能も搭載されています。顔認証にも対応しており、端末を持ち上げて画面を見つめるだけでロックを解除してくれます。ドコモ、au、Y!mobileの3社が提供する「VoLTE」で、「4G+4G」の同時待ち受けで利用したい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ASUSのデュアルSIMスマートフォンZenfone5です。AIシーン分析機能により誰でも理想的な写真を撮影することができ、バッテリーを長持ちさせる機能も搭載されています。顔認証にも対応しており、端末を持ち上げて画面を見つめるだけでロックを解除してくれます。ドコモ、au、Y!mobileの3社が提供する「VoLTE」で、「4G+4G」の同時待ち受けで利用したい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値34,100円(税込)
4.54(25件)

この商品の特徴

持ったときにやさしく手に馴染む3Dカーブが美しいガラスボディのデザイン 15層のレイヤーがオーロラを彷彿とさせる美しい紋様を表現 2,000万画素+1,200万画素のセンサーで構成されるダブルレンズカメラを採用 RAM 4GB / ROM 64GBのメモリーが最高のパフォーマンスを発揮 高感度の指紋認証センサーが使いやすさと安全性の両立を実現

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

持ったときにやさしく手に馴染む3Dカーブが美しいガラスボディのデザイン 15層のレイヤーがオーロラを彷彿とさせる美しい紋様を表現 2,000万画素+1,200万画素のセンサーで構成されるダブルレンズカメラを採用 RAM 4GB / ROM 64GBのメモリーが最高のパフォーマンスを発揮 高感度の指紋認証センサーが使いやすさと安全性の両立を実現

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値34,560円(税込)
2.60(5件)

この商品の特徴

ソニーのスマートフォン、エクスペリア10です。カラーバリエーションは、シルバー・ブラック・ピンク・ネイビーの4色展開です。ヘッドセット・USBケーブル・充電器が付属しています。6.0インチになります。最大で512GBのmicroSDの、サポートをしてくれます。エクスペリアシリーズのスマートフォンが好きな方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ソニーのスマートフォン、エクスペリア10です。カラーバリエーションは、シルバー・ブラック・ピンク・ネイビーの4色展開です。ヘッドセット・USBケーブル・充電器が付属しています。6.0インチになります。最大で512GBのmicroSDの、サポートをしてくれます。エクスペリアシリーズのスマートフォンが好きな方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

SIMフリースマホもチェック

格安SIMとつなげることで、大幅に通信料金を節約できるSIMフリースマホについても、あわせて確認してみてください。

デュアルSIMスマホのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー