格安スマホ端末のおすすめ8選【2019年版】

格安スマホにチャレンジしたいけれど、「SIMフリー」や「MVNO」など、馴染みのない単語がたくさん出てきて、諦めてはいませんか?一見ややこしそうに思える格安スマートフォンですが、実はそれほど難しいものではありません。この記事では「どこがいいのかわからない」という初心者のために、格安スマホの基本的な知識から、月額料金のおおよその比較、格安スマフォ本体のおすすめ会社などをご紹介します。

お得にスマホを買いたい!

携帯電話からの乗り換えや、スマホの買い替えなど、新しくスマホを手に入れたいときにネックになるのが、その価格ではないでしょうか?スマホ端末の価格は機種にもよりますが、高いものでは10万円越え、そうでなくても5~6万円はかかります。「もっと安ければ気軽に買い替えられるのに…」と思う方も少なくないでしょう。

出典:Amazon

そんな方におすすめなのが、格安スマホ端末です。知らないから、分からないからと敬遠するのはもったいないです。格安スマホのことを知って、選択肢のひとつに加えてみてください。

格安スマホについて

格安スマホとは

格安スマホとは、「ドコモ」や「au」、「SoftBank」の三大キャリアと言われる大手携帯電話会社のスマートフォンに比べて、安く持つことができるスマホのことです。個人差はありますが、月々の支払いが4分の1程度になることもあります。今回の記事では格安スマホの基本的なシステムや、おすすめの格安スマホ端末をご紹介します。

MVNOとは

スマートフォンの購入を考えたとき、MVNO(エムブイエヌオー)という言葉を耳にしたことはないでしょうか?これは、自社で無線通信のインフラを持たずに、他社からインフラを借り受けて音声通話やデータ通信サービスを行う事業者のことです。例を挙げると、CMでおなじみの「UQ mobile」や「Y!mobile」、ネット通販でもおなじみの「楽天モバイル」、「LINEモバイル」や「イオンモバイル」などがMVNOにあたります。

SIMとは

SIMカードとは、スマホ端末に入れることで、音声通話やデータ通信が可能になるICカードのことです。加入者の電話番号を特定するための、ID番号が記録されています。SIMには「音声対応SIM」と「データSIM」があり、音声対応SIMは通話とデータ通信ができる一方、データSIMはインターネットなどのデータ通信のみに利用できます。格安スマホが格安である理由は、「格安SIM(シム)」にあります。格安SIMを提供するMVNOは、無線通信用のインフラを一から整える必要がないので、その分通信費を安く提供することができる仕組みです。次の記事で詳しく説明しているので、ぜひチェックしてみてください。

格安スマホが人気の理由

月額料金が安い

格安スマホの最大のメリットは、月額料金が安いことです。データ通信量にもよりますが、安いものだと月1,000円を切るプランもあります。通話SIMでも1,500円程度のものもあり、これまで毎月数千円~1万円以上支払っていた方にとっては、まさに「格安」でスマホを持つことができます。

スマホとSIMを一緒に買える

格安スマホを使うためには、格安SIMが使える端末である必要があります。「SIMロック端末」は、使用できるSIMカードが制限されているため、どのSIMカードでも使用できるというわけではありません。格安SIMを使うためには、SIMロック解除を行うか、元々SIMロックが行われていない「SIMフリー端末」を選ぶ必要があります。格安スマホで端末を購入すれば、当然同社の格安SIMが使用できるので、SIMロック解除などの手間がかかりません。SIMフリースマホについての記事も、ぜひ参考にしてください。

安いのに高性能な製品が多い

何をもって高性能とするかは個人差がありますが、格安スマホは「価格の割には高性能」だという評価が多く見られます。比較する製品によっては、10分の1程度の価格でスマホを手に入れることができるので、かなりお得に感じるでしょう。製品ごとの性能は、商品説明だけではなく愛用者の口コミを見ると参考になります。

格安スマホがおすすめの方

キャリアメールを使う必要の無い方

月額料金を安く抑えることができる格安スマホですが、デメリットもあります。それが、ドコモやau、SoftBankなどのキャリアメールが使用できないということです。ただしGmailなどのフリーメールで代用できるので、余程の事情がない限り、特に支障はないでしょう。

毎月のデータ量が少ない方

毎月のデータ量が15GBを超える場合は、月額料金が大手携帯電話会社並み、もしくはそれ以上になる可能性があります。データ使用量が多い方は、各社の料金を比較してから格安スマホを検討されることをおすすめします。

2台持ちしたい方

仕事とプライベートのスマホを分けたい方や、通話用とデータ用でデバイスを分けたい方など、2台持ちしたい方にも格安スマホはおすすめです。データ通信料によって価格は異なりますが、月々1,000円前後(機種代は除く)で、もう1台スマホを持つことができます。2台持ちしたい方には、2枚のSIMカードを1台にまとめられる、デュアルSIMスマホもおすすめです。

格安スマホ端末の選び方

スペックで選ぶ

「スマホで何をしたいのか」が明確になっている方は、スペックで選ぶと後悔しないでしょう。通話とちょっとしたインターネット程度であれば、それほど高性能のスマホ端末を選ぶ必要はありません。基本的に、性能と価格は比例しているので、無駄な出費を抑えることができます。電子書籍を読みたいならある程度画面が大きいもの、インスタを活用するならカメラの性能がある程度高い端末を選ぶなど、自分のスマホの使い方に合わせて選ぶのがおすすめです。

自分の契約するSIMの対応機種の中から選ぶ

SIMカードは3種類あり、大きさが異なります。一番大きなSIMカードは「標準SIM(miniSIM)」、2番目が「microSIM」、一番小さなSIMカードが「nanoSIM」です。また、OCNモバイルは任意の大きさにカットできる「マルチカットSIM」を採用しています。まずは自分がどの事業者と契約するのかを決めてから、その事業者が提供するSIMに対応したスマホ端末を選びましょう。反対に、どうしても使いたいスマホ端末がある場合は、その端末にあったSIMを提供する事業者と契約しましょう。

好みのデザインで選ぶ

スマホ端末を選ぶ際には機能面が優先されることが多いですが、スマホ端末は、1日中身の回りにおいて使用するものです。妥協して選んだデザインと、自分が気に入って選んだデザインでは愛着が異なるでしょう。長く大切に扱うためにも、色やデザインにこだわって選ぶことをおすすめします。

メーカーで選ぶ

コスパ抜群のHUAWEI

出典:Amazon

HUAWEI(ファーウェイ)は、中国に本社を置く大手通信機器メーカーです。コストパフォーマンスの良さが特徴で、同等機種をアップルと比較した場合、画面サイズ、画素数、バッテリーの性能はHUAWEIに軍配が上がるうえに、4万円も安く購入できます。研究や技術開発に力を入れており、機種も豊富です。

高品質安値のASUS

出典:Amazon

ASUS(エイスース)は、台湾に本社を置くPCやスマートフォン、周辺機器の製造メーカーです。スマートフォンのブランドは「ZenFone(ゼンフォン)」と言い、日本語の「禅」が由来になっています。「誰でも気軽に堪能できる、ワンランク上の贅沢」のコンセプト通り、低価格でありながら高品質な製品を製造しています。

国内メーカーも

出典:Amazon

海外メーカーのスマホは低価格ですが、やはり国内メーカーのスマホが良いという方も多いでしょう。国内メーカーでは、「富士通」、「SONY」、「SHARP」、「京セラ」、「MAYA SYSTEM(マヤシステム)」、「シネックスジャパン」などが格安スマホを販売しています。価格も安いものだと1万円台から購入できます。

格安スマホ端末のおすすめ8選

最安値24,608円(税込)

4.30(399件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値19,000円(税込)

3.10(26件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値10,999円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値17,236円(税込)

3.78(277件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

ASUS(エイスース)の大容量バッテリーが特徴のZenFone4です。5.2インチというコンパクトボディながら、4,100mAhという大容量のバッテリーが内蔵されており、他の端末へのリバースチャージも可能です。1,300万画素のメインカメラでより明るく鮮明な写真が撮影できます。nanoSIMが2枚とmicroSDカードも挿せるトリプルスロットでデュアルSIMデュアルスタンバイ対応のスマートフォンです。

最安値19,400円(税込)

4.02(64件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

色鮮やかでコントラストのはっきりした写真撮影が可能な、RGBカラーセンサーとモノクロセンサーのデュアルカメラを搭載しています。一眼レフで撮影したような遠近感のあるボカシ撮影から、光の輪郭をはっきりと捉えた夜景撮影まで、様々なシーンに対応します。さらにナチュラル美顔モードは、”自然な美しさを引き立たせる”をコンセプトに、独自開発のアルゴリズムで、着ている服や背景などに影響を与えることなく顔だけを正確に捉え、ナチュラルメイク風で健康的な表情の顔写真が撮影できます。

最安値17,980円(税込)

3.90(80件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

まとめ

格安スマホ端末と格安SIMを組み合わせれば、低価格でスマホを持つことができます。まずは使用用途を明確にして、用途にあった機種を選びましょう。

おすすめキーワード

紹介されているメーカー

Androidの人気売れ筋ランキング

おすすめ記事