ロフトベッドの選び方&おすすめ4選【スペースを有効利用できる!】

ロフトベッドの選び方&おすすめ4選【スペースを有効利用できる!】

ロフトベッドは、上の段にベッドがあり、下のスペースは収納や机など好きなように使えるタイプのベッドです。ロータイプ、ハイタイプなど大きさや高さも種類が豊富なので、部屋に合ったタイプを選ぶことが大切です。今回は、省スペースを有効利用できるロフトベッドのメリット、デメリット、選び方をご紹介します。おすすめ商品では、セミダブルのものや、子供におすすめのもの、ニトリやIKEAのおしゃれな商品をご紹介しています。

ロフトベッドとは

ロフトベッドとは

出典:Amazon.co.jp

ロフトベッドとは階段やはしご付きのベッドのことで、ベッド下が好きなように使える空間になっている家具のことです。ベッドの下に机やソファを置いたり、収納スペースに利用したりできます。ロフトベッドのメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

一番のメリットは、ベッドの下を有効利用できることです。ベッドを床に置いてしまうと、その面積全部をベッドに占領されてしまいます。ロフトベッドはベッドを上にあげることで、ベッド下を好きなように使うことができます。机や引き出しを置くことができるので、一人暮らしで部屋が狭い方にもおすすめです。

デメリット

ロフトベッドはベッドが上の段にあるため、付属のはしごか階段を上る必要があります。夜中にトイレに行くときなどに、足をふみはずす危険があります。また、ちょっと横になりたいときなどにも上にあがらないといけないため、面倒なこともあるかもしれません。

ロフトベッドの選び方

ロフトベッドはたくさんの種類があります。長い間愛用するためにも、納得のいく商品を選びたいですよね。ロフトベッドを選ぶときの5つのポイントを紹介します。

素材を選ぶ

素材を選ぶ

出典:Amazon.co.jp

ロフトベッドの素材でよく使われるのは、木製とスチール製になります。木製はしっかりとしたつくりで、安定感があります。木の温かみを感じるナチュラルな魅力があり、インテリアにこだわる方にもおすすめです。スチール製は種類が豊富で価格も安いのが魅力です。デザインも様々なものがあり、機能性を兼ね備えた使い勝手のよい商品もあります。ただし耐荷重や強度は、木製より劣ることがあります。

天井からの高さをチェック

購入する前にロフトベッドの高さと、天井からの距離をチェックしておきましょう。ベッドと天井が近すぎると寝るときに圧迫感があり、立ったときに頭をぶつけてしまうかもしれません。ロータイプのロフトベッドもあるので、天井が低かったり圧迫感が気になったりする方には、ロータイプがおすすめです。必ずロフトベッドの高さと天井の高さを比較して、天井までの空間が余裕のある商品を選んでください。

部屋に合うサイズを選ぶ

ロフトベッドはベッド下を有効利用できますが、ロフトベッド自体が大きすぎると部屋が狭くなってしまいます。ロフトベッドを入れて、ほとんど部屋のスペースがなくなってしまっては、窮屈に感じてしまいますよね。ロフトの高さはもちろん、幅と奥行きのサイズもしっかりと確認しておきましょう。

はしごか階段かを選ぶ

はしごか階段かを選ぶ

出典:Amazon.co.jp

はしごタイプか階段タイプかは好みで選ぶのも良いですが、安全面やサイズも関係します。はしごタイプは降りるとき足元が見えにくいため、特に子どもは足を踏み外しやすく危険なこともあります。階段の方が安定感があり、安全に上り下りできます。部屋が狭い場合ははしごの方がスペースを取りません。階段があるとどうしても幅が長くなってしまうので部屋のサイズに合わせて選ぶと良いですね。

部屋に合うデザインを選ぼう

お部屋に置くものですので、お気に入りのデザインを選びたいですよね。格安のものや中古で購入したけれど、デザインがいまいちという場合は、自分でDIYしておしゃれにリメイクするのも良いですね。木製のものは、ベッド下に棚や引き出しが既に付いているものもあります。おしゃれなデザインかどうかはもちろん、使い勝手も考えてどのようなデザインが自分に合っているか考えてみましょう。

ロフトベッドのおすすめ4選

最安値39,800円(税込)

この商品の特徴

スチール製と木製の組み合わせで存在感のあるロフトベッドです。ヴィンテージ風のデザインがインテリア映えして、おしゃれな雰囲気に仕上げてくれます。ハイタイプなのでベッド下に、机やソファ、引き出しなどを自由に置くことができます。スペースを有効利用できて、好きなようにレイアウトできるのが魅力です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

スチール製と木製の組み合わせで存在感のあるロフトベッドです。ヴィンテージ風のデザインがインテリア映えして、おしゃれな雰囲気に仕上げてくれます。ハイタイプなのでベッド下に、机やソファ、引き出しなどを自由に置くことができます。スペースを有効利用できて、好きなようにレイアウトできるのが魅力です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:www.ikea.com

最安値17,990円(税込)

この商品の特徴

おしゃれで価格の安い、IKEAのロフトベッドです。ロフトベッドの中でも格安と言える価格が魅力です。シンプルでミニマルなデザインがクールな印象で、モダンな雰囲気の部屋にマッチします。好きな家具や収納をベッド下に置いて、素敵にお部屋をアレンジできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

おしゃれで価格の安い、IKEAのロフトベッドです。ロフトベッドの中でも格安と言える価格が魅力です。シンプルでミニマルなデザインがクールな印象で、モダンな雰囲気の部屋にマッチします。好きな家具や収納をベッド下に置いて、素敵にお部屋をアレンジできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値34,990円(税込)

この商品の特徴

コの字サポートバーと補強クロスバーをプラスして、しっかりと横揺れを防いでくれます。ロフトベッドの横揺れが気になる方におすすめで、揺れを気にせずに使用することができます。ロータイプなので上り下りが楽で、高さがあると心配な子どもにもぴったりです。部屋が狭く、圧迫感のない低めのロフトベッドを探している方にもぴったりです。飽きのこないシンプルなデザインで、長い間愛用できそうです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

コの字サポートバーと補強クロスバーをプラスして、しっかりと横揺れを防いでくれます。ロフトベッドの横揺れが気になる方におすすめで、揺れを気にせずに使用することができます。ロータイプなので上り下りが楽で、高さがあると心配な子どもにもぴったりです。部屋が狭く、圧迫感のない低めのロフトベッドを探している方にもぴったりです。飽きのこないシンプルなデザインで、長い間愛用できそうです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値79,990円(税込)

この商品の特徴

子ども用のロフトベッドを探している方に、おすすめの商品です。ロータイプで上り下りしやすく、ベッド下に机と収納がついているので別に勉強机を購入する必要がありません。机と収納はキャスター付きなので簡単に移動でき、好きなようにレイアウトできます。階段部分も引き出しになっているので、収納力抜群です。長さ195cmまでのマットレスが置けるので、子どもが大きくなってからも使うことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

子ども用のロフトベッドを探している方に、おすすめの商品です。ロータイプで上り下りしやすく、ベッド下に机と収納がついているので別に勉強机を購入する必要がありません。机と収納はキャスター付きなので簡単に移動でき、好きなようにレイアウトできます。階段部分も引き出しになっているので、収納力抜群です。長さ195cmまでのマットレスが置けるので、子どもが大きくなってからも使うことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー