登山用レインウェアのおすすめ8選!万全装備で楽しく安全に

登山用レインウェアのおすすめ8選!万全装備で楽しく安全に

山道を歩くため、登山用のレインウェアは日常使いのものよりも性能の良いものを選ぶ必要があります。また登山用レインウェアはアウトドアに最適なので、ゴルフのときやバイクに乗るときにも使うことができます。今回は登山用レインウェアを選ぶときの基準となる防水性や透湿性、ゴアテックスなどの素材、適したサイズの選び方のほか、洗濯しやすいレインウェアなど、おすすめ商品もご紹介します。

登山時の天候悪化に備えたい!

登山時の天候悪化に備えたい!

登山用のレインウェアは、登山をするときは常備しておきたいアイテムです。山は平地よりも気温が低く、急に天候が悪化することもよくあります。雨に濡れたまま山道を歩くと、身体を冷やし体調を悪化させることもあるため、避けたいところです。登山の際は、天気予報がたとえ晴れであってもレインウェアを持っていくようにしましょう。
また、登山用のレインウェアは運動時に着用するため、通常のレインウェアよりも耐久性が高いタイプがおすすめです。今回は登山に向いているレインウェアの特徴や、選び方についてご紹介していきます。

登山用レインウェアの選び方

登山用のレインウェアを選ぶときに、耐水圧や透湿性など知っておいた方が良いことがいくつかあります。以下にレインウェアを選ぶときに役立つ情報をご紹介していきます。

レインウェアの基本性能をチェック

レインウェアの基本性能をチェック

出典:Amazon.co.jp

レインウェアは防水性や透湿性などの程度によって、性能に差が出てきます。以下にレインウェアの性能を判断するうえで必要な防水性や透湿性などの意味をご紹介していきます。

水を浸透させない防水性

防水性は「耐水圧」という言葉で表されることもあります。耐水圧とは、生地がどの程度の水圧に耐えることができるかの指標で、日常的に使うレインウェアの水を防ぐ耐水圧は2,000mm程度とされています。ただし登山では大雨のほか膝をついたり、腰をついたりといった高い耐水圧が必要になる状況も考えられるため、より高い耐水圧が必要です。登山で安心とされる耐水圧は、おおむね20,000mmとされていますが、登山する山や状況、季節に応じて必要になる性能は変わってきます。

ムレるのを防ぐ透湿性

透湿性とは、レインウェアの生地が湿度をどれぐらい逃してくれるかの指標です。透湿性の数値が高いほど、レインウェアの内側にこもった湿気を排出しやすいため、レインウェア内部がムレません。内部がムレると、そのまま汗や水滴が身体について体温を奪ってしまい、体調が悪くなる可能性もあるので気を付ける必要があります。登山は上り坂下り坂を移動するので、たくさん汗をかきます。ランニングと同等それ以上の運動になるので、最低でも10,000g以上、可能なら20,000g以上の透湿性があるレインウェアを選ぶと安心です。

表面で水をはじく撥水性

撥水性とは、生地の表面で水をはじく性能のことです。ほとんどのレインウェアは最初から撥水加工がしてあるため、水をはじく性質があります。洗濯の回数を重ねても撥水性が低下しないレインウェアもあるので、撥水性を低下させたくない場合は洗濯に強い加工がしてあるウェアを選ぶと良いでしょう。また、洗濯を重ねて撥水性が低下してきた場合は、撥水スプレーなどを使用することで、ある程度撥水性を復活させることもできます。登山用ウェアを販売しているメーカーなどから、撥水性を維持するためのスプレーも販売されているので利用してみてください。

素材によっても性能が違う

素材によっても性能が違う

出典:Amazon.co.jp

レインウェアに使用される素材は、様々なタイプがあります。中でもゴアテックスは性能が高いことで知られている素材です。ゴアテックスの耐水圧や透湿性はトップレベルで、あらゆる状況の登山に対応できます。ただし性能が高いだけに価格も高価です。予算に余裕があり、どのレインウェアを購入するか迷った場合は、ゴアテックス製のレインウェアがおすすめです。

2層・2.5層・3層では3層が高性能

ゴアテックスには2層、2.5層、3層の3タイプがあります。3層のゴアテックスが1番性能が高く、価格も高価です。2層や2.5層タイプのゴアテックスは価格はリーズナブルですが、3層に比べて性能が劣ります。ただし軽量で持ち運びしやすいため、それほど高性能のレインウェアを求めていない場合は、2層、2.5層のものもおすすめです。

ゴアテックス以外の素材も

ゴアテックス以外にも、耐水圧や透湿性に優れた素材があります。ミズノのベルグテックや、モンベルのドライテックなども耐水圧や透湿性に優れた素材です。ゴアテックスほどの耐水圧や透湿性はありませんが、低山の登山には十分です。価格もゴアテックス製のレインウェアほど高価ではないので、入門用として購入するという選択もあります。

登山用にはセパレートタイプがおすすめ

登山用にはセパレートタイプがおすすめ

出典:Amazon.co.jp

レインウェアは上下に分かれたセパレートタイプと、上からかぶるポンチョタイプ、ワンピースのように下まで覆うワンピースタイプなどがあります。登山は身体を大きく動かすことも多いので、多様な動きに対応できるセパレートタイプのレインウェアがおすすめです。

サイズは大きめのものを

レインウェアは通常の登山ウェアの上に着用します。レインウェアの下に衣類が入るので、その分の余裕をみてひとつ大きめのサイズを選ぶと良いでしょう。着用した感じがどうなるかは、試着してみないとわからないため、レインウェアを初めて購入する場合は一度試着してから購入するのがおすすめです。

軽量さ・コンパクトさも重要

登山に使用するレインウェアは、バックパックに入れて持ち運びをします。コンパクトに持ち運べるように小袋に収納できる作りになっていますが、軽量なレインウェアの方が登山の荷物を軽くすることができます。山歩きで荷物の負担をなるべく減らしたい場合は、軽量さやコンパクトさを基準にレインウェアを選んでも良いでしょう。

ポケットの位置など形状で選ぶ

レインウェアはメーカーや種類によって、細かい特徴が異なります。特にポケットの位置や数については、使い勝手が分かれるポイントです。どういった道具をどこにしまっておきたいかや、ウェストのベルトや足首部分の紐は必要かなど、細かい点にも注意しながらレインウェアを選ぶと良いでしょう。

ムレや暑さ対策にはベンチレーション 

ムレや暑さ対策にはベンチレーション 

出典:Amazon.co.jp

ベンチレーションとは、ウェアについている通気口のことです。ベンチレーションがあれば、ウェアの中に湿気や熱がこもってしまったときに、チャックを開けて風を通すことができます。夏季によく登山するという方にぴったりです。メーカーやレインウェアの種類によっても、ベンチレーションの有無や付いている場所が変わってきます。ベンチレーションがついているレインウェアをお求めの方は、あらかじめ付いている部分などを確認しておいた方が良いでしょう。

登山用レインウェアのおすすめ8選

メンズ用レインウェア 

出典:Amazon.co.jp

最安値-(税込)

この商品の特徴

ダイワのレインスーツは、生地に特殊な生地を使用しています。そのため、軽量でありながら持続性のある耐久防水性と防風性、透湿性を兼ね備えているのが特徴です。また、あらゆる天候の変化にも対応できるように、ウエア内は常に湿気ないようになっています。実釣に必要な性能を備えているので、釣りをされる方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ダイワのレインスーツは、生地に特殊な生地を使用しています。そのため、軽量でありながら持続性のある耐久防水性と防風性、透湿性を兼ね備えているのが特徴です。また、あらゆる天候の変化にも対応できるように、ウエア内は常に湿気ないようになっています。実釣に必要な性能を備えているので、釣りをされる方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値14,870円(税込)

この商品の特徴

軽量タイプのレインコートです。肌触りの良い素材で、首元や袖口はフィット感が調整でき、止水ファスナーを使用しているるため、着やすさと防水性を兼ね備えています。コンパクトに畳めて、専用のサックも付いているので、登山時のパックに入れておくのもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

軽量タイプのレインコートです。肌触りの良い素材で、首元や袖口はフィット感が調整でき、止水ファスナーを使用しているるため、着やすさと防水性を兼ね備えています。コンパクトに畳めて、専用のサックも付いているので、登山時のパックに入れておくのもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,700円(税込)

この商品の特徴

WARMQのレインコートの生地は、水滴よりも小さいな穴が無数に空いているので、外からの雨は弾いてウエア内の蒸れはその穴から逃すという特徴があります。また、裏地全体にメッシュ素材を使用しているので通気性に優れています。さらに、縫製ヶ所の裏面には専用の防水テープが施されています。豪雨の中での仕事や自転車、バイク通勤におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

WARMQのレインコートの生地は、水滴よりも小さいな穴が無数に空いているので、外からの雨は弾いてウエア内の蒸れはその穴から逃すという特徴があります。また、裏地全体にメッシュ素材を使用しているので通気性に優れています。さらに、縫製ヶ所の裏面には専用の防水テープが施されています。豪雨の中での仕事や自転車、バイク通勤におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値2,016円(税込)

この商品の特徴

マックのレインスーツは、パンツ裾のボタンで丈を最大10cmまで股下調節できるのが特徴です。そのため、簡単に裾上げができます。また、防水性に優れたポリエステルPVCに超薄ラミネートが施されているので、様々なシーンに対応できます。さらに、総裏メッシュで通気性もよく、ベタつかずストレスなく着られます。通学・通勤用のレインコートにおすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

マックのレインスーツは、パンツ裾のボタンで丈を最大10cmまで股下調節できるのが特徴です。そのため、簡単に裾上げができます。また、防水性に優れたポリエステルPVCに超薄ラミネートが施されているので、様々なシーンに対応できます。さらに、総裏メッシュで通気性もよく、ベタつかずストレスなく着られます。通学・通勤用のレインコートにおすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値5,480円(税込)

この商品の特徴

エドウィンのレインウェアは、定番のPVCラミネートを採用したレインスーツです。そのため、耐水圧が10000mmで防水性に優れていて、通常の小雨や小雪などでは濡れることもありません。また、独自の3Dカッティングで腕の上げ下げも楽です。さらに、上下どちらも内側がメッシュなので、通気性もあり蒸れることもありません。人気の配色で、上下別々にも使用できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

エドウィンのレインウェアは、定番のPVCラミネートを採用したレインスーツです。そのため、耐水圧が10000mmで防水性に優れていて、通常の小雨や小雪などでは濡れることもありません。また、独自の3Dカッティングで腕の上げ下げも楽です。さらに、上下どちらも内側がメッシュなので、通気性もあり蒸れることもありません。人気の配色で、上下別々にも使用できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

レディース用レインウェア 

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値5,500円(税込)

この商品の特徴

TOHKEMIの Field Equipageは、極限まで動きやすさを追求したレインウェアになっています。雨天時の使用にとどまらず、雪・風・曇り・さらには晴天時まで対応できます。従来のレインウェアになかったフィット感で運動性は抜群です。また、着座時に一番水圧のかかるヒップは二重補強され、機能性がいいのも魅力です。快適な着心地を追求したい方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

TOHKEMIの Field Equipageは、極限まで動きやすさを追求したレインウェアになっています。雨天時の使用にとどまらず、雪・風・曇り・さらには晴天時まで対応できます。従来のレインウェアになかったフィット感で運動性は抜群です。また、着座時に一番水圧のかかるヒップは二重補強され、機能性がいいのも魅力です。快適な着心地を追求したい方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値10,970円(税込)

この商品の特徴

ベルグテックEXは、ミズノが独自開発した生地を使用しています。耐水圧30000mm以上の驚きの耐水性と透湿度16000gのウェア内の湿気放出量が特徴的です。優れた機能にも関わらず、低価格で購入できるのも魅力のひとつです。さらに、富士登山で最も着用されたレインスーツとして有名です。登山をよく行かれる方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ベルグテックEXは、ミズノが独自開発した生地を使用しています。耐水圧30000mm以上の驚きの耐水性と透湿度16000gのウェア内の湿気放出量が特徴的です。優れた機能にも関わらず、低価格で購入できるのも魅力のひとつです。さらに、富士登山で最も着用されたレインスーツとして有名です。登山をよく行かれる方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値11,000円(税込)

この商品の特徴

ミズノ独自の防水透湿素材"ベルグテックEX"を採用しているのが特徴です。そのため、高い撥水・防水・透湿力を備えたワンランク上のレインウエアになっています。また、フードの前後を調節するためについているマジックテープを利用して、フード内収納もできます。軽量コンパクトなので、持ち運びにも便利です。レインスーツを簡易的に畳みたい方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ミズノ独自の防水透湿素材"ベルグテックEX"を採用しているのが特徴です。そのため、高い撥水・防水・透湿力を備えたワンランク上のレインウエアになっています。また、フードの前後を調節するためについているマジックテープを利用して、フード内収納もできます。軽量コンパクトなので、持ち運びにも便利です。レインスーツを簡易的に畳みたい方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー