シンセサイザーのおすすめ8選!DTMでの作曲にも【2020年版】

シンセサイザーのおすすめ8選!DTMでの作曲にも【2020年版】

作曲をする場合、ソフトシンセやGarageBandなどのアプリも便利ですが、自分で鍵盤を叩いて演奏できるシンセサイザーもおすすめです。DTMの機能を持つ製品もあり、1台あれば様々な楽器の音で演奏をすることができます。ただ、種類が多すぎて、初心者は何を選べば良いのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、シンセサイザー入門編として、シンセサイザーの選び方やおすすめの商品を紹介します。初心者の練習用に最適な比較的安いモデルから、人気メーカーのローランド、KORG、YAMAHA製などが揃っています。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

シンセサイザーで様々な音色を楽しみたい

シンセサイザーで様々な音色を楽しみたい

出典:Amazon.co.jp

バンドを始めてキーボード担当になったり、自分でオリジナル曲をつくってみたくなったりすると、気になるのがシンセサイザーです。シンセサイザーがあれば、ひとりですべての音を演奏することができ、様々な楽器の音を同時に鳴らすことも可能です。種類やメーカーごとの特徴を踏まえて、実際の使用環境や自分のプレイスタイルに適したシンセサイザーを手に入れましょう。

シンセサイザーとは

シンセサイザーとは

出典:Amazon.co.jp

シンセサイザーとは電子楽器のひとつで、音を合成することができるアイテムです。見た目は鍵盤楽器ですが、ベース音やドラムの音、フルートの音をはじめとする鍵盤楽器以外の楽器の音を出せたり、鍵盤楽器でもピアノ、アコースティックピアノ、エレクトリックピアノ、オルガンと様々な楽器の音を出すことができます。また、これらの楽器の音だけではなく、雨音や風の音なども鳴らすことができます。最初から搭載されている音色を鳴らすだけではなく、好みの音色の作成や、オクターブや半音など、音の高さの自由な変更も可能です。

シンセサイザーとキーボードの違いとは

見た目が似ているキーボードとシンセサイザーですが、境界線はあいまいで、ほぼ同じものだと思っても良いという方もいます。厳密に言うと、キーボードはあらかじめ搭載された音色を選んで演奏することができる鍵盤楽器で、シンセサイザーは音の周波数や波形、減衰速度などを調節して組合せ、独自の音をつくり出すことができる電子楽器です。そのため必ずしも鍵盤がついているわけではなく、鍵盤がついていないシンセサイザーもあります。

シンセサイザーの種類

アナログシンセサイザー

アナログシンセサイザーは、電子回路で電気的に音をつくっています。そのため回路の違いで音も異なり、それが個性となります。メリットは音に厚みがあり、あたたかみのある音色であることです。ただし、和音が出せず単音しか出せないモデルもあることや、小型化が困難なこと、音程が不安定になりやすいことなどがデメリットになります。扱いにくそうに感じるかもしれませんが、絶対にアナログ派という根強いファンも多くいます。

デジタルシンセサイザー

デジタルシンセサイザーは、DSPやサンプリングなどのデジタル方式で音をつくっています。そのため、音程なども正確で、リアルな楽器音での演奏も得意です。また、自動演奏機能の搭載など、多機能なモデルが多く販売されています。小型化も可能でメリットが多いように感じますが、アナログのようなあたたかみのある音色と言うよりは、やや機械的な音に感じる方もいるようです。

シンセサイザーの選び方

機能で選ぶ

音を重ねるレイヤー機能

レイヤー機能とは、音を重ねる機能のことです。いくつもの音を重ねることで音楽の幅が広がり、演奏できる曲が増えたり様々な音色を奏でたりすることができます。レイヤー機能を搭載していても、モデルによっては2種類までしか重ねられない製品もあります。自分の演奏スタイルを明確にして、たくさんの音を重ねたい方はレイヤー機能の機能性もチェックしておきましょう。

ゾーンごとに音色を分けるスプリット機能

ゾーンごとに音色を分けるスプリット機能

スプリット機能は、鍵盤を何分割かにして、ゾーンごとに音色を分けることができる機能です。例えばゾーンごとにドラム、ピアノ、ベース、シンセなどを分けておくことで、異なる楽器を同時に演奏することができます。鍵盤を2分割して音色を分ければ、左手はベース音、右手はピアノの音での演奏も可能です。中には16種類の音に分けることができるモデルも販売されています。2つ以上の音色を使うことが多いアイドルの曲やアニメの曲を演奏したい方は、スプリット機能があると便利です。

同期演奏をするならシーケンサー機能に注目

シーケンサー機能とは、楽器ごとに演奏した音を打ち込んだり録音したりすることができる機能のことです。ドラム、ベース、ピアノ、ギターなどを、シンセサイザーで演奏して録音することができます。ひとりでいくつもの音色を演奏し、音を重ねて聞くことができるので、作曲をしたい方にとって便利な機能です。また、あらかじめ打ち込んでおいた音を流しながら、同時にバンド演奏をする「同期演奏」にも活用できます。

鍵盤の数で選ぶ

鍵盤の数で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

シンセサイザーの鍵盤数は、少ないものだと25、37、49鍵、多いものだとピアノと同じ88鍵と様々な種類が揃っています。その中でもバンド演奏用として人気が高いのが61鍵モデルと88鍵モデルです。バンド演奏の場合は基本的に持ち運ぶことが前提となるので、重量を考えると軽量の61鍵がおすすめです。できるだけ軽いモデルが良いけれど、61鍵では少し足りないと言う方は73鍵や76鍵モデルを選ぶと良いでしょう。

音色の質や数で選ぶ

音色の質や数で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

自分で好み通りの音色をつくることができるシンセサイザーですが、あらかじめ搭載されている音色の質や数、強弱の出しやすさやニュアンスなどはメーカーやモデルによって異なります。そのため、可能であれば店頭で音を確かめてから、好みの音質の製品を購入することがおすすめです。また、搭載されている音の数もモデルによって異なり、多いものだと2,500以上の音が搭載されていることもあります。ピアノやオルガンなどの一般的な音色であれば、ほとんどのシンセサイザーにあらかじめ搭載されていますが、舞台演出として風や嵐などの自然音も鳴らしたい方や、民族楽器の音がたくさん欲しい方など、使用目的が明確になっている場合は、ほしい音が搭載されているかを確認してから購入しましょう。

鍵盤の弾き心地で選ぶ

シンセサイザーの鍵盤の弾き心地は、軽いものと重いものの2種類に分けることができます。軽いものはエレクトーンのような感覚で、重いものはピアノのような感覚で弾くことができます。また、鍵盤の重さは総重量にも関わります。鍵盤楽器初心者の方は、軽いタッチの方が扱いやすく、もともとピアノを演奏していた方は重いタッチのほうがなじみがあります。好みにあわせて選ぶと良いでしょう。

使用場所を考慮する

使用場所によっては、携帯性や設置のしやすさが重要なポイントになることがあります。決められた場所ではなく、様々な場所で使用する場合は軽くて持ち運びが便利なモデルの方が扱いやすく、設置場所が狭い場合は鍵盤数の多いものは場所をとるので向きません。また、電池駆動できる製品なら、コンセントがなくても音を出すことができるので便利です。

好みのデザインを選ぶ

好みのデザインを選ぶ

出典:Amazon.co.jp

スタンダードなブラック以外にも、ホワイトやレッドなど様々なカラーやデザインのシンセサイザーが販売されています。女性デザイナーがデザインしたモデルも、おしゃれだと評判です。

価格で選ぶ

シンセサイザーの価格は、機能によって大きく異なります。せっかく購入したのに、機能が足りずに活用できなくても残念ですし、高機能のモデルを手に入れても使いこなせなければ意味がありません。本当に必要な機能を見極めた上で、納得できる価格の製品を購入しましょう。

メーカーで選ぶ

シンセサイザーは、プロの愛用者も多いローランド、KORG、YAMAHAなどが高い人気を集めています。機能面だけでは選びきれない場合は、人気のあるメーカーの製品を選ぶこともひとつの方法です。

シンセサイザーのおすすめ8選

コルグアナログキーボードシンセサイザー ボコーダー micro XL+ マイクロ 37鍵楽天市場最安値36,300円(税込)

コルビーKORG KROSS2-61楽天市場最安値73,800円(税込)

出典:Amazon.co.jp

KORGのキーボードシンセサイザーです。以前に人気を博したKROSSがモデルチェンジし、超軽量・小型ボディの電池駆動にサウンドと機能を大幅に強化し、膨大な1,000以上のプリセット音色や拡張PCMメモリーを追加しました。さらに本格的サンプリングが可能なパッド・サンプラーを新搭載し、USBオーディオ・MIDIインターフェイス機能にも対応しています。シンセサイザー初心者の方におすすめです。

KORGのキーボードシンセサイザーです。以前に人気を博したKROSSがモデルチェンジし、超軽量・小型ボディの電池駆動にサウンドと機能を大幅に強化し、膨大な1,000以上のプリセット音色や拡張PCMメモリーを追加しました。さらに本格的サンプリングが可能なパッド・サンプラーを新搭載し、USBオーディオ・MIDIインターフェイス機能にも対応しています。シンセサイザー初心者の方におすすめです。

ローランドFA-06 シンセサイザー 61鍵盤楽天市場最安値129,800円(税込)

出典:Amazon.co.jp

Rolandのシンセサイザーです。膨大なサウンド・ライブラリを搭載し、プロ級のクオリティの豊富なエフェクトとリアルタイムコントロールが、内蔵音色の豊かな表現力をフルに引き出します。さらに読み込み時間なしで再生するサンプラー、ノンストップ・ループ録音可能なシーケンサーなどを備え、ライブから音楽制作まで、あらゆる用途に対応します。バンド活動などをしている方に特におすすめです。

Rolandのシンセサイザーです。膨大なサウンド・ライブラリを搭載し、プロ級のクオリティの豊富なエフェクトとリアルタイムコントロールが、内蔵音色の豊かな表現力をフルに引き出します。さらに読み込み時間なしで再生するサンプラー、ノンストップ・ループ録音可能なシーケンサーなどを備え、ライブから音楽制作まで、あらゆる用途に対応します。バンド活動などをしている方に特におすすめです。

ヤマハシンセサイザー MOXF6Amazon最安値103,787円(税込)

出典:Amazon.co.jp

YAMAHAのシンセサイザーです。内蔵シーケンサーでの音楽制作からCubaseをはじめとするDAWソフトウェアと組み合わせての音楽制作まで、幅広い制作スタイルに対応します。鍵盤数は61鍵(セミウェイテッド鍵盤)、音源部はAWM2+アーティキュレーション機能、同時発音数128、シーケンサー容量は約226000音です。幅広い音楽活動におすすめのシンセサイザーです。

YAMAHAのシンセサイザーです。内蔵シーケンサーでの音楽制作からCubaseをはじめとするDAWソフトウェアと組み合わせての音楽制作まで、幅広い制作スタイルに対応します。鍵盤数は61鍵(セミウェイテッド鍵盤)、音源部はAWM2+アーティキュレーション機能、同時発音数128、シーケンサー容量は約226000音です。幅広い音楽活動におすすめのシンセサイザーです。

ローランドFA-06-SC シンセサイザー 限定ホワイト 61鍵盤Amazon最安値129,800円(税込)

出典:Amazon.co.jp

ローランドの61鍵盤のシンセサイザーです。大きさは幅100.8×奥行30×厚さ10.1cmです。本体の重さは5.7kgです。著名なアーティストの楽曲、35曲を収録したSDカードが付いています。ホワイトで性別問わず使いやすいデザインです。携帯用のケースが付いています。持ち運んで使いたい方に便利なシンセサイザーです。

ローランドの61鍵盤のシンセサイザーです。大きさは幅100.8×奥行30×厚さ10.1cmです。本体の重さは5.7kgです。著名なアーティストの楽曲、35曲を収録したSDカードが付いています。ホワイトで性別問わず使いやすいデザインです。携帯用のケースが付いています。持ち運んで使いたい方に便利なシンセサイザーです。

ローランドFA-08 キャリングケース/CB-88RL付
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

ローランドFA-08 キャリングケース/CB-88RL付

価格情報がありません

音楽制作や演奏など様々なシーンで活躍するシンセサイザーです。88鍵盤あります。サンプラー機能やシーケンサー機能などが搭載されています。音質が良く、多くの名器の音色が搭載されています。さらに音色をダウンロードして拡張することも可能です。起動が早く、ライブでも活躍します。音楽制作からライブ、編集等音楽を楽しめるシンセサイザーを探している方におすすめです。

音楽制作や演奏など様々なシーンで活躍するシンセサイザーです。88鍵盤あります。サンプラー機能やシーケンサー機能などが搭載されています。音質が良く、多くの名器の音色が搭載されています。さらに音色をダウンロードして拡張することも可能です。起動が早く、ライブでも活躍します。音楽制作からライブ、編集等音楽を楽しめるシンセサイザーを探している方におすすめです。

キーボードスタンドも用意しておこう

立ったままキーボード・シンセサイザーを演奏したい場合、キーボードスタンドは欠かせないアイテムです。種類ごとの説明やおすすめ商品を掲載しているので、気になる方はチェックしてみてください。

シンセサイザーのおすすめ商品比較表

商品画像
アナログキーボードシンセサイザー ボコーダー micro XL+ マイクロ 37鍵
シンセサイザー reface CP スタンドセット
JUNO-DS61 シンセサイザー 61鍵盤
KORG KROSS2-61
FA-06 シンセサイザー 61鍵盤
シンセサイザー MOXF6
FA-06-SC シンセサイザー 限定ホワイト 61鍵盤
FA-08 キャリングケース/CB-88RL付
メーカー

コルグ

ヤマハ

ローランド

コルビー

ローランド

ヤマハ

ローランド

ローランド

商品名

アナログキーボードシンセサイザー ボコーダー micro XL+ マイクロ 37鍵

シンセサイザー reface CP スタンドセット

JUNO-DS61 シンセサイザー 61鍵盤

KORG KROSS2-61

FA-06 シンセサイザー 61鍵盤

シンセサイザー MOXF6

FA-06-SC シンセサイザー 限定ホワイト 61鍵盤

FA-08 キャリングケース/CB-88RL付

最安値
楽天市場36,300円(税込)
Amazon42,818円(税込)
Amazon79,600円(税込)
楽天市場73,800円(税込)
楽天市場129,800円(税込)
Amazon103,787円(税込)
Amazon129,800円(税込)
価格情報がありません
商品リンク
この記事の修正依頼を送る

関連記事