ナッツクラッカー(くるみ割り器)のおすすめ15選!簡単に割れる

ナッツクラッカー(くるみ割り器)のおすすめ15選!簡単に割れる

美容と健康によいナッツは、マカダミア、オニグルミなどの和くるみ、銀杏(ぎんなん)といったように種類が豊富です。殻なしはすぐに食べられますが、新鮮でおいしいのはやはり殻付きですよね。硬い殻はナッツクラッカーなどの道具を使って割る方法がおすすめです。くるみ割り器はダイソー・セリアなどの100円ショップ(100均)やホームセンターで購入できます。今回は、木製や人形タイプなどといったナッツクラッカーの種類や選び方、使い方、割り方、おすすめ商品をご紹介します。

ナッツの殻が硬くて割れない

ナッツの殻が硬くて割れない

ナッツはいわゆる「木の実」のことで、通常中身は硬い殻におおわれています。そのため、素手で殻を割るのは大変です。ハンマーなどでたたいて割ることもできますが、中身にまでダメージを与え、形が崩れてしまう可能性もあるため、おすすめできません。きれいな形のままで中身を取り出すには、「ナッツクラッカー」と呼ばれる、硬い殻を割るための専用の道具を使いましょう。

ナッツクラッカーとは?

ナッツクラッカーとは?

ナッツクラッカーと聞くと、くるみ割り人形の名前で知られるオーナメントを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。くるみ割り人形はドイツの伝統的なクリスマス飾りで、実際にくるみの殻を割るのにも使われます。西洋のくるみは比較的殻がやわらかくて割りやすいのですが、日本に古くからある和くるみはオニグルミのように殻が硬く、人形タイプで割るのは難しいでしょう。硬いナッツの殻は、ナッツクラッカーを使って割るのがおすすめです。くるみ用、マカダミア用など、特定のナッツ専用の道具があるほか、形状やデザインもさまざまな種類のラインナップがあります。

ナッツクラッカーの種類

くるみ割り

くるみ割り

出典:Amazon.co.jp

ナッツクラッカーにはくるみ割り専用の種類があります。ただし、西洋のくるみの殻は割れても、オニグルミのような殻の硬い和くるみには適さない商品もあるので注意しましょう。オニグルミに使う方は、購入の際に、割れるかどうかを確認してください。また、くるみ割りの中には、ヘーゼル、マカダミア、銀杏など、くるみ以外のナッツにも使えるものがあります。さまざまな種類を食べる方は、複数のナッツの殻を割れる兼用タイプを選ぶと便利です。

銀杏割り

銀杏割り

出典:Amazon.co.jp

銀杏を割るための専用の道具です。繊細な銀杏の実をつぶさないで取り出したい方や銀杏好きの方におすすめします。くるみやカニなど、ほかの食品の殻を割れるタイプもあります。

マカダミア割り

マカダミア割り

出典:Amazon.co.jp

マカダミアの殻は硬く、その硬さは世界一ともいわれているため、専用の道具が必要です。殻付きのマカダミアを食べたいという方は、マカダミアナッツクラッカーやマカダミアナッツ専用殻割り器などといった種類を選びましょう。マカダミアの殻が割れるものであれば、大抵のナッツの殻は割れるので、1つ持っていると便利です。

ナッツクラッカーの選び方

ナッツクラッカーには、特定のナッツ専用のタイプから、形状、デザインにいたるまで、実にさまざまな種類があります。そこで、ナッツクラッカーを選ぶ際のポイントについてご紹介します。

殻の硬さに合ったタイプを選ぶ

殻が薄めのナッツにはプライヤータイプ

殻が薄めのナッツにはプライヤータイプ

出典:Amazon.co.jp

先端部分にナッツを挟み、グリップを握って殻を割るナッツクラッカーで、工具のプライヤーに似た形状が特徴です。ペルシャぐるみ、カシぐるみで知られる西洋くるみなど、殻が薄いナッツに向いています。殻が薄いと素手で割れることもありますが、手を痛める可能性があるのでやめましょう。また、包丁を使って殻を割ろうとすると刃が欠ける危険があるので、この方法もおすすめしません。プライヤータイプのナッツクラッカーであれば、ナッツを挟んで少し力を入れれば、簡単に割ることが可能です。

和くるみにはペンチタイプがおすすめ

和くるみにはペンチタイプがおすすめ

出典:Amazon.co.jp

ペンチタイプのナッツクラッカーも、プライヤータイプと同様、先端にナッツを挟んで、グリップを握って殻を割ります。オニグルミのような殻の硬い和くるみは、こちらを使って割りましょう。プライヤータイプよりも挟み込む力が強くなる上、切断する力も加わるため、硬い殻も割りやすくなります。一方、ナッツクラッカー、くるみ割り器という名称であっても、オニグルミの殻を割るのには向かない商品もあるので、購入の際は注意しましょう。オニグルミの殻を割るのに、先述のプライヤータイプを使うのは避けてください。

硬いマカダミアの殻も割れるハンドルタイプ

硬いマカダミアの殻も割れるハンドルタイプ

出典:Amazon.co.jp

ネジでナッツを固定し、ハンドルを回しながらネジをしめて殻を割るタイプのナッツクラッカーです。このタイプは、マカダミア専用のナッツクラッカーに多く見られます。ナッツがしっかりホールドされるため、硬い殻を割って、中身をきれいに取り出せます。ネジをしめて殻を割るタイプには、きのこやリスなどをモチーフにした木のおもちゃのようなデザインもあり、インテリアにもおすすめです。ただし、木製のナッツクラッカーは、オニグルミのような殻の硬いナッツには適しておらず、無理に使うと破損する可能性があるので注意してください。

殻を割るのが楽しくなるカバー&プレスタイプ

ナッツクラッカーの中には、殻を上からたたいて割り、中身を取り出すといったタイプもあります。専用トレーの中央にナッツを置いてカバーをかぶせ、上からたたいて殻を割ります。カバーにはゴム製、バネ製などがあり、いずれも中央部分に金属製のパーツが付いているため、プレスを加えることで殻が割れるという仕組みです。少し力が必要になるため、割るという作業を楽しみたい方におすすめです。

ほかの食品にも使える兼用タイプが便利

ほかの食品にも使える兼用タイプが便利

くるみ割り、銀杏割り、マカダミア割りといった特定のナッツ専用のナッツクラッカーは、それ以外の種類に使えない場合があります。ナッツの種類別に専用の道具をそろえても良いですが、収納に場所をとってしまいます。こだわりがない場合は、さまざまな種類のナッツに加えて、カニや貝などほかの食品に使える兼用タイプがおすすめです。殻の硬いナッツを食べる機会が多い方は、マカダミアの殻が割れるナッツクラッカーであれば問題ないでしょう。

重さもポイント

重さもポイント

出典:Amazon.co.jp

ナッツクラッカーを購入する際は、商品の重さも忘れずにチェックしましょう。重たすぎるナッツクラッカーは、手への負担が大きく、疲労や痛みなどにつながります。軽いものでは100g以下の商品もありますが、中には、300gを超える重たいものもあります。おすすめは200g前後の重さのナッツクラッカーです。扱いやすい重さなので、手への負担も少ないでしょう。

グリップの握りやすさをチェック

グリップの握りやすさをチェック

出典:Amazon.co.jp

プライヤータイプやペンチタイプのナッツクラッカーでは、グリップを握ってナッツの殻を割ります。硬い殻を割るときには、それだけ力が必要になるため、グリップ部分が握りやすいものを選ぶとよいでしょう。さらに、グリップ部分に滑りにくい加工がしてあるのが理想です。

お手入れのしやすさも重要

お手入れのしやすさも重要

ナッツクラッカーを長く使うには、使ったあとのお手入れが欠かせません。使用後は殻の破片などを取り除き、可能であれば洗浄してよく乾かしてから保管しましょう。お手入れの仕方がよくないと、金属部分のサビなどにつながり、使用できなくなってしまいます。水洗いできるものだと、清潔に長く使えます。

ナッツクラッカーの使い方

プライヤータイプ・ペンチタイプの場合

プライヤーおよびペンチタイプのナッツクラッカーは、先端部分にナッツを挟んで、グリップを握ることで力をかけて殻を割ります。西洋くるみなどの殻が薄いナッツにはプライヤータイプ、硬い殻におおわれたオニグルミなどにはペンチタイプを使いましょう。

ハンドルタイプの場合

中央部分にナッツを置き、ハンドルを回してネジで固定します。その後さらにハンドルを回してネジをしめて殻を割ります。プライヤーやペンチタイプのように握力を必要とせず、硬い殻も割りやすいでしょう。

カバー&プレスタイプの場合

専用トレーの中央にナッツを置き、カバーをかぶせて、中央の金属部分があたるように、上からたたいて殻を割ります。殻を割る際に、少し力が必要です。

くるみ割りのおすすめ4選 

古沢製作所和くるみ割り器 ほじくるみん付楽天市場最安値1,550円(税込)

出典:Amazon.co.jp

古沢製作所和くるみ割り器 ほじくるみん付

楽天市場最安値1,550円(税込)

古沢製作所和くるみ割り器Amazon最安値1,950円(税込)

出典:Amazon.co.jp

古沢製作所和くるみ割り器

Amazon最安値1,950円(税込)

アレッシィNUT SPLITTER くるみ割りAmazon最安値2,449円(税込)

出典:Amazon.co.jp

アレッシィNUT SPLITTER くるみ割り

Amazon最安値2,449円(税込)

アルテレニョオリーブの木 くるみ割り器最安値4,000円(税込)

アルテレニョオリーブの木 くるみ割り器

最安値4,000円(税込)

銀杏割りのおすすめ4選

パール金属銀杏 割り器Amazon最安値888円(税込)

出典:Amazon.co.jp

パール金属銀杏 割り器

Amazon最安値888円(税込)

貝印カイハウスセレクト 銀杏割り楽天市場最安値1,326円(税込)

出典:Amazon.co.jp

貝印カイハウスセレクト 銀杏割り

楽天市場最安値1,326円(税込)

パール金属らくらくぎんなん割りAmazon最安値888円(税込)

出典:Amazon.co.jp

パール金属らくらくぎんなん割り

Amazon最安値888円(税込)

金鹿工具製作所ギンナンクンPro楽天市場最安値1,013円(税込)

出典:Amazon.co.jp

金鹿工具製作所ギンナンクンPro

楽天市場最安値1,013円(税込)

くるみ・銀杏割りのおすすめ3選

貝印カイハウスセレクト くるみ&銀杏割り楽天市場最安値1,279円(税込)

出典:Amazon.co.jp

貝印カイハウスセレクト くるみ&銀杏割り

楽天市場最安値1,279円(税込)

エスケーカネ弘くるみ割り器 ぎんなん兼用Yahoo!ショッピング最安値1,980円(税込)

出典:Amazon.co.jp

エスケーカネ弘くるみ割り器 ぎんなん兼用

Yahoo!ショッピング最安値1,980円(税込)

パール金属くるみ・ぎんなん割りYahoo!ショッピング最安値795円(税込)

出典:Amazon.co.jp

パール金属くるみ・ぎんなん割り

Yahoo!ショッピング最安値795円(税込)

マカダミア割りのおすすめ2選

フードスタッフジャパンMACADAMIAクラッカー楽天市場最安値1,571円(税込)

出典:Amazon.co.jp

フードスタッフジャパンMACADAMIAクラッカー

楽天市場最安値1,571円(税込)

ニダフジャパンCrackerAmazon最安値1,770円(税込)

出典:Amazon.co.jp

ニダフジャパンCracker

Amazon最安値1,770円(税込)

ナッツ全般対応クラッカーのおすすめ2選

ケーピーオーチャードK.P.M.C ナッツクラッカー タイプⅡ楽天市場最安値1,571円(税込)

出典:Amazon.co.jp

ケーピーオーチャードK.P.M.C ナッツクラッカー タイプⅡ

楽天市場最安値1,571円(税込)

ノープロDAVY CRACK'IT ナッツクラッカー
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

ノープロDAVY CRACK'IT ナッツクラッカー

価格情報がありません

ナッツクラッカー(くるみ割り器)のおすすめ商品比較表

商品画像
和くるみ割り器 ほじくるみん付
和くるみ割り器
NUT SPLITTER くるみ割り
オリーブの木 くるみ割り器
銀杏 割り器
銀杏割り
らくらくぎんなん割り
ギンナンクンPro
くるみ&銀杏割り
くるみ割り器 ぎんなん兼用
くるみ・ぎんなん割り
MACADAMIAクラッカー
Cracker
K.P.M.C ナッツクラッカー タイプⅡ
DAVY CRACK'IT ナッツクラッカー
メーカー

古沢製作所

古沢製作所

アレッシィ

アルテレニョ

パール金属

貝印

パール金属

金鹿工具製作所

貝印

エスケーカネ弘

パール金属

フードスタッフジャパン

ニダフジャパン

ケーピーオーチャード

ノープロ

商品名

和くるみ割り器 ほじくるみん付

和くるみ割り器

NUT SPLITTER くるみ割り

オリーブの木 くるみ割り器

銀杏 割り器

カイハウスセレクト 銀杏割り

らくらくぎんなん割り

ギンナンクンPro

カイハウスセレクト くるみ&銀杏割り

くるみ割り器 ぎんなん兼用

くるみ・ぎんなん割り

MACADAMIAクラッカー

Cracker

K.P.M.C ナッツクラッカー タイプⅡ

DAVY CRACK'IT ナッツクラッカー

最安値
楽天市場1,550円(税込)
Amazon1,950円(税込)
Amazon2,449円(税込)
4,000円(税込)
Amazon888円(税込)
楽天市場1,326円(税込)
Amazon888円(税込)
楽天市場1,013円(税込)
楽天市場1,279円(税込)
Yahoo!ショッピング1,980円(税込)
Yahoo!ショッピング795円(税込)
楽天市場1,571円(税込)
Amazon1,770円(税込)
楽天市場1,571円(税込)
価格情報がありません
商品リンク
この記事の修正依頼を送る

関連記事