高度計のおすすめ5選&選び方【便利な腕時計型も!】

高度計のおすすめ5選&選び方【便利な腕時計型も!】

登山などで自分がどのくらいの標高にいるかを確かめるためのアイテムが「高度計」です。スマホのGPS機能などで現在地を調べることはできますが、緊急時にスマホの電池が切れてしまうこともあります。その際に、自分がいる標高が精度高く分かれば安心ですよね。今回は高度計の仕組みや選び方、使い方、腕時計タイプなどのおすすめ商品をご紹介します。

登山をする前に備えを万全にしておきたい!

登山をする前に備えを万全にしておきたい!

登山をするうえで、万が一の備えをしておくのは大切なことです。道に迷ってしまったときには、スマホのGPS機能を使えばよいと考える方も多いと思いますが、電波が届かなかったり、電源が切れてしまう可能性もあります。

そんなときにあると安心なのが「高度計」です。高時計とは、現在の標高を確かめるための機器です。登山だけでなく、飛行機などでも飛行している高さを割り出すために使われています。大きく分けると気圧で高度を測る「気圧高度計」と電波を発射して高度を測る「電波高度計」に分かれます。

気圧高度計は仕組みがシンプルで簡単に使える高度計です。コンパクトで携帯しやすい、使い勝手の良い高度計と言えます。一方、電波高度計は飛行機や宇宙船などの大規模な機器で使われます。登山やアウトドアで使われることは、ほとんどありません。腕時計型の高度計では、気圧ではなくGPSなどの衛星からおおよその高度を割り出している場合もあります。

高度計の仕組み

今回は、登山やアウトドアで使われる「気圧高度計」の仕組みをご説明します。気圧高度計は、測定した気圧を高度に置き換えることで、現在の標高を割り出すという仕組みです。すなわち、気圧高度計は気圧と高度の両方を計ることのできる機器ということです。

定点での気圧の上下を読み取ることで、大まかな天気を予想することもできます。気圧が上がってくると、天気は回復傾向に、逆に下がってくると、天気も下り坂になる傾向があります。泊りがけの登山などでは特に役に立つでしょう。ですが、天気を予測するには同じ場所で気圧を計る必要があります。場所を移動すると気圧も変化するので注意が必要です。また、この仕組みを利用して、天気予報が表示される高度計も多いです。

高度計は登山に必要か

高度計は登山に必要か

登山をする方が、全員高度計を携帯しているわけではありません。ですが、地形図やコンパスと併用することで、自分の現在地をより正確に知ることができます。地形図には等高線が表示されています。等高線とは、同じ高さの地点を連ねて描いた線のことです。計った高度と同じ高度の等高線上のどこかが、現在地ということになるので、自分の位置を絞り込みやすくなります。特に、登山道から外れてしまったなど非常時に役立ちます。

高度計がなくても、スマホのアプリやGPS機器があれば、道に迷う可能性は減ります。ただし、スマホの電池が切れたり、機械にトラブルが発生したときには、高度計が役に立つでしょう。高度計はあくまで補助的な機器なので、地形図やコンパスも常備しておきましょう。また、地形図を読む練習にもなるので登山初心者の方にもおすすめです。

高度計の選び方

高度計購入するときに抑えておきたいポイントをご紹介します。

デジタルかアナログかで選ぶ

高度計には、液晶画面に数値が表示されるデジタルのものと、温度計や湿度計のような針で数値を示すアナログのものがあります。

デジタル式

デジタル式

出典:Amazon.co.jp

デジタル式の高度計は、目もりを読む必要がなく、すぐに数字を把握することができます。腕時計型のものも多く、いちいちカバンやポケットから取り出さずに、すぐ高度を知ることができるので便利です。デジタルなので電池や充電が必要です。登山中に電池が切れることが無いように、かならず電池の残量をチェックしてから出かけましょう。

アナログ式

アナログ式

出典:Amazon.co.jp

アナログ式の高度計は、シンプルで価格が安いのが魅力です。電池や充電をする必要がないので、いざというときでも安心して使うことができます。メモリが細かいので数値を確認しづらい面もありますが、紐などをつけて首からぶら下げておくと、すぐに高度を確認できます。

精度の高さで選ぶ

高度計の精度は商品によって異なります。デジタル式の腕時計型のものは、価格も高くなりますが、そのぶん精度も高くなる傾向があります。ただし、アナログ式のものの精度が悪いという訳ではありません。正しい使い方をすれば、きちんと高度を計測できます。ものによる精度も大切ですが、きちんと計れるよう、高度計の校正を正しく行っておくことが重要です。

防水機能やコンパスなどの付加機能で選ぶ

防水機能やコンパスなどの付加機能で選ぶ

高度を計る以外にも、付加機能がついているものがあります。特に、腕時計型のものは距離や方角、速度、心拍数なども一緒に計れるものが多いです。用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

高度計の使い方

高度計の使い方

高度計は、使う前に校正する必要があります。校正とは、標高がはっきりわかる場所で、高度計の数値を調節しておくことです。気圧の変化で高度を計るので、山の中でも標高がはっきりしている場所を通過するときには、何度も調節しておくことが大切です。精度の良いものでも、きちんと校正しないと正しく高度を計れないので、こまめな校正することがポイントです。

高度計のおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値2,861円(税込)
4.09(70件)

この商品の特徴

アナログ式のシンプルな高度計です。電池や充電の必要はありません。わずか90gと軽くてコンパクトなので持ち運びに便利です。調節も背面のダイヤルで簡単に行うことができます。登山用はもちろん、車で使う車載用にもぴったりです。価格もリーズナブルなので、たくさんの機能が不要な方や、シンプルな高度をお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

アナログ式のシンプルな高度計です。電池や充電の必要はありません。わずか90gと軽くてコンパクトなので持ち運びに便利です。調節も背面のダイヤルで簡単に行うことができます。登山用はもちろん、車で使う車載用にもぴったりです。価格もリーズナブルなので、たくさんの機能が不要な方や、シンプルな高度をお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値46,440円(税込)
4.12(43件)

この商品の特徴

高度計・気圧計・電子コンパスにGPS機能が搭載された、アウトドアにぴったりの時計です。GPSとGLONASSの2種類の衛星システムからデータを取っているので、より精度の高い計測ができます。また、専用のアプリを使ってルートや活動記録もつけることができるので、幅広い楽しみ方ができます。高度計だけでなく、様々な機能を使いたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

高度計・気圧計・電子コンパスにGPS機能が搭載された、アウトドアにぴったりの時計です。GPSとGLONASSの2種類の衛星システムからデータを取っているので、より精度の高い計測ができます。また、専用のアプリを使ってルートや活動記録もつけることができるので、幅広い楽しみ方ができます。高度計だけでなく、様々な機能を使いたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値2,980円(税込)
2.89(41件)

この商品の特徴

数字が大きめで見やすいデジタル式の高度計です。高度の他にも温度や湿度、デジタルコンパスなどがついています。腕時計型ではありませんが、リュックサックやポーチなどに簡単に取り付けられるようになっています。ぶら下げたまま、高度を確認できるので便利です。腕時計型よりもリーズナブルな価格のデジタル式高度計をお探しの方にはぴったりの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

数字が大きめで見やすいデジタル式の高度計です。高度の他にも温度や湿度、デジタルコンパスなどがついています。腕時計型ではありませんが、リュックサックやポーチなどに簡単に取り付けられるようになっています。ぶら下げたまま、高度を確認できるので便利です。腕時計型よりもリーズナブルな価格のデジタル式高度計をお探しの方にはぴったりの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,850円(税込)
3.20(29件)

この商品の特徴

デジタル式のコンパクトな高度計です。あらゆるアウトドアに使うことできる高度計ですが、防水機能や釣りスポット記録機能が付いているのでフィッシングに最適です。6グループまで釣りスポットが記録でき、場所の気圧を保存して照合することができます。天気予報がよく当たるという口コミも多いので、あらゆる場面で活躍できそうです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

デジタル式のコンパクトな高度計です。あらゆるアウトドアに使うことできる高度計ですが、防水機能や釣りスポット記録機能が付いているのでフィッシングに最適です。6グループまで釣りスポットが記録でき、場所の気圧を保存して照合することができます。天気予報がよく当たるという口コミも多いので、あらゆる場面で活躍できそうです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,370円(税込)
4.10(8件)

この商品の特徴

デジタル式の高度計です。高度の他にも、気圧、コンパス、温度や天気予報の表示ができます。リーズナブルな価格で登山に必要な情報を知ることができるので、登山をこれからはじめてみたい方にもおすすめです。電池を入れ替えると初期設定に戻ってしまうのがデメリットですが、付加機能が多すぎず、操作が簡単なのでシンプルに使えます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

デジタル式の高度計です。高度の他にも、気圧、コンパス、温度や天気予報の表示ができます。リーズナブルな価格で登山に必要な情報を知ることができるので、登山をこれからはじめてみたい方にもおすすめです。電池を入れ替えると初期設定に戻ってしまうのがデメリットですが、付加機能が多すぎず、操作が簡単なのでシンプルに使えます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー