家庭用3Dプリンターのおすすめ9選【2020年版】

家庭用3Dプリンターのおすすめ9選【2020年版】

「3Dプリンター」は、写真やイラストなどのデータを元に、様々なものを立体物として作り出してくれるプリンターです。家庭用の低価格なものもあり、フィギュアや家の模型などの作品を立体物にすることができます。今回は3Dプリンターの選び方や、3Dプリンターでできることなどについて解説します。また、金属が使える3Dプリンターやフィラメントについて、ダヴィンチなどのおすすめ商品もご紹介しています。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

家のプリンターで立体物が印刷できる!?

家のプリンターで立体物が印刷できる!?

普段使っているものの中に「もっと形がこうだったら」「こんなものがあれば」と感じているものはありませんか。カップの持ち手の位置やオブジェの角度など、我慢するか、気に入るものが見つかるまで探すのは大変ですよね。そんなとき「3Dプリンター」を使えば、簡単に自分好みの形をつくることができます。

3Dプリンターなら樹脂を何層にも重ねる「積層」という方法で、立体物を製作することができます。普通のプリンターは平面の紙に文字や図柄を載せるだけですが、3Dプリンターは立体的なプリントアウトが可能です。業務用だけではなく、家庭用の低価格な3Dプリンターも販売されています。おもちゃや雑貨などをつくることができます。仕事はもちろん、遊びでも使うことができるのが特徴です。

3Dプリンターでできること

3Dプリンターは使い方次第で様々なことができます。素材が樹脂であるということさえクリアできれば、大抵のものは立体化が可能です。

写真を立体化させてフィギュア製作

写真を立体化させてフィギュア製作

出典:Amazon.co.jp

写真や絵を3Dでスキャンし、そのデータを3Dプリンターで出力すればフィギュアやオブジェをつくることができます。お気に入りのキャラクターや自作のデザインを立体のものとして生み出すことができます。自分用として楽しむだけでなく、記念品やプレゼントとしても喜ばれそうです。

模型をつくってイメージを膨らませる

模型をつくってイメージを膨らませる

たとえば、家や室内の模型を作成してインテリアのイメージを膨らませることもできます。実際の設計図を元に縮小して出力すれば、等比率の自宅模型ができあがります。ベッドやソファなども3Dプリンターで一緒に作成しておけば、家具の配置を何通りも試すことができそうです。他にも鉄道模型や航空模型などもつくることができます。

型をつくって料理や趣味に活かす

お菓子作りやアクセサリー作りが趣味の方であれば、3Dプリンターで自分好みの型を作成しておくと便利です。これは市販のものではなかなかしっくり来るものが無い、という方に人気の使い方です。型をひとつつくっておけば、同じ形のお菓子やアクセサリーなどをたくさんつくり出すことができます。

3Dプリンターの選び方

何をつくりたいかによって決める造形方法

何をつくりたいかによって決める造形方法

出典:Amazon.co.jp

「造形方法」はどのような方法で樹脂を形にしていくのか、ということです。この造形方法を選ぶには「どんな素材の樹脂を使用したいか」ということを考える必要があります。造型方法は5つありますが、それぞれの造形方法によって使える樹脂の種類が異なります。

試作品にぴったりな熱溶解積層方式(FDM法)

熱溶解積層方式は、熱に溶ける樹脂素材を使って立体物をつくり出します。熱に溶ける樹脂とは、具体的には「ABS樹脂」「PLA樹脂」「ナイロン樹脂」です。樹脂を熱で溶かしながら、一層ずつ重ねて形にしていきます。熱に溶ける樹脂は熱を絶つとすぐに固まって冷めるので、やけどの心配がさほどありません。しかし、他の造形方法に比べると、断面の層が目立ちやすいという特徴もあります。簡単なオブジェや、いったん形にしてみたい試作品などの作成に向いています。

なめらかな表面が実現する光造形方式(STL法)

光造形方式は、光を当てることで硬化する液体状の樹脂を使って立体物を作成します。使える樹脂は「エポキシ系樹脂」「アクリル系樹脂」などが主です。光に反応する光硬化樹脂は紫外線レーザーで一層ずつ硬化させるので表面がとてもなめらかです。きれいな立体物をつくりたい場合や、贈りものなどを作成したい場合に向いています。

金属も使える粉末焼結方式(SLS法)

粉末焼結方式は、粉末状の樹脂を焼くことで固めて立体物をつくります。使える樹脂は「ナイロン樹脂」「セラミック」「エストラマー」「ポリプロピレン」「金属」などです。粉末焼結方式でつくられた立体物は耐久性があります。5つの造形方式の中で唯一金属が使えるので、丈夫な型をつくりたい場合にも役立ちます。

高速で作成したいならインクジェット方式

インクジェット方式は液状の樹脂を吹き付けることによって形をつくっていきます。吹き付けた樹脂に紫外線を当てることでさらに硬くすることができます。使える素材は「アクリル系」「ABSライク」「PPライク」「ポリプロピレンライク」「ラバーライク」などです。表面もなめらかに仕上がり、かつ高速で作成できます。

リーズナブルでカラー出力もできる粉末積層方式

粉末積層方式とは比較的安い粉末を樹脂で接着することで形をつくります。使える素材は「石膏ベースパウダー」「プラスチックライクパウダー」「デンプンベースパウダー」「セラミックベースパウダー」などです。他の造形方法と大きく違う点は、カラー出力ができるということです。形をつくる際に、インクジェットプリンターのインクを吹き付けることで色をつけることができます。ただし、素材が丈夫ではないので、できあがったものに耐久性はあまり期待できません。

造形可能サイズをチェック

最大造形物サイズは、最大でどのくらいの大きさのものがつくれるかを表します。どれぐらいの大きさのものをつくるのかによって、サイズを選びましょう。最大造形サイズは大きくなるほど、立体物がゆがんだり反ったりしやすくなり、精度が落ちやすくなります。小さなパーツに分けてつくり、後で組み立てた方がきれいに出来上がることもあります。また、最大造形サイズが大きくなるほど不具合や動作停止の頻度が高くなります。作成中に不具合が起きるとつくり直しをすることになり手間がかかり、材料費も割高となります。

精度はオートキャリブレーションで高める

精度はオートキャリブレーションで高める

出典:Amazon.co.jp

3Dプリンターを使うときに気になるのは「できあがる立体物の精度」です。3Dプリンターには「キャリブレーション」という機能があります。キャリブレーションとは立体物が出力される台座(ベッド)を水平に調節する機能です。台座が水平でないと、設計通りの立体物ができあがりません。

キャリブレーションはマニュアル操作でも調整できますが、操作する方によって精度が異なります。自動的に調節できるオートキャリブレーション機能がついているものが簡単で安心です。

フィラメントは純正のランニングコストも確認

フィラメントは純正のランニングコストも確認

出典:Amazon.co.jp

フィラメントとは、通常のプリンターでいうインクの役割をします。フィラメントがないとプリントできません。フィラメントは合成樹脂でできています。3Dプリンターの種類によって使えるフィラメントは異なります。

製品によっては、自社の純正フィラメントしか使えないようになっていることもあります。他のフィラメントが全く使えないというわけではありませんが、故障時の保障対象にはならないことが多いようです。そのため3Dプリンターを購入するときには、その製品の純正フィラメントを使うと仮定したランニングコストも検討しておいた方が良いでしょう。

機能は必要なものだけを選ぶ

3Dプリンターには様々な機能が搭載されています。中でも人気の機能は「Wi-Fi」と「操作用モニター」です。

Wi-Fi機能

Wi-Fi機能

Wi-Fi機能は、ケーブルの配線が不要になります。SDカードの経由も不要です。そのためプリンターが稼働している間、つきっきりになる必要がありません。しかし実際に3Dプリンターを使っていると、立体物の精度を確認したりフィラメントの交換をしたりとなかなかその場を離れることができません。結果としてWi-Fi機能が搭載されていなくても良いと感じる方が多いようです。

操作用モニター

操作用モニター

出典:Amazon.co.jp

操作用モニターは簡易的なものであっても搭載されていた方が良いという方は多いようです。操作用モニターが無いと、操作は全てパソコン画面上で行うことになります。しかしパソコン画面はフリーズしたり、ビジー状態になったりすることもあります。そうすると3Dプリンターの緊急停止や動作確認ができないことがあります。そのため操作用モニターは画質が良くないものでもあった方が便利と言われています。

対応のモデリングソフトが多いものを選ぶ

3Dプリンターで立体物を作るためには3Dデータという、設計図の役割をするものが必要です。この3Dデータは最初から自分で作成することもできますが、かなり手間と時間がかかります。そのため3Dデータを作成するモデリングが簡単にできるソフトがあります。3Dプリンターを選ぶときは、いかに多くのモデリングソフトに対応しているかということも重要です。無料のモデリングソフトが多く出回っているので、あらかじめ使いたいソフトを絞り込み、その上で対応している3Dプリンターを検討しても良いでしょう。

3Dプリンターのおすすめ9選

楽天市場最安値69,990円(税込)

この商品の特徴

コンパクトなサイズの家庭用3Dプリンターです。作りたい形状のデータを専用ソフトで読み取るとすぐに印刷を開始することができます。データはネットでダウンロードしたものを使うことができるので種類が豊富です。3Dプリンターの素材であるフィラメントは、弾力性や強度の異なる3種類から選ぶことができます。カラー展開は7色です。サイズは、一辺18cm、重さ1kgなので置き場にも困りません。静音設計も家庭で使う際には嬉しいポイントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

コンパクトなサイズの家庭用3Dプリンターです。作りたい形状のデータを専用ソフトで読み取るとすぐに印刷を開始することができます。データはネットでダウンロードしたものを使うことができるので種類が豊富です。3Dプリンターの素材であるフィラメントは、弾力性や強度の異なる3種類から選ぶことができます。カラー展開は7色です。サイズは、一辺18cm、重さ1kgなので置き場にも困りません。静音設計も家庭で使う際には嬉しいポイントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値34,800円(税込)

この商品の特徴

コンパクトでスタイリッシュなデザインの3Dプリンターです。3Dプリンターを入門したい方に最適な製品です。家庭用品や子供のおもちゃを素早く簡単に作ることができます。重量8kg未満と軽いので、家の中のどこにでも簡単に移動できます。最大印刷サイズは150x150x150mmで、重量は8kg未満です。脱着式エクストルーダとアルミプラットフォームを採用し、操作もボタン1つでスマートな操作が可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

コンパクトでスタイリッシュなデザインの3Dプリンターです。3Dプリンターを入門したい方に最適な製品です。家庭用品や子供のおもちゃを素早く簡単に作ることができます。重量8kg未満と軽いので、家の中のどこにでも簡単に移動できます。最大印刷サイズは150x150x150mmで、重量は8kg未満です。脱着式エクストルーダとアルミプラットフォームを採用し、操作もボタン1つでスマートな操作が可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値40,100円(税込)

この商品の特徴

コンパクトな家庭用3Dプリンターで、ベッドルームやリビングどこに置いても使うことができます。「XYZmaker」という専用のアプリケーションを使うことで、Wi-Fiを通じて、家庭のあらゆる場所から印刷を行うことができます。3Dプリンターを初めて使う方にも、おすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

コンパクトな家庭用3Dプリンターで、ベッドルームやリビングどこに置いても使うことができます。「XYZmaker」という専用のアプリケーションを使うことで、Wi-Fiを通じて、家庭のあらゆる場所から印刷を行うことができます。3Dプリンターを初めて使う方にも、おすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値29,999円(税込)

この商品の特徴

自分で組み立てるタイプの3Dプリンターですが、8つのネジの固定と3つの配線の挿入だけで完成します。造形方法は熱溶解積層方式(FDM法)です。操作用モニターはタッチパネル式なので初心者の方でも使いやすいと言われています。安定した金属製のフレームで、完成品も取り出しやすいです。サポートメールも日本語で対応してくれるので、初めて3Dプリンターを使う方でも安心して質問ができます。Amazonのベストセラー1位の商品で初心者の方から高評価が多いことが特徴です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

自分で組み立てるタイプの3Dプリンターですが、8つのネジの固定と3つの配線の挿入だけで完成します。造形方法は熱溶解積層方式(FDM法)です。操作用モニターはタッチパネル式なので初心者の方でも使いやすいと言われています。安定した金属製のフレームで、完成品も取り出しやすいです。サポートメールも日本語で対応してくれるので、初めて3Dプリンターを使う方でも安心して質問ができます。Amazonのベストセラー1位の商品で初心者の方から高評価が多いことが特徴です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値53,800円(税込)

この商品の特徴

家庭などでの利用を想定し、作動音を50デシベルに抑えた超静音モデルです。数台並べて教室またはオフィスでも気軽に使えます。本体上部には3.5インチフルカラータッチパネル(日本語)を備えていて、フィラメント交換、プリント実行、軸の移動、WiFi無線接続への切り替えなどの操作が指一本で行えます。プリント終了後も簡単に本体から取り外すことが可能な造形テーブルは、ヒートベッドを必要としないスライド式です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

家庭などでの利用を想定し、作動音を50デシベルに抑えた超静音モデルです。数台並べて教室またはオフィスでも気軽に使えます。本体上部には3.5インチフルカラータッチパネル(日本語)を備えていて、フィラメント交換、プリント実行、軸の移動、WiFi無線接続への切り替えなどの操作が指一本で行えます。プリント終了後も簡単に本体から取り外すことが可能な造形テーブルは、ヒートベッドを必要としないスライド式です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値31,999円(税込)

この商品の特徴

オフラインプリントが可能です。USBモードで出力することができます。また、ディスプレイの操作画面にはUSBメモリのモデル画像を一覧で表示できるので、間違いなくプリントできます。スクリーンがカラーなのも嬉しいですね。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

オフラインプリントが可能です。USBモードで出力することができます。また、ディスプレイの操作画面にはUSBメモリのモデル画像を一覧で表示できるので、間違いなくプリントできます。スクリーンがカラーなのも嬉しいですね。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値58,900円(税込)

この商品の特徴

造形方法は熱溶解積層方式(FDM法)です。初めて3Dプリンターを使うという方や、簡単な立体物をつくりたい方におすすめです。組み立てや初期設定が少し難しいという口コミもありますが、サポート体制が良いと評判のようです。対応は英語ですが24時間対応してくれるため、困ったときにいつでも質問することができます。モデリングソフトはQIDI TECHソフトウェアが使えます。フィラメントはABSとPLAが使用可能です。100,000円以下で購入できるお手頃価格の3Dプリンターです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

造形方法は熱溶解積層方式(FDM法)です。初めて3Dプリンターを使うという方や、簡単な立体物をつくりたい方におすすめです。組み立てや初期設定が少し難しいという口コミもありますが、サポート体制が良いと評判のようです。対応は英語ですが24時間対応してくれるため、困ったときにいつでも質問することができます。モデリングソフトはQIDI TECHソフトウェアが使えます。フィラメントはABSとPLAが使用可能です。100,000円以下で購入できるお手頃価格の3Dプリンターです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値83,470円(税込)

この商品の特徴

造形方法は熱溶解積層方式(FDM法)です。3Dプリンターの大手ブランドの商品で使いやすさに定評があります。専用のソフトを使うことでスピードやその他詳細設定もしやすく、難しい操作が苦手な方にも評判が良い商品です。フィラメントはABSとPLAですが、自社フィラメント以外の使用も認めています。サポートも日本語で対応してくれるので、初心者の方でも安心です。オプションでレーザー彫刻も可能なので、凝った立体物をつくりたいという上級者の方にも人気の商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

造形方法は熱溶解積層方式(FDM法)です。3Dプリンターの大手ブランドの商品で使いやすさに定評があります。専用のソフトを使うことでスピードやその他詳細設定もしやすく、難しい操作が苦手な方にも評判が良い商品です。フィラメントはABSとPLAですが、自社フィラメント以外の使用も認めています。サポートも日本語で対応してくれるので、初心者の方でも安心です。オプションでレーザー彫刻も可能なので、凝った立体物をつくりたいという上級者の方にも人気の商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値137,499円(税込)

この商品の特徴

造形方法は熱溶解積層方式(FDM法)です。操作用モニターはタッチパネル式なので、目で見て確認しながら操作ができます。Wi-Fi機能付きです。アフィニアの日本支社がサポートをしてくれるので、海外からのサポートに抵抗がある方にもおすすめです。フィラメントはABS、PLAの他にポリカーボネイトにも対応しています。自分で組み立てる必要がないので、届いたらすぐに作成に入ることができます。作成の工程よりも、早くスムーズに立体物を作成したいという方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

造形方法は熱溶解積層方式(FDM法)です。操作用モニターはタッチパネル式なので、目で見て確認しながら操作ができます。Wi-Fi機能付きです。アフィニアの日本支社がサポートをしてくれるので、海外からのサポートに抵抗がある方にもおすすめです。フィラメントはABS、PLAの他にポリカーボネイトにも対応しています。自分で組み立てる必要がないので、届いたらすぐに作成に入ることができます。作成の工程よりも、早くスムーズに立体物を作成したいという方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

家庭用3Dプリンターのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー