シースナイフのおすすめ12選!丈夫なフルタングタイプも
出典:Amazon.co.jp

シースナイフのおすすめ12選!丈夫なフルタングタイプも

シースナイフとは、キャンプなどアウトドアで使うケース付きのナイフです。大型のロングサイズから小型の軽量タイプまで、様々な大きさが揃っています。バトニングや薪割りに適したフルタング、釣りや料理に適したコンシールド、ナロータングの3種類から、使い方にあわせたものを選べます。高級感のある日本製のかっこいい商品もあり、アウトドア好きの方へのプレゼントにもおすすめです。今回はシースナイフの選び方と、シマノ、mossy oak、スパイダルコ、モーラナイフ、buckなど各メーカーのおすすめ商品やシースナイフの研ぎ方を紹介します。

Amazon新生活セール2024年度

本サイトに掲載している商品は、APIを使用して価格表示やリンク生成をしております。各ECサイトにて価格変動、価格情報の誤りがある場合、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーをご確認ください。記事内で紹介した商品を購入すると売上の一部がHEIMに還元されることがあります。Amazonアソシエイト・プログラム、楽天アフィリエイト、バリューコマースを利用しています。その他、広告に対するポリシーはこちらをご確認ください。

シースナイフとは

シースナイフとは

出典:Amazon.co.jp

シースナイフは、アウトドアなどでよく使われる小型のナイフです。ブレードの部分と持ち手にあたるグリップの部分が固定されているのが特徴で、使わないときには鞘に納めて持ち運ぶことができます。ブレードとグリップが一体化した形状のため、折りたたみ式ナイフよりも耐久性が高く、斧の代わりとして薪割りにも使えるのが魅力です。

シースナイフを使うメリット

シースナイフを使うメリット

出典:Amazon.co.jp

シースナイフは、キャンプやアウトドアの様々なシーンで使用でき、応用の幅が広いのがメリットです。包丁のように肉や魚などをさばく簡単な作業から、木材の加工や薪割り作業まで、幅広く対応することができます。ナイフの折りたたみはできないものの、小型のものが多くケースに入れてコンパクトに持ち運びできるのも魅力です。

シースナイフの選び方

種類で選ぶ

ブレードが折れにくいフルタングタイプ

ブレードが折れにくいフルタングタイプ

出典:Amazon.co.jp

フルタングタイプのシースナイフは、ブレードの部分を持ち手の部分で挟み込むような構造になっているのが特徴です。横から見ると持ち手の隙間に鋼材が露出しています。中央を貫くようにブレードがついているため、ブレードが折れにくく、キャンプで薪割りの作業を行いたい方に適しています。

錆びにくいコンシールドタイプ

錆びにくいコンシールドタイプ

出典:Amazon.co.jp

コンシールドタイプのシースナイフは、フルタングタイプよりも持ち手に差し込まれているブレードの大きさが小さめなのが特徴です。鋼材が小さいので比較的軽く、力の弱い方でも手軽に使うことができます。持ち手から鋼材が露出していないため、サビにくいのもメリットです。あまり流通しておらず、商品の数は少ない傾向にあります。

軽量で扱いやすいナロータングタイプ

軽量で扱いやすいナロータングタイプ

出典:Amazon.co.jp

ナロータングタイプのシースナイフは、持ち手に開けた穴にブレードを差し込むようにして固定しているのが特徴です。鋼材が小さく軽量なため、携帯用ナイフや力の弱い方の使用に適しています。フルタングタイプよりも強度には欠けるため、フィッシングや調理用ナイフにおすすめです。

用途にあわせて選ぶ

キャンプ用には耐久性に優れたものがおすすめ

キャンプ用には耐久性に優れたものがおすすめ

出典:Amazon.co.jp

キャンプ用のシースナイフは、ブレードに負担がかかるバドニングにも使用できる、頑丈なものがおすすめです。バドニングとは、キャンプ場にある小枝や薪をナイフで割って使いやすくする作業のことで、焚き火をする際に欠かせない作業です。衝撃に強いフルタングタイプなどが適しています。

釣り用には錆びに強いものがおすすめ

釣り用には錆びに強いものがおすすめ

出典:Amazon.co.jp

釣り用のシースナイフは、サビにくく切れ味の良いものがおすすめです。船上で釣った魚をしめたり、さばいたりする際にもスムーズにカットできます。ナイフの切れ味が悪いと、うまく魚をさばくことができず味が落ちてしまうことがあるため、切れ味が長く続くものを選びましょう。海水に濡れてもサビにくいステンレス素材などを使用したものが適しています。

素材で選ぶ

手入れしやすいカーボンスチール製

手入れしやすいカーボンスチール製

出典:Amazon.co.jp

カーボンスチール製のシースナイフは、砥石で研ぐだけで錆びを落とすことができ、手入れしやすいのがメリットです。炭素鋼とも呼ばれている素材で、製造の際に加工しやすいのが特徴です。アウトドア用ナイフの素材によく使用されており、比較的リーズナブルな価格で購入できるのも魅力です。

錆びにくいステンレス製

錆びにくいステンレス製

出典:Amazon.co.jp

ステンレス製のシースナイフは、刃がサビにくいのが特徴です。あまり手入れをしなくても使うことができるので、ナイフの扱いに慣れない初心者の方にも適しています。カーボンスチールに比べてやや価格は上がるものの、耐久性も高く長く使うことができます。

海水にも強いH-1鋼製

海水にも強いH-1鋼製

出典:Amazon.co.jp

H-1鋼製のシースナイフは、ステンレスよりもさらにサビに強いのが特徴です。真水だけでなく塩分を含んだ海水にも強く、フィッシングなど、水場での作業に適しています。薪割りなどの作業には適していないものの、調理や魚をさばく作業には十分に使える切れ味があります。

切れ味が長く続くモリブデン製

切れ味が長く続くモリブデン製

出典:Amazon.co.jp

モリブテン製のシースナイフは、刃が欠けにくく鋭い切れ味が長持ちするのが特徴です。比較的やわらかく粘りがある金属で、錆びた時にも簡単に研いで切れ味を復活できるのがメリットです。バドニングから調理、フィッシングまで、幅広く活用できます。

使い勝手の良い長さで選ぶ

使い勝手の良い長さで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

シースナイフのブレードの長さは、作業する内容にあわせたものを選びましょう。ブレードが6〜10cmほどの短いタイプは、指先の感覚に近い作業がしやすく、調理などの繊細な作業に適しています。ブレードが15cm以上の長いタイプは、刃先に力が伝わりやすくバドニングなどの力を込める作業に向いています。

パドニングにはブレードの厚いものがおすすめ

パドニングにはブレードの厚いものがおすすめ

出典:Amazon.co.jp

ブレードが厚いタイプのシースナイフは、薪割りの際の衝撃にも強く、木材に効率よく力を伝えられるのがメリットです。ただし、ブレードに厚みがあるとその分ナイフが重くなるため、自分の力で扱いやすい範囲内の厚みを選ぶようにしましょう。

ハンドルの素材で選ぶ

手になじみやすい天然材

手になじみやすい天然材

出典:Amazon.co.jp

天然材のハンドルが付いたシースナイフは、手になじみやすく見た目も美しいのが特徴です。木材や動物の角、貝殻を加工して作られたハンドルもあり、素材の質感やデザインを楽しむことができます。価格が高めの傾向にあり、アウトドア好きの方へのプレゼントにもおすすめです。

手頃な価格で使える人工材

手頃な価格で使える人工材

出典:Amazon.co.jp

人工材のハンドルが付いたシースナイフは、耐久性が高くリーズナブルな価格で購入できるのが特徴です。合成樹脂や合版、マイカルタなどの素材が使用されていることが多く、同じ人工材でも商品によって風合いは様々です。長く使えるタイプのナイフがほしい方や、コストを抑えたい方におすすめです。

メンテナンスのしやすさもチェック

メンテナンスのしやすさもチェック

出典:Amazon.co.jp

シースナイフは、汚れや水が付着したあとに、メンテナンスのしやすい素材がおすすめです。ステンレスやH-1鋼でできたナイフはサビに強く、こまめに研ぐ必要がないので初めて使う方にも適しています。また、研ぎやすいカーボンスチールもおすすめです。

シースナイフのメーカー別の特徴

モーラナイフ:手頃な価格で初心者の方にもおすすめ

スイス発祥のメーカー、モーラナイフのシースナイフはリーズナブルな価格設定とスタイリッシュなデザインが特徴です。初心者でも手を出しやすい価格で購入できるので、アウトドアやフィッシングを始めたての方にも向いています。調理からバドニングまで幅広い用途に活用できるモデルが多いのも魅力です。

バック:高級感のある天然材を採用している

アメリカのメーカー、バック(BUCK)のシースナイフはシックで高級感のあるデザインが特徴です。ハンドルに木材が使用されている商品も多く、木目柄のあるハンドルが好みな方にも適しています。レザー製のケースが付属しており、キャンプ好きな方へのギフトにもおすすめです。

ジー・サカイ:使い勝手の良い形状が魅力

岐阜県のナイフメーカー、ジー・サカイのシースナイフは、使いやすさを重視した商品が多いのが特徴です。熟練の職人によって一点一点仕上げられており、使い心地のみならず、見た目も美しいのが魅力です。

シマノ:コンパクトで持ち運びやすい

シマノのシースナイフは、コンパクトで持ち歩きに適した商品が豊富なのが特徴です。錆びに強いステンレス素材を採用しているため、メンテナンスの手間が少なく初心者の方でも扱いやすいです。フィッシングや調理向きの商品が多い傾向ですが、バドニング向きの頑丈な商品も展開されています。

Amazon新生活セール2024年度

シースナイフのおすすめ商品比較一覧表

商品

販売サイト

おすすめポイント

素材

刃の長さ

本体サイズ

本体重量

シースナイフ アークH-1 ブラック

スパイダルコ

シースナイフ アークH-1 ブラック

人差し指を置く溝つきで濡れた手でも使いやすい

刃:H-1鋼/ハンドル:ファイバーグラス強化ナイロン

(約)5.5cm

(約)全長12.6cm

(約)26g

シースナイフ

モッシーオーク

シースナイフ

レザー製のおしゃれな専用ケース付き

刃:ステンレス鋼/ハンドル:天然ウッド材

(約)14.5cm

(約)全長27.5×刃厚0.32cm

(約)300g

フルタングナイフ

ヘレディディガルガル

フルタングナイフ

まっすぐに伸びた形状でしっかりと力が伝わる

刃:ステンレススチール/ハンドル:ケボニー

12.9cm

全長24.9×刃厚0.3cm

193g

エルクハンター シースナイフ

ボーカー

エルクハンター シースナイフ

手に馴染みやすい天然材のハンドルを採用している

刃:440Aステンレス/ハンドル:ジャカランダウッド

11cm

全長22×刃厚0.39cm

154g

アウトドアナイフ

インペリアル・シュレード

アウトドアナイフ

耐久性に優れたハイカーボン鋼製で長く使える

刃:1095ハイカーボン銅/ハンドル:TPE

(約)11cm

(約)全長26×刃厚0.5cm

(約)540g

ダマスカス67層シースナイフ

Dcenrun

ダマスカス67層シースナイフ

美しい模様が特徴のダマスカス鋼を採用

刃:67層ダマスカス鋼/ハンドル:紫檀

10.5cm

刃幅2×長さ21.5×刃厚0.25cm

55g

Kansbol マルチマウント

モーラナイフ

Kansbol マルチマウント

専用カバーと本体をしっかり固定できる

刃:ステンレススチール/ハンドル:TPEラバー, ポリプロピレン

(約)10.9cm

全長22.6×刃厚0.25cm

(約)100g

ナイフ スペシャルココボロ

バック

ナイフ スペシャルココボロ

長めの刃渡りで軽い力でカットできる

刃:420ステンレス/ハンドル:ココボロ

(約)13.8cm

(約)全長26.8cm

(約)225g

シース小出刃 ブラック

シマノ

シース小出刃 ブラック

指をかけやすいハンドルでしっかりグリップできる

刃:フッ素加工済ステンレス

8.5cm

全長22.6×刃厚0.3cm

メーカー記載なし

サビナイフ 黒

ジーサカイ

サビナイフ 黒

小さめの刃渡りで船上で魚を素早く捌ける

刃:ローカーボンステンレス/ハンドル:ガラス繊維強化ナイロン

9.2cm

全長20.3×刃厚0.23cm

89g

LOGナイフ

芦刃物製作所

LOGナイフ

天然剤の木目を生かしたナチュラルなデザイン

刃:ステンレス鋼/ハンドル:天然木

(約)8.5cm

(約)全長19.5×刃厚0.2cm

メーカー記載なし

ラブレスハンター ドロップポイント

ベレッタ

ラブレスハンター ドロップポイント

軽量で手軽に持ち運べるシースナイフ

刃:AUS-8ステンレス/ハンドル:Zytel

(約)9.5cm

(約)全長21×刃厚0.5cm

(約)120g

  • 掲載している参考価格・スペック等の情報について、万全の保証はいたしかねます。詳細な商品情報については、購入前に各メーカーの公式サイト等でご確認ください。
  • 比較表内の空欄部分は調査中です。

【フルタング】シースナイフのおすすめ5選

スパイダルコシースナイフ アークH-1 ブラック

参考価格18,882

出典:Amazon.co.jp

購入者のレビューを見てみよう!

おすすめポイント

人差し指を置く溝つきで濡れた手でも使いやすい

シンプルなデザインのフルタングタイプのシースナイフです。H-1鋼製の刃はサビに非常に強く、フィッシングなど水濡れが多いシーンでも気にせずに使えます。ハンドルは人工材製で人差し指用の溝があり、濡れた手でも滑りにくいのもポイントです。重量が57gととても軽く、専用のケースに刃を収めて首から下げて携帯することもできます。釣りが好きな方におすすめです。

素材
刃:H-1鋼/ハンドル:ファイバーグラス強化ナイロン
刃の長さ
(約)5.5cm
本体サイズ
(約)全長12.6cm
本体重量
(約)26g

おすすめポイント

人差し指を置く溝つきで濡れた手でも使いやすい

シンプルなデザインのフルタングタイプのシースナイフです。H-1鋼製の刃はサビに非常に強く、フィッシングなど水濡れが多いシーンでも気にせずに使えます。ハンドルは人工材製で人差し指用の溝があり、濡れた手でも滑りにくいのもポイントです。重量が57gととても軽く、専用のケースに刃を収めて首から下げて携帯することもできます。釣りが好きな方におすすめです。

素材
刃:H-1鋼/ハンドル:ファイバーグラス強化ナイロン
刃の長さ
(約)5.5cm
本体サイズ
(約)全長12.6cm
本体重量
(約)26g

モッシーオークシースナイフ

参考価格2,580

出典:Amazon.co.jp

購入者のレビューを見てみよう!

おすすめポイント

レザー製のおしゃれな専用ケース付き

ステンレス刃採用のシースナイフです。ステンレスは丈夫でサビにも強く、1本で長く使い続けられます。ハンドル部分には天然材を使用しており、握りやすいように指の形の溝もあります。レザー製の専用ケースもおしゃれで、ナイフの見た目にこだわりがある方にもおすすめです。やや長めなので、調理から薪割りまで幅広く使えます。

素材
刃:ステンレス鋼/ハンドル:天然ウッド材
刃の長さ
(約)14.5cm
本体サイズ
(約)全長27.5×刃厚0.32cm
本体重量
(約)300g

おすすめポイント

レザー製のおしゃれな専用ケース付き

ステンレス刃採用のシースナイフです。ステンレスは丈夫でサビにも強く、1本で長く使い続けられます。ハンドル部分には天然材を使用しており、握りやすいように指の形の溝もあります。レザー製の専用ケースもおしゃれで、ナイフの見た目にこだわりがある方にもおすすめです。やや長めなので、調理から薪割りまで幅広く使えます。

素材
刃:ステンレス鋼/ハンドル:天然ウッド材
刃の長さ
(約)14.5cm
本体サイズ
(約)全長27.5×刃厚0.32cm
本体重量
(約)300g

ヘレディディガルガルフルタングナイフ

参考価格46,500

出典:Amazon.co.jp

購入者のレビューを見てみよう!

おすすめポイント

まっすぐに伸びた形状でしっかりと力が伝わる

手にフィットするようなハンドルが魅力の、シースナイフです。職人の手によって丁寧につくられており、耐久性にも優れています。直線状に伸びた形状で、力を込めるバドニングでもスムーズに力を伝えることができます。1本を長く使用できるシースナイフを求めている方におすすめです。

素材
刃:ステンレススチール/ハンドル:ケボニー
刃の長さ
12.9cm
本体サイズ
全長24.9×刃厚0.3cm
本体重量
193g

おすすめポイント

まっすぐに伸びた形状でしっかりと力が伝わる

手にフィットするようなハンドルが魅力の、シースナイフです。職人の手によって丁寧につくられており、耐久性にも優れています。直線状に伸びた形状で、力を込めるバドニングでもスムーズに力を伝えることができます。1本を長く使用できるシースナイフを求めている方におすすめです。

素材
刃:ステンレススチール/ハンドル:ケボニー
刃の長さ
12.9cm
本体サイズ
全長24.9×刃厚0.3cm
本体重量
193g

ボーカーエルクハンター シースナイフ

参考価格6,980

出典:Amazon.co.jp

購入者のレビューを見てみよう!

おすすめポイント

手に馴染みやすい天然材のハンドルを採用している

扱いやすい中型サイズのシースナイフです。刃はステンレス鋼製でサビに強く、ナイフを研ぐ作業が面倒な方や初心者にも適しています。ハンドルの部分には手になじみやすい天然材を使用しており、革製ケースも付属しています。調理から軽いバドニングまで幅広い用途に使いやすく、持ち歩きもしやすいので、プレンゼントにもおすすめです。

素材
刃:440Aステンレス/ハンドル:ジャカランダウッド
刃の長さ
11cm
本体サイズ
全長22×刃厚0.39cm
本体重量
154g

おすすめポイント

手に馴染みやすい天然材のハンドルを採用している

扱いやすい中型サイズのシースナイフです。刃はステンレス鋼製でサビに強く、ナイフを研ぐ作業が面倒な方や初心者にも適しています。ハンドルの部分には手になじみやすい天然材を使用しており、革製ケースも付属しています。調理から軽いバドニングまで幅広い用途に使いやすく、持ち歩きもしやすいので、プレンゼントにもおすすめです。

素材
刃:440Aステンレス/ハンドル:ジャカランダウッド
刃の長さ
11cm
本体サイズ
全長22×刃厚0.39cm
本体重量
154g

インペリアル・シュレードアウトドアナイフ

参考価格6,415

出典:Amazon.co.jp

購入者のレビューを見てみよう!

おすすめポイント

耐久性に優れたハイカーボン鋼製で長く使える

ハイカーボン鋼のブレードをハンドル材でしっかりと固定するフルタング構造で、グリップ部分には手に馴染みやすく、力を入れやすいように窪みが加工されています。紛失防止や携帯用に、ストラップを通す紐が付属しています。タフで使い勝手の良いアウトドアナイフを探している方におすすめです。

素材
刃:1095ハイカーボン銅/ハンドル:TPE
刃の長さ
(約)11cm
本体サイズ
(約)全長26×刃厚0.5cm
本体重量
(約)540g

おすすめポイント

耐久性に優れたハイカーボン鋼製で長く使える

ハイカーボン鋼のブレードをハンドル材でしっかりと固定するフルタング構造で、グリップ部分には手に馴染みやすく、力を入れやすいように窪みが加工されています。紛失防止や携帯用に、ストラップを通す紐が付属しています。タフで使い勝手の良いアウトドアナイフを探している方におすすめです。

素材
刃:1095ハイカーボン銅/ハンドル:TPE
刃の長さ
(約)11cm
本体サイズ
(約)全長26×刃厚0.5cm
本体重量
(約)540g

【コンシールド】おすすめのシースナイフ

Dcenrunダマスカス67層シースナイフ

参考価格4,449

出典:Amazon.co.jp

購入者のレビューを見てみよう!

おすすめポイント

美しい模様が特徴のダマスカス鋼を採用

錆びに強いダマスカス鋼を採用したアウトドアナイフです。先端が鋭くなっているため、固い芯を切り抜くときや、調理での細かいカットにも使用できます。手に馴染みやすい木製の取っ手付きで、フィット感にも優れています。

素材
刃:67層ダマスカス鋼/ハンドル:紫檀
刃の長さ
10.5cm
本体サイズ
刃幅2×長さ21.5×刃厚0.25cm
本体重量
55g

おすすめポイント

美しい模様が特徴のダマスカス鋼を採用

錆びに強いダマスカス鋼を採用したアウトドアナイフです。先端が鋭くなっているため、固い芯を切り抜くときや、調理での細かいカットにも使用できます。手に馴染みやすい木製の取っ手付きで、フィット感にも優れています。

素材
刃:67層ダマスカス鋼/ハンドル:紫檀
刃の長さ
10.5cm
本体サイズ
刃幅2×長さ21.5×刃厚0.25cm
本体重量
55g

【ナロータング】シースナイフのおすすめ6選

モーラナイフKansbol マルチマウント

参考価格7,590

出典:Amazon.co.jp

購入者のレビューを見てみよう!

おすすめポイント

専用カバーと本体をしっかり固定できる

カラフルなデザインが目を引くナロータングタイプのシースナイフです。カラフルなグリップの部分は手にフィットしやすい人工材で作られています。刃の部分はステンレス製で手入れがしやすく、アウトドアやフィッシング初心者の方にもおすすめです。刃が薄めなので本体も軽量で、カバーと本体はベルトでしっかりと固定しておくことができる仕様になっています。

素材
刃:ステンレススチール/ハンドル:TPEラバー, ポリプロピレン
刃の長さ
(約)10.9cm
本体サイズ
全長22.6×刃厚0.25cm
本体重量
(約)100g

おすすめポイント

専用カバーと本体をしっかり固定できる

カラフルなデザインが目を引くナロータングタイプのシースナイフです。カラフルなグリップの部分は手にフィットしやすい人工材で作られています。刃の部分はステンレス製で手入れがしやすく、アウトドアやフィッシング初心者の方にもおすすめです。刃が薄めなので本体も軽量で、カバーと本体はベルトでしっかりと固定しておくことができる仕様になっています。

素材
刃:ステンレススチール/ハンドル:TPEラバー, ポリプロピレン
刃の長さ
(約)10.9cm
本体サイズ
全長22.6×刃厚0.25cm
本体重量
(約)100g

バックナイフ スペシャルココボロ

価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

バックナイフ スペシャルココボロ

価格情報がありません

購入者のレビューを見てみよう!

購入者のレビューを見てみよう!

おすすめポイント

長めの刃渡りで軽い力でカットできる

ヴィンテージな雰囲気がおしゃれなシースナイフです。木目が美しいハンドル部分は天然材を加工してつくられています。ステンレス製の刃は長さが138mmと少し長く、軽い力でものを切ることができるので力が弱い方にもおすすめです。レザー製のケースもついており、サイズの割には比較的軽量で、キャンプや登山の際に1本持っておくと便利です。

素材
刃:420ステンレス/ハンドル:ココボロ
刃の長さ
(約)13.8cm
本体サイズ
(約)全長26.8cm
本体重量
(約)225g

おすすめポイント

長めの刃渡りで軽い力でカットできる

ヴィンテージな雰囲気がおしゃれなシースナイフです。木目が美しいハンドル部分は天然材を加工してつくられています。ステンレス製の刃は長さが138mmと少し長く、軽い力でものを切ることができるので力が弱い方にもおすすめです。レザー製のケースもついており、サイズの割には比較的軽量で、キャンプや登山の際に1本持っておくと便利です。

素材
刃:420ステンレス/ハンドル:ココボロ
刃の長さ
(約)13.8cm
本体サイズ
(約)全長26.8cm
本体重量
(約)225g

シマノシース小出刃 ブラック

参考価格2,552

出典:Amazon.co.jp

購入者のレビューを見てみよう!

おすすめポイント

指をかけやすいハンドルでしっかりグリップできる

握りやすいデザインを採用したシースナイフです。フィッシングや調理に適したナロータングタイプで、刃はサビに強いステンレスを採用しています。人工材でできたハンドルは、指をかけやすい形状になっており、濡れた手でもしっかりとグリップして使えます。使っていない時に湿気が籠らないよう、付属のケースに通気用の穴が空いているのも特徴です。

素材
刃:フッ素加工済ステンレス
刃の長さ
8.5cm
本体サイズ
全長22.6×刃厚0.3cm
本体重量
メーカー記載なし

おすすめポイント

指をかけやすいハンドルでしっかりグリップできる

握りやすいデザインを採用したシースナイフです。フィッシングや調理に適したナロータングタイプで、刃はサビに強いステンレスを採用しています。人工材でできたハンドルは、指をかけやすい形状になっており、濡れた手でもしっかりとグリップして使えます。使っていない時に湿気が籠らないよう、付属のケースに通気用の穴が空いているのも特徴です。

素材
刃:フッ素加工済ステンレス
刃の長さ
8.5cm
本体サイズ
全長22.6×刃厚0.3cm
本体重量
メーカー記載なし

ジーサカイサビナイフ 黒

参考価格8,470

出典:Amazon.co.jp

購入者のレビューを見てみよう!

おすすめポイント

小さめの刃渡りで船上で魚を素早く捌ける

サビに強いH-1鋼製の刃を搭載したシースナイフです。ナロータングタイプで取り回しやすく、釣り上げた魚をその場でさばいて出す際などに使えます。ハンドルは人工材製で、専用ケースにはベルトに引っ掛けるためのクリップも付いています。刃は小さめの魚や牡蠣などの調理に適しており、釣った魚を船上で調理するのが好きな方におすすめです。

素材
刃:ローカーボンステンレス/ハンドル:ガラス繊維強化ナイロン
刃の長さ
9.2cm
本体サイズ
全長20.3×刃厚0.23cm
本体重量
89g

おすすめポイント

小さめの刃渡りで船上で魚を素早く捌ける

サビに強いH-1鋼製の刃を搭載したシースナイフです。ナロータングタイプで取り回しやすく、釣り上げた魚をその場でさばいて出す際などに使えます。ハンドルは人工材製で、専用ケースにはベルトに引っ掛けるためのクリップも付いています。刃は小さめの魚や牡蠣などの調理に適しており、釣った魚を船上で調理するのが好きな方におすすめです。

素材
刃:ローカーボンステンレス/ハンドル:ガラス繊維強化ナイロン
刃の長さ
9.2cm
本体サイズ
全長20.3×刃厚0.23cm
本体重量
89g

芦刃物製作所LOGナイフ

参考価格7,800

出典:Amazon.co.jp

購入者のレビューを見てみよう!

おすすめポイント

天然剤の木目を生かしたナチュラルなデザイン

日本製のナチュラルテイストなシースナイフです。ハンドルの部分は天然材のそのままの形を残したまま加工しており、自然の温かみを感じながら使うことができます。刃は短めで、素材は切れ味がよく手入れしやすいモリブデン製です。ケースは本革でできており、ナイフとともに使い続けるうちに風合いの変化も楽しめます。ナイフのデザイン性も重視する方に適しています。

素材
刃:ステンレス鋼/ハンドル:天然木
刃の長さ
(約)8.5cm
本体サイズ
(約)全長19.5×刃厚0.2cm
本体重量
メーカー記載なし

おすすめポイント

天然剤の木目を生かしたナチュラルなデザイン

日本製のナチュラルテイストなシースナイフです。ハンドルの部分は天然材のそのままの形を残したまま加工しており、自然の温かみを感じながら使うことができます。刃は短めで、素材は切れ味がよく手入れしやすいモリブデン製です。ケースは本革でできており、ナイフとともに使い続けるうちに風合いの変化も楽しめます。ナイフのデザイン性も重視する方に適しています。

素材
刃:ステンレス鋼/ハンドル:天然木
刃の長さ
(約)8.5cm
本体サイズ
(約)全長19.5×刃厚0.2cm
本体重量
メーカー記載なし

ベレッタラブレスハンター ドロップポイント

参考価格13,890

出典:Amazon.co.jp

購入者のレビューを見てみよう!

おすすめポイント

軽量で手軽に持ち運べるシースナイフ

軽量で取り回しやすいタイプのシースナイフです。ハンドル部分には手になじみやすく汚れも落ちやすい人工材を使用しており、釣った魚をさばいたり、捕獲した獲物の皮を剥いだりできます。濡れた手で触っても滑りにくく、サビにくいステンレス刃を採用しているためフィッシング用のナイフにもおすすめです。レザー製のケースを取り付ければ安全に持ち運びもできます。

素材
刃:AUS-8ステンレス/ハンドル:Zytel
刃の長さ
(約)9.5cm
本体サイズ
(約)全長21×刃厚0.5cm
本体重量
(約)120g

おすすめポイント

軽量で手軽に持ち運べるシースナイフ

軽量で取り回しやすいタイプのシースナイフです。ハンドル部分には手になじみやすく汚れも落ちやすい人工材を使用しており、釣った魚をさばいたり、捕獲した獲物の皮を剥いだりできます。濡れた手で触っても滑りにくく、サビにくいステンレス刃を採用しているためフィッシング用のナイフにもおすすめです。レザー製のケースを取り付ければ安全に持ち運びもできます。

素材
刃:AUS-8ステンレス/ハンドル:Zytel
刃の長さ
(約)9.5cm
本体サイズ
(約)全長21×刃厚0.5cm
本体重量
(約)120g

シースナイフの研ぎ方

1.砥石とナイフを準備する

まずはナイフと砥石を用意しましょう。砥石には荒砥石、中砥石、仕上げ砥石があり、初心者の方には中砥石がおすすめです。砥石は事前に10分から15分ほど水に浸けておきましょう。濡らしたふきんの上に砥石を置いて作業します。

2.ナイフの持ち方

砥石の上に水を数滴垂らし、ナイフの片面を研いて行きます。ナイフの刃は体に対して45°くらい、刃の角度と砥石の角度があうように少し刃を立てるようにして当てましょう。ナイフを持っている手の親指はナイフの刃の根元付近を抑え、反対の手の人差し指と中指で刃の下のあたりを抑えます。

3.ナイフの片面を研ぐ

2の工程で説明した持ち方でナイフを上下に動かして研いでいきます。ナイフを前に押す時は指に力を入れ、手前に引く時は力を抜きましょう。10回ほど研いだら抑えている人差し指と中指を少し刃の先端側に移動させます。刃の先端は刃のカーブにあわせて円形にナイフを動かしましょう。刃の先端まで研いだら、刃先を触ってバリができているかチェックします。

4.ナイフを持ち替えもう片面を研ぐ

バリが確認できたら、ナイフを反対の手に持ち替え、同様に根本から先端まで研いでいきます。ある程度研いだらまた刃先を触って、バリができているかチェックしましょう。

5.はじめに研いだ面を数回研ぐ

裏面にもバリが確認できたらまたナイフを持ち替え、はじめに研いだ面を軽く数回研ぎます。刃先のバリが取れて滑らかになったら、砥石とナイフを水で流してタオルなどで水気をよく拭き取りましょう。

6.新聞紙で擦って仕上げる

新聞紙や古紙を用意し、研いだナイフをよく擦り付けて細かなバリや破片を落としていきます。最後に試し切りを行って切れ味が復活していたらメンテナンス完了です。

怪我を防ぐグローブもチェック

ナイフを安全に使用できるアウトドアグローブやもおすすめです。それぞれの選び方とおすすめ商品を紹介していますので、あわせてチェックしてみてください。

シースナイフの売れ筋ランキングもチェック

シースナイフの楽天市場・Amazonの最新売れ筋ランキング情報は、以下のリンクから確認することができます。

この記事の修正依頼を送る

人気記事