デジタルオーディオプレーヤーの選び方&おすすめ3選

デジタルオーディオプレーヤーの選び方&おすすめ3選

外出中に音楽を楽しみたいけれど、「スマホで音楽を聴くと充電がなくなるから心配」と思うことはありませんか。そのような方にはデジタルオーディオプレーヤー(略称DAP、ポータブルオーディオプレーヤー)がおすすめです。価格が安いシンプルな使い勝手のものから、bluetooth対応、アプリを入れて他の機能も使えるもの、ハイレゾ対応の高音質な音楽を楽しめる機種まで、様々な種類があります。購入の際に役立つ基礎知識と、参考価格や便利な使い方、人気商品などをご紹介します。

デジタルオーディオプレーヤーとは

デジタルオーディオプレーヤーとは

出典:Amazon.co.jp

デジタルオーディオプレーヤーは、パソコンやインターネットから音楽データを取り込み持ち歩くことができる音楽プレーヤーです。スマートフォンよりも、音楽を聴く機能や利便性が優れています。

音楽専門機器だからこそ、良質な音を楽しめる

スマートフォンやデジタルオーディオプレーヤーに入っている音楽は、ただのデータにすぎません。それを各機器がアナログデータ(自然な感じに聴こえる音)に変換しています。

スマートフォンやパソコンの音楽再生機能は、通知音や警告音の再生といった別の用途のために付いている補助的なものなので、その変換作業を専用機器ほど上手に行えません。それに対して、デジタルオーディオプレーヤーは音楽再生のための機能なので、アナログデータのを豊かに再現できます。

デジタルオーディオプレーヤーの選び方

データ容量

機器によって容量が違うため、入れられる曲数も変わります。16GBの容量のデジタルオーディオプレイヤーの場合、1曲8MBの曲を2000曲ほど入れることができます。元データの圧縮率により、1曲あたりの容量は変わりますが、本体の数値が大きくなるほど、保存できる音楽の数が増えます。

32GBや64GBなどのデータ容量の機種が人気なようです。容量が大きくなるほど価格は高くなるので、お気に入りの曲だけを入れることでデータ容量を下げることもできます。

対応するファイルフォーマット

フォーマットとは、データファイルの形式のことです。以前はMP3のみ再生が可能でしたが、最近は複数のファイルフォーマットに対応している機種が多くなっています。フォーマットにより微妙に音質が違うため、自分好みに変換して楽しむ方もいます。

現在よく使われている音楽ファイル形式は、MP3、WMA、AACの3種です。ハイレゾ音源で使用されるファイルもあります。

MP3

デジタル音楽が広まるきっかけとなったフォーマットです。CDのデータ量を10分の1程度に圧縮することができます。多くの機種に対応しているため、とても使いやすいです。

WMA

Windowsでは、特に設定を必要とせず標準で使うことができるフォーマットです。MP3と同じ圧縮率で高音質なのが特徴です。

ACC

MP3の後継として普及しているフォーマットです。MP3より良い音質を、より小さいファイル容量で楽しむことができます。

FLAC

高音質なハイレゾ音源で使用されています。Android端末ではMP3に変換することで視聴が可能です。iOS端末では、iTunesで使用される形式がメインなのでFLACフォーマットに対応していない場合もあります。

ハイレゾ対応

LIVEの生音のような音を楽しめる、高音質のハイレゾ音源対応の機種が増えてきています。ハイレゾ音源の情報量は、CDの約6.5倍と言われているほどで、音の奥行きやアーティストの表現力まで感じることができます。

バッテリー駆動時間

製品のカタログや公式サイトなどに駆動時間が掲載されています。購入の際は、連続で再生できる時間を確認しましょう。機種によって、15時間、30時間、50時間など様々です。

インターネット接続・アプリ搭載

インターネット接続・アプリ搭載

機種によっては、Wi-Fiがあればインターネットに接続でき、スマートフォンのようにアプリを使うこともできます。インターネット接続によって、動画配信サービスを使って音楽を再生するという使い方も可能です。しかし、アプリやデータも同じように容量を消費するので、音楽だけを楽しむ場合には不向きです。

対応OS

AppleのiTunesやGoogleのAndroidなど、それぞれの標準OSを搭載している機種が多いです。たとえば、普段からApple製品を使っている人なら、同じiTunesでデジタルオーディオプレイヤーも管理したり、それぞれのデバイスに音楽データを同期したりできます。スマートフォンやパソコンと互換性がある機種だと、操作方法も似ていて、管理しやすいです。

bluetooth対応

bluetooth対応

出典:Amazon.co.jp

Bluetoothを使って、別の機器と無線接続することができるものもあります。例えば、デジタルオーディオプレーヤーとBluetoothイヤホンを接続することで無線で音楽を再生したり、Bluetoothスピーカーと接続することで手元のプレイヤーの操作だけで部屋で気軽に音楽を楽しんだりできます。

デザイン

シンプルで小さいものから、カラフルでスマートフォンのようなデザインまで様々です。デザインはかわいいけれど操作はしにくいといった機種もあるので、使いやすさとのバランスを考えて選びましょう。機種によっては、専用のケースが販売されてます。

価格

商品によりますが、データ容量が16GB程度のものは1〜2万円で購入できるものが多いです。64GBほどだと、5〜6万円することもあります。SDカードで音楽を管理すれば本体価格を抑えることも可能です。

音源のダウンロード方法・取り込み方

デジタルオーディオプレイヤーに音楽を取り込む方法は複数あります。スマートフォンとは異なる使い方もあるので、参考にしてください。

CDから取り込む

Media PlayerやiTunesなどの専用ソフトをパソコンにインストールし、そこにCDの音楽データを取り込みます。CDを挿入してダウンロードを行えば、自動的に本体が対応している形式にファイルを変換してくれます。そのデータを本体に同期して転送することで、音楽を再生することができます。

音楽配信サイトからダウンロード

音楽配信サイトから好きな音楽をダウンロードします。曲やアルバム単位で販売している場合と、定額制の場合があります。デジタルオーディオプレイヤーとパソコンをケーブルで繋いだり、一旦Media Playerなどの専用ソフトに落としてから音楽データを転送させたりしてダウンロードします。

クラウド音楽サービスからダウンロード

SpotifyやApple Music、LINE MUSICなど、定額制で音楽聴き放題のサービスが主流となってきています。これらのサービスを使う場合は、まずアプリをインストールして、その中で音楽をダウンロードします。異なるデバイスをそれぞれ接続しなくても、同アカウントにログインすることで自動で同期を行い、同じ音楽を楽しむことができるサービスもあります。

ダイレクト録音

パソコンがなくても音楽をダウンロードできる取り込み方法です。CDプレイヤーやコンポとデジタルオーディオプレイヤーを専用ケーブルで直接接続し、録音することでダウンロードします。主にSONYの製品に搭載されている機能です。

デジタルオーディオプレーヤーのおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値29,470円(税込)

この商品の特徴

ONKYOの技術が最大限詰め込まれた、高品質のデジタルオーディオプレーヤーです。ハイレゾ音源にも対応していて、より音質にこだわって楽しむことができます。手持ちの音源を高音質に変えることができる機能が特徴です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ONKYOの技術が最大限詰め込まれた、高品質のデジタルオーディオプレーヤーです。ハイレゾ音源にも対応していて、より音質にこだわって楽しむことができます。手持ちの音源を高音質に変えることができる機能が特徴です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値15,400円(税込)

この商品の特徴

SONYの大容量バッテリーのウォークマンです。サイズは厚さ1.1x幅5.6x長さ9.8cmです。容量は16GBで最大39時間再生可能です。ハイレゾ音源を存分に引き出すフルデジタルアンプ搭載です。タッチパネル液晶で操作をスムーズに行えます。通勤通学の際に音楽を聞く方、タッチパネル液晶のウォークマンをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

SONYの大容量バッテリーのウォークマンです。サイズは厚さ1.1x幅5.6x長さ9.8cmです。容量は16GBで最大39時間再生可能です。ハイレゾ音源を存分に引き出すフルデジタルアンプ搭載です。タッチパネル液晶で操作をスムーズに行えます。通勤通学の際に音楽を聞く方、タッチパネル液晶のウォークマンをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値25,780円(税込)

この商品の特徴

容量も大きく、音楽以外のアプリや機能を楽しむことができます。iPhoneユーザーは、万が一スマートフォンの電池残量が0になった時にもWi-Fi接続でSNSやアプリを利用できます。クラウド音楽配信サービスApple Musicも使うことができ、同じApple製品なら他デバイスとの無線同期もできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

容量も大きく、音楽以外のアプリや機能を楽しむことができます。iPhoneユーザーは、万が一スマートフォンの電池残量が0になった時にもWi-Fi接続でSNSやアプリを利用できます。クラウド音楽配信サービスApple Musicも使うことができ、同じApple製品なら他デバイスとの無線同期もできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー