5000円以下の防水イヤホンおすすめ8選【2020年版】

5000円以下の防水イヤホンおすすめ8選【2020年版】

防水イヤホンは、スポーツ中などに、水を気にせず音楽が再生できます。IPX7やIPX8の完全防水対応タイプなら、お風呂でのシャワーやシャンプー中、水泳中の使用も可能です。音質が安定した有線タイプや、無線(ワイヤレス)タイプの片耳型など、種類も様々です。今回は防水イヤホンの選び方と、ソニーなどから発売されている、長時間再生可能・音漏れの心配がないカナル型・ノイズキャンセリング機能付きなどの、おすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

5000円以下の防水イヤホンの選び方

種類で選ぶ

安定した音質の有線タイプ

安定した音質の有線タイプ

出典:Amazon.co.jp

有線タイプは、音楽プレーヤーなどに、イヤホンのケーブルを直接接続し、音声を再生します。音声を無線に変換する必要がないため、通信速度が安定しており、音声の遅延なく快適に音をきくことができます。また、イヤホンのバッテリー切れを気にせず長時間再生でき、他のタイプよりも安く購入できる点がメリットです。一方で、ケーブルがからまったり、引っかかりやすいというデメリットもあります。

ケーブルがない完全独立型

ケーブルがない完全独立型

出典:Amazon.co.jp

完全独立型は、無線を介して音楽データを受信するタイプのイヤホンです。すっきりとしたスタイリッシュな見た目で、コードの煩わしさがありません。軽量で小型のタイプが多く、耳に負担のない快適な装着感も魅力です。ただし、本体が小さいので紛失には注意が必要です。Bluetoothを使ってデータを送受信するため、無線規格のバージョンが古いタイプは、音の遅延や音飛びが生じやすい場合もあります。イヤホンに広く普及しているBluetooth4.2以上を選べば安心です。

左右一体型・ネックバンド型

左右一体型・ネックバンド型

出典:Amazon.co.jp

左右一体型は、ケーブルや、バッテリーを内蔵したヘッドバンドで、左右のイヤホンがつながったタイプで、無線接続タイプの最も主流なデザインです。商品の種類が多く、音質やデザイン、機能など、自分の重視したいポイントに合わせて選べます。ネックバンドタイプは、バッテリー内蔵なので他の無線タイプより連続再生時間が長く、首をバンドで支えることにより、イヤホンを安定して装着できる点が優れています。

通話にもぴったりの片耳型

通話にもぴったりの片耳型

出典:Amazon.co.jp

片耳型は、イヤホンを左右どちらかの耳だけに装着して使います。片方の耳が空いた状態で使えるので、周囲の音を聞きながら、イヤホンを使いたい方におすすめです。片耳型にマイクを搭載したヘッドセット型を選べば、Skypeやスマホの音声通話などにも使えます。車移動が多く運転中も通話を行いたい方は、ヘッドセット型がおすすめです。

防水性能の高さで選ぶ

防水性能の高さで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

防水性能は国際規格に基づき、IPやIPXなどの防水規格で表示され、数字の値が高くなるほど防水レベルが高くなります。IPX1からIPX4までが生活防水レベルですが、水周りやアウトドアで使う際は、全方位からの軽い水しぶきに対応できる、生活防水最高レベルのIPX4以上がおすすめです。雨天時に野外で使うなら完全防水レベルのIPX5以上、浴室での使用、水泳時に使うなら、潜水にも対応可能なIPX7以上を選べば安心です。

充電の持ち時間で選ぶ

無線タイプの場合、充電の持ち時間が長ければ、長時間の再生や通話が可能です。通勤や通学中、長い時間音楽を楽しみたい方は、充電の持ち時間が長めのイヤホンを選びましょう。ワイヤーをなくした完全独立型は、本体が小型軽量なので、連続再生可能時間が他のタイプより短めです。そのため、充電機能付きケースの急速充電機能の有無、充電完了までにかかる時間などを確認しておきましょう。

音質を左右するコーディック

使える機種が多いSBC

SBCは、多くのBluetooth機器に対応し、コーディック対応未記載の商品にも使える、汎用性の高い形式です。圧縮の効率や、転送の速度を優先しており、音質は標準的です。機種によって音の遅延・ノイズを感じる場合もあります。どんな機種でも幅広く使える点を、重視して選びたい方におすすめです。

 Apple社製品愛用者向けのAAC

AACは、iPhoneや、iPadなど Apple社の製品に主に対応する、圧縮率が高めで、高音質で遅延が生じにくい方式です。SBCより音の遅延が少なく、音も高品質です。

Androidで多く使われるaptX

aptXは、SBC、AACが高音域をカットし、データを圧縮しているのに対し、aptXは元の音源をいかして圧縮しているので、より高音質で遅延の少ない音声が楽しめます。Androidユーザーで、aptX対応端末を持つ方におすすめのタイプです。

機能で選ぶ

ノイズキャンセリング機能

ノイズキャンセリング機能

出典:Amazon.co.jp

ノイズキャンセリング機能は、周囲の騒音・雑音を集音するマイクを搭載し、騒音を打ち消す音を出すことで、再生している音楽をくっきり再生できる機能です。気になる騒音だけが小さくなるので、音量はそのままで、音漏れの心配なくお気に入りの音楽が楽しめます。電車や車、飛行機の機内などの走行音が気になる時や、にぎやかなショッピングモール内などで、音楽を再生したい方におすすめです。ノイズキャンセリングのレベルが調整できる商品や、人・車など、生活音を指定して集音できる高性能な商品もあります。

通話可能かどうか

通話可能かどうか

出典:Amazon.co.jp

イヤホンを使いながら、スマホを手に持たずに通話を楽しみたい方は、ハンズフリー通話が可能な、マイク付きのイヤホンを選びましょう。会話中でも両手が自由になるので、運転中や家事の途中でも通話が可能です。運転中に使う予定の方は、手元や耳元のリモコンで、簡単に電話に出るなどの操作が行える商品を選べば、運転にも支障が出ません。

耳元での操作が可能かどうか

ケーブルや本体にリモコンが付いたイヤホンなら、耳元で音楽の停止や、曲送り、音量調整などの操作が行えます。機種によっては通話の開始・終了が行えるタイプもあります。操作可能な内容は、プロファイルという規格で表示されていて、AVRCP対応なら音楽の再生や停止、曲送りなどができ、またHFP対応なら電話の操作ができます。

5000円以下の防水イヤホンのおすすめ8選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

左右のイヤホンがケーブルでつながった、左右一体型のイヤホンです。aptX/AACコーディック対応なので、高品質で安定した音を楽しむことができます。防水レベルがipx6なので、雨の日や、プールサイドなど水しぶきを浴びるシーンでも使えます。内蔵マイク付きで、ハンズフリー通話にも対応でき、ノイズキャンセリング機能搭載なので相手の音声がクリアに聞こえます。ケーブルにリモコン付きなので、イヤホンをつけたま、手元で再生や停止、電話を受けるなどの操作が行えます。

この商品の特徴

左右のイヤホンがケーブルでつながった、左右一体型のイヤホンです。aptX/AACコーディック対応なので、高品質で安定した音を楽しむことができます。防水レベルがipx6なので、雨の日や、プールサイドなど水しぶきを浴びるシーンでも使えます。内蔵マイク付きで、ハンズフリー通話にも対応でき、ノイズキャンセリング機能搭載なので相手の音声がクリアに聞こえます。ケーブルにリモコン付きなので、イヤホンをつけたま、手元で再生や停止、電話を受けるなどの操作が行えます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

インイヤーと耳かけの、2通りの方法で装着できる、カナル型の有線イヤホンです。利用シーンや好みに合わせて、適した装着方法を選べます。人間工学に基づいてデザインされたイヤホンで、アクティブな動きをしてもはずれにくいのが特徴です。防汗機能も備えているので、スポーツシーンや、アウトドアでの使用にも対応しています。マイク内蔵のリモコンが搭載されており、ハンズフリー通話も可能です。

この商品の特徴

インイヤーと耳かけの、2通りの方法で装着できる、カナル型の有線イヤホンです。利用シーンや好みに合わせて、適した装着方法を選べます。人間工学に基づいてデザインされたイヤホンで、アクティブな動きをしてもはずれにくいのが特徴です。防汗機能も備えているので、スポーツシーンや、アウトドアでの使用にも対応しています。マイク内蔵のリモコンが搭載されており、ハンズフリー通話も可能です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ソニー(SONY)の、IPX5/7相当の防水仕様の有線タイプのイヤホンです。完全防水ではないものの、日常生活における水滴や、運動時の汗などは防水できます。重低音の再現性を高めたEXTRA BASS sound機能搭載で、ダイナミックな音楽再生が可能です。マイク付きのリモコンがケーブルについており、手元で各種操作ができ、ハンズフリー通話にも対応しています。リモコンを自分好みにカスタマイズして使える機能付きです。

この商品の特徴

ソニー(SONY)の、IPX5/7相当の防水仕様の有線タイプのイヤホンです。完全防水ではないものの、日常生活における水滴や、運動時の汗などは防水できます。重低音の再現性を高めたEXTRA BASS sound機能搭載で、ダイナミックな音楽再生が可能です。マイク付きのリモコンがケーブルについており、手元で各種操作ができ、ハンズフリー通話にも対応しています。リモコンを自分好みにカスタマイズして使える機能付きです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

最大で30時間連続で使用できる、防水タイプのネックバンド型イヤホンです。IPX6相当の防水性能があり、汗や水に強いため、アクティブなスポーツや雨の日の使用も安心です。ただし完全防水ではないため、水没や浸水に注意しましょう。CVCノイズキャンセリングに対応しており、音声通話をする際にもノイズをシャットアウトできます。

この商品の特徴

最大で30時間連続で使用できる、防水タイプのネックバンド型イヤホンです。IPX6相当の防水性能があり、汗や水に強いため、アクティブなスポーツや雨の日の使用も安心です。ただし完全防水ではないため、水没や浸水に注意しましょう。CVCノイズキャンセリングに対応しており、音声通話をする際にもノイズをシャットアウトできます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

最大連続100時間再生可能な、片耳タイプのマイク付きBluetoothイヤホンです。イヤホンの重さがわずか3gの超軽量で、耳への負担感を軽減しています。ノイズキャンセリング機能付きなので、ハンズフリー通話時は相手の音が鮮明に聞き取れます。IPX5の防水設計なので、小雨の日や汗をかくシーンでも利用可能です。充電ケースは、モバイルバッテリーとしても使えます。耳元をクリックするだけで、簡単に操作が行え、ケースから取り出すだけで、自動ペアリングも行ってくれるので、機械操作が苦手な方にもおすすめです。

この商品の特徴

最大連続100時間再生可能な、片耳タイプのマイク付きBluetoothイヤホンです。イヤホンの重さがわずか3gの超軽量で、耳への負担感を軽減しています。ノイズキャンセリング機能付きなので、ハンズフリー通話時は相手の音が鮮明に聞き取れます。IPX5の防水設計なので、小雨の日や汗をかくシーンでも利用可能です。充電ケースは、モバイルバッテリーとしても使えます。耳元をクリックするだけで、簡単に操作が行え、ケースから取り出すだけで、自動ペアリングも行ってくれるので、機械操作が苦手な方にもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

Bluetooth 5.0バージョンの、左右一体型のノイズキャンセリング機能付きで、騒音の少ないクリアな音が楽しめるイヤホンです。バッテリーの容量が大きいので、充電2時間で最大約10時間の連続再生ができ、連続待機時間は約240時間です。iPhoneなどapple社の製品使用時は、バッテリーの残量も表示されるので、突然のバッテリー切れの心配なく使えます。左右のイヤホンにマグネットが付いていて、装着感が安定しているので運転中でも快適です。完全防水ではないですが、防水等級がIPX5なので、ランニング時の汗や、小雨程度の水滴にはしっかり対応しています。

この商品の特徴

Bluetooth 5.0バージョンの、左右一体型のノイズキャンセリング機能付きで、騒音の少ないクリアな音が楽しめるイヤホンです。バッテリーの容量が大きいので、充電2時間で最大約10時間の連続再生ができ、連続待機時間は約240時間です。iPhoneなどapple社の製品使用時は、バッテリーの残量も表示されるので、突然のバッテリー切れの心配なく使えます。左右のイヤホンにマグネットが付いていて、装着感が安定しているので運転中でも快適です。完全防水ではないですが、防水等級がIPX5なので、ランニング時の汗や、小雨程度の水滴にはしっかり対応しています。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ipx8の完全防水性能を搭載した、浴室や海やプールでも使える、ワイヤーが一切ない完全独立型のイヤホンです。イヤホンだけでなく、充電ケースにもipx5等級の防水性能が付いています。Bluetooth 5.0バージョン搭載なので、音の遅延が少なく、高品質な音が楽しめます。汎用性が高く、99%の機器の音質が、そのままきれいに再生可能です。耳栓のように、イヤーピースを耳に差し込むカナル型なので、音漏れの心配がありません。初回に簡単な設定を行えば、2回目以降はケースからイヤホンを取り出すだけで自動でペアリングが行えます。

この商品の特徴

ipx8の完全防水性能を搭載した、浴室や海やプールでも使える、ワイヤーが一切ない完全独立型のイヤホンです。イヤホンだけでなく、充電ケースにもipx5等級の防水性能が付いています。Bluetooth 5.0バージョン搭載なので、音の遅延が少なく、高品質な音が楽しめます。汎用性が高く、99%の機器の音質が、そのままきれいに再生可能です。耳栓のように、イヤーピースを耳に差し込むカナル型なので、音漏れの心配がありません。初回に簡単な設定を行えば、2回目以降はケースからイヤホンを取り出すだけで自動でペアリングが行えます。

5000円以下の防水イヤホンおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー