ワイヤレスBluetoothイヤホンのおすすめ5選&選び方【2020年版】

ワイヤレスBluetoothイヤホンのおすすめ5選&選び方【2020年版】

Bluetooth機能の搭載により、本体とイヤホンを結ぶコードがなくなったワイヤレスイヤホン。iPhone8や10でもイヤホンジャックがなくなったことにより、ワイヤレスイヤホンへの注目が高くなっています。しかし、ワイヤレスイヤホンの使い方や機能が何が何だかわからなかったり、充電や音質に不安を抱いていたりする方も多いはず。今回はそんなワイヤレスイヤフォンの選び方や、ソニーやBoseのおすすめ商品を紹介します。

ワイヤレスイヤホンの種類と特徴

左右一体型

左右のイヤホンが直接短いコードでつながっています。ワイヤレスイヤホンの中では主流のタイプで、様々な場面でオールマイティに利用することができます。

完全独立型

左右のイヤホンが独立しているので、ケーブルが一切ない完全なワイヤレスイヤホンです。一見イヤホンをしているように見えません。軽量で高機能のものが多く、価格は左右一体型に比べると比較的高くなっています。

ネックバンドタイプ

左右のイヤホンが首の後ろ側を回るコードを通じてつながっています。首の部分が緩やかに固定されているので、スポーツのときなどにも向いています。しかし、固定される部分が煩わしく感じる方もいるかもしれません。

ボックスタイプ

イヤホンとBluetoothの受信機が分離しており、受信機の電池がなくなってもイヤホンを直接差すことで使うことができます。

片耳タイプ

イヤホンが片耳のみで、通話などに特化しています。小さく、通話に特化した機能が豊富な機種が多いですが、音楽鑑賞にはあまり向いていません。

ワイヤレスイヤホンの選び方

目的

基本的には、使用目的や使用シーンにあったものを選ぶ必要があります。例えば、通学・通勤中に音楽を聞きたいと考えている方には、左右一体型や完全独立型のコードがなくて持ち運びに邪魔にならならいタイプが良いかもしれません。また運動しているときにも使いたいという方は、ネックバンドタイプで防水機能のついたものを選ぶとイヤホンが落ちてくる心配や雨・汗などを気にしなくてすみます。

再生時間

再生時間は非常に重要です。中には2時間程度しかもたないものもあり、毎回充電が必要になってきます。どのくらい連続して使うか、ライフスタイルに合わせて再生時間を確認しましょう。

ノイズキャンセリング機能

外出時に音楽を聴くことが多い方には、周りの音を軽減してくれるノイズキャンセリング機能のついた商品がおすすめです。音声だけに集中することができるため、好きなミュージシャンの曲を聞くときにはもちろん、語学学習などにも適しています。

通話機能

作業をしているときに電話がくると、一旦手を止める必要があります。そんなときにも手を止めずに作業を続けたい!という方は、通話ができるマイク機能のついた商品を選ぶと通話と作業を同時進行で進めることができます。

音質

例えばロックを聴くことが多い方には、低音がしっかりと響くタイプがおすすめです。ダイナミック型ドライバーユニットが搭載されていると、迫力も存分に楽しめます。クラッシックを聴くことが多い方は、低音が抑えめで中音や高音がクリアに聴こえるものが良いでしょう。音がバランスよく再現されていると、臨場感や空気感がより伝わってきます。

ワイヤレスイヤホンのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値13,299円(税込)

この商品の特徴

ソニーの完全ワイヤレスのイヤホンです。わずらわしいケーブルが一切ないので、ランニングなどスポーツをされる方におすすめです。ケースから取り出すと自動で電源がONになり、ペアリングも簡単にできるワンタッチペアリングなど機能面も充実しているので2万円台という価格も納得できます。専用アプリでノイズキャンセリングのオンオフもできるので、必要に合わせて使い分けられるのもおすすめポイントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ソニーの完全ワイヤレスのイヤホンです。わずらわしいケーブルが一切ないので、ランニングなどスポーツをされる方におすすめです。ケースから取り出すと自動で電源がONになり、ペアリングも簡単にできるワンタッチペアリングなど機能面も充実しているので2万円台という価格も納得できます。専用アプリでノイズキャンセリングのオンオフもできるので、必要に合わせて使い分けられるのもおすすめポイントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値19,800円(税込)

この商品の特徴

BOSEのheadphonesは、完全ワイヤレスなので、どんな動きも妨げません。また、StayHear+Sportチップで、軽量かつやさしくフィットし、外れる心配もありません。さらに、スマートフォンを手に持っていても、ポケットやバッグに入れていても、音割れやノイズのない安定したサウンドが楽しめます。クリアでパワフルなサウンドを楽しみたい方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

BOSEのheadphonesは、完全ワイヤレスなので、どんな動きも妨げません。また、StayHear+Sportチップで、軽量かつやさしくフィットし、外れる心配もありません。さらに、スマートフォンを手に持っていても、ポケットやバッグに入れていても、音割れやノイズのない安定したサウンドが楽しめます。クリアでパワフルなサウンドを楽しみたい方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値2,680円(税込)

この商品の特徴

連続14時間再生が可能なワイヤレスイヤホンです。大容量バッテリーが搭載されているため、3時間の充電で14時間の連続再生が可能です。イヤーピース部分には低反発素材のやわらかいものを使用し、長時間の使用でもソフトな着け心地と優れた遮音性を実現します。4色展開で好きなカラーを選べるのも嬉しいポイントです。長時間再生が可能な商品をお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

連続14時間再生が可能なワイヤレスイヤホンです。大容量バッテリーが搭載されているため、3時間の充電で14時間の連続再生が可能です。イヤーピース部分には低反発素材のやわらかいものを使用し、長時間の使用でもソフトな着け心地と優れた遮音性を実現します。4色展開で好きなカラーを選べるのも嬉しいポイントです。長時間再生が可能な商品をお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値3,198円(税込)

この商品の特徴

約1.5時間ほどで満充電でき、1度の充電で最大約7時間の連続再生が可能です。IPX5防水規格対応の外装と内部のナノコーティングにより、運動時や小雨の中でも音楽を楽しむことができます。左右一体型のワイヤレスイヤホンで、黒で統一されたスタイリッシュなデザインも魅力的です。価格も3,000円を切っている、お財布に優しい商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

約1.5時間ほどで満充電でき、1度の充電で最大約7時間の連続再生が可能です。IPX5防水規格対応の外装と内部のナノコーティングにより、運動時や小雨の中でも音楽を楽しむことができます。左右一体型のワイヤレスイヤホンで、黒で統一されたスタイリッシュなデザインも魅力的です。価格も3,000円を切っている、お財布に優しい商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値6,025円(税込)

この商品の特徴

2014年にAppleに買収されたDr.Dre。おしゃれな見た目だけではなく、バッテリーは最長8時間持続し、Fast Fuel機能を搭載しているため、たった5分の充電で約2時間再生できます。イヤーチップも4種類付属しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

2014年にAppleに買収されたDr.Dre。おしゃれな見た目だけではなく、バッテリーは最長8時間持続し、Fast Fuel機能を搭載しているため、たった5分の充電で約2時間再生できます。イヤーチップも4種類付属しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

有線イヤホンのおすすめ5選&選び方もチェック!

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー