片耳イヤホンのおすすめ5選!ランニング中や通話にも

片耳イヤホンは、片耳のみ装着できるイヤホンです。ランニング中に自転車や車が来ても片耳が聞こえるので、危険を察知できるなどのメリットがあります。有線やBluetoothでの接続が可能で、ワイヤレスタイプは車内での通話にも活用できます。この記事では、QCYなど人気の高い小型の片耳イヤホンや、選び方についてご紹介します。

作業中に周囲の音が全く聞こえないのは不安

イヤホンやヘッドホンで音楽を聴きながら作業していて、周囲の環境音や電話の着信に気づかなかったということはありませんか?ヘッドホンや両耳イヤホンで完全に遮音してしまうと、知らないうちに重要な音を聞き逃してしまう可能性があります。

出典:Amazon

そんな不安を解消してくれるのが「片耳イヤホン」です。片耳イヤホンであれば、片方の耳しかふさがらないので、周囲の音を聞き漏らさずに作業することができます。

片耳イヤホンのメリット

必要な会話は聞きながら音楽を聞ける

出典:Amazon

片耳イヤホンは音楽やラジオを聞きながら、もう片方の耳で家族や同僚の会話を聞くことができるので、音楽を止めずに周囲の状況を把握したいという方におすすめです。マルチタスクで作業したい方にも最適な形状のイヤホンです。

ランニング中でも危険を察知できる

ランニング中に遮音性の高いイヤホンを使っていると、車やバイクの音を聞き逃して思わぬ事故を引き起こしてしまう恐れがあります。片耳イヤホンであれば、通話や音楽を楽しみながらも周囲の環境音を聞き逃すことがないので、後方から迫る車の音を察知して危険を回避することが可能です。なお、両耳イヤホンでも、遮音性の低いランニングに特化したモデルであれば、安心して利用できます。ランニングイヤホンについて詳しく解説している記事もぜひ参考にしてみてください。

片耳イヤホンの選び方

フィットする装着感のものを選ぶ

出典:Amazon

片耳イヤホンは片耳のみで支えているので、装着感の良い、耳にフィットするものを選ぶようにしてください。耳に挿入するタイプのカナル型は、ピースが合わないと脱落しやすいので、特に注意が必要です。最適なサイズが分からない場合は、サイズの異なる数種類のイヤーピースが付属するイヤホンを選ぶと良いでしょう。イヤーフックのついているものであれば安定感は増しますが、耳に合わない形であれば耳介を痛めてしまうので、いくつか試して装着感の良いイヤホンを見つけるようにしましょう。

有線かBluetoothかを選ぶ

再生機器とイヤホンの接続方法には、有線とBluetoothの2種類があります。それぞれの特徴を理解して、使いやすい方を選んでください。

安定した音質の有線タイプ

出典:Amazon

音楽再生機器やスマートフォンをケーブルで接続するタイプは、有線タイプと呼ばれています。有線タイプのメリットとしては、音の遅延がなく安定した音質で再生ができるという点です。描画の速い動画の再生では、ワイヤレスタイプは音が遅延する可能性がありますが、有線タイプではその心配はありません。その反面、片耳イヤホンのケーブルは長いものが多く、外出先で扱うにはケーブルが邪魔に感じられます。室内でのテレビやラジオの視聴に役立つタイプです。

Bluetoothで接続できるワイヤレスタイプ

出典:Amazon

外出先で片耳イヤホンを使う場合は、Bluetoothで接続するワイヤレスタイプがおすすめです。再生機器とイヤホンをつなぐケーブルがないので、運動や移動時にも使いやすく、使用しないときでもカバンの中でかさばりません。デメリットは、Bluetoothの接続が安定しなければ、遅延や音質の劣化が起こりやすいという点です。また、再生機器がBluetoothに対応していないと使用できないので、購入前にチェックする必要があります。

プラグのタイプを確認

片耳イヤホンには、ステレオプラグとモノラルプラグの2種類があります。使用機器や用途に応じて選ぶと良いでしょう。

音楽再生に最適なステレオプラグ

ステレオプラグは、先端に2本のラインが入っているのが特徴のプラグです。従来の片耳イヤホンはモノラル再生が基本でしたが、ステレオ再生できる片耳イヤホンも増えています。ステレオ再生に対応できる、ステレオプラグの片耳イヤホンであれば、音楽も迫力のある音で鑑賞することができます。ステレオプラグ対応の片耳イヤホンは、モノラル再生の機器にも使うことができます。

ラジオやテレビの視聴にモノラルプラグ

モノラルプラグは、先端の差し込み口のラインが1本入っているプラグです。基本的に片側から音声を再生するためのイヤホンなので、本格的な音楽鑑賞には向いておらず、テレビやラジオの視聴に向いています。モノラルプラグの中には、一般的な3.5mm径とは異なる、2.5mm径のプラグがあるので、接続したい機器にあった規格のプラグを選ぶようにしましょう。

防水性能をチェック

キッチンやお風呂などの水回りで片耳イヤホンを使う場合は、防水性能のあるものを選びましょう。防水性能はIPXという表示で確認でき、アルファベットの後に続く数字が大きければ大きいほど、防水性能が高まります。生活防水は1~3程度、ランニングなどスポーツに使う場合は4以上のものを選ぶと良いでしょう。

電話機能がついているかどうかで選ぶ

出典:Amazon

片耳イヤホンにマイクを内蔵していれば、音声通話が可能です。さらに、ワイヤレスタイプの片耳イヤホンに通話のオンオフを切り替えられるスイッチが付いていれば、スマートフォンやパソコンの本体から離れて通話できるので、電話しながら他の作業をしたい場合や運転中の通話にも役立ちます。

どちらの耳につけるか確認

片耳イヤホンは、基本的にどちらの耳でもつけることができます。ただし、イヤーピースを耳に挿入するカナル型であれば、左右の耳の穴の大きさの違いによってフィット感が異なるので、左右で使い分けるときに、イヤーピースのサイズを変更するなど、工夫をすると良いでしょう。

重さをチェック

片耳イヤホンを長時間使用する場合は、重さにも注意して選んでください。重い片耳イヤホンを使用していると、片側に重心が傾き、肩こりや頭痛を起こしやすくなります。重さの目安としては、5g以下であれば、つけていることを忘れるくらいにストレスなく使用できます。

遮音性のあるものを選ぶ

音楽に集中したいときや、通話中に相手の声をしっかりと聞きたい方は、ノイズキャンセリング機能のある遮音性の高いイヤホンを選ぶと良いでしょう。周囲の環境音を遮断して、イヤホンから聞こえる音がクリアになるので、より音に集中することができます。ノイズキャンセリングイヤホンについての記事も、ぜひチェックしてみてください。

片耳イヤホンのおすすめ5選

最安値8,680円(税込)

4.60(8件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値377円(税込)

4.00(92件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

仕事中に使えるイヤホンを探したい

仕事で使用するイヤホンは、ストレスなく使えるものを選びたいですよね。イヤホン同士を結ぶケーブルのついていない「完全ワイヤレスイヤホン」だと、ケーブルが絡むことがないので、動き回る作業の多い方におすすめです。次の記事では、完全ワイヤレスイヤホンについて詳しく説明しています。イヤホン選びの参考にしてください。

まとめ

片耳イヤホンを使って、ストレスなく音声通話や音楽鑑賞を楽しみましょう。お気に入りのイヤホンを見つけてくださいね。

おすすめキーワード

紹介されているメーカー

片耳イヤホンの人気売れ筋ランキング

おすすめ記事