有線イヤホンのおすすめ5選&選び方【2018年版】

集中して自分の世界を満喫するときにイヤホンは欠かせないアイテムです。隣の部屋、同じ部屋にいる家族など、周りを気にせず音楽やテレビを楽しめます。最近では、ワイヤレスタイプも発売されて、より便利になってきています。今回は、その中でも有線タイプのイヤホンの種類と選び方を解説します。おすすめの商品も紹介しますので、ぜひ自分にぴったりのイヤホンを探してみてください。

 イヤホンとは

イヤホンは耳に着けて音を楽しむアイテムです。テレビ、ラジオ、音楽プレーヤーなどの再生機器と接続したり、パソコン、スマートフォンなどの通話にも使うことができます。周りに音が聞こえないため、自分一人で音楽を楽しめます。イヤホンは、ケーブルがついた有線のものと、ケーブルレスのワイヤレスに分かれます。

イヤホンの種類と特徴

カナル型

カナル型イヤホンは、耳に入れて使用します。騒音が気になる場所でも楽しめるよう、遮音性が高いものが多く、騒音が気になる場所でも楽しめます。じっくりと音楽に浸れるのがメリットですが、外部の音が聞こえにくいのが難点です。安全に配慮して使うことが大切です。

インナーイヤー型

インナーイヤー型イヤホンは、耳に乗せるように使います。多少、音漏れがしますが、装着感は違和感なく快適です。耳とイヤホンに隙間があるため、周囲へ音漏れがしていないか気遣う必要がある場合もあります。しかし、昔から馴染みのあるモデルで、愛用者も多いです。

耳かけ型

安定感が抜群のイヤホンです。本体部分を耳にかけて装着します。側圧がなく、やさしいつけ心地です。従来の装着感が苦手な人に人気です。

イヤホンの選び方

初めてイヤホンを購入される人や買い換えを考えている人も、以下のポイントをチェックしてお気に入りの商品を選んでみてください。

形状

カナル型

遮音性が高いものが多いため、外部の音を気にせずにじっくり音楽に浸りたい人におすすめです。外部の音が聞こえにくいため、安全に配慮して使うことが大切です。

インナーイヤー型

コンパクトで軽量なイヤホンを使いたいけど、装着感に違和感を感じる人におすすめです。多少音漏れするので、使う場所によっては音漏れを気遣う必要があるかもしれません。

耳かけ型

カナル型やインナーイヤー型の装着感が苦手で、フィット感や安定感を重視する人におすすめです。フィット感があるため、スポーツ時にも快適に使用できます。しかし、サイズが大きいものが多いため持ち運びは不便かもしれません。

音楽のジャンル

低音を好む

ロック、ダンスミュージックなど、低音中心の音楽を聴くなら、カナル型イヤホンがおすすめです。鼓膜の近くで音が鳴るので、よりストレートに楽しむことが可能です。好きな音楽に思う存分、浸かることができるでしょう。低音再生に強いダイナミック型のドライバーを選ぶのがポイントです。

高音を好む

クラシック、ジャズなどを好む人は、楽器の音をクリアに再現してくれるイヤホンがおすすめです。解像度が高いものを選ぶと、中音から高音を自然に鳴らしてくれます。高額な機種を選ぶと、場の雰囲気、楽器の響など、繊細な部分まで再現してくれるでしょう。

使用するシーン

自室、リビング、野外など、使う場所に合う快適なイヤホンがあります。騒音を軽減してくれるノイズキャンセリングがついているものは、外出先での使用も便利です。また、スポーツをしながら音楽を楽しむ人は、耳にしっかりとフィットするイヤホンがおすすめです。

付属機能

最近では、マイクやリモコンが搭載されイヤホンが増えてきています。普段、ハンズフリー通話をするかどうかなど、操作面を重視するかどうかで、選ぶと良いでしょう。必要な装備がついていると、快適に操作ができます。

デザイン

長く愛用できるイヤホンを選ぶなら、デザインも重視したい人は、雰囲気、カラーなどでイヤホンを選ぶのもおすすめです。シンプルなデザインが揃うイヤホンですが、原色カラー、迷彩柄を選んで個性を発揮することもできます。ワクワクするようなデザインも勢揃いしています。

メーカー

音楽といったらこのメーカーしかない、などお気に入りの会社がある人もいるでしょう。自分の好み、メーカーごとの音の特徴も選択肢の一つです。現在、主流となっているメーカーはソニー、パナソニックなどですが、なかにはあまり知られていないけど人気という会社もあります。長く愛用するには、インターネットのレビューも参考になります。

イヤホンの主なメーカー

ONKYO

日本で有名な音響機器メーカーです。スピーカー、ヘッドホンなど、幅広い商品を展開しています。響くような重低音、音の広がりを楽しめる高音など、好みの音域を再現してくれるイヤホンを探しやすいメーカーです。

ソニー

テレビ、カメラ、スピーカー、ラジオなどさまざまな商品を製造しています。初代となる、ウォークマンを販売した会社で、現在も根強いファンを持つ会社です。音質は申し分なく、しっかりと音楽に浸れます。

パイオニア

音響機器メーカーとして、有名な会社です。リーズナブルなイヤホンから、高級なものまで揃っているため、好みや予算に合わせて選びやすいのがうれしいポイントです。プロ向けのオーディオ機器は、マニアからも人気があります。

オーディオテクニカ

東京都に本社がある、音響機器・映像機器メーカーです。創業55年の歴史を持つ、老舗企業で、昔からのファンが多くいます。オーディオテクニカは、低音域の機器に強いので、ロック、ダンスミュージックなどを好む人におすすめです。

イヤホンのおすすめ5選

最安値2,688円(税込)

4.13(252件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

重低音にこだわったカナル型イヤホンです。形状と材質を工夫して迫力の重低音を聞くことができる「ベースブースター」機能が搭載されています。価格が安めなので、コスパよく音質にこだわりたい人におすすめです。

最安値7,743円(税込)

4.06(355件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

自然な低音、伸びのよい中音、高音が楽しめるイヤホンです。光沢のあるコードデザインがとてもおしゃれで、個性的です。半開放型なので、周りの音も程よく聞こえます。完全な遮音が苦手な人にもおすすめです。

最安値8,533円(税込)

4.21(150件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

9.7mm径ドライバーを搭載した、インナーイヤホンです。高音質で話題のハイレゾ音源を楽しみたい人におすすめです。鼓膜近くで音がある密閉型なので、バランス良い音源をストレートに楽しめます。デザインは高級感があり、持ち運びも楽しくなりそうです。リケーブル対応なので、好きな音質で聴き比べができます。

最安値5,138円(税込)

3.94(124件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

音質重視でイヤホンを選ぶ人におすすめの商品です。クリアな音質を再現する「新開発の高磁力ネオジウムドライバーユニット」を搭載しています。迫るような重低音と、シャープなサウンドを安定した装着感で楽しめます。高級感のあるデザインなので、利用シーンを問わず使えるのもポイントです。

最安値1,468円(税込)

3.85(142件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

くびれのある美しいボディラインの中に、低位企画庁の空気室(チャンバー)が搭載されていて切れのある重低音を楽しめます。装着部分がコンパクトで耳の小さな人でも使いやすいです。おしゃれなデザインの上に、ファンデーションがついても目立ちにくい使用になっているため、女性におすすめの商品です。

ワイヤレスBluetoothイヤホンの選び方&おすすめ商品もチェック!

まとめ

音楽が好きな人に欠かせないイヤホン選び。音質重視、高級感、デザインなど、バリエーションが豊富なので、ぜひ好みの機種を選んでみてください。

おすすめ記事