モニターヘッドホンのおすすめ7選【2020年版】

モニターヘッドホンのおすすめ7選【2020年版】

「モニターヘッドフォン」とは、原音に忠実な音を聴きたい場合に使用するヘッドフォンです。プロ用として使われることが多く、ギターやベースなど、楽器の細かな音質や音の距離感をチェックすることができます。また、fpsなどオンラインゲームのプレイ時に使用されることもあります。 コスパのよい価格の安いものや、bluetooth機能付きのワイヤレスタイプ、普段使いできるタイプなど、商品によって特徴はさまざまです。そこで今回は、モニターヘッドフォンの特性や選び方などをまとめました。SONYやオーディオテクニカなどの国内ブランドや、ゼンハイザー・ビーツ・AKGといった海外ブランドの人気商品もご紹介します。

原音の音質を細かくチェックしたい

原音の音質を細かくチェックしたい

ヘッドフォンと一口に言ってもその用途はさまざまです。音楽などをきれいな音質で楽しみたいときには、オーディオ機器本体のほか、ヘッドフォンにこだわることも有効です。しかし、ヘッドフォンの役割は、きれいな音を楽しむだけではありません。音楽や映像に関する仕事をしている場合は、元々の音質を細かなところまでチェックし、修正箇所を探すモニタリングの作業を行います。そんなときに便利なのが、「モニターヘッドフォン」です。モニターヘッドフォンは、原音に忠実なサウンドを聴くことができるため、音のアラも見つけやすく、モニタリング作業には欠かせないアイテムです。

リスニングヘッドホンとの違い

リスニングヘッドホンとの違い

出典:Amazon.co.jp

ヘッドフォンには、モニターヘッドフォンのほか、リスニングヘッドフォンがあります。モニターヘッドフォンは、原音をありのまま聴くためのヘッドフォンです。一方、リスニングヘッドフォンは、音質を原音よりなめらかにしたりクリアにしたり、より聴きやすくするため、音質に補正を加えるはたらきもあります。より上質な音を楽しみたい場合は、リスニングヘッドフォンが適していますが、原音に忠実な音であるとは限りません。音のアラや修正箇所を見つけ出したいとき、個々の音や、音の距離感を聴き分けたいときなどは、リスニングヘッドフォンよりもモニターヘッドフォンが適しています。

モニターヘッドホンのメリット

サウンドに関する仕事において、必需品とも言えるモニターヘッドフォンのメリットは、原音に忠実なサウンドが聴ける点です。これはモニターヘッドフォンの特徴にも直結し、モニターヘッドフォンを利用する最大の理由でもあります。音質チェック目的のほか、オンラインゲームのプレイ時などで、よりリアルさや臨場感を味わいたい場合にも、モニターヘッドフォンを活用するのも良いでしょう。

モニターヘッドホンのデメリット

一方、デメリットとしては、基本的にリスニング向きではない点が挙げられます。モニターヘッドフォンは、音の聴きやすさよりも、原音に忠実なサウンドを聴かせることに特化したヘッドフォンです。音に補正が加わらないため、物足りなさや聴きづらさを感じる場合もあります。なお、商品の中には、全体的な音のバランスを聴くことができる、リスニング寄りのモニターヘッドフォンも存在します。

モニターヘッドホンの選び方

種類で選ぶ

広がりのある音が聴ける「開放型」

広がりのある音が聴ける「開放型」

出典:Amazon.co.jp

開放型はドライバーユニットのカバーに穴が開いている構造で、密閉度合いの少ない点が特徴です。その形状などから「オープンエアー」とも言われます。音の抜けが良く、鮮明で広がりのあるサウンドを聴くことができます。周囲の音も聴こえるため、雑音が入りそうな環境には向きませんが、静かな場所ではよりはっきりとした音を聴くことができます。

周囲の音に左右されない「密閉型」

周囲の音に左右されない「密閉型」

出典:Amazon.co.jp

密閉型は耳を覆い、密閉するような形状になっていることが特徴です。周囲の音をシャットアウトすることができるため、さまざまな音が入り乱れる環境で使用する場合におすすめなタイプです。

装着感で選ぶ

モニターヘッドフォンは主に作業に使用するという特性上、長時間装着し続けることが多いため、商品選びの際、装着感は非常に重要な要素となります。装着していて違和感があるような商品を使い続けていると、耳の痛みや過度な圧迫感などのトラブルにつながりかねません。長時間の装着でも、快適なつけ心地のまま使用できる商品を選びましょう。

再生周波数で選ぶ

再生周波数はモニターヘッドフォンを選ぶ上で重要な要素の1つです。再生周波数は上の数字が高いほど高音域が、下の数字が低いほど低音域が強いことになります。モニターヘッドフォンは、さまざまな音のチェックをするため、できる限り再生周波数は広い方が使い勝手が良いでしょう。

マルチに使えるリスニング寄りタイプ

1つ1つ細かい音をチェックするほか、全体的な音のバランスなども確認したい場合は、リスニング寄りのモニターヘッドフォンがおすすめです。このタイプは、再生音域や低音高音のバランスが良いことが特徴です。リスニングに不向きと言われるモニターヘッドフォンですが、リスニング寄りのタイプなら、ある程度マルチな使用が可能です。

周辺がすっきりするワイヤレスタイプ

音に関する作業は、周辺機器や用具が多くなりがちです。よりすっきりした環境で作業を行うなら、bluetooth対応のワイヤレスタイプなどを選ぶのも良いでしょう。ケーブルがないため、機器周りの煩雑さを軽減することができます。また、ワイヤレスタイプなら、ヘッドフォンを装着したまま移動することも簡単です。

リケーブル対応の商品

リケーブル対応の商品とは、ヘッドフォンのケーブルを取り外しできる商品のことです。ケーブルが破損した場合、リケーブル対応でない商品は、ヘッドフォンごと買い替えが必要ですが、リケーブル対応ならばケーブルを交換するだけですみます。ヘッドフォンを長く使いたい場合は、このような機能付きのものも有効です。

耐久性で選ぶ

モニターヘッドフォンは、高い頻度で使用し、長時間装着することが多いアイテムです。そのため、簡単に壊れることがないよう、耐久性が高いことも、商品を選ぶうえで重要な要素になります。安価なタイプはコスパが良いようにも見えますが、耐久性が低く、すぐに破損してしまう場合もあります。有名オーディオブランドの商品などは価格も高めですが、機能性だけでなく耐久性の高さもあり、長く使えることが特徴です。自分の使い方をイメージしつつ、機能性・価格などを総合的なバランスで考え、長い目で見てお得な商品を選ぶことがポイントです。

モニターヘッドホンのおすすめ7選

開放型

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値11,220円(税込)

この商品の特徴

アーカーゲーハーマンの、ヘッドホンです。構造はオープンエアー型になります。最大許容入力は、200mWです。ケーブルを含まず、質量は256gです。イヤーパッドをは大型なので、耳全体にフィットします。セルフアジャスト機能がついているので、ヘッドバンドの長さを調節することができます。快適に使用できる、オープンエアー型のヘッドホンを求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

アーカーゲーハーマンの、ヘッドホンです。構造はオープンエアー型になります。最大許容入力は、200mWです。ケーブルを含まず、質量は256gです。イヤーパッドをは大型なので、耳全体にフィットします。セルフアジャスト機能がついているので、ヘッドバンドの長さを調節することができます。快適に使用できる、オープンエアー型のヘッドホンを求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値21,917円(税込)

この商品の特徴

多くのノウハウと実績のあるゼンハイザーで人気のHD500シリーズのニューモデル、開放型ヘッドフォンです。高域から低域までキレのある高音質を実感できるクリアなサウンドです。人間工学に基づき独自技術を採用した設計で耳を完全に覆い自然で広い乳母と快適な装着感です。マットメタリックなディテールと茶色のステッチヘッドバンドが優雅で見た目にもおしゃれです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

多くのノウハウと実績のあるゼンハイザーで人気のHD500シリーズのニューモデル、開放型ヘッドフォンです。高域から低域までキレのある高音質を実感できるクリアなサウンドです。人間工学に基づき独自技術を採用した設計で耳を完全に覆い自然で広い乳母と快適な装着感です。マットメタリックなディテールと茶色のステッチヘッドバンドが優雅で見た目にもおしゃれです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

密閉型

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値16,510円(税込)

この商品の特徴

MDR-CD900STは、密閉型のスタジオモニターヘッドホンです。国内のスタジオで多く使用されており、日本の音楽業界での標準とも言えます。独自に開発したドライバーユニットを採用し、原音イメージそのままのクリアな音を再生できます。音の輪郭や拡がりなどの繊細な表現を聞き取りたいときに最適です。業務用というイメージが根強いですが、自宅でも使用可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

MDR-CD900STは、密閉型のスタジオモニターヘッドホンです。国内のスタジオで多く使用されており、日本の音楽業界での標準とも言えます。独自に開発したドライバーユニットを採用し、原音イメージそのままのクリアな音を再生できます。音の輪郭や拡がりなどの繊細な表現を聞き取りたいときに最適です。業務用というイメージが根強いですが、自宅でも使用可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値104,731円(税込)

この商品の特徴

AKGのヘッドホンです。オープンエアー型のハウジングは内部に不要な共鳴が生じず、生演奏を聴いているかのような自然な音を聴かせてくれます。アラウンドイヤータイプのイヤーパッドは立体構造に加えて、圧迫を軽減しながら心地良く密着し、イヤーパッド内部の湿度を適度に保持する素材により、さらに快適な付け心地です。高機能のヘッドホンをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

AKGのヘッドホンです。オープンエアー型のハウジングは内部に不要な共鳴が生じず、生演奏を聴いているかのような自然な音を聴かせてくれます。アラウンドイヤータイプのイヤーパッドは立体構造に加えて、圧迫を軽減しながら心地良く密着し、イヤーパッド内部の湿度を適度に保持する素材により、さらに快適な付け心地です。高機能のヘッドホンをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値4,068円(税込)

この商品の特徴

ヤマハのモニターヘッドホンです。大口径40mmドライバーユニット搭載で、OFCリッツ線コードを採用し、高音質を実現しました。クローズドバックダイナミック型で最大入力は100mW、標準プラグアダプターが付属します。セパレート配線で、ひとつひとつの楽器の音が聞こえるのが特徴です。密閉型ではないため街中でも使えます。シンプルなヘッドホンをお求めの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ヤマハのモニターヘッドホンです。大口径40mmドライバーユニット搭載で、OFCリッツ線コードを採用し、高音質を実現しました。クローズドバックダイナミック型で最大入力は100mW、標準プラグアダプターが付属します。セパレート配線で、ひとつひとつの楽器の音が聞こえるのが特徴です。密閉型ではないため街中でも使えます。シンプルなヘッドホンをお求めの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値13,454円(税込)

この商品の特徴

ローランドの、ステレオヘッドホンです。密閉ダイナミック型になります。コードプラグ含まず、質量は250gです。ハウジング部分は、アルミ・プレートを採用しているので、上品で高級感があります。柔軟なイヤーパッドで、軽量なヘッドホンなので、長時間使用しても疲れず、快適なヘッドホンを求めている方におすすめです

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ローランドの、ステレオヘッドホンです。密閉ダイナミック型になります。コードプラグ含まず、質量は250gです。ハウジング部分は、アルミ・プレートを採用しているので、上品で高級感があります。柔軟なイヤーパッドで、軽量なヘッドホンなので、長時間使用しても疲れず、快適なヘッドホンを求めている方におすすめです

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値29,800円(税込)

この商品の特徴

ピュアアダプティブノイズキャンセリング(Pure ANC)機能が、外部のノイズを能動的に遮断します。リアルタイムオーディオキャリブレーションにより、いつでも最高のサウンドを楽しむことができます。最長22時間のバッテリー持続で一日中フル機能でワイヤレスでの再生が可能です。Class 1 Bluetooth対応のApple W1チップが、優れた接続性とバッテリー効率を実現しました。Fast Fuel機能搭載なので10分の充電で約3時間再生可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ピュアアダプティブノイズキャンセリング(Pure ANC)機能が、外部のノイズを能動的に遮断します。リアルタイムオーディオキャリブレーションにより、いつでも最高のサウンドを楽しむことができます。最長22時間のバッテリー持続で一日中フル機能でワイヤレスでの再生が可能です。Class 1 Bluetooth対応のApple W1チップが、優れた接続性とバッテリー効率を実現しました。Fast Fuel機能搭載なので10分の充電で約3時間再生可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

人気メーカーの製品をもっと知りたい

ヘッドフォンは、国内外のさまざまなブランドが多数の商品を販売しています。中でもアメリカのオーディオ機器ブランド「ビーツ・エレクトロニクス」のヘッドフォンは、重低音に強く迫力あるサウンドを楽しめる機能性や、デザイン性の高さなどから人気を集めています。次の記事では、ビーツのヘッドフォンについて選び方やおすすめの商品などををまとめています。ぜひチェックしてみてください。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー