ワイヤレスヘッドホンのおすすめ5選&選び方【2020年版】

ワイヤレスヘッドホンのおすすめ5選&選び方【2020年版】

高音質で音楽を聴きたくても、ヘッドホンのケーブルが煩わしいことがありますよね。今回は、そんなときに便利なワイヤレスヘッドホンについて解説します。Amazonや楽天で人気のワイヤレスヘッドホンから、SonyやBoseなど有名メーカーのものまで様々な商品をご紹介します。ワイヤレスヘッドホンの選び方や種類、ペアリングの方法などについても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ワイヤレスヘッドホンとは

ワイヤレスヘッドホンとは

出典:Amazon.co.jp

ワイヤレスヘッドホンとは、ケーブルがないヘッドホンのことです。ケーブルは、一度絡まるとほどくのに時間がかかり、人混みの中では他人の荷物に引っかかってしまうこともあります。ワイヤレスヘッドホンは、そのように邪魔になってしまうケーブルがないので、快適に音楽を楽しむことができます。

ワイヤレスヘッドホンのメリット

動きが制限されない

ケーブルのあるヘッドホンを付けていると、どうしても動きが制限されてしまいます。首を動かしたときにヘッドホンがずれてしまったり、外れてしまったりすることもあります。ワイヤレスヘッドホンなら、ヘッドホンを装着しながら自由に動くことができます。

離れていても視聴できる

音楽プレーヤーやテレビと無線接続すれば、接続できる範囲なら離れていても視聴することができます。テレビから離れていても、映像が目に入る範囲なら高音質で好きな音量で番組を楽しむことができます。目の健康のためにも良さそうです。

ワイヤレスヘッドホンのデメリット

頻繁な充電が必要

ワイヤレスヘッドホンは、ほぼすべての商品が充電式です。外出先で充電が切れてしまうと使うことができません。長時間使いたい場合やいつでも使えるようにしておくためには、自宅で常にフル充電をしておく必要があります。頻繁に充電するのがめんどうくさい場合は、バッテリーの持続時間ができるだけ長いものを選びましょう。

有線よりも重量がある

ワイヤレスヘッドホンには、電波を受信する仕組みが搭載されています。そのため、有線のヘッドホンよりもやや重量があります。頭につけるものなので、重いと負担になることもあります。購入前に自分が快適に使える重量か確認しましょう。

価格は高めな傾向

ワイヤレスヘッドホンは、有線ケーブルのヘッドホンに比べると価格が高いことが多いようです。安いものなら数千円で購入できるものもありますが、音質にこだわるのであれば、1万円以上するものが多いです。

音質が不安定な商品もある

ワイヤレスヘッドホンは、電波を受信して音が聞こえる仕組みです。電波は、有線のケーブルに比べて音が安定しにくいと言われています。そのためノイズが発生したり、音が遅れて聞こえることもあるようです。また、屋外では電波の干渉を受けやすいため、音が途切れることもあります。

商品によっては、通信方法や機能の選択によって高音や低音をクリアに出すことができるものもあります。

ワイヤレスヘッドホンの種類と特徴

ワイヤレスヘッドホンの種類と特徴

出典:Amazon.co.jp

通信方法

Bluetooth

スマホで音楽を聴いたり、PS4などのゲームをしたりするときに便利なワイヤレスヘッドホンの通信方法です。

Bluetoothは、音声信号を圧縮して高速伝送します。このときの圧縮方法を「コーデック」と言います。コーデックには「SBC」「AAC」「LDAC」「aptX」という種類があります。

「SBC」は基本的にどの機器にも対応しているので汎用性が高く、安心して使えます。ただし音質が低めなので、重低音が強調される音を好む方に人気です。

「AAC」はiPhoneやsonyのスマホ、ウォークマンなどに対応しています。

「LDAC」はハイレゾに対応していて、音質はBluetoothの中でも最も高品質と言われていますが、ハイレゾでなければ通常程度の音質です。

「aptX」は対応機器も多く、比較的高音質なので、迷った場合は「aptX」が良いかもしれません。

赤外線

ワイヤレスヘッドホンの中では、最も価格が安く気軽に試すことができる通信方法です。ただし、赤外線は通信できる範囲が狭いので、音源から数メートル程度のところまででしか使うことができません。

25GHzデジタル方式(無線)

25GHzデジタル方式は、無線LANなどで使われている通信方法です。音源からの対応範囲が広く、ノイズも発生しにくいので安定した音を聴くことができます。その分、価格はBluetoothや赤外線に比べて高いものが多いです。

音の形状

クローズド型

「密閉型」とも呼ばれる音の形状です。音を外に逃がさない遮断性に優れていて、適切な音量であれば音漏れしません。屋外での使用に向いています。低音がきれいに聴こえるので、音楽のリズムを重視して聴きたい方におすすめです。

オープンエアー型

「開放型」とも呼ばれる音の形状です。耳と振動板が密着していないので、音が外に漏れやすくなっています。屋外での使用には向いていません。しかし、その分開放感のある音を楽しむことができます。特に高音がクリアで美しいと言われています。

ワイヤレスヘッドホンの選び方

使うシーンから選ぶ

通勤・通学

通勤や通学のときに使うワイヤレスヘッドホンは、できるだけスマートな形状のものが良いでしょう。電車やバスなど人が多いところでは、自分にも他人にも邪魔にならないくらいのサイズが使いやすいです。音漏れしないクローズド型を選ぶことも大切です。

スポーツ・トレーニング

ジムで音楽を聴きながらトレーニングをしたり、スポーツをしながら使いたいのであれば、しっかりとフィットするものがおすすめです。また、できるだけ軽量のものの方が邪魔になりません。

自宅でのリラックスタイム

自宅でのんびりと音楽を聴いたり、テレビを見たりするときに使うのであれば、デザイン性や音質が自分の好みに合っているものが良いでしょう。付け心地が優しいものの方がリラックスできます。

SDカードから音楽再生できるか

ペアリングした機器がなくても、SDカードを直接ワイヤレスヘッドホンに差し込んで音楽を楽しむことができるものがあります。事前にパソコンなどを使って音楽をSDカードに移しておけば、スマホや音楽再生機器を持たずに、ワイヤレスヘッドホンだけで音楽を楽しむことができます。

ワイヤレスヘッドホンの使い方

ワイヤレスヘッドホンは、機器と接続するだけで簡単に使うことができます。今回はBluetoothのワイヤレスヘッドホンを接続する方法についてご紹介します。

STEP1:BluetoothをONに設定する

Bluetoothに対応しているスマホの、Bluetooth機能をONに切り替えます。スマホの場合、「設定」アプリなどからBluetoothの画面にたどりつけることが多いです。

STEP2:ペアリングモードにする

ワイヤレスヘッドホンの電源を入れて、ペアリングモードにします。ペアリングとは、ワイヤレスヘッドホンと機器を接続することです。商品によってペアリングモードへの切替方法は異なりますが、電源ボタンの長押しでペアリングモードになるものが多いです。

STEP3:ワイヤレスヘッドホンを選択

スマホなどの機器のBluetooth設定画面に、ワイヤレスヘッドホンの名前やメーカー名が表示されます。その項目をタッチするか、横などに表示されるON/OFFボタンをONにすればペアリングが完了します。そのままワイヤレスヘッドホンを使うことができます。

ワイヤレスヘッドホンのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値11,500円(税込)

この商品の特徴

音質に定評のあるオーディオテクニカのワイヤレスヘッドホンです。クローズド型で、ダイナミックな音質に定評があります。充電が切れても有線ケーブルを繋いで聴くことができます。折りたたむこともできるので、荷物を少なくしたい方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

音質に定評のあるオーディオテクニカのワイヤレスヘッドホンです。クローズド型で、ダイナミックな音質に定評があります。充電が切れても有線ケーブルを繋いで聴くことができます。折りたたむこともできるので、荷物を少なくしたい方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値21,499円(税込)

この商品の特徴

ソニーのノイズキャンセリングヘッドホンです。タッチセンサーでコントロールができます。専用アプリを使えばイコライザー設定も可能です。クイック充電機能が付いているので、10分の充電で60分使用できます。充電を忘れがちな忙しい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ソニーのノイズキャンセリングヘッドホンです。タッチセンサーでコントロールができます。専用アプリを使えばイコライザー設定も可能です。クイック充電機能が付いているので、10分の充電で60分使用できます。充電を忘れがちな忙しい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値30,800円(税込)

この商品の特徴

Boseのノイズキャンセリングヘッドホンです。ノイズキャンセリングの質が非常に高いと言われています。軽量で圧迫感のないつくりなので、メガネをかけている方でも問題なく使えるようです。静かな環境でしっかりと音楽を楽しみたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

Boseのノイズキャンセリングヘッドホンです。ノイズキャンセリングの質が非常に高いと言われています。軽量で圧迫感のないつくりなので、メガネをかけている方でも問題なく使えるようです。静かな環境でしっかりと音楽を楽しみたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値3,280円(税込)

この商品の特徴

ノイズや音の遅れ、途切れを抑えたワイヤレスヘッドホンです。高音質で、音楽だけでなくゲームや動画の視聴にも向いているようです。デザイン性も高いので、おしゃれなヘッドホンを探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ノイズや音の遅れ、途切れを抑えたワイヤレスヘッドホンです。高音質で、音楽だけでなくゲームや動画の視聴にも向いているようです。デザイン性も高いので、おしゃれなヘッドホンを探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値3,975円(税込)

この商品の特徴

スポーツをするときにおすすめの骨伝導ヘッドホンです。耳をふさがずにクリアな音を楽しむことができます。防汗仕様で、汗をかいても快適に使うことができます。ランニングやトレーニングをしながら音楽を快適に楽しみたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

スポーツをするときにおすすめの骨伝導ヘッドホンです。耳をふさがずにクリアな音を楽しむことができます。防汗仕様で、汗をかいても快適に使うことができます。ランニングやトレーニングをしながら音楽を快適に楽しみたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー