【2022年版】Beatsのヘッドホンおすすめ4選!急速充電機能も
出典:Amazon.co.jp

【2022年版】Beatsのヘッドホンおすすめ4選!急速充電機能も

Beats(ビーツ)のヘッドホンは、高音質とファッション性の高さが魅力です。オンイヤー型やオーバーイヤー型の2種類の形状があり、ノイズキャンセリング機能や急速充電機能、マイクでの通話機能など、便利な機能が充実しています。音を途切れず再生したい方はケーブル接続の有線タイプ、通勤時など移動中に音楽を聞きたい方はBluetooth接続でペアリングできるワイヤレスタイプがおすすめです。カラー展開も豊富で、白や黒、赤、青、ピンクの商品が揃っています。今回はBeatsのヘッドホンの選び方と、「Solo3」、「Solo Pro」、「Studio3 Wireless」などのおすすめ商品を紹介します。

まずはBeatsのヘッドホンおすすめ商品をチェック

Beatsとは

Beatsは、ヒップホップ音楽プロデューサーのDr.Dreと、企業家のJimmy Iovineが2006年に設立したオーディオ機器メーカーです。2014年からはAppleの傘下に入り、まだ設立から年が浅いものの、品質の高さから、プロの音楽関係者や著名人、アスリートたちからも支持を集めています。また、デザインにもこだわって設計されており、ファッション性の高さも魅力です。

Beatsのヘッドホンの特徴

Beatsのヘッドホンの特徴

出典:Amazon.co.jp

Beatsのヘッドフォンは、プロの音楽関係者にも称賛されるほどの音質の高さが特徴です。ドライバーユニットを大きくすることで、迫力あふれる音の表現を可能にしています。重低音がパワフルなことも魅力で、低音の強さに負けないように高音、中音のバランスが取れているのも大きな特徴です。音のメリハリが強いロック系やPOP系の音楽を聞くのに適しています。デザイン性にも優れており、角のとれたシンプルでスタイリッシュなデザインはカジュアルファッションにもよくなじみます。

Beatsのヘッドホンの選び方

定番モデルで選ぶ

Studioシリーズ:ノイズキャンセル機能で音楽に集中できる

Studioシリーズ:ノイズキャンセル機能で音楽に集中できる

出典:Amazon.co.jp

Studioシリーズは、Beatsが独自に開発したノイズキャンセリング技術「Pure ANC」を搭載しているのが特徴です。ヘッドホンの外で流れている余計な雑音を自動で打ち消すことができ、人混みや電車の中でも快適に音楽を楽しめます。通勤通学の際に音楽を聞きたいという方におすすめです。

Soloシリーズ:コンパクトで持ち運びにもおすすめ

Soloシリーズ:コンパクトで持ち運びにもおすすめ

出典:Amazon.co.jp

Soloシリーズは、コンパクトでスタイリッシュなデザインが特徴です。長時間つけていても疲れにくく設計されているので、1日中音楽を聞きたい方にも適しています。また、折りたためるタイプのモデルもあり、ヘッドホンをコンパクトに持ち運べるのもメリットです。デザイン性にも使用感にも優れているのが魅力です。

接続方式で選ぶ

ケーブルの煩わしさがないBluetooth接続

ケーブルの煩わしさがないBluetooth接続

出典:www.apple.com

Bluetooth接続タイプのBeatsのヘッドホンは、動きながらや移動しながらでも手軽に音楽を再生できるのが特徴です。ランニングなど、激しい動きをしながら音楽を聞きたい場合は、接続が途切れにくいClass1の接続ができるタイプがおすすめです。長時間連続で聞き続けたい方や旅行中に使いたい方に適した、40時間以上の連続再生ができる商品もあります。

ノイズが少ない有線接続

ノイズが少ない有線接続

出典:Amazon.co.jp

有線接続タイプのBeatsのヘッドホンは、直接プレーヤーと接続するため、音飛びやノイズが入りにくいのが特徴です。ケーブルを繋ぐ必要があり、作業中や移動中には煩わしさを感じる場合がありますが、音楽に集中して聞き入りたいときや、音楽の編集作業にもおすすめです。Bluetooth対応のヘッドホンにもケーブルは付属しているため、必要に応じて有線に切り替えることもできます。

装着タイプで選ぶ

音漏れが少ないオンイヤー型

音漏れが少ないオンイヤー型

出典:Amazon.co.jp

オンイヤー型のBeatsのヘッドホンは、イヤーパッドが平らになっているのが特徴です。装着するとヘッドホンが耳にぴったりと密着するような状態になり、音漏れを防げるのがメリットです。また、軽量でコンパクトな設計になっているため、長時間装着していても重さを感じにくく、かばんなどに入れて持ち歩きやすいのも魅力です。通勤通学の電車の中で音楽を聞きたい場合に適しています。

耳に負担をかけないオーバーイヤー型

耳に負担をかけないオーバーイヤー型

出典:www.apple.com

オーバーイヤー型のBeatsのヘッドホンは、耳に当てる部分のイヤーパッドが凹んでいるのが特徴です。イヤーパッドの凹んだ部分に耳をフィットさせるようにして装着するので耳を圧迫しにくく、耳が痛くなりにくいのがメリットです。また、耳を強く抑えないため、ピアスやイヤリングなどのアクセサリーを付けた状態でも快適に使うことができます。

機能性で選ぶ

すぐに使える急速充電機能

急速充電機能搭載のBeatsのヘッドホンは、すばやく充電を行えるのが特徴です。「Fast Fuel機能」という機能で、10分ほどの充電でおよそ3時間の連続再生ができます。出かける前にヘッドホンの充電が切れていることに気づいても、すぐに対応できるのが魅力です。

周囲の音を軽減するノイズキャンセリング機能

ノイズキャンセリング機能搭載のBeatsのヘッドホンは、音楽を聞いている時に聞こえてしまう外の雑音をカットできるのが特徴です。「PureANC」というノイズキャンセリング技術を採用しており、周囲の雑音を自動で感知して、余計な音を打ち消すことができます。機械音などがうるさい場所や、通勤通学の際に音楽を楽しみたい方におすすめです。

ジャンルにあわせて調整できる自動出力調整機能

自動出力調整機能搭載のBeatsのヘッドホンは、再生している音楽のジャンルにあわせたバランスで再生できるのが特徴です。「リアルタイムオーディオキャリブレーション」機能によって、ヘッドホンがリアルタイムで再生している曲に適したサウンドに自動調整するため、曲のタイプにマッチした音を楽しむことができます。サウンドの調整が苦手な方や、様々なジャンルの音楽をシャッフル再生したい方におすすめです。

「Apple H1チップ」搭載ならApple商品と連携できる

「Apple H1チップ」搭載ならApple商品と連携できる

出典:Amazon.co.jp

「Apple H1チップ」が搭載されたBeatsのヘッドホンは、iPhoneやMacbookといったApple社のデバイスと連携できるのが特徴です。「Apple H1チップ」とは、Appleのイヤホン、ヘッドホン向けCPUで、デバイスとの接続が早いのが魅力です。同じAppleの機器と互換性があるため、音楽を聞きながらSiriを呼び出して操作を行ったり、通話に応答できるのがメリットです。

【Bluetooth接続】Beatsのヘッドホンのおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

参考価格37,372円

クリアな音質で22時間の連続再生ができる

オンイヤータイプのヘッドホンです。接続が強いClass1のBluetoothに対応しているので、ランニング中にも音を途切れず再生できます。音質はクリアではっきりとしており、22時間の連続再生が可能です。長時間音楽を聞き続けたいという方にも向いています。5分の充電で2時間使えるFastFuel機能や、ノイズキャンセリング機能のPure ANCも搭載されています。スタイリッシュな青のボディも魅力です。

接続方式
Bluetooth
音域
メーカー記載なし
付属機能
マイク, ノイズキャンセリング
連続再生時間
最大22時間

クリアな音質で22時間の連続再生ができる

オンイヤータイプのヘッドホンです。接続が強いClass1のBluetoothに対応しているので、ランニング中にも音を途切れず再生できます。音質はクリアではっきりとしており、22時間の連続再生が可能です。長時間音楽を聞き続けたいという方にも向いています。5分の充電で2時間使えるFastFuel機能や、ノイズキャンセリング機能のPure ANCも搭載されています。スタイリッシュな青のボディも魅力です。

接続方式
Bluetooth
音域
メーカー記載なし
付属機能
マイク, ノイズキャンセリング
連続再生時間
最大22時間

出典:Amazon.co.jp

参考価格27,800円

旅行などの外出先でもバッテリー切れを気にせずに使える

40時間連続再生できるヘッドホンです。バッテリーが数日間持つので、ちょっとした旅行や出張の際には充電器を携帯する必要がありません。充電がなくなった場合にも、5分間の充電で3時間使えるようになるFast Fuel機能を搭載しています。Bluetoothは遠距離接続可能なClass1に対応しており、安定した接続状態が保てます。ハイセンスな赤のオンイヤー型ヘッドホンです。

接続方式
Bluetooth
音域
メーカー記載なし
付属機能
マイク
連続再生時間
最大22時間

旅行などの外出先でもバッテリー切れを気にせずに使える

40時間連続再生できるヘッドホンです。バッテリーが数日間持つので、ちょっとした旅行や出張の際には充電器を携帯する必要がありません。充電がなくなった場合にも、5分間の充電で3時間使えるようになるFast Fuel機能を搭載しています。Bluetoothは遠距離接続可能なClass1に対応しており、安定した接続状態が保てます。ハイセンスな赤のオンイヤー型ヘッドホンです。

接続方式
Bluetooth
音域
メーカー記載なし
付属機能
マイク
連続再生時間
最大22時間

出典:Amazon.co.jp

参考価格32,780円

iPhoneやIPadと連携して通話もできる

Appleの端末と互換性があるヘッドホンです。Apple H1ヘッドフォンチップ搭載で手持ちのiPhoneやiPadなどと連携させて、通話やSiriの呼び出しを行えます。コンパクトなオーバーイヤータイプで、柔らかな白のボディは様々な服装になじみます。最長22時間から40時間連続再生でき、Fast Fuel機能搭載なので、10分の充電で3時間再生できるようになります。Apple商品をよく使う方におすすめです。

接続方式
Bluetooth
音域
メーカー記載なし
付属機能
マイク, ノイズキャンセリング
連続再生時間
最大22時間

iPhoneやIPadと連携して通話もできる

Appleの端末と互換性があるヘッドホンです。Apple H1ヘッドフォンチップ搭載で手持ちのiPhoneやiPadなどと連携させて、通話やSiriの呼び出しを行えます。コンパクトなオーバーイヤータイプで、柔らかな白のボディは様々な服装になじみます。最長22時間から40時間連続再生でき、Fast Fuel機能搭載なので、10分の充電で3時間再生できるようになります。Apple商品をよく使う方におすすめです。

接続方式
Bluetooth
音域
メーカー記載なし
付属機能
マイク, ノイズキャンセリング
連続再生時間
最大22時間

【有線接続】おすすめのBeatsのヘッドホン

出典:Amazon.co.jp

参考価格8,664円

耐久性に優れたスチール製で長く使える

耐久性に優れたステンレススチール製のフレームを使用した、軽くて丈夫なヘッドホンです。細やかなチューニングができ、幅広い音域と深みのあるクリアサウンドを実現します。また、固定ケーブル仕様なので電池の残量を気にする必要がなく、音楽だけに集中できるのもメリットです。シリーズの中で最もリーズナブルで、日常使いに適しています。

接続方式
有線
音域
メーカー記載なし
付属機能
マイク
連続再生時間
-

耐久性に優れたスチール製で長く使える

耐久性に優れたステンレススチール製のフレームを使用した、軽くて丈夫なヘッドホンです。細やかなチューニングができ、幅広い音域と深みのあるクリアサウンドを実現します。また、固定ケーブル仕様なので電池の残量を気にする必要がなく、音楽だけに集中できるのもメリットです。シリーズの中で最もリーズナブルで、日常使いに適しています。

接続方式
有線
音域
メーカー記載なし
付属機能
マイク
連続再生時間
-

BOSEやオーディオテクニカのヘッドホンもチェック

重低音に強いBOSEのヘッドホンや、クリアな高音が特徴のオーディオテクニカのヘッドホンもおすすめです。それぞれの選び方とおすすめ商品を紹介していますので、あわせてチェックしてみてください。

Beatsのヘッドホンおすすめ商品比較表

商品

販売サイト

ポイント

接続方式

音域

付属機能

連続再生時間

Beats Studio3 Wireless MX402PA/A ブルービーツ・エレクトロニクス Beats Studio3 Wireless MX402PA/A ブルー

クリアな音質で22時間の連続再生ができる

Bluetooth

メーカー記載なし

マイク, ノイズキャンセリング

最大22時間

Beats Solo3 Wirelessビーツ・エレクトロニクス Beats Solo3 Wireless

旅行などの外出先でもバッテリー切れを気にせずに使える

Bluetooth

メーカー記載なし

マイク

最大22時間

Beats Solo Pro Wireless MRJ72PA/A アイボリービーツ・エレクトロニクス Beats Solo Pro Wireless MRJ72PA/A アイボリー

iPhoneやIPadと連携して通話もできる

Bluetooth

メーカー記載なし

マイク, ノイズキャンセリング

最大22時間

Beats EP ML992PA/A ブラックビーツバイドクタードレ Beats EP ML992PA/A ブラック

耐久性に優れたスチール製で長く使える

有線

メーカー記載なし

マイク

-

  • 掲載している参考価格・スペック等の情報について、万全の保証はいたしかねます。詳細な商品情報については、購入前に各メーカーの公式サイト等でご確認ください。
  • 比較表内の空欄部分は調査中です。

※本記事に掲載している商品は、JANコードをもとに各ECサイトが提供するAPIを使用して価格表示やリンク生成をしております。各ECサイトにて価格変動がある場合や価格情報に誤りがある場合、本記事内の価格も同様の内容が表示されてしまうため、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーをご確認ください。

※記事内で紹介した商品を購入すると売上の一部がHEIMに還元されることがあります。

※本記事内の商品情報は、HEIM編集部の調査結果に基づいたものになります。

この記事の修正依頼を送る

人気記事

Amazonブラックフライデー
Amazonブラックフライデー