完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ7選【2020年版】

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ7選【2020年版】

完全ワイヤレスイヤホンは、ケーブルがない無線のイヤホンです。Bluetoothで接続するので、スポーツや通話の際にも邪魔になりません。ノイズキャンセリングや防水加工など、便利な機能も搭載されています。今回は、完全ワイヤレスイヤホンの選び方と、iPhoneやAndroidにぴったりの商品、高音質な商品、ソニーやBOSEなど、様々なメーカーのおすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンとは

完全ワイヤレスイヤホンとは

出典:Amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンとは、文字通りコードを一切使用しないイヤホンのことです。独立した2つのイヤホンを、両耳に装着して使います。商品によって音質や機能が異なり、通話や防水、ノイズキャンセリングなどを搭載したものなど、選択肢が豊富です。本体は付属のケースに入れてコンパクトに持ち運びができ、ケースにも充電機能が付属しています。

完全ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリット

ワイヤレスイヤホンのメリット

完全ワイヤレスイヤホンは、コードが使用されていないので、コードが引っかかって取れたり、移動中にからまる、コードが切れるといったトラブルがありません。使用中にも体勢を変えやすく、持ち運びも専用ケースに入れるだけなので、すっきりとしているのが特徴です。また、コードが擦れてノイズが起こることもなく、ランニングをはじめとする、運動中でも邪魔にならないといったメリットもあります。

ワイヤレスイヤホンのデメリット

コードレスという構造上、イヤホンが耳のサイズにフィットしないと、思いがけず落下してしまうことがあります。ケーブルがない手軽さがある反面、取り扱いや紛失に注意が必要です。拾うことができない場所に落下してしまうリスクを避けるためにも、耳へのフィット感を重視して選ぶことが大切です。

完全ワイヤレスイヤホンの選び方

利用シーンにあわせて連続再生時間をチェック

利用シーンにあわせて連続再生時間をチェック

出典:Amazon.co.jp

利用シーンにあわせて、連続再生時間をチェックしましょう。散歩などの短い時間でのみ使用したい方は、標準的な3~5時間の連続再生ができるワイヤレスイヤホンがおすすめです。一方、飛行機や新幹線など長距離移動などで使用する際は、急速充電機能がついているタイプや、ケースで充電しながら持ち歩けるタイプのワイヤレスイヤホンがおすすめです。

Bluetoothのバージョンをチェックする

Bluetoothには、バージョンという規格があります。数値が高いほど、安定した接続をすることができます。ほとんどのワイヤレスイヤホンは、4.1以上に対応しており、4.2だとセキュリティの強化も行われています。5.0対応のものは転送速度が速く、遅延なく快適に音楽を楽しむことができます。しかし、Bluetoothのバージョンによって、対応している端末が異なっているので、自分の持っている端末とイヤホンが対応しているのか確認が必要です。

接続の安定性をはかる音声コーデックをチェックする

基準となるコーデックSBC

音声コーデックとは、音声を伝送する際に圧縮する方式のことです。SBCは、一般的なイヤホンの標準装備として搭載されるエントリーモデルのコーデックで、音質は標準的ですが、接続に遅延を感じる場合があります。スマホの機種を問わず接続することができるので、複数の端末でイヤホンを使用したいという方におすすめです。

iPhone向けのAAC

AACは、SBCよりも圧縮率や転送速度が向上していることにより、音質が高く、音ズレがしにくいのが特徴です。主にiPhoneに採用されているコーデックなので、普段iPhoneを使用している方におすすめです。

Android向けのaptX

aptXは、主にAndroidに対応しているコーデックです。AACよりも音質が良く、音ズレもしにくいです。ストレスなく、良質な音楽を楽しみたいという方におすすめのコーデックです。

防水機能をチェックする

雨に濡れても問題ないIPX4〜6

雨に濡れても問題ないIPX4〜6

出典:Amazon.co.jp

防水機能は、防水の等級である「IPX」の後につく数字が高いほど、性能が高くなります。IPX4は、雨が降っている中での使用や、スポーツ中に汗が付いても問題がない、生活防水レベルの性能を持っています。IPX5・6は、お風呂の湯気やシャワーに当たっても使用可能です。ただし、あまりに長時間水を当て続けると浸水の可能性もあるので、注意が必要です。

水に浸けることができるIPX7・8

水に浸けることができるIPX7・8

出典:Amazon.co.jp

防水の中でも精度の高いIPX7は、水中で一定時間使用可能です。プールやお風呂で所定の時間使っても、内部に浸水することがなく、故障の心配がありません。IPX8は、防水性能において最上級のレベルとなり、水面下での使用が可能です。

装着感で選ぶ

装着感で選ぶ

完全ワイヤレスイヤホンの形状は、カナル型とインナーイヤー型に分かれています。カナル型は耳栓のような形状で、耳との密着感が高く、周りの音を遮音する効果が高いので、周りの音を消して音楽だけを楽しみたいという方におすすめです。インナーイヤー型は、耳にひっかけて使用するタイプで、遮音性はカナル型に比べて低いですが、その分開放的な音の広がりを楽しむことができます。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ7選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ソニーの完全ワイヤレスイヤホンは、高い防水性能と防塵性能を持っています。4GBのメモリーを搭載しているので、ヘッドホン本体だけで約920曲の音楽を楽しめます。さらに、イヤーピース装着位置の調節ができるので、自分にフィットした装着感を味わえます。雨の中や水中でも音楽を楽しみたい方におすすめの商品です。

この商品の特徴

ソニーの完全ワイヤレスイヤホンは、高い防水性能と防塵性能を持っています。4GBのメモリーを搭載しているので、ヘッドホン本体だけで約920曲の音楽を楽しめます。さらに、イヤーピース装着位置の調節ができるので、自分にフィットした装着感を味わえます。雨の中や水中でも音楽を楽しみたい方におすすめの商品です。

他のワイヤレスイヤホンも知りたい

ワイヤレスイヤホンの中でも、様々な種類があります。メーカーごとにも特徴が異なっているので、自分にぴったりな製品を見つけましょう。

完全ワイヤレスイヤホンおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー