食器洗い機(食洗機)のおすすめ5選!ビルトイン・卓上型も【2019年版】

食器洗い機(食洗機)のおすすめ5選!ビルトイン・卓上型も【2019年版】

家事を楽にしてくれる食器洗い機(食洗機・食器洗い乾燥機)ですが、本当に便利なのか、電気代はどれくらいかかるのか、リフォームしないと取り付けができないのではないか、価格はどれくらいなのか、洗剤なにを使えばいいのか、洗えない食器はなんなのか、など不安な点がたくさんあります。そこで今回は、食器洗い機導入のメリット、種類、設置条件、選び方などを中心にご紹介します。おすすめの食器洗い機もご紹介しますので是非ご覧ください!

食器洗い機導入のメリット

食器洗い機は便利だと聞くけれど、実際何がいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、4つのメリットをご紹介します。

洗う手間が省けて、家事が楽になる

食器洗い機を購入される方の多くは、時間の節約を購入理由にあげています。食器洗い機に食器をセットするだけの手間で、その後の時間を有効に使うことができます。ただ、手洗いよりも洗い終わるのには時間がかかってしまうこともあります。ですので、すぐに食器を洗いたいというときには手洗いをする、など使い分けて食器洗い機を利用するのもいいかもしれませんね。

節水・節電効果も高い

食器洗い機は、少ない水で効率よく洗うため節水効果が期待できます。また、手洗いの場合お湯を使ってお皿洗いをするという方も多いと思いますが、お湯を沸かすためのガス・電気代が意外と高くかかっているのです。食器洗い機の場合、手洗いよりも少ない水やお湯で洗浄をするため、節電効果も高くなっています。

手洗いよりキレイに洗える

食器洗い機は、約52~62 ℃の高温で洗うので、しつこい油よごれもサッと溶かすことができ、手洗いよりもパワフルな水流で洗うため、水の跡などもつかずに、キレイに洗うことができます。茶しぶや油汚れなど、ガンコな汚れもキレイに洗い落とせるのも、大きなポイントです。

手洗いしにくいものも洗える

汚れがつまりやすいザルや、油が落ちにくいお弁当箱、哺乳瓶や泡立て器、絞り器など、手洗いではすみずみまで洗いにくい食器も、食器洗い機ならキレイに洗うことができます。

食器洗い機の種類

ビルトイン型

ビルトイン型とは、システムキッチンに組み込んで設置するタイプの食器洗い機です。取り付け工事が必要になります。

メリットとしては、すっきりと収納ができることや、容量が大きく一度にたくさんの食器を洗うことができること、大きい食器や鍋なども入れることができることなどです。デメリットとしては、もともとあった収納スペースが少なくなってしまうことや、初期費用が高いことなどです。

キッチンにビルトイン型を設置するスペースがある方や、一度に多くの食器を洗いたい方、大きめの食器や鍋も洗いたいという方におすすめします。

卓上型

卓上型とは、システムキッチンに取り付けるのではなく、キッチンの空いたスペースに置くタイプの食器洗い機です。

初期費用が少ないことや、取り付けの工事も自分でできるため、設置が楽なことがメリットですが、容量が限られていて、キッチンの棚などのスペースを取ってしまうことがあります。

ビルトイン型に比べ、手軽に設置ができるので、賃貸物件にお住まいの方や、お引っ越しが多い方など、キッチンに組み込んで使用したくないという方におすすめです。

備考:乾燥機能の有無

食器洗い機には、乾燥機能がある機種とない機種があります。乾燥機能があると、乾燥までをすべて行ってくれるため、とても便利ですがその分価格は高くなってしまいます。乾燥機能が必要かどうかも購入前にチェックしてみましょう。

ビルトイン型を設置できる条件

ビルトイン型は、システムキッチンに取り付けをしなければいけません。もちろん、リフォームをせずに、後付も可能です。しかし設置するためには、条件を満たさなければなりません。ここでは、シンク下とカウンター下に置く場合両方に共通する、3つの条件をご紹介します。

1. 置くスペースが十分にあるか

ビルトイン型を取り付けられるスペースが、あることをまずは確認しましょう。幅、高さ、奥行きの大きさを測ってみましょう。

シンク下の場合

  • 幅:扉幅が45cm以上であること。扉奥に41.5cm以上の空間があること
  • 高さ:扉奥に47cm以上の空間があること
  • 奥行き:ワークトップに65cm以上、扉内に60cm以上の空間があること

カウンター下の場合

  • 幅:撤去するキャビネットと後付する食洗機の幅が同じであること
  • 高さ:床からキッチン前垂れの下部までの高さが、75〜85cmであること
  • 奥行き:ワークトップが65cm以上あること

2. 電源があるか

シンク下の場合は、単相125V・15Aの専用電源が確保できること、カウンター下の場合は、単相125V・15Aの専用電源・D種接地端子を確保できることが条件になります。

3. 給水機能があるか

水回りは、シンク下とカウンター下の両方に共通する条件は、以下の3つです。

  • 水道水圧が0.03~1MPa の範囲。
  • 給水流量が毎分8L以上
  • 給湯接続の場合、給湯機は10号相当以上の先止式で、70℃以下に調整可能。

選ぶ際のポイント

ビルトイン型

1. 大きさをチェック

ビルトイン型には、45センチ幅と60センチ幅の2種類があります。キッチンセットの奥行きは、60センチと決まっていますので、45センチ幅だと中が長方形になります。60センチだと、正方形になりますので、手前や奥までよりノズルの水が届きやすいと言われています。

日本のメーカーは45センチタイプしか売っていませんので、60センチタイプがほしい場合は、海外メーカーのものを購入しましょう。60センチタイプは、大きさも大きくなりますので、キッチンに入るのかどうかも事前に測っておきましょう。

2. 容量をチェック

それぞれの機種によって、食器がどれほど入るのかが表示されています。その数字を事前に確認して、一度にどれくらいの量のお皿が洗えるのかを、チェックしてみましょう。

他にも、大皿やフライパンなどの大きなものを洗いたいという方は、大きいものを入れられるかどうかを確認しておくのもいいかもしれませんね。

3. 洗浄所要時間をチェック

食器洗い機は、機械に食器をセットするだけで自動で洗ってくれるため、とても便利ですが、場合によっては、手洗いよりも時間がかかってしまうことがあります。洗い終わるのに、どれくらいの時間がかかるのかを、確認しておきましょう。

機種によっては、最短コースなど短い時間で洗い上げる機能があることもあります。そのような機能がついているかどうかも、確認しておくと、より便利に使いこなせるかもしれませんね。

4. ドアの開け方をチェック

ビルトイン型には、スライドオープン(引き出し)とフロントオープンという2種類のドアの開け方があります。スライドオープンの場合は、食器を出し入れする時にかがむ必要がありませんが、フロントオープンタイプに比べると、容量が小さくなってしまいます。フロントオープンは、二段になっているので容量が大きいのが特徴ですが、下の段に食器を入れるときは、かがまなければいけません。国産は、スライドオープンが多いと言われています。

5. 洗浄方法などの機能

それぞれの食器洗い機によって、洗浄方法や乾燥機能が異なります。他にも、色々なコースを選んで洗浄ができるものもあります。ただ、機能が多くなればなるほど価格も高くなりますので、本当に自分に必要な機能かどうかを、事前によく確認してみましょう。

卓上型

1. 大きさや容量をチェック

卓上型は、キッチンのシンクの近くや、調理台などに置かなければいけないので、調理や収納のじゃまにならない大きさかどうかを、事前にチェックしておきましょう。ドアが全開できるかどうか、ドアが蛇口に当たらないかどうか、食器洗い機の脚を平らな場所におけるかどうかなどもよく確認しておきましょう。

また、卓上型はだいたい6人分の食器を一度に洗うことができると言われています。自分の必要な容量かどうかも、確認してみましょう。

2. 置くスペースをチェック

キッチンの中で、卓上型食器洗い機を置く場所の例は以下のような場所です。

  • シンク脇
  • 調理台
  • キッチン前の窓
  • 新しく台を買う

以上の4つのように、十分に食器洗い機をおけるスペースを確保しましょう。他にも、コンセントと水栓が近くにある場所でないと、使うことができないので、この点にも注意しましょう。

3. 洗浄所要時間をチェック

洗い終わるのにどれくらいの時間がかかるのかを、事前に確認しておきましょう。卓上型は、ビルトイン型に比べて容量が小さいため、所要時間も短いですが、手洗いの場合とどれほど違うのかなども計算しておくといいかもしれませんね。

4. 乾燥機能の有無をチェック

卓上型は、容量が小さいですが乾燥機能がついているものもあります。乾燥機能がついていないと、洗浄が終わり、すぐに食器を取り出さなかった場合、菌が繁殖しやすいなどのデメリットもあります。しかし、乾燥機能がついていると、その分価格も高くなりますので、必要かどうかも考えてみてください。

5. ドアの開き方をチェック

卓上型のドアの開き方には、前開き式と、上下二枚の扉の前開き式、上部スライド式の3種類があります。どのような食器を洗うのかによって、合った種類を選んでみてください。

前開き式は、扉を手前に倒して開閉するタイプで、海外メーカー製に多いです。

上下二枚の扉の前開き式は、上下の扉を手前に引いて開くタイプです。上下にカゴがあるため、食器の取り出しが楽です。

上部スライド式は、扉が上下に動き、上の扉がスライドするタイプです。扉が大きく開くため、鍋や大きな食器の出し入れがしやすいのがポイントです。

6. 洗浄方法などの機能をチェック

既に上の段落でご紹介しましたが、それぞれの機種によって洗浄方法や独自の機能が異なります。機能が多くなればなるほど、本体価格も高くなり、大きさも大きくなりますので、必要な機能が搭載された機種を選びましょう。

初期投資費用を確認しよう

食器洗い機は、ビルトイン型と卓上型両者とも、本体価格以外に、食器洗い機を設置するための初期費用がかかります。費用は以下の通りです。

ビルトイン型は、本体価格プラス10万円程度で、海外メーカーの場合は200ボルト電源に変更する必要があるため、電気工事代も掛かります。

卓上型は本体価格プラス工事費1万円程度で済みます。工具や排水栓、給水栓などの部品を自分で用意できれば、業者に依頼しなくても設置することができます。

このように、ビルトイン型は容量が大きく、システムキッチンに取り付ける形になるため、卓上型よりも初期投資費用が高くなります。本体価格以外にも、上記のような費用がかかることも念頭においておきましょう。

食器洗い機用の洗剤

食器洗い機には、通常の食器洗剤を使うことはできません。食器洗い機専用の洗剤を利用しましょう。食器洗い機用洗剤は、少ない水量で汚れを洗えるようになっています。市販の台所用液体洗剤を使うと、大量の泡が発生してしまうのなど、トラブルの原因になりますのでご注意ください。

食器洗い機のお手入れの仕方

食器洗い機は、お手入れを定期的に行わないと、洗浄力が落ちてしまうため、日々のお手入れが重要です。ここでは、簡単なお手入れの仕方をご紹介します。

毎回のお手入れに必要なこと

食器洗い機を使い終わった後に、毎回行ったほうがいい手入れは以下の2つです。

  • 残菜フィルターのゴミを取ること
  • 食器洗い機本体を、しっかり乾燥させること

残菜フィルターのゴミをしっかり取らないと、次に食器洗い機を使った時にお皿にゴミがついてしまったり、フィルターにカビが繁殖しやすくなります。同じように、食器洗い機の中は温度や湿度が高いため、カビが繁殖しやすいため、使用後に乾燥させることも大切です。

1〜3ヶ月に1回必要なお手入れ

上記のような、毎回のお手入れに加えて、1〜3ヶ月に1回やるべきお手入れを知っておきましょう。

  • クリーナーを使ったカビの掃除
  • 臭いやヌメリの掃除

食器洗い機で洗えないもの

食器洗い機には、色々な種類がありますが、共通して洗うことができない食器がいくつかありますので、ご紹介します。

  • 強化ガラス製のもの
  • 飛ばされやすい軽いもの
  • 漆塗りの食器
  • 銀、アルミ、銅製のもの
  • 木製のもの
  • 鉄製やフッ素加工されたフライパン
  • 耐熱温度90℃以下のもの

他にも、機種によっては包丁が洗えないなどのものもあります。洗う前に、その機種の洗えない食器を確認しておきましょう。

おすすめ食器洗い機5選

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値91,297円(税込)
4.47(146件)

この商品の特徴

ビルトイン型を初めて導入する、という方におすすめなのが、リンナイのRSW-F402C-SVです。フロントオープンタイプなので、二段に分かれていて、たくさんの食器を一気に収納することができます。1回の使用水量が約12Lで、節水効果が高いことも特徴です。グッドデザイン賞も受賞しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ビルトイン型を初めて導入する、という方におすすめなのが、リンナイのRSW-F402C-SVです。フロントオープンタイプなので、二段に分かれていて、たくさんの食器を一気に収納することができます。1回の使用水量が約12Lで、節水効果が高いことも特徴です。グッドデザイン賞も受賞しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値306,136円(税込)

この商品の特徴

一度にたくさんの食器を洗いたいという方におすすめです。60cmの大容量のため、15人分の食器を洗浄することができます。また、AEG独自のWローテーション洗浄で、水流が常に角度を変えて庫内を噴射するので、くまなく洗浄することができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

一度にたくさんの食器を洗いたいという方におすすめです。60cmの大容量のため、15人分の食器を洗浄することができます。また、AEG独自のWローテーション洗浄で、水流が常に角度を変えて庫内を噴射するので、くまなく洗浄することができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値103,054円(税込)
4.09(41件)

この商品の特徴

パナソニックのNP-45MSは、様々な機能がついているため、機能重視で選びたいという方におすすめの商品です。5人分の食器を一度に洗うことができ、「汚れ」「食器量」「室温」センサーを搭載した「エコナビ」機能で、標準コース比最大約12%の節電、約17%の節水が可能です。他にも、高圧洗浄できれいに洗い流す「バイオパワー除菌」を搭載しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

パナソニックのNP-45MSは、様々な機能がついているため、機能重視で選びたいという方におすすめの商品です。5人分の食器を一度に洗うことができ、「汚れ」「食器量」「室温」センサーを搭載した「エコナビ」機能で、標準コース比最大約12%の節電、約17%の節水が可能です。他にも、高圧洗浄できれいに洗い流す「バイオパワー除菌」を搭載しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:panasonic.jp

Amazon.co.jp最安値39,000円(税込)
3.58(106件)

この商品の特徴

パナソニックの「プチ食洗」は二人暮らし用で食器点数は約18点と、容量が小さめのコンパクトサイズで、コンパクトなものがほしい方におすすめの商品です。吊り棚の下にもおけ、食器が入れやすいため、狭いキッチンにもすっきりおくことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

パナソニックの「プチ食洗」は二人暮らし用で食器点数は約18点と、容量が小さめのコンパクトサイズで、コンパクトなものがほしい方におすすめの商品です。吊り棚の下にもおけ、食器が入れやすいため、狭いキッチンにもすっきりおくことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値35,000円(税込)
4.39(17件)

この商品の特徴

しっかり洗浄をしながら節水もできるNP-TR9-Tは、節水機能を重視される方におすすめです。パワフルコースで、ガンコな汚れもすっきり落とせ、「+80℃すすぎ」で はよりひどい汚れにも対応しています。深皿やどんぶりバチも入る「アレンジエリア」がついていることもポイントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

しっかり洗浄をしながら節水もできるNP-TR9-Tは、節水機能を重視される方におすすめです。パワフルコースで、ガンコな汚れもすっきり落とせ、「+80℃すすぎ」で はよりひどい汚れにも対応しています。深皿やどんぶりバチも入る「アレンジエリア」がついていることもポイントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

食器洗い機用のクリーナー剤もチェック

また、毎回のお手入れをしっかりとおこなっていても、黒カビやピンク汚れ「ロドトルラ」が発生することがあります。このときは、塩素系台所用漂白剤をかけて5分ほどおくとキレイになります。また、臭いやヌメリの掃除には専用のクリーナーが売っていますので、チェックしてみましょう。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値282円(税込)
4.26(277件)

この商品の特徴

食器洗い機洗浄中は、食器洗い乾燥機庫内のヌメリや汚れをすみずみまで洗浄する洗浄剤(食器洗い機用)です。庫内に潜む雑菌を除菌し、イヤなニオイを消臭します。乾燥機庫内を清潔に保ちます。ビルトインタイプにも使えます。爽やかなオレンジの香りです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

食器洗い機洗浄中は、食器洗い乾燥機庫内のヌメリや汚れをすみずみまで洗浄する洗浄剤(食器洗い機用)です。庫内に潜む雑菌を除菌し、イヤなニオイを消臭します。乾燥機庫内を清潔に保ちます。ビルトインタイプにも使えます。爽やかなオレンジの香りです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

卓上型食洗機をお探しの方はチェック

後付で、食洗機を導入したい方には、卓上型食洗機がおすすめです。工事の必要がなく、気軽に導入できる卓上型食洗機もチェックしてみてください。

食器洗い機(食洗機)のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー