生ゴミ処理機のおすすめ6選!乾燥式やバイオ式も【2020年版】

生ゴミ処理機のおすすめ6選!乾燥式やバイオ式も【2020年版】

生ゴミ処理機は、家庭から出る生ゴミを乾燥させたり分解処理する商品です。処理した生ゴミを乾燥させて捨てやすくする乾燥式や、分解処理して肥料として使用できるバイオ式、マンションでも使いやすい小型タイプもあり、屋外でなくても使用可能なタイプもあります。今回は生ゴミ処理機選び方と、島産業の「パリパリキューブ」や日立の「キッチンマジック」などのおすすめ商品を紹介します。

生ゴミ処理機の選び方

処理する場所で選ぶ

屋内に置く

屋内に生ゴミ処理機を置きたい場合は、小型タイプを選ぶのがおすすめです。キッチンの収納スペースに置けるサイズなら、人目につかず使用することができます。しかし、臭いが出にくいモデルを選ばなければ、部屋に臭いが漏れてきてしまう可能性があるので、注意が必要です。

屋外に置く

処理の臭いが気になる方や、屋内に置く場所がない方は、屋外モデルがおすすめです。屋外モデルは、屋内モデルに対してサイズが大きい傾向にあるので、1度にたくさんの量の生ゴミを処理することができます。屋外に置く場合は、雨にさらされて故障しないように注意しましょう。

種類で選ぶ

バイオ式

バイオという名前の通り、微生物が生ゴミを分解処理してくれます。メンテナンスは月1回程度のものがほとんどで、手間がかかりません。バイオ式の中には、残存物がほとんど出ないものや、電気を使うタイプ、使わないタイプなど、様々な種類があります。しかし、野外でしか使用できず、臭いが発生する商品もあるなど、デメリットもあります。

乾燥式

生ゴミを、高温の風で乾燥させて処理します。処理が終わった生ゴミは、可燃ゴミとして出すことができます。肥料としても使うことができるので、家庭菜園をしている方におすすめです。処理されたゴミは、除菌されているので、手で触っても問題ありません。処理速度が比較的に速いものが多いので、生ゴミが頻繁に出る家庭におすすめです。

ハイブリット式

ハイブリット式は、乾燥式のように生ゴミを乾燥させた後、バイオ式のように微生物によって分解処理を行ってくれるタイプです。バイオ式に比べて臭いも少なく、肥料としても使用することができます。また手間もあまりかからず、処理音も小さいので、快適に使用することができます。しかし価格が他のタイプに比べて高めの傾向にあるので、自分の予算と照らし合わせてみてください。

粉砕式

ディスポーザーとも呼ばれます。キッチンの排水溝に直接取り付ければ、生ゴミを粉砕して処理し、水と一緒に流してくれます。しかし、取り付け工事や特別な浄化槽を必要とするので、手軽に使うことはできません。また、音が大きくなってしまう場合があるので、マンションなどで使用するときは、注意が必要です。

処理容量で選ぶ

家庭で出る生ゴミの量に応じて、処理できる容量を決めましょう。容量が大きくなるに比例して、価格が高くなっていく傾向にあるので、注意が必要です。安価な小さめの生ゴミ処理機を購入して、数回に分けて処理するという方法もあります。

臭いがでないものがおすすめ

生ゴミ処理機の運転中や停止中の臭いが、どれくらいなのか、しっかり確認が必要です。乾燥式の生ゴミ処理機はほとんど臭いがでないので、臭いがどうしても気になるという方にはおすすめです。しかし、バイオ式やハイブリット式の生ゴミ処理機でも、臭いはあまり気になりません。

なるべく音がでないタイプを選ぶ

生ゴミ処理機は音がします。商品によって音の大きさが違うのであらかじめ確認をしておきましょう。特に生ゴミ処理を就寝中にしたい方には、音ができるだけ小さいものがおすすめです。小さい子どもがいたり、マンションのベランダに置くという方も音はできるだけ小さいものが良いでしょう。

かかる電気代で選ぶ

生ゴミ処理機は、他の家電に比べると少し電気代が高めです。使う頻度にもよりますが、できるだけ電気代がかからないものを選ぶのがおすすめです。おおよその目安では、電気代が安いもので、1ヶ月300円弱、高いものだと1000円弱することもあります。中には全く電気を使わないタイプもあるので、電気代が気になるという方にはおすすめです。

メンテナンス回数がなるべく少ないものが便利

生ゴミ処理機には、メンテナンスが必要です。処理後で除菌がされているとはいえ、少しお手入れに抵抗があるという方もいるのではないでしょうか。バイオ式の生ゴミ処理機は、メンテナンス回数が少ないものが多いです。商品によっては、6ヶ月に1回のメンテナンスで済むタイプや、半永久的に中のチップを交換しなくても良い商品もあります。メンテナンス回数をできるだけ減らしたいという方におすすめです。

助成金

市町村によっては、生ゴミ処理機の費用を一部負担してくれることがあります。お住まいの市町村に確認をしておきましょう。助成金が出るのであれば、少し高いものでも手が届きやすくなります。

生ゴミ処理機のおすすめ6選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値61,278円(税込)

この商品の特徴

乾燥式の生ゴミ処理機です。大きさは通常のキッチン用ゴミ箱ほどで邪魔になりません。少し縦長に作られているので導線を邪魔しないのもうれしいですね。処理後は肥料として使えます。間口も広いので、器から直接生ゴミを入れることができますよ。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

乾燥式の生ゴミ処理機です。大きさは通常のキッチン用ゴミ箱ほどで邪魔になりません。少し縦長に作られているので導線を邪魔しないのもうれしいですね。処理後は肥料として使えます。間口も広いので、器から直接生ゴミを入れることができますよ。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値68,800円(税込)

この商品の特徴

乾燥式の生ゴミ処理機です。一度に三角コーナー4杯分の生ゴミを入れることができます。内蓋は水洗いができるので、衛生面も安心です。処理中の臭いは99%カットという優れもので、臭いに敏感な人にはピッタリです。メンテナンスは1ヶ月に1回でOKです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

乾燥式の生ゴミ処理機です。一度に三角コーナー4杯分の生ゴミを入れることができます。内蓋は水洗いができるので、衛生面も安心です。処理中の臭いは99%カットという優れもので、臭いに敏感な人にはピッタリです。メンテナンスは1ヶ月に1回でOKです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値17,600円(税込)

この商品の特徴

乾燥式の生ゴミ処理機です。音が静かで就寝中でも安心して使えます。コンパクトサイズでキッチンに置いても邪魔になりません。専用バスケットをそのまま三角コーナーとして使えるので処理も簡単です。デザインもとってもかわいいですよね。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

乾燥式の生ゴミ処理機です。音が静かで就寝中でも安心して使えます。コンパクトサイズでキッチンに置いても邪魔になりません。専用バスケットをそのまま三角コーナーとして使えるので処理も簡単です。デザインもとってもかわいいですよね。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値19,800円(税込)

この商品の特徴

バイオ式の生ゴミ処理機ですが、混ぜて風に触れさせて処理します。電気は使いません。バイオチップと生ゴミを手動で混ぜます。ハンドルを回すだけで簡単に混ぜることができます。チップ材は4〜5ヶ月に1回交換するだけで大丈夫です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

バイオ式の生ゴミ処理機ですが、混ぜて風に触れさせて処理します。電気は使いません。バイオチップと生ゴミを手動で混ぜます。ハンドルを回すだけで簡単に混ぜることができます。チップ材は4〜5ヶ月に1回交換するだけで大丈夫です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

Yahoo!ショッピング最安値92,500円(税込)

この商品の特徴

基材を追加したり交換するなどといったメンテナンスが不要です。1日2キロまでの生ゴミを高速分解します。増えた基材は良質な有機肥料として活用してください。基材は高温(80度)でもっとも効率的に働くので分解が早く、しかも基材が酸性の環境でもっとも効力を発揮するため、基材が劣化することがなく、交換が不要です。※一般的に、バイオ式の基材は、低温・アルカリ性の環境で働くため、分解処理が遅く、劣化するため、交換が必要となります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

基材を追加したり交換するなどといったメンテナンスが不要です。1日2キロまでの生ゴミを高速分解します。増えた基材は良質な有機肥料として活用してください。基材は高温(80度)でもっとも効率的に働くので分解が早く、しかも基材が酸性の環境でもっとも効力を発揮するため、基材が劣化することがなく、交換が不要です。※一般的に、バイオ式の基材は、低温・アルカリ性の環境で働くため、分解処理が遅く、劣化するため、交換が必要となります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値2,266円(税込)

この商品の特徴

バイオ式の生ゴミ処理機です。生ゴミ処理機を初めて使う人におすすめです。価格も安く、使い方も簡単です。電気は使わずEM菌をふりかけて蓋をするだけです。溜まった抽出液を中に戻すことでEM菌の成長を促すこともできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

バイオ式の生ゴミ処理機です。生ゴミ処理機を初めて使う人におすすめです。価格も安く、使い方も簡単です。電気は使わずEM菌をふりかけて蓋をするだけです。溜まった抽出液を中に戻すことでEM菌の成長を促すこともできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

生ゴミ処理機のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー