鉢底石のおすすめ4選【水はけを良くする!】

鉢底石のおすすめ4選【水はけを良くする!】

お庭やベランダにきれいなお花が咲いていると、とっても気分が良いですよね。家庭でのガーデニングに欠かせない「鉢底石」ですが、どうして必要なのか、代用できるのかについて知りたい方も多いのではないでしょうか?今回は鉢底鉢の選び方や量などの使い方、発砲スチロールや木炭での代用方法をご説明します。Amazonや楽天で人気のものや、使いやすいと評判のネット入り鉢底石をはじめとしたおすすめ商品もご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

鉢底石とは

鉢底石とは

出典:Amazon.co.jp

鉢植えやプランターで植物を栽培するときに、鉢の底に敷く石を「鉢底石」と言います。軽石や黒曜石などの素材でできています。比較的価格は低く、少量であれば100円ショップなどでも取り扱われています。

軽石でできている!

軽石でできている!

鉢底石は「軽石」でできています。軽石とは、溶岩が急に冷え、ガスを噴き出してかたまったもののことを言います。多孔質で非常に軽いのが特徴です。鉢底石には、白や灰色の自然の軽石でつくられているものもあれば、軽石を熱処理して黒くした黒曜石でつくられたものもあります。雑菌の繁殖が気になる方は、黒曜石を使う方がいいでしょう。

鉢底石は必要?不要?

鉢底石は絶対に必要なものではありませんが、メリットにも期待できます。

水はけ・通気性を良くして根腐れ防止!

水はけ・通気性を良くして根腐れ防止!

鉢底石は、空気を多く取り込めない鉢の中で、土の排水性や通気性を良くする働きがあります。余分な水分をスムーズに出し、ほどよく空気を取り入れることによって、腐敗菌が繁殖するのを防ぎ、根腐れの予防ができます。特に鉢底は密閉状態になりやすく、水はけが悪いと根が酸素不足になり株全体が弱ってしまいます。鉢底石を敷くことによって底に適度な隙間ができ、排水性や通気性がよくなる仕組みです。

土を入れるスペースが減ってしまうデメリットも

小さな鉢では土を入れるスペースがなくなってしまい、植物の育ちが悪くなってしまう場合もあります。また、鉢底石を入れたところは根張りが悪くなってしまうこともあるので、状況によって使い分ける必要があります。

鉢底石の選び方

粒の大きいものほど水はけが早くなる

鉢底石には、粒の大きさにいくつかの種類があります。粒が大きめのものから、砂利のように小粒のものまであります。育てる植物や用意する鉢植えの形状によって決めるようにしましょう。大粒のものほど水はけが早くなります。水はけの速度を落としたいときは、小粒の鉢底石を使うと良いでしょう。

ネット入りが便利!

ネット入りが便利!

出典:Amazon.co.jp

鉢底石が一定の大きさのネットに入った状態で販売されているものもあります。ネットにあらかじめ入っていると、鉢底ネットを底に敷く必要がありません。ネットに入っていると、違う鉢植えで別の植物を育てる際に、洗って再利用しやすいので、手間がかかりません。

鉢底石の使い方

通常はプランターの5分の1!

鉢底石は名前の通り、「鉢の底」に敷く程度の量を使います。通常の植物であれば、プランターの5分の1くらいが適量です。深めの鉢植えであれば、3分の1くらいまで鉢底石を入れましょう。鉢の底に水はけ用の穴が開いている場合は、鉢底ネットを敷いてから石を入れるようにします。

水はけが大切な植物はプランターの3分の1

洋ランやオモトなどの、特に土の水はけが大切な植物は、鉢底から3分の1ほどまで、鉢底石を入れましょう。しかし植物の根の深さや太さによって必要な量は変わってくるので、水はけの様子を見ながら調節してください。

鉢底石の代用方法

鉢底石は、発砲スチロールやコルク、ヤシガラや木炭などで代用することができます。発砲スチロールは大きめに砕いて使います。軽いですが、土に混ざりやすいので注意しましょう。コルクやヤシガラ、木炭は細かく砕いて使います。特に木炭には清浄効果もあるので、害虫予防にもなります。

鉢底石のおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値608円(税込)

この商品の特徴

水はけを良くするだけでなく、鉢植えから出てくる水をきれいにするために、木炭の量が増やされています。また、鉢植えの中に溜まった水が腐らないようにゼオライトも配合されているので、イヤな臭いがしません。鉢底ネットもセットになっているので、準備に時間がかかりません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

水はけを良くするだけでなく、鉢植えから出てくる水をきれいにするために、木炭の量が増やされています。また、鉢植えの中に溜まった水が腐らないようにゼオライトも配合されているので、イヤな臭いがしません。鉢底ネットもセットになっているので、準備に時間がかかりません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値245円(税込)

この商品の特徴

一般的な軽石よりもさらに通気性や排水性が高い、加熱処理済みの鉢底石です。石には多孔質という小さな穴がたくさん開いているので、水はけの効率が良くなります。石自体がとても軽いので女性や子どもでも使いやすく、吊り下げ型の鉢植えなどにも使えます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

一般的な軽石よりもさらに通気性や排水性が高い、加熱処理済みの鉢底石です。石には多孔質という小さな穴がたくさん開いているので、水はけの効率が良くなります。石自体がとても軽いので女性や子どもでも使いやすく、吊り下げ型の鉢植えなどにも使えます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値493円(税込)

この商品の特徴

通常の鉢底石に比べて大変軽いことが特徴です。重さは通常の約5分の1なので、重い鉢植えや大きなプランターに向いています。使い終わったあとは、細かく砕いて土壌改良剤として使うことができます。人にも自然にも優しい鉢底石です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

通常の鉢底石に比べて大変軽いことが特徴です。重さは通常の約5分の1なので、重い鉢植えや大きなプランターに向いています。使い終わったあとは、細かく砕いて土壌改良剤として使うことができます。人にも自然にも優しい鉢底石です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値405円(税込)

この商品の特徴

軽石の中に木炭とゼオライトを混ぜているので、水はけが良く、水が腐ることもありません。ネットに入っているので、そのまま水洗いをして繰り返し使うこともできます。少し小さめの鉢底石なので、ネットに入ったままでも使いやすく、さまざまな大きさの鉢植えに合います。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

軽石の中に木炭とゼオライトを混ぜているので、水はけが良く、水が腐ることもありません。ネットに入っているので、そのまま水洗いをして繰り返し使うこともできます。少し小さめの鉢底石なので、ネットに入ったままでも使いやすく、さまざまな大きさの鉢植えに合います。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー