7インチタブレットのおすすめ8選【2020年版】

7インチタブレットのおすすめ8選【2020年版】

7インチタブレット(7型タブレット)はスマホよりも大きく、屋外で本を読んだり動画を楽しむにはちょうどよいサイズです。通話ができる機能や防水のものまで高性能のものも多くあります。SIMフリーなどの通信方式、WindowsなどのOSやサイズには違いがあります。またケースやキーボードなどのアクセサリも豊富にあり、自分にあった使い方ができます。今回は7インチと8インチの違いや選び方、人気のASUSなどのおすすめ商品をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

7インチタブレットなら持ち運びやすい 

7インチタブレットなら持ち運びやすい 

本を読んだり、動画をみることができるタブレットは、画面がスマホよりも大きく、操作も簡単におこなえる点がメリットです。ただし、サイズ選びを間違えると持ち運びにくいと感じることもあります。勉強や仕事のために、タブレットを持ち運ばなければならないという方には、7インチのタブレットがおすすめです。

7インチタブレットのメリット 

片手でしっかりと持てるサイズ感 

片手でしっかりと持てるサイズ感 

出典:Amazon.co.jp

7インチのタブレットは、片手でも安心して持てるサイズです。手の小さい子どもや女性などが持ち歩く際にとてもおすすめです。手のサイズに合わないタブレットを持ち歩いて落としてしまうことを防ぐこともできます。コンパクトになっていることで、表示される文字のサイズが少し小さくなってしまうのがデメリットです。

携帯性に優れている 

7インチのタブレットは様々な種類のタブレットの中でもコンパクトなサイズ感なので、小さめのかばんに収納しておくことが可能です。外出先でも簡単に出し入れをすることができるため、持ち歩くことが多い方は7インチのタブレットがおすすめです。

価格が手ごろ 

タブレットは機種やスペックなどで価格が異なります。その中でもコンパクトな7インチのタブレットは、大きいサイズのタブレットよりもスペックが少し低いため、価格も手頃になっています。自分の使用目的に対して、7インチタブレットのスペックが十分かどうか確認しましょう。

8インチタブレットとの違い 

8インチのタブレットは動画やゲームのみを楽しみたい方におすすめです。画面サイズが7インチよりも一回り大きいため、見ごたえのあるタブレットになります。7インチと違って片手で持つのが少し大変ですが、自宅で楽しみたいという方は8インチのタブレットがおすすめです。

7インチタブレットの選び方 

OSを選ぶ

OSを選ぶ

出典:Amazon.co.jp

タブレットにはOS(オペレーティングシステム)と呼ばれているソフトウェアが搭載されています。OSは「iOS」「Android」「Windows」の3種類に分かれています。どのOSが良いか迷ったら、普段使用しているパソコンやスマホと同じOSに揃えるのがおすすめです。スマホやパソコンに入っている写真やアプリのデータが自動で同期されるので、難しい設定なども簡単におこなうことができます。ただし、iOSを搭載した7インチタブレットは存在しません。

Googleが開発しているAndroid 

Googleが開発したOSです。製品によっては、コスパが良いものや機能性が高い製品など、種類が豊富にあります。普段Androidのスマホを使用している方だけでなく、自分にぴったりなタブレットを見つけたい方にも最適です。

WordやExcelが使用できるWindows 

パソコンやスマホなどで採用されているOSです。Microsoft社のWordやExcelなども使用することができるので、普段仕事で使用している方などにおすすめです。

タブレットに欠かせない通信方式 

どこでも使用できるLTE(SIMフリー)

どこでも使用できるLTE(SIMフリー)

Wi-Fiが対応していない場所でもインターネットを接続したり、ゲームや動画を見ることができる通信方式です。SIMカードを挿すことで使用できるので、外出先でも使用したい方におすすめです。SIMフリーは通信会社を変えることができ、月々の料金やプランなども自分に合っているものを選ぶことができます。そのため、使用頻度に合ったキャリアを選ぶことができます。通信会社によって様々なプランがあるので、詳しく知りたい方は通信会社に相談することをおすすめします。

持ち歩くことができるWi-Fi 

Wi-Fiに対応しているエリアで、インターネットに接続することができます。ポケットWi-Fiなどを持ち歩いていて、常にWi-Fiのある環境にいるという方におすすめです。

基本性能を確認する

目的に合わせてメモリ容量・ストレージ容量を確認する

メモリやストレージの容量は、タブレットの使用目的によって選ぶことをおすすめします。ゲームなどをする場合はメモリ容量が大きいものを購入することで、色々なゲームをダウンロードすることができます。また、写真や動画がたくさんある方は、ストレージ容量が大きいものを選ぶことで、たくさんのデータを残すことが可能です。自分の使用方法に合った、メモリやストレージの容量を選ぶようにしましょう。

高性能なCPUがおすすめ

CPUは「コアの数」と「クロックの周波数」を確認することで、選ぶことができます。ゲームやアプリを目的として選ぶ場合は、「ヘキサコア」または「オクタコア」を選び、クロック周波数は「1.5GHz~」の性能がおすすめです。性能が良いものを選ぶほど価格も上がってしまいます。

何を重視するかで画面解像度を選ぶ

コスパ重視のWXGA

WXGAは、コストパフォーマンスを重視したい方におすすめです。解像度が少し低いため、ネットサーフィンなどを目的としている方に適しています。高画質の写真や小さな文字などはぼやけて見えてしまう可能性があるので、写真や書籍には適していません。

画質重視のWUXGA

動画やゲームをきれいな画質で楽しみたい方におすすめの解像度です。ハイエンドクラスのタブレットに搭載されているため、WXGAよりも価格が高いですが、電子書籍なども快適に楽しむことができます。7インチのタブレットでWUXGAを搭載されている製品は少ないため、選べるものに限りがあります。

本体の厚み・重さを確認する

本体の厚み・重さを確認する

出典:Amazon.co.jp

タブレットを持ち歩く場合は、本体の厚みや重さも見ておくことが大切です。同じサイズのタブレットでも重さが違うこともあるので、軽量で持ち運びやすいものを選ぶようにしましょう。

防水機能で使い方の幅が広がる

防水機能が搭載されているタブレットなら、キッチンでレシピを見ながら調理をしたり、持ち運びしている際に雨でカバンが濡れてしまったりした場合でも安心です。防水性能はIPX~やIP~で表されます。アルファベットの後に続く数字が大きい商品の方が、防水性が高くなります。

Androidの7インチタブレットおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値15,980円(税込)

この商品の特徴

Huawei 7.0インチ MediaPad T3 7 タブレットです。メタルボディで薄さ 約8.6mm、重さ 約250gです。 航空機グレードのアルミニウム合金を使用し、薄くて軽く、頑丈なボディです。眼を守るために画面輝度調節可能です。3000mAhの大容量バッテリー、Huawei独自の省電力技術を搭載しています。Qualcomm社製 高性能 クアッドコアCPU 2.4GHz & 5GHzデュアルバンドWi-Fiで快適な使い心地です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

Huawei 7.0インチ MediaPad T3 7 タブレットです。メタルボディで薄さ 約8.6mm、重さ 約250gです。 航空機グレードのアルミニウム合金を使用し、薄くて軽く、頑丈なボディです。眼を守るために画面輝度調節可能です。3000mAhの大容量バッテリー、Huawei独自の省電力技術を搭載しています。Qualcomm社製 高性能 クアッドコアCPU 2.4GHz & 5GHzデュアルバンドWi-Fiで快適な使い心地です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値17,800円(税込)

この商品の特徴

ASUS ZenPad C 7.0は、軽さ約265g、薄さ約8.4mmの軽量コンパクトボディで、抜群の携帯性を実現します。 ロックアプリ機能で、アプリケーション単位でパスワードをかけることができます。ASUS独自のユーザーインターフェース「ZenUI™」は、標準搭載のAndroidインターフェースを向上させ、約1,000以上の機能を備えています。快適操作でスマートな体験をお楽しみ頂けます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ASUS ZenPad C 7.0は、軽さ約265g、薄さ約8.4mmの軽量コンパクトボディで、抜群の携帯性を実現します。 ロックアプリ機能で、アプリケーション単位でパスワードをかけることができます。ASUS独自のユーザーインターフェース「ZenUI™」は、標準搭載のAndroidインターフェースを向上させ、約1,000以上の機能を備えています。快適操作でスマートな体験をお楽しみ頂けます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値76,224円(税込)

この商品の特徴

7インチディスプレイ搭載のタブレットです。登録した指で指紋認証パッドに触れるだけのストレスフリーなセキュリティです。“オクタ”コアを搭載で複数のアプリの同時起動もストレスフリーな使い心地をキープします。ファーウェイ独自の画像最適化技術ClariVu搭載、Color Plus 自動色調整技術により、豊かで鮮やかなディスプレイです。Eye Care(視力保護)Modeでプルーライトをカットできます。屋外では周囲の明るさに合わせて輝度とコントラストが自動調整されます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

7インチディスプレイ搭載のタブレットです。登録した指で指紋認証パッドに触れるだけのストレスフリーなセキュリティです。“オクタ”コアを搭載で複数のアプリの同時起動もストレスフリーな使い心地をキープします。ファーウェイ独自の画像最適化技術ClariVu搭載、Color Plus 自動色調整技術により、豊かで鮮やかなディスプレイです。Eye Care(視力保護)Modeでプルーライトをカットできます。屋外では周囲の明るさに合わせて輝度とコントラストが自動調整されます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値9,906円(税込)

この商品の特徴

美しいシンプルなデザインでありながら、どんなシーンでも活躍できるタブレットです。画面占有率約72%の狭額縁デザインで、7インチの大画面でありながら、片手にも収まるコンパクトボディです。ハード面とソフト面からアプローチした独自の映像テクノロジーを搭載し、まるでTV液晶を見ているかのような精細な表現を実現します。5つのスピーカーとサブウーファーが内蔵されているので、5.1chサラウンドの圧倒的な臨場感で楽しめます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

美しいシンプルなデザインでありながら、どんなシーンでも活躍できるタブレットです。画面占有率約72%の狭額縁デザインで、7インチの大画面でありながら、片手にも収まるコンパクトボディです。ハード面とソフト面からアプローチした独自の映像テクノロジーを搭載し、まるでTV液晶を見ているかのような精細な表現を実現します。5つのスピーカーとサブウーファーが内蔵されているので、5.1chサラウンドの圧倒的な臨場感で楽しめます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値5,935円(税込)

この商品の特徴

ASUSのFonepadです。普通のタブレットに比べ、価格が低めな商品です。SIMフリーでLTEに対応していて、通話機能もついています。省電力設計で、約11.5時間の長時間バッテリー駆動を実現しています。画面は7インチで、高齢の方がスマホがわりに使えば、老眼でも見やすく人気だそうです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ASUSのFonepadです。普通のタブレットに比べ、価格が低めな商品です。SIMフリーでLTEに対応していて、通話機能もついています。省電力設計で、約11.5時間の長時間バッテリー駆動を実現しています。画面は7インチで、高齢の方がスマホがわりに使えば、老眼でも見やすく人気だそうです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

Windowsの7インチタブレットおすすめ2選

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値183,791円(税込)

この商品の特徴

パナソニックの7インチタブレットです。Windows10Proを搭載しており、社内システムとの連携がしやすく、様々な現場に応じて、内蔵オプションを追加できます。150cm落下試験を実施済みで、IP65準拠による防塵・防滴性能を備えた点も心強いポイントです。コンパクトで頑丈なタブレットをお探しの方にピッタリです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

パナソニックの7インチタブレットです。Windows10Proを搭載しており、社内システムとの連携がしやすく、様々な現場に応じて、内蔵オプションを追加できます。150cm落下試験を実施済みで、IP65準拠による防塵・防滴性能を備えた点も心強いポイントです。コンパクトで頑丈なタブレットをお探しの方にピッタリです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値19,000円(税込)

この商品の特徴

恵安のWindowsタブレットです。画面は7インチでちょうど見やすい大きさ、重量は272gと持ち運びも楽にできるサイズです。斜めからでもクリアに見られる広視野角のIPS液晶。Windows10HOME32bitを搭載し、マルチタッチにも対応しており、スムーズな画面操作で、ネットも動画も楽しめます。 お求めやすい価格も魅力です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

恵安のWindowsタブレットです。画面は7インチでちょうど見やすい大きさ、重量は272gと持ち運びも楽にできるサイズです。斜めからでもクリアに見られる広視野角のIPS液晶。Windows10HOME32bitを搭載し、マルチタッチにも対応しており、スムーズな画面操作で、ネットも動画も楽しめます。 お求めやすい価格も魅力です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

Amazonの7インチタブレット

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値6,498円(税込)

この商品の特徴

アマゾンの高コスパFireタブレット (7インチディスプレイ)です。低価格ながらも美しいディスプレイに高速プロセッサを搭載。持ち運びしやすく、アマゾンプライム会員なら追加料金なしでPrimeVideoやPrimeMusic(会員特典対象のもの)が存分に楽しめます。素早いレスポンスで、映画やマンガ、雑誌好きの方にピッタリです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

アマゾンの高コスパFireタブレット (7インチディスプレイ)です。低価格ながらも美しいディスプレイに高速プロセッサを搭載。持ち運びしやすく、アマゾンプライム会員なら追加料金なしでPrimeVideoやPrimeMusic(会員特典対象のもの)が存分に楽しめます。素早いレスポンスで、映画やマンガ、雑誌好きの方にピッタリです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

7インチより大きいサイズのタブレットもチェック

今回は7インチタブレットについてご紹介しました。しかし、タブレットには10インチの製品もあります。7インチや8インチでは少し物足りないと感じた方は、10インチのタブレットについてもチェックしてみてください。

7インチタブレットのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー