ゴミ箱の袋交換が超ラクになる!「次が使いやすいゴミ袋」

ゴミ箱の袋交換が超ラクになる!「次が使いやすいゴミ袋」

オフィスやリビング用の小さなゴミ箱に付けるビニール袋、困っていませんか?ゴミ箱のサイズにぴったりのコンビニ袋が不足していたり、穴が空いていて液漏れしたり…そんなストレスを解消するゴミ袋がありました!

ゴミ箱の底に20枚分用意できる便利なゴミ袋

ゴミ箱の底に20枚分用意できる便利なゴミ袋

株式会社ケミカルジャパンの「次が使いやすいゴミ袋」は、ロール状になっていて、とってもコンパクト!なので、ゴミ箱の底に交換用のゴミ袋としてストックさせておくことができるのがポイントです。1つのロールで20枚分のゴミ袋として使えます。容量は10L、15L、20Lから選ぶことができます。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値117円(税込)

この商品の特徴

高密度ポリエチレン製ゴミ袋が20枚ミシン目で繋がっているから、取り換えの手間が短縮でき、更にゴミ箱の底に置いておけるからわざわざ袋に取りに行く手間がありません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

高密度ポリエチレン製ゴミ袋が20枚ミシン目で繋がっているから、取り換えの手間が短縮でき、更にゴミ箱の底に置いておけるからわざわざ袋に取りに行く手間がありません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

リビング用ゴミ箱にぴったりフィットする形に注目

リビング用ゴミ箱にぴったりフィットする形に注目

ゴミ袋1枚がゴミ箱にすっぽり入る大きさです。そのため、ゴミがこぼれて、ゴミ箱が汚れてしまう心配がありません。容量も10L、15L、20Lと選べるので、ご家庭のゴミ箱に合ったサイズのゴミ袋を用意できます。

また、市販のビニール袋の場合、袋の形や、袋の底がゴミ箱にフィットしづらい形状になっていますが、「次が使いやすいゴミ袋」はゴミ袋の形状も丸く、袋の底が真ん中にあるので、ゴミ箱に被せるのに適したデザインになっています。

切り取りも簡単

切り取りも簡単

ゴミ袋の切断面には切り取り線があり、真ん中には穴が開いているので、簡単に切断できます。いっぱいになったゴミ袋を軽く引っ張るだけで、簡単に切り取って次のゴミ袋を用意できます。

次が使いやすくなるゴミ袋の使い方

STEP1:ゴミ箱の底に入れる

STEP1:ゴミ箱の底に入れる

ロール状になっているゴミ袋をゴミ箱の底に入れておきましょう。これだけで、ゴミ捨ての際にその都度ビニール袋を取りに行く必要がなくなります。

STEP2:ゴミ袋を引き上げて、ゴミ箱に被せる

STEP2:ゴミ袋を引き上げて、ゴミ箱に被せる

ゴミ袋ロールの最初の袋を引き上げて、ゴミ箱に被せます。このとき、ゴミ袋ロールはゴミ箱に被せたゴミ袋の下にあるので、どんなにゴミを捨てても、ゴミ袋ロール自体が汚れることはありません。

STEP3:ゴミが溜まったら、ゴミ袋の口を引き上げる

STEP3:ゴミが溜まったら、ゴミ袋の口を引き上げる

ゴミがいっぱいになったら、被せたゴミ袋の口を引き上げます。

STEP4:切り取り線に沿って次のゴミ袋と切り離す

STEP4:切り取り線に沿って次のゴミ袋と切り離す

ゴミ袋を引き上げると、次のゴミ袋が下についているので、切り取って次のゴミ袋を装着します。新しいゴミ袋を持ってくる必要がないので、非常に便利です。

持ち運びも結ぶのも簡単な手さげタイプも!

普通のゴミ袋タイプの他に手さげ袋タイプもあります。手さげ袋タイプを使えば、ゴミでいっぱいになったゴミ袋を簡単に結んで運ぶことができます。手さげ袋タイプの容量は10Lのみです。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値140円(税込)

この商品の特徴

高密度ポリエチレン製ゴミ袋が20枚ミシン目で繋がっているから、取り換えの手間が短縮でき、更にゴミ箱の底に置いておけるからわざわざ袋に取りに行く手間がありません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

高密度ポリエチレン製ゴミ袋が20枚ミシン目で繋がっているから、取り換えの手間が短縮でき、更にゴミ箱の底に置いておけるからわざわざ袋に取りに行く手間がありません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー