草焼きバーナーのおすすめ10選!ボンベや灯油タイプの使い方も紹介

草焼きバーナーは一般的には認知度が低いものの、手軽に除草できる上に、カセットボンベ式などは価格も安めのため、除草剤や草刈り機の代用としてとても便利です。今回は、草焼きバーナーの選び方や、火事、引火事故を防ぐための注意点や使い方に加え、定番のメーカー「新富士バーナー」の中でも評判の良い商品や、最強クラスの火力を誇る商品をご紹介します。

庭や畑の雑草を簡単に処理したい

庭や畑の除草には、手でむしったり、除草剤や草刈り機を使うことが多く、「草焼きバーナー」は一般的にあまり知られていないのではないでしょうか。しかし、炎で焼き尽くすことで除草する草焼きバーナーは、使い方次第で庭や畑のお手入れの強い味方になってくれます。以下に挙げるような環境で除草する場合には、草焼きバーナーを使うと除草作業がぐっと楽になります。

生え始めの雑草を取り除く

草刈り機で除草できない生え始めの草には、草焼きバーナーが有効です。タイルの間に生えた小さな雑草なども、草焼きバーナーで焼くことできれいに処理できます。反対に、成長した大きな草には草刈り機の使用が適しています。

枯れ草の除草を処分する

草焼きバーナーは、枯れ草の除草にも適しています。秋の種子を宿した草を焼くことによって、翌年の雑草の発芽を防ぐことができます。

土壌を殺虫・殺菌する

草焼きバーナーは、高温の炎で焼き尽くすことで除草するため、炎を当てた部分の殺虫や殺菌効果が期待できます。農家では、畑がミミズやモグラの住処とってしまわないよう、バーナーで燃やしているところも多いようです。

除草以外の用途にも使える

草焼きバーナーの除草以外の用途として、乾燥作業、解氷作業、芝焼き、害虫退治、畜舎の消毒、道路工事などにも活用することができます。冬場の雪を融かす作業にも、草焼きバーナーが使われる場合があります。

草焼きバーナーの選び方

燃料タイプで選ぶ

ピンポイントを手軽に焼けるカセットボンベ式

出典:Amazon

ガスボンベを取り付けて使用するタイプの草焼きバーナーです。市販のカセットボンベを燃料にするため、調達しやすく、ご家庭用にはこのタイプがおすすめです。庭の石やタイルに生えたコケ、狭い隙間から生えた雑草などをピンポイントで焼きたい場合などにぴったりです。灯油式に比べれば安全と言えますが、ガス漏れがないか、十分注意しながら使用しましょう。

火力が高く広範囲の使用にぴったりの灯油式

出典:Amazon

灯油を燃料として使う草焼きバーナーです。灯油式は火力が強いため、効率よく広範囲の草を焼くことができます。そのため、農園や山林などといった広範囲の除草に適しています。また、そのパワーを生かし、土壌の殺虫や殺菌・解氷作業などにもよく使われます。ただし、燃料を供給する際の引火や灯油漏れがないよう、細心の注意を払ってください。実際に灯油式の草焼きバーナーでの引火事故が報告されています。

プロパンガス式はプロ向け

出典:Amazon

プロパンガス式は、農作業などのプロの使用に向いた草焼きバーナーです。カセットボンベ式や、灯油式に比べて数が少なく、製品の種類も多くありません。効果が大きい一方で、プロパンボンベとバーナーをホースで繋げて使用するため、広範囲を移動しながらの使用にはあまり適しません。

火力をチェックする

バーナーの能力は発熱量(kcal/h)で表されます。カロリーが高いほど、素早く広範囲を焼くことができます。また、この発熱量はカセットボンベ式よりも灯油式の方が大きく、火力が高いです。

サイズや重さで選ぶ

出典:Amazon

小型かつ軽量の草焼きバーナーであれば、女性でも扱うことができ、家庭用に向いているでしょう。ピンポイントで狭い範囲を焼くのか、やや広めに焼きたいのかで、ハンディタイプか標準型などを選びます。火力が強い草焼きバーナーは重量があることも多いですが、効率よく焼くことができるため、使用時間が少なくて済むこともあります。サイズや重さだけでなく、火力や連続使用時間などを加味して、ベストな草焼きバーナーを選んでください。

連続使用時間もポイント

草焼きバーナーを選ぶ際のチェックポイントとして、どのくらいの時間、連続して使用できるかも重要です。連続使用時間は、バーナーのサイズや火力、どの燃料タイプかなどには関係がなく、製品ごとに異なります。

草焼きバーナーの使い方

草焼きバーナーを使用する際に気をつけるポイントと、カセットボンベ式・灯油式それぞれの草焼きバーナーの使い方をご紹介します。

カセットボンベ式の使い方

STEP1:カセットボンベをバーナーに取り付ける

火力調整ダイヤルが「閉」になっていることを確認し、バーナーの先を上に向けて、カセットボンベを取り付けます。このとき、異音がしたりガス臭が残る場合は、正常に取り付けられていない可能性高いので、もう一度やり直してください。

STEP2:点火する

火が自分に向かってこないよう、追い風になる向きで火を点けます。点火した際、生ガスが出ていないか確認してください。白い霧状の生ガスは、急激に燃え広がるため大変危険です。

灯油式の使い方

灯油式は、使用する前に灯油を入れ、予熱する必要があります。また、点火の際はマッチやライターを用意してください。

STEP1:タンクに灯油を入れる

各商品の説明書に記載されている規定量通りの灯油を入れてください。空気室を確保するため、満タンまで灯油を入れない製品が多いです。

STEP2:予熱の準備をする

ポンプを数回押し、圧力を加えます。燃料開閉レバーを開くと、ノズルから灯油が出ます。付属の注油プレートをノズルに差し込み、灯油を予熱材に染み込ませます。しっかりと灯油が染み込んだら、燃料開閉レバーを閉じます。

STEP3:予熱と点火を行う

マッチやライターで予熱材に火をつけます。炎が大きくなるまで予熱を行います(約3分)。徐々に火が弱くなってきたら、燃料開閉レバーをゆっくりと開き、高火力の青い炎が出るようにしてください。

STEP4:消火する

草を焼いて除草した後は、燃料開閉レバーを閉じて完全に消火させてください。およそ5分ほど待ち、確認をしてください。

草焼きバーナーを使う際の注意点

引火に注意する

火を使う以上、引火や火事の危険性を否定することはできません。風の弱い日を選び、周囲に火の気がないかをしっかり確認した上で、草焼きバーナーを使用します。使い終わった後は、焼き払った周囲に火が残っていないかをチェックします。昼間は特に、小さく残っている火を見逃して火事を招いてしまう恐れもあるため、周囲を良く確認してください。

周辺に配慮する

草焼きバーナーを使用している最中はゴーゴーと大きな音が立ち、燃焼の仕方によっては煙も立つため、近隣に住む方への配慮も必要です。

コストパフォーマンスを考えた使用を

除草の範囲があまりにも広かったり、大きな草を取り除きたい場合は、草刈り機や除草剤を使うよりもかえって費用や手間がかかってしまうこともあります。ご使用になりたいケースに応じて、どの除草方法が良いのか検討してくださいね。また、広範囲の除草にはパワーのある灯油式、ご自宅のお庭には小型のハンディタイプなど、用途に応じて草焼きバーナーの種類を選んでください。

草焼きバーナーのおすすめ10選

最安値1,813円(税込)

4.50(2件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

小型でハンディタイプの草焼きバーナーです。炎の範囲が狭く、ピンポイントで炎を当てて除草したい場合はもちろん、BBQの火起こし、害虫駆除にも活躍します。発熱量は2.4kW(2,100kcal/h)、連続使用時間は約1時間3分です。

最安値2,179円(税込)

3.95(52件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

本体が410gと比較的軽量な商品です。上記でご紹介したものよりも大きくて火力も強いですが、こちらの商品もファイヤープロテクターがついているため、焼きたいところをピンポイントで狙うことができます。本格的な家庭菜園をやっている方などにおすすめです。発熱量は4.9kW(4,200kcal/h)、連続使用時間は約80分です。

最安値5,012円(税込)

3.77(73件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

カセットボンベ式の草焼きバーナーですが、カセット式の手軽さはもちろん、灯油式にも劣らない火力まで兼ね備えています。発熱量は25.6kW(22,000kcal/h)で、連続使用時間は約10分です。ガーデニングを始め、乾燥、解氷、除草作業にぴったりです。

最安値6,953円(税込)

3.90(64件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

灯油式の草焼きバーナーです。プロの農作業など、広範囲をしっかりと焼きたい場合におすすめです。発熱量は19.8kW (17,000kcal/h)から70.9kW (61,000kcal/h)の超高火力まで選べます。70.9kW (61,000kcal/h)から54.7kW (47,000kcal/h)までの商品は、タンクが内装されているため、灯油式の中では比較的コンパクトなのが嬉しい点です。

最安値12,010円(税込)

3.00(2件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値22,232円(税込)

4.20(14件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値2,987円(税込)

3.00(2件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値12,510円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値16,400円(税込)

4.20(182件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

まとめ

草焼きバーナーは、適切にタイプ選びと使い方によって、除草を圧倒的に楽にしてくれます。ぜひこの機会に、ぴったりの草焼きバーナーを探してみてくださいね。

おすすめキーワード

紹介されているメーカー

おすすめ記事