自転車用チェーンオイルのおすすめ10選!汚れにくいドライタイプも
出典:Amazon.co.jp

自転車用チェーンオイルのおすすめ10選!汚れにくいドライタイプも

自転車用チェーンオイル(チェーンルブ)は、チェーンの回転をスムーズにしたり劣化を防いだりするための潤滑油です。クロスバイクやピストバイク、オフロードを走るMTBからママチャリなど、自転車の種類を問わずメンテナンスに使えます。ドライタイプやワックスタイプ、マルチユースタイプなどがあり、それぞれ適切な使用頻度が異なります。また、注油方法もスプレータイプとボトルタイプがあるので、使い勝手にあわせて選ぶことができます。今回は、チェーンオイルの選び方と、GOKISOやKURE、ワコーズ、AZ、フィニッシュラインなどのおすすめ商品、オイルの差し方(使い方、塗り方)を紹介します。

自転車用チェーンオイルとは

自転車用チェーンオイルとは

出典:Amazon.co.jp

自転車用チェーンオイルは、チェーンの回転を滑らかにする潤滑油のことで「チェーンルブ」とも呼ばれています。自転車が漕ぎやすくなるほか金属をコーティングする働きがあるので、摩耗によるキズや雨、泥によるさびを防げるのでチェーン自体の寿命を延ばせます。ママチャリなどの安価な自転車でも定期的にオイルを注油してメンテナンスすると、快適に乗り続けられるのでチェーンがさびる前に使うのがおすすめです。

自転車用チェーンオイルの選び方

オイルの種類で選ぶ

晴れの日に使う「ドライタイプ」

晴れの日に使う「ドライタイプ」

出典:Amazon.co.jp

ドライタイプは、粘度が低くサラサラしているのが特徴です。チェーンにほこりや汚れが付着しにくくメンテナンスしやすいので、初心者の方におすすめです。ただし、雨で流れ落ちやすいため、きれいに舗装された道路を晴れの日にしか走行しない方向きです。また、蒸発しやすい性質があるので頻繁に差す必要があることも覚えておきましょう。

雨や泥に強い「ウェットタイプ」

雨や泥に強い「ウェットタイプ」

出典:Amazon.co.jp

ウェットタイプは、粘度が高いためほこりが付きやすいのですが、雨や泥に強い特徴があります。そのため、通勤や通学などで雨の日にも自転車に乗る方や山道などの悪路を走る方におすすめです。さらに、蒸発しにくく耐久性も高いのでドライタイプのように頻繁にオイルを差す必要がないというメリットもあります。

汚れがつきにくい「ワックスタイプ」

汚れがつきにくい「ワックスタイプ」

出典:Amazon.co.jp

ワックスタイプは、他のオイルと比べて最も粘度が低く、汚れにくいのが特徴です。ロードレースに出る人などプロ向けのオイルですが、チェーンをきれいに保ちたい方にもおすすめです。ドライタイプと同様に雨や泥などの水分に弱く耐久性も低いので、頻繁に差し直しましょう。

小雨であれば対応できる「マルチユースタイプ」

小雨であれば対応できる「マルチユースタイプ」

出典:Amazon.co.jp

マルチユースタイプは、ドライタイプとウェットタイプの中間的なオイルです。大雨の日や悪路の走行には向きませんが、小雨程度であれば使えます。メンテナンスがしやすいドライタイプのようなオイルを求めているけれども、天候に左右されにくいものを探している方はマルチユースタイプがおすすめです。

成分で選ぶ

滑らかな走行に導くセラミック

セラミックは、摩擦を減らす性質がありチェーンの回転が滑らかになるのが特徴です。ただし、セラミックが含まれているチェーンオイルは価格が高くなります。

耐久性が高くなるPTEE・フッ素

PTEE・フッ素は、チェーンの腐食や傷つきを防ぐほか、オイル自体の耐久性が高くなるといった特徴があります。MTBで山道などのオフロードを走る方や注油の頻度を減らしたい方におすすめです。

注油方法で選ぶ

簡単に注油できるスプレータイプ

スプレータイプは、一気に注油できるので初心者の方でも簡単にメンテナンスできます。しかし、ピンポイントで使えないため、チェーンの内部に確実にオイルを浸透させたい方には不向きです。

ピンポイントで注油できるボトルタイプ

ボトルタイプは、ピンポイントでオイルを注油できます。チェーン1コマずつ丁寧に注油することができ、スプレータイプのように飛び散らないので汚れにくいのがメリットです。

粘度もチェック

自転車用チェーンオイルは種類によって粘度が低いものと高いものがあり、それぞれ性質が異なります。粘度が低いオイルは、サラサラとした質感で塗りやすいのが特徴です。チェーンの摩擦抵抗が少ないので軽く回し続けられます。一方、粘度が高いオイルは、塗り心地が重たい分しっかりとチェーンに付くのが特徴です。チェーンの摩擦抵抗が強いためある程度ウェイトがほしい方に向いています。粘度は、ママチャリユーザーの方はあまりこだわらなくても良いのですが、ロードバイクやクロスバイク、ピストバイクなどに乗っている方は考慮したうえで選んでみましょう。

【ドライタイプ】自転車用チェーンオイルのおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

参考価格1,180円

高性能オイルが摩擦抵抗を抑える

ドライタイプの自転車チェーン用潤滑剤です。抜群の浸透力により細部まで浸透し、摩擦による抵抗を軽減してスムーズな走りに導きます。さらに汚れや埃の付着を抑えてチェーンを摩耗から防いで潤滑を長持ちさせる効果もあります。水置換効果も高く、湿気や水分を除去する防錆効果も発揮します。日常的に長く自転車に乗る方の、愛車のお手入れにおすすめです。

高性能オイルが摩擦抵抗を抑える

ドライタイプの自転車チェーン用潤滑剤です。抜群の浸透力により細部まで浸透し、摩擦による抵抗を軽減してスムーズな走りに導きます。さらに汚れや埃の付着を抑えてチェーンを摩耗から防いで潤滑を長持ちさせる効果もあります。水置換効果も高く、湿気や水分を除去する防錆効果も発揮します。日常的に長く自転車に乗る方の、愛車のお手入れにおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

参考価格605円

ドライタイプでも効果が長時間続く

晴れの日専用の自転車用チェーンオイルです。土ホコリが舞いやすい道でもチェーンが汚れにくく効果も長持ちするので、通勤通学時や街乗りなどにおすすめです。また、粘度が低いドライタイプのため初心者の方でも手を汚さず簡単に注油できます。

ドライタイプでも効果が長時間続く

晴れの日専用の自転車用チェーンオイルです。土ホコリが舞いやすい道でもチェーンが汚れにくく効果も長持ちするので、通勤通学時や街乗りなどにおすすめです。また、粘度が低いドライタイプのため初心者の方でも手を汚さず簡単に注油できます。

出典:Amazon.co.jp

参考価格1,280円

オンロードでもオフロードでも幅広く使える

デュポン社の潤滑剤です。テフロン微粒子を配合した、業界初のドライタイプで、優れた浸透性と潤滑性を持ち、幅広い用途に使用できます。浸透性・耐久性も高く、高圧に耐え、水で洗い流されにくい全天候型の万能タイプでもあり、オンロード・オフロードを問いません。容量は120mlです。モータースポーツをされている方や、バイクが趣味の方などにおすすめです。

オンロードでもオフロードでも幅広く使える

デュポン社の潤滑剤です。テフロン微粒子を配合した、業界初のドライタイプで、優れた浸透性と潤滑性を持ち、幅広い用途に使用できます。浸透性・耐久性も高く、高圧に耐え、水で洗い流されにくい全天候型の万能タイプでもあり、オンロード・オフロードを問いません。容量は120mlです。モータースポーツをされている方や、バイクが趣味の方などにおすすめです。

【ウェットタイプ】自転車用チェーンオイルのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

参考価格1,699円

透明なのでカラーチェーンにも使える

ハーフウェットタイプのチェーン用防錆潤滑剤です。フッ素樹脂系固体潤滑剤を配合し、長期潤滑性・耐摩耗性・耐水性を持続します。スプロケットやピン・プレートの僅かな隙間にも強力に浸透。また、液が透明なので塗布後の美観にも影響がなく、カラーチェーンにも使用できます。 自転車やバイクをはじめ各種チェーンに求められる性能を、高次元で実現しておりおすすめです。

透明なのでカラーチェーンにも使える

ハーフウェットタイプのチェーン用防錆潤滑剤です。フッ素樹脂系固体潤滑剤を配合し、長期潤滑性・耐摩耗性・耐水性を持続します。スプロケットやピン・プレートの僅かな隙間にも強力に浸透。また、液が透明なので塗布後の美観にも影響がなく、カラーチェーンにも使用できます。 自転車やバイクをはじめ各種チェーンに求められる性能を、高次元で実現しておりおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

参考価格1,188円

雨の日にも対応!水置効果でサビの発生も防ぐ

セミウェットタイプのチェーンオイルです。耐水性に優れているのが特徴で、雨の日や悪条件化の走行、ロングライド、レースにも使えます。また、湿気などの水分を除去する水置換効果があるので、サビの発生も防いでくれるのも魅力です。スプレータイプですが、チェーンにオイルが付着しやすくなっているのでオイルの飛散も抑えられます。

雨の日にも対応!水置効果でサビの発生も防ぐ

セミウェットタイプのチェーンオイルです。耐水性に優れているのが特徴で、雨の日や悪条件化の走行、ロングライド、レースにも使えます。また、湿気などの水分を除去する水置換効果があるので、サビの発生も防いでくれるのも魅力です。スプレータイプですが、チェーンにオイルが付着しやすくなっているのでオイルの飛散も抑えられます。

出典:Amazon.co.jp

参考価格862円

ウェットタイプでもクリーンな使用感

自転車専用であることにこだわる世界でただひとつのケミカルブランド、フィニッシュラインのチェーンオイル60mlです。レースや長距離走で最後まで潤滑効果が落ちない最先端のセラミックウェットルーブで、ウェットタイプなのに驚くほどクリーンです。スムーズで静かな自転車の走行のためのメンテナンスにおすすめです。

ウェットタイプでもクリーンな使用感

自転車専用であることにこだわる世界でただひとつのケミカルブランド、フィニッシュラインのチェーンオイル60mlです。レースや長距離走で最後まで潤滑効果が落ちない最先端のセラミックウェットルーブで、ウェットタイプなのに驚くほどクリーンです。スムーズで静かな自転車の走行のためのメンテナンスにおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

参考価格1,545円

荒天時向けのプロ仕様の高品質オイル

シンルブは、ウェットタイプの高品質なチェーンオイルです。荒天時向けに作られており優れた耐水性を有しているのが特徴です。含有成分には粘着性のある合成添加物を採用しているのもポイントで、摩擦を減らしギアチェンジがスムーズに行えます。ロードバイクユーザーなどプロ仕様のチェーンオイルを探している方におすすめです。

荒天時向けのプロ仕様の高品質オイル

シンルブは、ウェットタイプの高品質なチェーンオイルです。荒天時向けに作られており優れた耐水性を有しているのが特徴です。含有成分には粘着性のある合成添加物を採用しているのもポイントで、摩擦を減らしギアチェンジがスムーズに行えます。ロードバイクユーザーなどプロ仕様のチェーンオイルを探している方におすすめです。

【ワックスタイプ】おすすめの自転車用チェーンオイル

出典:Amazon.co.jp

参考価格862円

潤滑性能の持続性が高くチェーンも汚れにくい

極小セラミック粒子を配合したワックスタイプのチェーンオイルです。注油するとチェーンの表面にセラミックコーティングが形成され、汚れがつきにくくなります。さらに、特許取得のセラミック技術により、従来のワックスタイプと比べて潤滑性能が持続しやすいのが特徴です。自転車をなるべく汚したくない方や週末などたまに街乗りする方におすすめです。

潤滑性能の持続性が高くチェーンも汚れにくい

極小セラミック粒子を配合したワックスタイプのチェーンオイルです。注油するとチェーンの表面にセラミックコーティングが形成され、汚れがつきにくくなります。さらに、特許取得のセラミック技術により、従来のワックスタイプと比べて潤滑性能が持続しやすいのが特徴です。自転車をなるべく汚したくない方や週末などたまに街乗りする方におすすめです。

【マルチユースタイプ】自転車用チェーンオイルのおすすめ2選

出典:Amazon.co.jp

参考価格605円

晴でも雨でも使える!クロスカントリーレースにも対応

長距離ラン向けのチェーンオイルです。特殊合成油エステルベースにPTFEを配合しているため、摩擦抵抗の少ない走りを可能にし、長距離でも快適な走り心地を体感できます。長距離走行やクロスカントリーレース、未舗装路の走行などに適したマルチパーパスタイプです。コンパクトなサイズなので持ち運びに便利で、出先でメンテナンスが必要な時に役立ちます。

晴でも雨でも使える!クロスカントリーレースにも対応

長距離ラン向けのチェーンオイルです。特殊合成油エステルベースにPTFEを配合しているため、摩擦抵抗の少ない走りを可能にし、長距離でも快適な走り心地を体感できます。長距離走行やクロスカントリーレース、未舗装路の走行などに適したマルチパーパスタイプです。コンパクトなサイズなので持ち運びに便利で、出先でメンテナンスが必要な時に役立ちます。

出典:Amazon.co.jp

参考価格1,800円

微粒子がベアリングのように作用して駆動抵抗を減らす

より軽い乗り心地や駆動周りの静寂さを求めている方におすすめのチェーンオイルです。オイルのなかに含まれている個体潤滑剤の微粒子が、チェーンとギアの間でベアリングの球のように働くことで摩擦抵抗を減らし滑らかな駆動に導きます。走行時はさることながら変速時も滑らかさを実感できます。

微粒子がベアリングのように作用して駆動抵抗を減らす

より軽い乗り心地や駆動周りの静寂さを求めている方におすすめのチェーンオイルです。オイルのなかに含まれている個体潤滑剤の微粒子が、チェーンとギアの間でベアリングの球のように働くことで摩擦抵抗を減らし滑らかな駆動に導きます。走行時はさることながら変速時も滑らかさを実感できます。

「KURE5-56」は自転車用チェーンオイルとして使える?

「KURE5-56」は自転車用チェーンオイルとして使える?

出典:Amazon.co.jp

金属のさび落としや潤滑油として定評のあるKUREの556は、自転車のチェーンにも使えると公式サイトで公表されています。しかし、556は自転車専用のチェーンオイルではなく、どちらかといえばチェーンのさび落としとして使う方が用途に合っています。そのため、しっかりとメンテナンスを行いたい方は自転車専用のチェーンオイルを使う方がおすすめです。

自転車用チェーンオイルの差し方

1. チェーンの汚れを洗浄する

オイルを注油する前に、クリーナーと布を使ってチェーンの汚れや古いオイルを必ず落としましょう。汚れがついたまま注油するとチェーンオイルが内部まで浸透しずらくなり、性能を十分に発揮できません。

2. チェーンオイルを差す

リキッドタイプは、注油口をリンク部分につけてチェーンをゆっくり回しながらオイルを1滴ずつ全てのリンクに垂らします。注油の際は、リンクの内部にしっかりと浸透させることが大切です。スプレータイプは、チェーンをゆっくり回しながらリンクの内部に1周吹き付けます。スプレーする際にオイルが余計な部分に吹きかからないように気をけましょう。

3. オイルを馴染ませる

注油が終わったら、クランクをゆっくりと回してギアの隅々までオイルを馴染ませます。その後、10〜30分ほど放置するとより馴染みます。

4. 余分なオイルを拭き取る

最後にチェーンの表面についた余分なオイルを布で拭き取ります。布でチェーンを握ったままゆっくりとクランクを回す落とし方が簡単でおすすめです。なお、拭き取りすぎてしまうと注油した意味がなくなってしまうので、オイルが垂れてこない程度を目安にしましょう。

自転車のメンテナンス用工具もチェック

自転車のメンテナンス用工具があれば、タイヤのパンクやチェーンが外れてしまったなどのトラブル時に自分で修理できます。万が一のときのために備えておくと安心です。

自転車用チェーンオイルのおすすめ商品比較表

商品

販売サイト

ポイント

チェーンルブドライ呉工業 チェーンルブドライ

高性能オイルが摩擦抵抗を抑える

クリーンエーゼット クリーン

ドライタイプでも効果が長時間続く

ドライ バイク ルブリカント 120mlフィニッシュライン ドライ バイク ルブリカント 120ml

オンロードでもオフロードでも幅広く使える

CHL チェーンルブ 潤滑剤単品ワコーズ CHL チェーンルブ 潤滑剤単品

透明なのでカラーチェーンにも使える

チェーンルブ セミウェット呉工業 チェーンルブ セミウェット

雨の日にも対応!水置効果でサビの発生も防ぐ

セラミック ウェット チェーン ルーブフィニッシュライン セラミック ウェット チェーン ルーブ

ウェットタイプでもクリーンな使用感

シンルブゼータトレーディング モーガンブルー シンルブ

荒天時向けのプロ仕様の高品質オイル

セラミック ワックス チェーン ルーブフィニッシュライン セラミック ワックス チェーン ルーブ

潤滑性能の持続性が高くチェーンも汚れにくい

チェーンルブ マルチパーパスエーゼット チェーンルブ マルチパーパス

晴でも雨でも使える!クロスカントリーレースにも対応

固体潤滑チェーンオイル近藤機械製作所 ゴキソ 固体潤滑チェーンオイル

微粒子がベアリングのように作用して駆動抵抗を減らす

  • 掲載している参考価格・スペック等の情報について、万全の保証はいたしかねます。詳細な商品情報については、購入前に各メーカーの公式サイト等でご確認ください。
  • 比較表内の空欄部分は調査中です。
スーパーSALE開催中!楽天市場でチェーンオイルを探す

※本記事に掲載している商品は、JANコードをもとに各ECサイトが提供するAPIを使用して価格表示やリンク生成をしております。各ECサイトにて価格変動がある場合や価格情報に誤りがある場合、本記事内の価格も同様の内容が表示されてしまうため、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーをご確認ください。

※記事内で紹介した商品を購入すると売上の一部がHEIMに還元されることがあります。

※本記事内の商品情報は、HEIM編集部の調査結果に基づいたものになります。

この記事の修正依頼を送る

人気記事

楽天スーパーSALE 2022年12月度
楽天スーパーSALE 2022年12月度