練り香水の基礎知識と選び方&おすすめ商品5選

外出時や気分転換に使う香水、お気に入りのものを持ち歩いている方も多いのではないでしょうか。液体の香水だと持ち歩きが大変でつけすぎてしまうこともありますが、練り香水ならその心配もありません!今回は練り香水の特徴、つけ方や活用法をご紹介します。ロクシタンやshiroなど人気でおすすめの商品にも注目してみてください。


練り香水とは

練り香水は、オイルやワックスに、通常の液体の香水と同様の香料を練りこんで固めたものです。ボトルや瓶に入った液体の香水はアルコールに香料を溶かしこんで作っていますが、練り香水はアルコールフリーで作られているので、製造法が全く異なります。また、練り香水は「ソリッドフレグランス」とも呼ばれています。

練り香水の種類と特徴

練り香水はクリームのような容器に入っているものと、スティックのものがあります。

穏やかな香りが長持ちする

香水は揮発とともに香りが立ちのぼります。揮発とは、常温で液体が気体になることです。液体の香水の元であるアルコールと、練り香水の元であるオイル・ワックスでは圧倒的に揮発性が違い、アルコールの方が揮発性が強いです。そのため、付けたての香りの強さは液体の香水の方が鮮やかですが、練り香水の方が控えめで柔らかい香りが長持ちします。また、香りが拡散する範囲が狭いので、電車などの公共の場所やオフィス、外出先でもさりげなく楽しめます。

肌に優しい

練り香水は主成分にアルコールを使っていないため、アルコールアレルギーで液体の香水が使えない方でも問題なく使えます。またミツロウやホホバオイルなど、スキンケアにも使用される天然成分を使用しているものが多いので、肌の弱い方にもおすすめです。

量が調節できる

液体の香水はスプレーでシュッと吹きかけるタイプのため、量の調節が難しく、ついついつけすぎてしまうことがあります。練り香水なら量の調節が簡単で自分で好きな量を好きなところにつけられるので、つけすぎの心配がありません。また、液状ではないので身体以外の香りづけにも使えます。

持ち歩きに便利

液体の香水と違い、こぼれる心配もなく携帯もラクチンです。かばんやポーチに忍ばせておけば、外出先で人目を気にせず簡単につけられるのも嬉しいポイントですよね。パッケージもかわいくてオシャレなものが多いので、持ち歩くと気分も上がります。

練り香水の使い方

香りをつける場所

練り香水は基本的にどこにつけても大丈夫です。体温によって香りが立つため、身体につけるときは一般の香水のように体温の高いところにつけましょう。具体的には手首やうなじ、耳の後ろや足首などの脈が触れるところがおすすめです。香りは下から上に登ってくるという性質があるので、ほんのり全体に香らせたいというときには足首につけるといいでしょう。

香りをつける量と頻度

1回につける量は指先で表面を軽くなでる程度です。香りがなくなったと感じたら重ね付けしましょう。持続させたい場合は2~3時間おきに塗りなおすと、優しく香り続けます。

塗る際の注意

練り香水を使用するときは汗に注意が必要です。手に汗をかいていたり、汗をかいている箇所につけると、香りと汗が混ざり不快な匂いになってしまうことがあります。

練り香水の活用法

髪につける

練り香水はミツロウやホホバオイルなどの髪にいい成分を含んでいるので、ワックスとしても使えます。髪の先につければ、髪をなびかせた時にふわっといい匂いが香ります。

本や雑誌につける

好きな本や雑誌に塗ると、ページからふわっと立ち上る香りにリラックスして気分転換になります。勉強のやる気にもつながるかもしれません。手紙を書いた時に、便せんや封筒の内側に少しつけると心のこもった演出にもなります。

ルームフレグランスとして使う

練り香水は置いておくだけで、周囲に柔らかい香りがもれます。引き出しにしまいこまずにお部屋や玄関に飾っておくと、ルームフレグランスとして香りを楽しめます。また、クローゼットにしまっておくと、お洋服にやわらかく香りが移るのでおすすめです。

練り香水の選び方

好きな香りで選ぶ

自分の好みの香りを選ぶといいでしょう。練り香水は直接肌に塗るものなので、試せる場合は直接肌に塗ってどんな香りになるか試してみるのがおすすめです。

パッケージやデザインで選ぶ

最近ではかわいいパッケージのものもたくさん売られています。オシャレでお気に入りのものを持ち歩くと、その日の気分も上がりますよね。

練り香水の主なメーカー

ロクシタン

フランス生まれの化粧品メーカーです。スキンケア、ハンドケアやフレグランスなどの商品ラインナップがあります。「シアバター」製品で有名です。

shiro

国産にこだわり、自然の素材をシンプルに配合したコスメブランドです。ストレスフリーな使い心地のスキンケアやコスメケア商品が人気です。

練り香水おすすめ商品5選

ロクシタン ローズソリッドパフューム

ロクシタン LOCCITANE ローズソリッドパフューム

1,047円(税込)

※価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

出典:jp.loccitane.com

バラがモチーフになったパッケージで、女性らしさを演出してくれます。飽きがこない香りで、オールシーズン使える商品です。

shiro サボン 練り香水

shiro shiro サボン 練り香水

2,200円(税込)

※価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

出典:shiro-shiro.jp

口コミから人気が出た注目の練り香水です。シンプルでおしゃれなパッケージ、清潔で透明感のある自然な香りが人気です

舞妓さんの練り香水「うさぎ饅頭」金木犀

和菓子をイメージさせるかわいいうさぎのパッケージは、京都土産としても人気です。中でも金木犀の香りが評判が良く、優しい匂いなのでお出かけにもぴったりです。

Vasilisa(ヴァシリーサ)フィオナ

ヴァシリーサ Vasilisa パフュームスティック フィオナ(ユニコーン) ねり香水 5g

1,540円(税込)

※価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

出典:www.fits-japan.com

モデルのローラがプロデュースした香水ブランドです。スティックタイプなので、持ち歩きにも便利です。見た目が華やかなので、プレゼントにも喜ばれるでしょう。フィオナは甘酸っぱいチェリーとほんのり甘いマシュマロが香るロマンティックな香りです。

無印良品 練り香水 ラベンダー&ハーブの香り

無印良品 MUJI 練り香水・ラベンダー&ハーブの香り

595円(税込)

※価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

出典:www.muji.net

リップスティック型です。天然香料のエッセンシャルオイルを使用しているので身体にも優しいです。香りは全部で4種類あり、中でもラベンダーはハーブ系の穏やかな香りが特徴です。就寝時にもおすすめです。

まとめ

練り香水には、液体の香水とは違った良さや活用法があります。香水を選ぶ際は、是非練り香水も候補に入れてみてください。

おすすめ記事