真空管アンプのおすすめ9選!ヘッドホンに使える安い商品も紹介

真空管アンプのおすすめ9選!ヘッドホンに使える安い商品も紹介

柔らかくて奥深い音が魅力の真空管アンプは、オーディオ愛好家に根強く支持されています。オーディオ用アンプはもちろん、ギターアンプやヘッドホンアンプなども人気です。トライオードやラックスマンなどの日本のメーカーはもちろん、価格の安い中華製も販売されています。中古品はスペックに応じて激安で出回っていることもあるので、一度チェックしてみてください。今回は、真空管アンプの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

より本格的な音を楽しみたい

より本格的な音を楽しみたい

音楽をより楽しむために、上質な音が聴けるオーディオ周辺機器を揃えたいと考えている方は多いのではないでしょうか。今回ご紹介する真空管アンプは、柔らかで滑らかな音を出し、表現の豊かさが感じられるのが特徴です。その理由のひとつには、真空管アンプが音を出す際に歪みが出にくいことがあげられます。現在は低コストで扱いやすいトランジスタアンプが主流ですが、音質を追及しているうちに真空管アンプにたどり着くという方も少なくありません。デジタル化が進んでいるからこそ、選択肢を広げてみると新発見につながる可能性が高いです。ぜひ一度、耳で確かめてみてください。

真空管アンプの特徴

柔らかい音を楽しめる

柔らかい音を楽しめる真空管アンプは、音を的確に再現することよりも聴感上の音楽性に長けているのが特徴です。楽器の調和や音色の豊かさなど、総合的に奥深い音を楽しむことができます。一方現在の主流であるトランジスタアンプは、低域から高域までの再現力が優れています。また、扱いやすくて安価ということもあり、使用している方が多いです。真空管アンプは比較的高価ですが、音へのこだわりが強い方やメンテナンスをしながら使い続けたい方に選ばれる傾向があります。

見た目がレトロでおしゃれ

見た目がレトロでおしゃれ

真空管アンプといえば、真空管ならではのレトロでどこか懐かしいデザインが魅力のひとつです。ガラス管が光る様子は心をほっとさせ、見た目からも癒しの時間を与えてくれます。外観も温かみや高級感があるデザインが多いので、インテリアとしても存在感を発揮してくれるでしょう。

真空管には寿命がある

真空管には寿命があり、個体差があるものの一般的には約5,000時間と言われています。内部の真空度が低下したり、真空管内部のヒーターが切れてしまうことが主な原因です。しかし、寿命がきても真空管を交換することで再度使うことができます。高スペックな製品だと、真空管の動作電圧や放熱構造を改良して長寿命設計になっているものもあります。

真空管アンプの選び方

アンプの形式で選ぶ

「プリメインアンプ」が主流

「プリメインアンプ」が主流

出典:Amazon.co.jp

プリメインアンプとは、プリアンプとパワーアンプの機能をひとつにまとめたものです。パワーアンプならではの音質の良さがありながらコストを抑えているのが特徴で、現在の主流となっています。また、プリアンプ部分とパワーアンプ部分を単独でも使用できるセパレートタイプも存在します。一体型のプリメインアンプだと手軽さがあり、セパレートタイプだと双方の機能を最大限に引き出せるのがメリットです。

「プリアンプ」 なら小型で安価なものも

「プリアンプ」 なら小型で安価なものも

出典:Amazon.co.jp

プリアンプは、出力の高さが選ばれる理由のひとつで、手頃な価格で商品を手に入れることができます。プリメインアンプの出力が物足りない場合、費用を抑えながら求めるアンプが手に入るかもしれません。真空管アンプは出力の小ささがネックになることがあるので、参考にしてみてください。

知識がある方向けの「パワーアンプ」

パワーアンプを使いこなすには、オーディオに関する知識が必要です。比較的高価なこともあり、アンプ初心者の方にはハードルが高いでしょう。どちらかというと経験値が高く、ハイクオリティな再生を求める上級者の方に適しています。

真空管の種類について

現在の主流「MT管」

ミニチュア管とも呼ばれるMT管は、現在の主流であり3種類の中では最も新しいタイプとなります。ピンの数には7ピンと9ピンがあり、頭に角のような突起があるのが特徴です。

発熱の大きい整流管に使われる「GT管」

GT管はMT管よりもサイズが大きく、大出力を必要とする場合に使われています。ピンの数は8ピンのみとなっており、ソケットも1種類です。MT管では対応しきれない大きな電流が流れる整流管などで使用されています。

大型のアンプ向け「ST管」

オーディオマニアに人気なのがST管です。大型のアンプに採用されていることが多く、3つの中では最も古いタイプとなります。丸っこくて大きいガラス管のシルエットが好みという方が多く、ピンの数は4ピン5ピン6ピン7ピンの4種類あります。

設置場所やサイズで選ぶ

設置場所やサイズで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

真空管アンプのサイズは、商品によって様々です。ガラス管の良さを活かしたデザインが多く、インテリアとしても人気があります。そんな真空管アンプは、ガラスを用いているので、取り扱いには注意が必要です。安定感のある場所に設置することはもちろん、子どもの手が届かない場所に置くようにしましょう。コンパクトなタイプを選んでおくと、部屋の模様替えにも対応しやすくておすすめです。また、安全性の観点から注意したいのは、真空管アンプの発熱量の大きさです。熱がこもらないように、四方に通気を確保することをおすすめします。

回路の種類を知ろう

ストレートな音質が届く「シングルアンプ」 

シングルアンプは、真空管が2本並んでいるのが特徴です。1本の真空管で音を鳴らす回路になっており、歪みの少ない増幅を行うことができます。どちらかというとストレートな表現になりやすく、音質が良いという意見が多いです。

出力が大きい「プッシュプルアンプ」

プルプッシュアンプは、真空管が4本並んでいるのが特徴です。2本で一組という出力回路を構成しており、結果的にシングルアンプよりも出力が2倍ということになります。周波数帯域が広く、出力も大きいので音に厚みが出やすいです。

出力の大きさで選ぶ

真空管アンプは、もともと出力がそれほど高くありません。しかし、それこそが真空管アンプの柔らかい音につながっているとも言えます。大音量で聞かない場合は出力が小さいアンプでも問題ありませんが、スピーカーから距離がありつつ音量も上げたい場合は、出力が10w以上を目安に選ぶことをおすめします。

真空管アンプの主なメーカー

高品質を求めやすい価格で提供「トライオード」 

埼玉県に本社を置く株式会社トライオードは、音響製品を扱うメーカーです。トランジスタアンプが主流になりつつある今もなお、高品質で手頃な真空管アンプを生産・販売しています。アフターサービス対応も充実しているなど、信頼度の高さも魅力です。

1925年創業の老舗ブランド「ラックスマン」

ラックスマン株式会社は、神奈川県に本社を置く音響機器メーカーです。これまで数多くの真空管アンプをリリースしており、今もなお新世代の真空管アンプを販売しています。プリメインアンプやパワーアンプ、コントロールアンプなど好みに合わせて選ぶことが可能です。

真空管アンプのおすすめ9選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

オシャレなデザイン感覚で設計された小型真空管アンプです。小型でありながら純A級3W+3Wを出力し、非常にコストパーフォーマンスに優れています。ヘッドフォン回路ももちろんICではなく6BQ5真空管から出力されます。ヘッドフォン端子は6.3mmタイプを装備し充分な音楽クォリティーを持ち音楽をより楽しくさせます。音質だけでなくデザイン性・インテリア性にも高い価値のある真空管アンプです。

この商品の特徴

オシャレなデザイン感覚で設計された小型真空管アンプです。小型でありながら純A級3W+3Wを出力し、非常にコストパーフォーマンスに優れています。ヘッドフォン回路ももちろんICではなく6BQ5真空管から出力されます。ヘッドフォン端子は6.3mmタイプを装備し充分な音楽クォリティーを持ち音楽をより楽しくさせます。音質だけでなくデザイン性・インテリア性にも高い価値のある真空管アンプです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

初段、位相反転、ドライブ段、出力段からなる4段増幅構成で柔らかく耳障りの良い音質を実現した真空管ステレオプリメインアンプです。漏洩磁気が低く、効率が高いラップ積み電源トランス採用によりダイナミックレンジが広い大きな音声信号にも充分なエネルギー供給を可能にして、微細な音声も綺麗に再生します。鏡面ピアノ塗装仕上げの外装と最大10mm厚のアルミパネルのヘアライン仕上げによる重厚感あふれるデザインです。

この商品の特徴

初段、位相反転、ドライブ段、出力段からなる4段増幅構成で柔らかく耳障りの良い音質を実現した真空管ステレオプリメインアンプです。漏洩磁気が低く、効率が高いラップ積み電源トランス採用によりダイナミックレンジが広い大きな音声信号にも充分なエネルギー供給を可能にして、微細な音声も綺麗に再生します。鏡面ピアノ塗装仕上げの外装と最大10mm厚のアルミパネルのヘアライン仕上げによる重厚感あふれるデザインです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

さまざまな音響製品を製造・販売している「トライオード」の真空管アンプです。小型アンプながらも、力強いドライブを実現した高品質なアンプです。リモートコントロール機能、MMフォノイコライザー機能が搭載されています。低音域から高音域まで、非常にバランスの良い再生を堪能することができます。全体的なデザインも魅力的であり、インテリアとしても活用できる商品です。

この商品の特徴

さまざまな音響製品を製造・販売している「トライオード」の真空管アンプです。小型アンプながらも、力強いドライブを実現した高品質なアンプです。リモートコントロール機能、MMフォノイコライザー機能が搭載されています。低音域から高音域まで、非常にバランスの良い再生を堪能することができます。全体的なデザインも魅力的であり、インテリアとしても活用できる商品です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

オール真空管構成のプリメインアンプです。オリジナル設計の大型出力トランスを搭載し、ミニサイズでありながら本格的な真空管サウンドを再現しました。後部に金メッキタイプのRCA入力端子、バナナプラグ対応の本格的スピーカー端子を装備しました。高級感を演出する、W200×H168×D260mmのシンプル且つコンパクトなデザインも魅力です。音楽鑑賞の音質にこだわりのある方におすすめです。

この商品の特徴

オール真空管構成のプリメインアンプです。オリジナル設計の大型出力トランスを搭載し、ミニサイズでありながら本格的な真空管サウンドを再現しました。後部に金メッキタイプのRCA入力端子、バナナプラグ対応の本格的スピーカー端子を装備しました。高級感を演出する、W200×H168×D260mmのシンプル且つコンパクトなデザインも魅力です。音楽鑑賞の音質にこだわりのある方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

真空管のプリアンプです。真空管は軍用管を採用しています。価格はリーズナブルですが、はっきりと音色の違いを感じられると評判です。昔ながらの真空管プリアンプですが、どちらかというと響きは現代的という口コミもあります。購入しやすい値段でもあるので、プリアンプでの音質の変化を試したい方や家庭用の真空管アンプの入門機としておすすめです。

この商品の特徴

真空管のプリアンプです。真空管は軍用管を採用しています。価格はリーズナブルですが、はっきりと音色の違いを感じられると評判です。昔ながらの真空管プリアンプですが、どちらかというと響きは現代的という口コミもあります。購入しやすい値段でもあるので、プリアンプでの音質の変化を試したい方や家庭用の真空管アンプの入門機としておすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ハムノイズを極限まで抑え、伸びやかでクリアなサウンドを実現した真空管アンプです。わずらわしい配線もなく、初めて真空管アンプを組み立てる人にも安心して組み立てらえれます。マイコンを搭載しているので、ヒーター電源のソフトスタートの後、整流管のようにB電源を遅延+ソフトスタートという、真空管に優しいシーケンスを実現しています。また、異常監視も行なって安全性の確保もしています。コンパクトな筐体に初心者も楽しめるこだわりの回路と機能を凝縮しています。

この商品の特徴

ハムノイズを極限まで抑え、伸びやかでクリアなサウンドを実現した真空管アンプです。わずらわしい配線もなく、初めて真空管アンプを組み立てる人にも安心して組み立てらえれます。マイコンを搭載しているので、ヒーター電源のソフトスタートの後、整流管のようにB電源を遅延+ソフトスタートという、真空管に優しいシーケンスを実現しています。また、異常監視も行なって安全性の確保もしています。コンパクトな筐体に初心者も楽しめるこだわりの回路と機能を凝縮しています。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ミニサイズの真空管ヘッドフォンアンプです。CNC アルミニウムを使用して作られ、高い耐傷性を備えています。また、ヘッドフォンと耳を大きな音から守るための低グランドノイズ機能を持ち、アンプの電源を入れた時に大きな音がするのを防ぎます。デュアル 5532チップ回路コアにより、暖かみのある高品質な音を提供します。省スペースで真空管のアンプを使いたい方におすすめです。

この商品の特徴

ミニサイズの真空管ヘッドフォンアンプです。CNC アルミニウムを使用して作られ、高い耐傷性を備えています。また、ヘッドフォンと耳を大きな音から守るための低グランドノイズ機能を持ち、アンプの電源を入れた時に大きな音がするのを防ぎます。デュアル 5532チップ回路コアにより、暖かみのある高品質な音を提供します。省スペースで真空管のアンプを使いたい方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

Bluetooth対応の多機能型真空管アンプです。背面にモードスイッチがあり、BluetoothまたはAUX入力に切り替えられます。もちろんケーブルでの接続も可能です。人間工学に基づいて作られたアンプは100Wの高音質ステレオサウンドを実現し、オーディオ機器やパソコンだけでなく、スマホなどにも使えます。過熱保護により寿命も長く、持ち運びも簡単です。気軽に真空管アンプを楽しみたい方におすすめです。

この商品の特徴

Bluetooth対応の多機能型真空管アンプです。背面にモードスイッチがあり、BluetoothまたはAUX入力に切り替えられます。もちろんケーブルでの接続も可能です。人間工学に基づいて作られたアンプは100Wの高音質ステレオサウンドを実現し、オーディオ機器やパソコンだけでなく、スマホなどにも使えます。過熱保護により寿命も長く、持ち運びも簡単です。気軽に真空管アンプを楽しみたい方におすすめです。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー