ハンディスキャナーのおすすめ4選&選び方【自炊が捗る】

ハンディスキャナーのおすすめ4選&選び方【自炊が捗る】

「ハンディスキャナ」は、文章などを手軽にデータ化できるアイテムです。据え置きと比較して、持ち運びができるため使い勝手が良く、ビジネスマンや趣味を充実させたい方から人気を集めています。今回は、ハンディスキャナの種類や特徴、スキャン対象を壊すことなくデータ化できる「非破壊」での自炊など、充実した機能が搭載されたスキャナの選び方をご紹介します。また、人気メーカー「サンワダイレクト」などのおすすめ商品も取り上げています。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

ハンディスキャナーとは

ハンディスキャナーとは

出典:Amazon.co.jp

ハンディスキャナーは、手で持つタイプのスキャナーで、読み取り対象にかざしたりすべらせたりすることで画像や文字列をデータ化してくれるアイテムです。据え置き型のフラットベッドスキャナーと比較して、厚い本などの形状が不安定な物体を読み取ることに向いています。身近なものだとバーコードリーダーや電子辞書のペン型入力装置などがあります。外出先でコピー機がないときや、ひとつの書籍の中に取り込みたいデータが豊富にあるものをスキャンするときなどにおすすめです。

ハンディスキャナーの種類と特徴

書類・名刺用ハンディスキャナー

名刺や書類など紙媒体の上を、すべらせるように動かすことでスキャンしてくれます。ビジネスシーンではもちろん、趣味で使用する書籍や写真なども手軽にデータ化できます。出先でちょっとした資料を作りたいときなどにおすすめです。

バーコード用ハンディスキャナー

バーコードに記録された情報を、データとして取り込むハンディスキャナーです。身近なものでいうと、スーパーマーケットのレジの横に備え付けられている読み取り機械が挙げられます。キーボードから手入力する際の省略化、誤入力防止などの役割を果たしてくれます。

ハンディスキャナーを選ぶポイント

用紙サイズに対応したものを選ぶ

用紙サイズに対応したものを選ぶ

ハンディスキャナーは、ビジネスシーンにおいてよく使うA3・A4サイズの紙文書に対応してくれるものとそうでないものに分かれています。あらゆるサイズに対応してくれる商品もあるので購入時に比較してみましょう。

必要な機能がついているかチェックする

歪み補正機能

ハンディスキャナーは、水平な書類などをスキャンするとちょっとした手ブレなどで文字や図が歪んでしまうことがあります。文字列の歪み補正機能が搭載されたハンディスキャナーを選ぶことで、これが解消されます。

Wi-Fi・無線機能

Wi-Fi機能が搭載されているハンディスキャナーは、より一層使い勝手が良く人気もあります。Wi-Fi機能があることでパソコンやスマートフォンとも簡単に連動することができ、外出先でデータを移行させたり読み込めます。ハンディスキャナーを操作するスマートフォンのアプリの有無などをチェックする必要もあります。

チェック機能

ハンディスキャナーの中には、スキャンした文字列や画像データをその場でチェックできるものがあります。特に画像データは5倍などに拡大できる機能が搭載されているスキャナーもあるため、より詳細に画像を確認することができます。確認した画像をスマホやパソコン上でトリミングしたりペンで編集する機能が付いているものもあります。

非破壊で自炊できるものもある

一般的に書籍などの情報をスキャンしてデータ化することを「自炊」と言いますが、分厚い書籍などをそのままスキャンする(非破壊)ハンディスキャナーを選ぶことによって、書籍をスキャン後も壊したり切ったりすることなくそのまま保存することができます。

ハンディスキャナーの使い方

ハンディスキャナーの使い方

出典:Amazon.co.jp

一般的なハンディスキャナーの使い方を説明します。メーカーや製品によって使い方は異なるので、実際に使用する前には説明書をよく読んでください。

STEP1:接続する

スキャナー本体に付属しているUSBケーブルとパソコンを繋ぎます。Wi-Fi対応のスキャナーはパソコンやスマートフォン上で接続を確認します。

STEP2:ピントを合わせる

スキャンしたい対象物とスキャナーを近付け、被写体となるものの基準値を決めます。

STEP3:読み取る

パソコンやスマートフォン上でプレビューを確認しながら、読み取られるのを待ちます。これで完了です。

ハンディスキャナーのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値6,760円(税込)

この商品の特徴

スキャンしたデータを様々な形式で保存しておけるハンディスキャナです。データ転送後、形式は「JPEG」か「PDF」、解像度は900dpi、600dpi、300dpiから選択することができます。一般的なハンディスキャナよりも価格が安く、細長くコンパクトなつくりなので持ち運ぶ際にも邪魔になりません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

スキャンしたデータを様々な形式で保存しておけるハンディスキャナです。データ転送後、形式は「JPEG」か「PDF」、解像度は900dpi、600dpi、300dpiから選択することができます。一般的なハンディスキャナよりも価格が安く、細長くコンパクトなつくりなので持ち運ぶ際にも邪魔になりません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値7,980円(税込)

この商品の特徴

雑誌や書籍などの情報をスキャンしデータ化、そのままパソコンやスマートフォンに送ることができるワイヤレスのハンディスキャナです。専用のアプリ「Direct Scan」にてスキャンしたデータをトリミングしたり蛍光ペンで書き込んだりなどの作業をすることができます。価格は少し高めですが、高い機能が搭載されているためビジネスシーンで幅広く使いたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

雑誌や書籍などの情報をスキャンしデータ化、そのままパソコンやスマートフォンに送ることができるワイヤレスのハンディスキャナです。専用のアプリ「Direct Scan」にてスキャンしたデータをトリミングしたり蛍光ペンで書き込んだりなどの作業をすることができます。価格は少し高めですが、高い機能が搭載されているためビジネスシーンで幅広く使いたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値4,680円(税込)

この商品の特徴

パソコンと一緒に持ち歩きたい方におすすめの、マウス型のハンディスキャナです。価格は一般的なハンディスキャナと同程度です。普段はマウスとして使用でき、書類などをスキャンしたいときにはスキャナに早変わりします。場所も取らずに気軽に持ち運ぶことができます。通常のスキャナより解像度は低めですが、マウスでなぞった部分がそのままスキャンされるため操作も簡単です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

パソコンと一緒に持ち歩きたい方におすすめの、マウス型のハンディスキャナです。価格は一般的なハンディスキャナと同程度です。普段はマウスとして使用でき、書類などをスキャンしたいときにはスキャナに早変わりします。場所も取らずに気軽に持ち運ぶことができます。通常のスキャナより解像度は低めですが、マウスでなぞった部分がそのままスキャンされるため操作も簡単です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値11,800円(税込)

この商品の特徴

非破壊で自炊をしたいときにおすすめなのがこちらのハンディスキャナです。分厚い書籍をスキャンするときも本を切ったりなどをする必要がありません。価格は少し高めですが、溜まった書類や写真を自動でスキャンするシートフィード機能、スキャンしたデータをWordなどの形式で直接書き込むことができるOCRダイレクト機能などが搭載されています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

非破壊で自炊をしたいときにおすすめなのがこちらのハンディスキャナです。分厚い書籍をスキャンするときも本を切ったりなどをする必要がありません。価格は少し高めですが、溜まった書類や写真を自動でスキャンするシートフィード機能、スキャンしたデータをWordなどの形式で直接書き込むことができるOCRダイレクト機能などが搭載されています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー