名刺スキャナーのおすすめ3選&選び方【大量の名刺もスッキリ】

名刺スキャナーのおすすめ3選&選び方【大量の名刺もスッキリ】

名刺フォルダーで名刺を管理していると、整理が面倒だったり、どのファイルに収納しているかを探すのが大変だったりしますよね。相手の好みや話した内容をメモに記して保管しようとすると、ファイルの中身も増えてしまいがちです。名刺スキャナーで名刺に書かれた情報を手早くデジタル化できれば、管理だけでなく、探す際も手間がかかりません。今回は名刺スキャナーの基礎知識と選び方、おすすめの商品をご紹介します。OCR機能付きで文字データとして保存できる便利なスキャナや、一度に大量の名刺を連続でスキャンができる商品などもあります。

名刺スキャナーの種類と特徴

名刺スキャナーはその名の通り、名刺をスキャンしてデジタルデータとして保存する際に使うスキャナーです。名刺スキャナーでは名刺のデータを、JPGファイルのような画像タイプのファイルや、PDFファイルのようにドキュメントタイプのファイルとして保存することができます。

シートフィードスキャナー

シートフィードスキャナーは、自動送り機能が付いたタイプのスキャナーです。数枚から数十枚の名刺を、一度にまとめてスキャンすることができます。ハンディタイプのものもあり、持ち運びできるものも多いのが特徴です。

フラットベッドスキャナー

家庭用のプリンターのように、名刺をガラス台に乗せて、下から読み取り装置でスキャンしていくタイプのものです。1枚ずつしかスキャンできませんが、薄い紙を使った名刺や、形状が特徴的なタイプの名刺でもスキャンできるというメリットがあります。

名刺スキャナーは必要なのか

名刺管理用のスマホアプリが出たことで、名刺スキャナーが無くても、スマホアプリで十分だという方もいますよね。スマホアプリの場合、スマホのカメラで読み込んでデータを管理することができるため、とても便利です。有料のアプリでも、名刺スキャナーを買うよりも安価なので購入しやすいです。しかし、スマホでの名刺管理には注意しなければならない点があります。

仕事で支給されているスマホだと公私混同することはありませんが、プライベートで利用しているスマホを使って仕事で知り得た情報を管理するのは、危険な場合があります。うっかりスマホを紛失してしまった場合、取引先の情報を紛失したことになるので、勤め先や取引先から問題視されてしまうことも考えられます。信頼を失う結果を招いてしまうため、個人のスマホで仕事の取引先相手の連絡先を管理することはとてもリスキーです。名刺スキャナーを利用し、職場のパソコンで管理した方がいいでしょう。

名刺スキャナーの選び方

一度にスキャンできる枚数・時間

多くの取引先と名刺交換する機会がある場合は、一度に大量の名刺をスキャンできれば時短になります。同僚や家族とスキャナーを共有したい場合も、次に使う相手が待たなくていいように、まとめて短時間でできるスキャナーを選んだ方がいいでしょう。

また、名刺1枚を読み取る時間がどれくらいなのかについても、チェックしておくべきです。1枚1枚にかかる時間が短いものの方が使い勝手がいいです。

持ち運びできるかどうか

職場でもオフィス内でスキャンできる場所が固定されていると、たまった大量の名刺をその場所まで持っていく必要があります。外出先で名刺を取り込みたい場合も、持ち運びできるものを選ぶといいでしょう。

電源の種類

ACアダプタでコンセントから電源を取るタイプ、USBから電源を取るタイプ、電池で電源を取るタイプなどがあります。自分の使用環境に合ったものを選んでみてください。

専用ソフトの有無

スキャンした名刺のデータの編集や管理をする際に、専用ソフトがあるかどうかもチェックしてみましょう。専用ソフトがあると、名刺を効率的に探せるなどのメリットがあります。

OCR機能の有無

OCR機能とは、読み込んだデータを文字情報として記録する機能です。名刺に書かれた名前や会社名、住所などで、検索をする際にスムーズに調べられるというメリットがあります。また年賀状などを作成する際にも、簡単に情報をコピーして貼り付けることができるので、大変便利です。

名刺スキャナーの主なメーカー

キングジム(KINGJIM)

主にオフィスや家庭用の文具を製造・販売するメーカーです。テプラで知られています。キングファイルシリーズも、強度があって利便性も高いと評判です。

PFU

富士通の子会社であるPFUは、石川県にあるメーカーです。スキャナの生産・シェア率は世界トップクラスです。富士通が販売しているPFUの「ScanSnap」シリーズは、高性能で使い勝手のいい製品として有名です。

サンワサプライ

サンワサプライはPC周辺機器・オフィス用品を扱う、岡山県にあるメーカーです。「サンワダイレクト」という、オフィス商品を扱う通販サイトを運営しています。PC周辺機器の種類展開は多岐にわたります。

名刺スキャナーのおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値14,952円(税込)

この商品の特徴

名刺をもらったその場ですぐに登録できる名刺スキャナーです。会社名や氏名、登録日など計6種類の検索方法で、スムーズに目当ての名刺を探すことができます。最大でおよそ7,000枚を保存でき、パソコンにもデータを保管できるので、効率的に管理できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

名刺をもらったその場ですぐに登録できる名刺スキャナーです。会社名や氏名、登録日など計6種類の検索方法で、スムーズに目当ての名刺を探すことができます。最大でおよそ7,000枚を保存でき、パソコンにもデータを保管できるので、効率的に管理できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値16,800円(税込)

この商品の特徴

対応言語が22言語と豊富なので、海外の方と名刺交換をする機会が多い場合に便利な、名刺スキャナーです。本体は10×10cmでとてもコンパクトです。データ転送・電源供給用のUSBケーブルは本体に収納できるので、持ち運びの際にも邪魔になりません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

対応言語が22言語と豊富なので、海外の方と名刺交換をする機会が多い場合に便利な、名刺スキャナーです。本体は10×10cmでとてもコンパクトです。データ転送・電源供給用のUSBケーブルは本体に収納できるので、持ち運びの際にも邪魔になりません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値57,200円(税込)

この商品の特徴

名刺だけでなく、書類や領収書を短時間で大量にスキャンしたい方におすすめのスキャナーです。名刺スキャンの場合は、1分間に80枚程度を読み取ることができます。A4原稿も1度に50枚をスキャンできるので、作業時間を大幅に短くすることが可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

名刺だけでなく、書類や領収書を短時間で大量にスキャンしたい方におすすめのスキャナーです。名刺スキャンの場合は、1分間に80枚程度を読み取ることができます。A4原稿も1度に50枚をスキャンできるので、作業時間を大幅に短くすることが可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー