バイク用インカムのおすすめ8選【2019年版】

バイク用インカムのおすすめ8選【2019年版】

ツーリング中に会話を楽しむには、バイク用インカムが必須です。スマホとのBluetooth接続や、音楽再生と通話が同時にできる製品、FMラジオ機能、防水機能、6人同時通話など、様々な種類が販売されていて、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、バイク用インカムの使い方や、2019年おすすめの商品を紹介します。人気ブランドのSENA、カルド、デイトナを始め、ビーコムや2台セット、安い製品もあります。

ツーリング中に仲間と話したい

ツーリング中に仲間と話したい

仲間やパートナーとのツーリングは楽しいものですが、ツーリング中に会話ができれば、楽しみはもっとひろがります。それを可能にするのがバイク用インカムです。これまで、信号待ちにシールドを上げて大声で会話していた方も、バイク用インカムさえあれば、走行中に気軽に会話をすることができます。今回は、バイク用インカムでできることや、使用目的にあわせた選び方、通販で購入できるおすすめのバイク用インカムを紹介します。

バイク用インカムとは

バイク用インカムとは

出典:Amazon.co.jp

バイク用インカムとは、走行中に仲間と会話をするためのアイテムです。仲間と一緒にツーリングを楽しんでいても、会話は目的地や休憩場所についてからしかできません。バイク用インカムさえあれば、走行中に気軽に会話を楽しむことができます。インカムのスペックにもよりますが、1対1の会話だけではなく、4名や6名が同時に会話できるものもあります。

バイク用インカムでできること

まず、バイク用インカムがあれば、ツーリング仲間との会話が可能です。その他にも、音楽を聴きながら走行することや、スマホでの通話、ラジオを聴く、ナビの音声を聞くことができるなどの機能があります。製品によっては、音楽を聴きながら会話ができたり、音楽やナビの音声をインカム通話を通じて、グループで共有できる製品もあります。仲間との通話のためだけの製品ではないので、ソロツーリングでもあると便利なアイテムです。

バイク用インカムの選び方

可能であればメーカーを揃える

ツーリング仲間で同時にインカムを購入するのなら、できるだけメーカーを揃えることをおすすめします。バイク用インカムは、基本的には同じメーカー同士で接続することを前提として、チューニングされています。同じメーカー同士であれば、ペアリングも簡単にでき、複数人数での同時通話が可能です。もし異なるメーカーを使用したいのなら、他社のインカムと接続可能な「ユニバーサルインターコム機能」がおすすめです。ただし、同じメーカー同士の接続と比べると、接続方法が複雑であったり、切断や遅延が起こったりすることもあります。

同時通話人数で選ぶ

毎回同じグループでツーリングに行くのなら、同時通話人数も確認しておきましょう。製品によっては、「最大6名まで同時通話可能」と記載されていても、6名とのペアリングが可能なだけで、通話自体は1対1しかできないものもあります。一方、価格は高くなりますが、ハイスペックな製品であれば、同時に4名との通話が可能な製品もあります。また、接続品質や通話品質は保証されていませんが、6名とのグループ通話確立が可能なインカムもあります。また、複数人数でのツーリングではなく、ダンテム(2人乗り)ツーリングのみの方は、低価格な有線タイプを検討しても良いでしょう。

通信可能距離をチェック

通信可能距離とは、通信が確保される距離のことです。製品によって通信可能距離は異なり、価格にも反映される傾向にあります。また走行中の状況によっては、明記されている距離よりも短くなる場合があるので注意が必要です。

街乗りなら最低200mがおすすめ

街乗りなら最低200mがおすすめ

メインが街乗りであれば、通信可能距離は200m以上の製品がおすすめです。街乗りなので、そこまでスピードを出すこともなく、車間を広くとる必要はありませんが、間に別の車が入るなど、車間距離が離れる可能性も充分に考えられます。また、市街地は他の電波が多く発生しているため、電波が干渉しあうことで、通信距離が1/5程度になることもあります。通信可能距離が200mあれば、街乗りでも快適に通話をすることが可能です。

高速道路なら1km以上の製品がおすすめ

高速道路なら1km以上の製品がおすすめ

走行スピードが速くなる高速道路では、安全のために充分な車間距離をとる必要があります。そうなると、先頭を走るバイクから最後尾を走るバイクまで、距離がかなり離れることが予想されます。一度ペアリングが解除されても、近づけば自動的に再接続される製品もありますが、そうでない製品は再度ペアリングの設定が必要になります。その場合は、次回の休憩場所まで通話をすることができなくなります。また、街中ほどではありませんが、他の電波と干渉しあって、通信可能距離が1/2程度に低下することも考えられます。これらのことを考慮して、高速道路を走行する場合は最低でも1km以上の通信可能距離のインカムを選びましょう。

連続使用時間を確認する

今回紹介している製品の連続使用時間は、8時間から12時間と商品によって様々です。遠方へのツーリングが多い方は、帰りのことも考えて、連続使用時間が長い製品がおすすめです。ただし、万が一バッテリーが切れたとしても、モバイルバッテリーからの充電が可能なので、商品選びにおいて、一番に優先するべき重要なポイントではないでしょう。最低でも、8時間程度の連続使用時間があれば良いでしょう。また、休憩時間にはこまめに接続を切ることも、連続使用時間を伸ばすポイントとなります。

ペアリングのしやすさで選ぶ

電子機器が苦手な方にとっては、ペアリングと聞くだけでも少し憂鬱な気分になるかもしれません。最初に少しお伝えした通り、異なるメーカーのインカム同士を接続する場合などは、ペアリングの方法が少しややこしくなります。できるだけ、ペアリングが簡単にできる製品がおすすめです。「B+LINK」が搭載されているモデルであれば、メンバーが集まってアクションを起こすだけで一斉にペアリングが可能です。さらに、走行中に接続が切れたとしても、仲間に近づくと自動的にペアリングが復活するので便利です。

防水性をチェック

屋外で楽しむツーリングに、雨はつきものです。どれだけ気を付けていても、急な天候の変化で雨に降られた経験を持つ方も多いでしょう。そんなときに、あると安心なのが防水機能です。JIS規格の防水等級は「IPX○」と表示され、右側の○の中には数字が入り、防水等級を表します。また、「X」の部分は防塵等級を表すもので、数字もしくはXが入り、Xは防塵テストをしていない製品です。バイク用インカムでは、高スペックの製品は7等級の防水機能をもつ製品が多いようです。中国産のインカムは「生活防水」レベルであることもあるため、防水機能にこだわる方は機能性を確認しておきましょう。

同時に通話と音楽再生ができるかどうか

通話と音楽再生が同時にできる機種であれば、音楽を聴きながら会話を楽しむことができます。また、ナビの音声を聞くこともできるので、ソロツーリングやグループツーリングの先頭を走る方には、あると便利な機能となります。機種によってはインカム通話を通じて、グループで音楽やナビの音声を共有できるものもあります。

ラジオ機能の有無で選ぶ

バイク用インカムには、FMラジオが内臓された製品もあります。スマホとBluetooth接続をしていれば、radikoでラジオを聴くこともできますが、スマホ、インカム共にバッテリーの減りが早くなることや、走行中に地域が変わると自動で切り替わらないなどのデメリットもあります。特にソロツーリングをする方はラジオがあると、道路状況の確認だけでなく、気分転換にもなるので、FMラジオが内臓された製品がおすすめです。

充電ケーブルはUSBタイプを選ぶ

充電ケーブルはUSBタイプを選ぶ

出典:Amazon.co.jp

バイク用インカムの充電ケーブルが専用のケーブルだと、バッテリー切れの場合、モバイルバッテリーでの充電や、コンビニなどでバッテリーを調達できなくなります。充電ケーブルは、USBタイプの製品を選びましょう。

バイク用インカムのおすすめ8選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値11,699円(税込)
4.70(408件)

この商品の特徴

バイク用のインカムです。音声ナビや通話、音楽、GPS、Bluetoothなど様々な用途に使用でき、ワンタッチで各機能の切り替えが可能です。バイクでのツーリングはもちろん、スキーや登山、ライブ会場など、互いの声が届きにくい場合に役立ちます。同時通話は1対1ですが、最大で6個のペアリンググループが作れるため、6人との通話切り替えができます。ハンズフリーで通話や音楽を楽しみたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

バイク用のインカムです。音声ナビや通話、音楽、GPS、Bluetoothなど様々な用途に使用でき、ワンタッチで各機能の切り替えが可能です。バイクでのツーリングはもちろん、スキーや登山、ライブ会場など、互いの声が届きにくい場合に役立ちます。同時通話は1対1ですが、最大で6個のペアリンググループが作れるため、6人との通話切り替えができます。ハンズフリーで通話や音楽を楽しみたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値12,000円(税込)
3.90(255件)

この商品の特徴

Freedconnのバイク用インカムです。ヘルメットに装着すれば、バイクや自転車で走りながら仲間と話すことができます。ノイズキャンセラーを搭載し、風切り音などの周囲の音も気になりません。LCDスクリーンで操作中の状態や進捗がはっきり見えるので、操作間違いを防げます。Bluetooth接続でスマホや音楽プレイヤーなどの音楽を聴くこともできます。ツーリングをより楽しい時間にしたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

Freedconnのバイク用インカムです。ヘルメットに装着すれば、バイクや自転車で走りながら仲間と話すことができます。ノイズキャンセラーを搭載し、風切り音などの周囲の音も気になりません。LCDスクリーンで操作中の状態や進捗がはっきり見えるので、操作間違いを防げます。Bluetooth接続でスマホや音楽プレイヤーなどの音楽を聴くこともできます。ツーリングをより楽しい時間にしたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値16,499円(税込)
4.50(650件)

この商品の特徴

レシンの無線機です。FMラジオを聴くこともできます。ブルートゥースに対応しています。高音質のスピーカーを搭載しているので、スマホ・ナビ・音楽をクリアな音で聴くことができます。バイク専用のアンプが搭載されています。4人同時にグループで会話することもできるので、複数人で同時に会話できる無線機を求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

レシンの無線機です。FMラジオを聴くこともできます。ブルートゥースに対応しています。高音質のスピーカーを搭載しているので、スマホ・ナビ・音楽をクリアな音で聴くことができます。バイク専用のアンプが搭載されています。4人同時にグループで会話することもできるので、複数人で同時に会話できる無線機を求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値21,450円(税込)
4.10(144件)

この商品の特徴

ディトナノのバイク用インカムです。2個セットになります。ワイヤレスです。重量は440gです。ブルートゥースに対応しています。スマホを接続したまま電話や音楽を聴く操作がしやすいように、4つのボタンを使いやすい位置に配置しているので、操作が簡単で使いやすいワイヤレスインカムを、求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ディトナノのバイク用インカムです。2個セットになります。ワイヤレスです。重量は440gです。ブルートゥースに対応しています。スマホを接続したまま電話や音楽を聴く操作がしやすいように、4つのボタンを使いやすい位置に配置しているので、操作が簡単で使いやすいワイヤレスインカムを、求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値14,300円(税込)
3.00(4件)

この商品の特徴

Bluetoothヘッドセットです。連続通話時間は13時間、本体にFMラジオを内蔵しており、スマートフォンなどのBluetoothプレーヤーの音楽操作が可能となっています。ソフトウェア更新や本体の設定などもパソコンから出来ますので、取り扱いも簡単です。防塵防水性能も基準をクリアした商品ですので、特にバイクを乗る時のお供におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

Bluetoothヘッドセットです。連続通話時間は13時間、本体にFMラジオを内蔵しており、スマートフォンなどのBluetoothプレーヤーの音楽操作が可能となっています。ソフトウェア更新や本体の設定などもパソコンから出来ますので、取り扱いも簡単です。防塵防水性能も基準をクリアした商品ですので、特にバイクを乗る時のお供におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値13,772円(税込)
4.39(54件)

この商品の特徴

バイク用Bluetoothインカムです。サイズはスピーカー:39.9 x 39.9 x 11.3(厚み) (mm)、ブームマイク:180.0mm、スピーカーケーブル長: 43cmとなります。通話時間は8時間、待受時間は168時間と長時間運転にも耐えられる仕様となっています。ノイズキャンセル機能、風切音削減機能も搭載されているので、走っている時でもしっかり聞こえます。ツーリングのお供におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

バイク用Bluetoothインカムです。サイズはスピーカー:39.9 x 39.9 x 11.3(厚み) (mm)、ブームマイク:180.0mm、スピーカーケーブル長: 43cmとなります。通話時間は8時間、待受時間は168時間と長時間運転にも耐えられる仕様となっています。ノイズキャンセル機能、風切音削減機能も搭載されているので、走っている時でもしっかり聞こえます。ツーリングのお供におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値35,289円(税込)
4.18(240件)

この商品の特徴

業界初のデュアルモジュールBluetoothシステムを搭載しました。Bluetoothモジュールを2基搭載することにより使い勝手、機能性、パフォーマンスが向上しました。より早くより多くのタスクを同時にこなせるようになりました。連続通話可能時間は13時間、連続待ち受け時間240時間、通話距離は最長2.4km、重量は60gです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

業界初のデュアルモジュールBluetoothシステムを搭載しました。Bluetoothモジュールを2基搭載することにより使い勝手、機能性、パフォーマンスが向上しました。より早くより多くのタスクを同時にこなせるようになりました。連続通話可能時間は13時間、連続待ち受け時間240時間、通話距離は最長2.4km、重量は60gです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値38,280円(税込)
4.10(75件)

この商品の特徴

複数人でペアリングすれば高音質でグループトークをすることができる「B+LINK」を搭載したインカムです。ツーリング中、仲間と距離が離れても、繋がりやすい場所で自動でグループに復帰することができます。デザインも高級感があり、着せ替えできるフェイスカバーなどオプションも充実しています。まるでヘッドホンのような高音質でツーリング中も自然な会話を楽しむことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

複数人でペアリングすれば高音質でグループトークをすることができる「B+LINK」を搭載したインカムです。ツーリング中、仲間と距離が離れても、繋がりやすい場所で自動でグループに復帰することができます。デザインも高級感があり、着せ替えできるフェイスカバーなどオプションも充実しています。まるでヘッドホンのような高音質でツーリング中も自然な会話を楽しむことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー