バイク用スマホホルダーのおすすめ9選!人気のミノウラ製やアルミ製も

バイク用スマホホルダーのおすすめ9選!人気のミノウラ製やアルミ製も

バイク用スマホホルダーがあれば、ハンドルやミラーに付けてナビ代わりに使うことができ便利です。ただし、スマホの対応機種はXperiaXZ、iPhone7Plus、iPhone8Plusなど様々で、どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。バイク用スママホルダーには、人気ブランドのミノウラ製や高級感のあるアルミ製、USB端子が付いた製品などがあります。そこで今回は、スマホホルダーの選び方とおすすめのスマホホルダー11選を紹介します。

バイクに乗りながらスマホでナビを使いたい

バイクに乗りながらスマホでナビを使いたい

出典:Amazon.co.jp

バイクで長距離のツーリングに出かける際にあると便利なのがバイク用スマホホルダーです。バイクを運転しながらスマホの画面を確認することができるので、地図アプリを使えばスマホをナビ代わりにすることができます。バイク用スマホホルダーは、自転車にも使えるものも多くあります。共通して使えるものがほとんどですが、バイク向けのスマホホルダーはUSBを通して電源を確保できることが利点です。自転車用のスマホホルダーをお探しの方は、以下のリンクで選び方やおすすめ商品を紹介しているので、参考にしてみてください。

バイク用スマホホルダーの選び方

自分のスマホに対応しているか

バイク用スマホホルダーを選ぶ際にもっとも大切なポイントが、スマホとホルダーのサイズがあっているかどうかです。どの製品も、固定できるスマホのサイズにはある程度の幅がありますが、中には機種が指定されているものもあります。まずは製品の説明を確認し、自分のスマホが対応機種であるかどうかや、サイズが対応しているかどうかを確認しましょう。

バイクへの取り付け方で選ぶ

盗難の心配が少ないボルト式

盗難の心配が少ないボルト式

出典:Amazon.co.jp

ボルト式はスマホホルダーをバイクに取り付ける際に、六角レンチなどの工具を使ってしっかりと固定します。取り外しにも工具が必要になるため、バイクから離れている間に、スマホホルダーを盗まれたり、いたずらされたりする可能性が低いと言えるでしょう。また、バイクにしっかりと固定できるので、スマホホルダーの落下の危険性も少ないです。ただし、工具を使った取り付けがやや面倒であること、取り付けた後は気軽に位置をずらすことができないことなどのデメリットがあります。

手軽にしっかりと固定できる手回しネジ式

手回しねじ式のバイク用スマホホルダーは、手でネジを回してバイクに固定するため、手軽に取り付けることができます。ハンドルにはさむだけのクリップ式よりもしっかりと固定できるので、ボルト式とクリップ式の「良いとこどり」をしたような製品です。ただし、工具がなくてもバイクから取り外すことができるので、ボルト式と比べると盗難のリスクは高めです。

手軽に脱着できるクリップ式

手軽に脱着できるクリップ式

出典:Amazon.co.jp

クリップ式は文字通りクリップで挟むだけでバイクに取り付けることができるので、脱着が簡単にできることがメリットとなります。複数のバイクでスマホホルダーを使用したい方や、バイク、自転車、ベビーカーなど様々なものに取り付けたい方は便利だと感じるでしょう。ただし、挟むだけの固定方法なので、いたずらされたり盗難被害にあうリスクはもっとも高くなります。長時間バイクから離れるときは、スマホホルダーも外して持っていくと安心です。

スマホに合わせた固定方式を選ぶ

スマホを挟んで固定するクランプ式

スマホを挟んで固定するクランプ式

出典:Amazon.co.jp

クランプは「締める」という意味を持ちます。作業台に材料を固定する工具を「クランプ」と呼ぶことからも予想できるように、スマホを挟んで(締めて)固定する固定方法です。上下左右の辺を挟むタイプと、四隅の角をホールドして固定するタイプなど様々な種類があります。スマホを簡単に取り外すことができるので、休憩時にもスマホの取り外しに手間取りません。またスマホの画面を覆うカバーがついていないので、バイクを停めたときに素早くスマホの操作ができます。ただし、スマホがむき出しになっているので、防水機能ではないスマホの場合、天候によっては使用できません。

しっかり固定できるゴム式

しっかり固定できるゴム式

出典:Amazon.co.jp

クランプ式に加え、ゴムバンドでホルダーとスマホを固定するタイプが、ゴム式のスマホホルダーです。上下左右の辺(もしくは三方の辺)はクランプで固定し、四隅の角にゴムをかけて固定することで、グラつきや落下の危険性を軽減することができます。ただし、ゴムは経年劣化するので、こまめな確認やメンテナンスが必要です。シンプルなデザインを好む方は黒色のゴムを選び、カラフルにしたい方はカラーゴムを選ぶなど、見た目にこだわる方にもおすすめです。

突然の雨でも慌てないポーチ式

ポーチ式は、前面が透明ビニールでカバーされたポーチにスマホを入れて固定するタイプです。防水加工されている製品も多く、突然の雨でも慌てる必要はありません。また、山道などの砂埃の多い場所や、小石が飛んでくる可能性がある場所でも安心して使用できます。ポーチ式なので、紙幣やメモなどのちょっとしたものであれば一緒に入れておくこともできます。スマホの操作性はクランプ式やゴム式には劣りますが、透明カバー越しに操作することも可能です。また、万が一の落下に備えて、ポーチとホルダーをつなぐアイアンチェーンが付属した製品もあります。

取り付け部の直径にあったサイズ

取り付け部の直径にあったサイズ

スマホとスマホホルダーのサイズの確認だけではなく、スマホホルダーとバイクの取り付け部とのサイズ確認も忘れずに行いましょう。公式サイトなどの製品説明に、対応パイプ径が記載されています。製品によっては厚さ調節シートが付属しており、様々な太さのパイプに対応しているものもあります。サイズが合わないスマホホルダーを無理して使用すると、故障やスマホホルダーの落下など思わぬ事故につながりかねません。サイズ確認は、バイク用スマホホルダー選びの重要なポイントとなるので、しっかりと確認しておきましょう。

ホルダー部の向きや左右の角度調節ができるか

バイクのナビとして使用する場合、運転中の姿勢で画面が見やすいかどうかも重要なポイントです。自分の目線にあわせられるように、スマホを固定するホルダーの可動域を確認しておきましょう。商品によっては縦横のみならず、360度自由に動かせるものもあります。画面の角度を変えることができれば、日差しによる画面の反射にも対応できます。

USB電源の有無

USB電源の有無

遠方まで出かけた帰り道、スマホの充電が切れてしまったという経験はありませんか?せっかくのスマホもスマホホルダーも、スマホの充電が切れてしまえば使いようがありません。そんな方におすすめなのが、USB電源がついたスマホホルダーです。スマホホルダーにUSB端子が付属していて、バイクの運転中にスマホの充電ができます。特に長距離を運転する機会が多い方や、スマホのバッテリーの減りが早いと感じる方におすすめです。

防水機能の有無

バイク用スマホホルダーの防水機能は、大きくは2種類に分けることができます。ひとつはホルダー本体の防水機能で、もうひとつはスマホを水から守る防水機能です。

ホルダー本体の防水機能

ホルダー本体に防水機能が施されている製品であれば、雨の日でもホルダーを外さずにバイクに乗ることができます。ただし、スマホへの防水機能はありません。雨の日に防水機能が搭載されていないスマホを装着して、バイクに乗ることはできないので注意しましょう。

スマホを水から守る防水機能

スマホを水から守る防水機能

出典:Amazon.co.jp

ポーチ式スマホホルダーの防水機能は、ファスナー部分などからの水の浸入を防いでスマホを水から守る防水効果が期待できます。そのため、スマホに防水機能が搭載されていなくても、雨の日にスマホをナビとして使用することができます。ただし、ポーチ式の防水機能つきホルダーは気密性が高いため、真夏の炎天下などでは熱がこもってスマホがオーバーヒートする可能性があるため注意が必要です。利用者からは、「少しだけファスナーを開けて空気が入るようにしている」という声も聞かれました。

バイク用スマホホルダーのおすすめ9選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値14,358円(税込)

この商品の特徴

大手メーカーのDAYTONA(デイトナ)から出ているバイク用 スマートフォンホルダーです。日本製なので安心感を求める方にもおすすめできます。ハンドル径φ22~29対応で、スマホ対応機種寸法の目安は幅50~85mm、厚さ6~18mm、重さ300g以下になります。上下アームとサイドフックの組み合わせを選択し、各々調整固定することで、自分の使用する機種に合うように取り付け可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

大手メーカーのDAYTONA(デイトナ)から出ているバイク用 スマートフォンホルダーです。日本製なので安心感を求める方にもおすすめできます。ハンドル径φ22~29対応で、スマホ対応機種寸法の目安は幅50~85mm、厚さ6~18mm、重さ300g以下になります。上下アームとサイドフックの組み合わせを選択し、各々調整固定することで、自分の使用する機種に合うように取り付け可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値2,269円(税込)

この商品の特徴

LWクランプモデルの自転車用スマホホルダーです。軽量アルミ製で、360度調整できる仕様になっています。強い衝撃でもウィングが開かないロック機構や、ホルダー本体裏側に落下防止用のシリコンバンド装着フックがあり、安心して使える設計です。下り坂でも電話が前方に移動しないよう、ストッパーが付いています。付属の延長アームを使用うと、iPhone6 Plusなどの大きなサイズのスマホにも対応できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

LWクランプモデルの自転車用スマホホルダーです。軽量アルミ製で、360度調整できる仕様になっています。強い衝撃でもウィングが開かないロック機構や、ホルダー本体裏側に落下防止用のシリコンバンド装着フックがあり、安心して使える設計です。下り坂でも電話が前方に移動しないよう、ストッパーが付いています。付属の延長アームを使用うと、iPhone6 Plusなどの大きなサイズのスマホにも対応できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,080円(税込)

この商品の特徴

走行中の充電も可能なUSB端子付属のバイク用スマホホルダーです。ナビ使用中に充電切れで困ることもなく、2.4Aまで出力しますので急速充電が可能です。ON/OFスイッチも付属されているので、バッテリーへの待機電力の通電をカットできます。USBソケット部分には、水や粉じんが入ることがないように防水保護用ゴムカバーを付属、落下防止用のラバーグリップは予備も含めて2枚が付属されています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

走行中の充電も可能なUSB端子付属のバイク用スマホホルダーです。ナビ使用中に充電切れで困ることもなく、2.4Aまで出力しますので急速充電が可能です。ON/OFスイッチも付属されているので、バッテリーへの待機電力の通電をカットできます。USBソケット部分には、水や粉じんが入ることがないように防水保護用ゴムカバーを付属、落下防止用のラバーグリップは予備も含めて2枚が付属されています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,899円(税込)

この商品の特徴

Amazonレビューでも非常に評価の高い、コスパに優れたバイク用スマホホルダーです。オートバイ用に設計されており、信頼性の高い商品です。4本のアームの伸縮によって、3.5〜6.4インチ、厚さは6~12mmの機種が装着可能です。iPhone各種、HUAWEIやAndroid各種まで幅広く対応可能です。自動的にロックされたスマホは、「四隅の固定」と「ぶつかり防止」でしっかりと守られます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

Amazonレビューでも非常に評価の高い、コスパに優れたバイク用スマホホルダーです。オートバイ用に設計されており、信頼性の高い商品です。4本のアームの伸縮によって、3.5〜6.4インチ、厚さは6~12mmの機種が装着可能です。iPhone各種、HUAWEIやAndroid各種まで幅広く対応可能です。自動的にロックされたスマホは、「四隅の固定」と「ぶつかり防止」でしっかりと守られます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,680円(税込)

この商品の特徴

自転車やバイク用のスマホホルダーです。開閉機能はダイヤル式、ロック機能はスイッチ式になっており、従来のネジ式より使いやすくなっています。プラスチック球により360度のお好みに合わせた位置合わせが可能です。4点固定によりガッチリとした固定ができるので、振動が激しい場所でも安心して使用できおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

自転車やバイク用のスマホホルダーです。開閉機能はダイヤル式、ロック機能はスイッチ式になっており、従来のネジ式より使いやすくなっています。プラスチック球により360度のお好みに合わせた位置合わせが可能です。4点固定によりガッチリとした固定ができるので、振動が激しい場所でも安心して使用できおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値998円(税込)

この商品の特徴

安心して使用できるスマホホルダーです。アームで挟んで、アンカーバンドでしっかりとホールドする、スマホを二重に保護してくれる商品です。固定ホルダーの螺旋締め付けで、ハンドルにしっかりと固定します。スライドアームを使っているので、大きめサイズのデバイスにも対応しております。360度回転可能なボールジョイントを使用しており、上下左右にもそれぞれ30度の角度調節が可能です。見やすい向きに自由自在に角度調節ができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

安心して使用できるスマホホルダーです。アームで挟んで、アンカーバンドでしっかりとホールドする、スマホを二重に保護してくれる商品です。固定ホルダーの螺旋締め付けで、ハンドルにしっかりと固定します。スライドアームを使っているので、大きめサイズのデバイスにも対応しております。360度回転可能なボールジョイントを使用しており、上下左右にもそれぞれ30度の角度調節が可能です。見やすい向きに自由自在に角度調節ができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,199円(税込)

この商品の特徴

自転車やバイクにスマホを取り付けるマウントステー・ホルダーです。スマホケースはABS樹脂が素材で、密封性がよく、防水、防塵に優れています。また、快速にタッチスクリーンを操作できます。内部にはスペーサーがついておりスマホを保護します。スマホケースの傾きは360度回転できるので、好みの角度にできておすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

自転車やバイクにスマホを取り付けるマウントステー・ホルダーです。スマホケースはABS樹脂が素材で、密封性がよく、防水、防塵に優れています。また、快速にタッチスクリーンを操作できます。内部にはスペーサーがついておりスマホを保護します。スマホケースの傾きは360度回転できるので、好みの角度にできておすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値5,605円(税込)

この商品の特徴

品質の高さと使いやすさが特徴のアメリカのメーカー【RAM MOUNTS(ラムマウント)】のバイク用スマホホルダーです。Amazonレビューで70%以上の方が星5つの評価をしているほどです。落下の心配は必要ないほどのしっかりとした固定力に加えて、角度の調整も可能、ワンタッチで簡単に着脱できるのも評価の高さの理由でしょう。幅は約48mm~82mm、厚みは22mmのスマホまで幅広く取り付け可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

品質の高さと使いやすさが特徴のアメリカのメーカー【RAM MOUNTS(ラムマウント)】のバイク用スマホホルダーです。Amazonレビューで70%以上の方が星5つの評価をしているほどです。落下の心配は必要ないほどのしっかりとした固定力に加えて、角度の調整も可能、ワンタッチで簡単に着脱できるのも評価の高さの理由でしょう。幅は約48mm~82mm、厚みは22mmのスマホまで幅広く取り付け可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,099円(税込)

この商品の特徴

バイクや自転車のハンドルに取り付けるタイプのスマートフォン、ナビ、GPS固定用ホルダーです。4点ホールド式でしっかりと固定でき、角度調整も360°回転可能なのでお好きな角度で固定できます。また、適応サイズは縦115~180mm、横58~90mm、厚さ6~12mmで、伸縮ダイヤル操作によってiPhone各種、android各種、GPS ナビなど様々なサイズに適応可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

バイクや自転車のハンドルに取り付けるタイプのスマートフォン、ナビ、GPS固定用ホルダーです。4点ホールド式でしっかりと固定でき、角度調整も360°回転可能なのでお好きな角度で固定できます。また、適応サイズは縦115~180mm、横58~90mm、厚さ6~12mmで、伸縮ダイヤル操作によってiPhone各種、android各種、GPS ナビなど様々なサイズに適応可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー