御朱印帳・集印帳の選び方&おすすめ5選【朱印をきれいに保管!】

御朱印帳・集印帳の選び方&おすすめ5選【朱印をきれいに保管!】

神社や寺院を訪れたときにいただける「御朱印」を集めている方は多いのではないでしょうか?参拝の記念としていただく朱印はとても神聖なもので、メモ帳などにもらうのは気が引けますし、失礼になってしまいます。今回は御朱印をいただく際に使う「御朱印帳・集印帳」について解説します。朱印帳の選び方や、Amazonや楽天で人気のかわいい商品についてもまとめました。また、意外と知られていない「御朱印をいただくときのマナー」もお伝えするので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

御朱印帳・集印帳とは

神社やお寺で「朱印」という印をもらうためのもので、ノートのような形状をしています。朱印とは寺社の職員や僧侶、神職などが押印するもので、印の下には寺社名や参拝日などが書き加えられます。その朱印を押す目的でつくられたノートのようなものを、「御朱印帳」または「集印帳」と呼びます。

厳密にいうと「御集印帳」に押すのは朱印だけではなく、黒い印やカラーの印も押すことを前提でつくられています。長い間保管をしても、印が薄れないように、滲みやすい紙でつくられていることが多いです。

御朱印帳・集印帳の選び方

御朱印帳や集印帳は、「長く保管できる」「持ち歩ける」という点が選び方のポイントになります。

紙質

紙の質によっては、御朱印が吸収されず、あちこちにインクが付いてしまうこともあります。正式な御朱印帳は「奉書紙」という紙が使われており、インクが付いたり裏移りすることがありません。紙によっては、ある程度のところで滲みを止めて、輪郭がハッキリした御朱印を残せるものもあります。

表紙

御朱印帳の表紙は、中の紙を守るために分厚くて硬いものでつくられています。表紙が薄いものや柔らかいものだと、朱印を押した紙が守られにくくなり、シワや破れの原因となることもあるでしょう。

大きさ・重さ

御朱印帳は基本的に持ち歩くものです。神社や仏閣を訪れた際に取り出して、印を押します。あまりに大きかったり重かったりすると、持ち運びが難しくなるでしょう。しかし印の大きさや署名のレイアウトはそれぞれ違うので、小さすぎるとはみ出してしまうこともあります。適度な大きさ・重さのものを選ぶのがおすすめです。

御朱印をもらうときのマナー

御朱印はどんな風にもらってもいいわけではありません。きちんとマナーを守って、気持ちよく、ありがたくいただくことを心がけましょう。

参拝する

まずは参拝をしましょう。御朱印をもらう目的で神社や仏閣を訪れると、参拝を後回しにしてしまいがちですが、本来は「参拝の印」としてもらうものです。順序が逆になってしまわないようにしましょう。

御朱印をいただく

参拝が済んだら、御朱印をいただくために「授与所」または「社務所」に向かいます。場所によっては御朱印をくださるための場所を設けていることもあります。

御朱印をいただくときは、御朱印帳を広げて両手で持ち、「お願いいたします」と差し出します。書いていただいている間は私語を慎み、静かに待ちましょう。

御朱印代を払う

御朱印をもらうにはお金を納める必要があります。場所によっては金額が決まっていることもあります。決まっていない場合は「お気持ちで」と言われるので、気持ちでお金を納めましょう。相場は300円~500円ほどと言われています。

御朱印帳を受け取る

御朱印を押していただいた御朱印帳を受け取る際は両手で受け取り、「ありがとうございました」とお礼を述べて一礼します。御朱印はとても神聖で大切なものです。粗末に扱わないように注意しましょう。

御朱印帳・集印帳の主なメーカー

法徳堂

御朱印帳だけでなく、写経帳なども取り扱っているメーカーです。確かな技術でつくられた御朱印帳は、経年劣化が少なく、いつまでも重宝できると評判です。表紙のデザインやつくり自体に手が込んでいるだけでなく、重厚感や高級感も味わうことができます。

谷口松雄堂

御朱印帳や色紙など、和紙を使った商品を多く取り扱っているメーカーです。文字の滲み方や、保存に強い紙の使い方など、技術を駆使した商品が人気です。御朱印帳のデザインはモダンなものが多く、若い方にも好評です。

御朱印帳・集印帳のおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

奉書紙を使った本格的な御朱印帳です。表紙は色鮮やかで、持っているだけで気持ちのいいデザインが施されています。46ページの大容量なので、一冊あれば46種類の朱印を集めることができますよ。ビニールカバーが付いているので、雨の日でも安心して使うことができます。とてもしっかりとしたつくりなので、持ち歩きも安心です。

この商品の特徴

奉書紙を使った本格的な御朱印帳です。表紙は色鮮やかで、持っているだけで気持ちのいいデザインが施されています。46ページの大容量なので、一冊あれば46種類の朱印を集めることができますよ。ビニールカバーが付いているので、雨の日でも安心して使うことができます。とてもしっかりとしたつくりなので、持ち歩きも安心です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

越前和紙を使ったちりめんの御朱印帳です。蛇腹式で書きやすく、開きやすいです。見返すときも風情を感じることができます。和紙が二枚重ねになっているので、表裏を使うことができます。デザインは4種類でどれもかわいらしく、品があります。

この商品の特徴

越前和紙を使ったちりめんの御朱印帳です。蛇腹式で書きやすく、開きやすいです。見返すときも風情を感じることができます。和紙が二枚重ねになっているので、表裏を使うことができます。デザインは4種類でどれもかわいらしく、品があります。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

奉書紙を使った本格的な御朱印帳です。表紙は色鮮やかで、持っているだけで気持ちのいいデザインが施されています。46ページの大容量なので、一冊あれば46種類の朱印を集めることができますよ。ビニールカバーが付いているので、雨の日でも安心して使うことができます。とてもしっかりとしたつくりなので、持ち歩きも安心です。

この商品の特徴

奉書紙を使った本格的な御朱印帳です。表紙は色鮮やかで、持っているだけで気持ちのいいデザインが施されています。46ページの大容量なので、一冊あれば46種類の朱印を集めることができますよ。ビニールカバーが付いているので、雨の日でも安心して使うことができます。とてもしっかりとしたつくりなので、持ち歩きも安心です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

少しモダンなデザインの御朱印帳を探している方におすすめです。動物や植物をモチーフとした、品のいい表紙が特徴的です。奉書紙が使われており、二枚重ねなので裏滲みも気になりません。大きなサイズなので、迫力のある御朱印を集めたい方にはぴったりです。

この商品の特徴

少しモダンなデザインの御朱印帳を探している方におすすめです。動物や植物をモチーフとした、品のいい表紙が特徴的です。奉書紙が使われており、二枚重ねなので裏滲みも気になりません。大きなサイズなので、迫力のある御朱印を集めたい方にはぴったりです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

厚手の奉書紙が使われた、品格のある御朱印帳です。表紙には題名を書き入れることもでき、自分だけの御朱印帳にすることができます。表面がつるつるしているので、汚れても拭き取りやすく、きれいに保つことができるでしょう。カラーは3色で、お好みの色を選ぶことができます。

この商品の特徴

厚手の奉書紙が使われた、品格のある御朱印帳です。表紙には題名を書き入れることもでき、自分だけの御朱印帳にすることができます。表面がつるつるしているので、汚れても拭き取りやすく、きれいに保つことができるでしょう。カラーは3色で、お好みの色を選ぶことができます。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー