【2022年版】CPUのおすすめ11選!オーバークロックモデルも

【2022年版】CPUのおすすめ11選!オーバークロックモデルも

CPUは、コンピュータの演算処理を行うためのパーツです。コア数やクロック数といったスペックが、デスクトップPCやノートパソコンの性能に大きく影響します。Intel(インテル)製の「Core i」シリーズ、AMD製の「Ryzen(ライゼン)」シリーズ、第12世代のモデル、オーバークロック対応など、商品によって特徴は様々です。また商品を選ぶ際は、ベンチマークや、クーラーまたはファンを使用しての温度対策の確認も重要です。今回は、CPUの選び方と、オンラインゲーム、動画編集、インターネット向けの3つに分類したおすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

CPUとは

CPUとは

出典:Amazon.co.jp

CPU(Central Processing Unit)は、PCの演算処理を行う中心的なパーツで、人間で言う頭脳にあたる重要な部分です。メモリやハードディスク、キーボード、マウスなどからデータを受け取り、演算処理をした上でディスプレイなどの接続機器に出力する働きをします。CPUが高性能であるほどPCの性能も高くなり、負荷の高い作業やゲームプレイなどもスムーズに行えます。

CPUのメーカー別の特徴

インテル|動作の安定性が高い

インテル|動作の安定性が高い

出典:Amazon.co.jp

IntelのCPUは世界シェア率が高く、多くのPCに搭載されています。「Core i」、「Pentium」、「Celeron」が主なシリーズで、特に「Core i」シリーズで高性能な商品を展開しています。ほとんどのPCソフトやゲームはIntel製のCPU環境で開発されており、ユーザー数が多いのも安心できるポイントです。動作の安定性が高く、ラインナップも豊富なので、初めてCPUを購入する方にもおすすめです。

AMD|低価格で高性能な商品を多く扱っている

AMD|低価格で高性能な商品を多く扱っている

出典:Amazon.co.jp

AMDのCPUは、低価格で高性能な商品を多く扱っているのが特徴です。「Ryzen」と「Athlon」が主なシリーズで、「Ryzen」シリーズで高性能CPUを展開しています。また、Intel製のCPUに比べて価格帯が低いため、低価格のPCにも多く使用されています。購入コストを抑えたい方や、Ryzen対応のマザーボードを使用している方などにおすすめです。

CPUの型番の見方

メーカー名|型番表記をチェック

CPUのメーカー名を確認する際は、型番の一番左の文字列をチェックしましょう。Intel製品であれば「Intel Core i9-12900K」、AMD製であれば「Ryzen 9-5950X」のように型番表記があります。なお、AMDのCPUの場合は「AMD」というメーカー名ではなく、「Ryzen」や「Athlon」といったシリーズ名の表記となります。

シリーズ名|数字が大きいほど性能が高い

CPUのシリーズ名を確認する際は、「Core i5」や「Ryzen 7」など、型番のメーカー名の右隣にある文字列をチェックしましょう。Intel製とAMD製のいずれも、シリーズ名に付いている数字が大きいほど、性能も高くなります。高性能なCPUを求めている方は、「Core i9」や「Core i7」、「Ryzen 9」、「Ryzen 7」などがおすすめです。

世代|ハイフンに続く4〜5桁の数字をチェック

CPUの世代を確認する際は型番のハイフン後に続く、4〜5桁の数字に注目しましょう。数字が4桁の場合は1桁目、5桁であれば最初の2桁が世代を示す表記です。例えば型番が「Intel Core i9-12900K」のものは第12世代、「Ryzen 9-5950X」だと第5世代となります。世代の数字が大きいほど製品として新しく、性能が高い傾向にあります。

機能|アルファベットで搭載されている性能を確認

CPUの型番の最後には「K」や「F」、「G」など、機能を表すアルファベットが記載されています。「K」はCPUを定格以上の性能に引き上げる、「オーバークロック」対応という意味です。また「F」はGPU(グラフィックボード)非搭載、「G」はGPU内蔵、「X」はハイグレードモデルを表します。なお、GPU非搭載のCPUを購入する場合、別でGPUを用意する必要があることも考慮しておきましょう。

CPUの選び方

用途にあわせて選ぶ

オンラインゲームには「Core i9」や「Ryzen 7」などがおすすめ

オンラインゲームには「Core i9」や「Ryzen 7」などがおすすめ

出典:Amazon.co.jp

PCでオンラインゲームをプレイする方は、「Core i9」や「Ryzen 7」などの高性能CPUがおすすめです。特に本格的な3Dゲームの場合、処理するデータ量が膨大なため、CPUに高い負荷がかかります。プレイ時の遅延やフリーズが起きるのを防いで快適にゲームをプレイするためにも、なるべく高い性能のCPUを選びましょう。

動画編集には「Core i7」や「Ryzen 5」などがおすすめ

動画編集には「Core i7」や「Ryzen 5」などがおすすめ

出典:Amazon.co.jp

PCで動画編集を行うのであれば、「Core i7」や「Ryzen 5」などのCPUがおすすめです。4K撮影した動画の編集作業は、CPUにある程度高い負荷がかかるため、性能が低いと処理に時間がかかる可能性があります。特に仕事で動画編集の作業などでスピード感を求める場合は、ミドルグレード以上のCPU搭載を検討しましょう。

インターネットには「Core i3」や「Pentium」などがおすすめ

インターネットには「Core i3」や「Pentium」などがおすすめ

出典:Amazon.co.jp

PCの用途が主にインターネットであれば、「Core i3」や「Pentium」、「Cleron」などのCPUがおすすめです。性能としては高くないものの、ページ閲覧やメール送受信、オンライン動画視聴などは問題なく行えます。他のグレードに比べて価格も低めに設定されているので、購入コストを抑えたい方にもおすすめです。

型番ごとのベンチマークを目安にするものもおすすめ

型番ごとのベンチマークを目安にするものもおすすめ

出典:Amazon.co.jp

CPUを他のシリーズや世代、メーカーのものと比較したい方は、型番ごとのベンチマークも目安にしましょう。ベンチマークとは、それぞれのCPU製品の性能をまとめた一覧表のようなものです。「Core i7」と「Core i9」や、第10世代と第12世代など、CPU同士を比較して選ぶときの目安として活用するのがおすすめです。

CPUの性能を確認

コア数|処理スピードの速さを表す

コア数はCPUの核部分であるコアがいくつ搭載されているかを意味します。コア数が多いほど同時に行える作業数が増えるため、処理スピードが速くなります。コア数が4つの「クアッドコア」や6つの「ヘキサコア」、8つの「オクタコア」など、コア数によって呼び名が変わるのが特徴です。文章入力やページ閲覧程度であればクアッドコア、動画編集などをするのであればヘキサコア、本格的なゲームをプレイするのであればオクタコアがおすすめです。

スレッド数|処理性能の高さを表す

CPUのスレッド数は「論理コア数」とも呼ばれており、PCが認識しているコア数を意味します。それぞれのコアの土台のようなもので、数が多いほど処理性能が高くなります。実際に搭載されているコア数よりも多い数をPCに認識させ、効率良く処理を行えるものも多くあります。データ処理負担の大きい作業やマルチタスクをする方は、スレッド数の多いものを選ぶのがおすすめです。

クロック周波数|情報を1秒間に処理するスピードを表す

クロック周波数は、CPUが1秒間にどれくらいの数の処理を行えるかを示すものです。「GHz(ギガヘルツ)」の単位で表され、数字が大きいほど処理は速くなります。周波数を高くすることで、CPU性能を引き上げる「オーバークロック」対応のものも多く販売されており、スピード感を求められるゲームをプレイする場合などにおすすめです。

耐熱対策もチェック

耐熱対策もチェック

出典:Amazon.co.jp

CPUを選ぶ際は、過熱によるパフォーマンス低下や故障を防止するためにも、耐熱対策の方法もチェックしておきましょう。特に、オーバークロックする場合、CPUが高熱になりやすいため注意が必要です。リテールクーラーが付いている商品はあるものの、CPUに高負荷がかかるのであれば大型のファンの設置がおすすめです。また、なるべく涼しくて通気性の良い場所にPCを置いたり、小型扇風機を使用したりなども有効な対策です。

CPUのおすすめ商品比較表

商品

販売サイト

ポイント

Corei9 12900K BX8071512900K

インテル Corei9 12900K BX8071512900K

16コア搭載の高い処理性能が魅力

CPU Core i7-12700 BX8071512700 silver

インテル CPU Core i7-12700 BX8071512700 silver

負荷の高さにあわせて割り当てを変える2種類のコア搭載

Corei9-11900K BX8070811900K

インテル Corei9-11900K BX8070811900K

5.3GHzまでオーバークロック可能

インテル Corei5 12600KF BX8071512600KF

インテル インテル Corei5 12600KF BX8071512600KF

4K動画やRAWデータ画像の編集におすすめ

Corei7 11700 BX8070811700K

インテル Corei7 11700 BX8070811700K

価格と性能のバランスの良さが特徴

CPU Core i3-12100F BX8071512100F silver

インテル CPU Core i3-12100F BX8071512100F silver

手に取りやすいリーズナブルな価格が魅力

CPU Pentium Gold G6605 BX80701G6605

インテル CPU Pentium Gold G6605 BX80701G6605

素早く情報を処理できる軽作業向け

Ryzen 9 5950X without cooler 100-100000059WOF

エーエムディー Ryzen 9 5950X without cooler 100-100000059WOF

高画質のゲームから高度なデザインまで対応できるハイエンドモデル

Ryzen 7 5800X 100-100000063WOF

エーエムディー Ryzen 7 5800X 100-100000063WOF

ゲームを本格的にプレイしたい方やクリエイターにおすすめ

Ryzen 5 5600X with Wraith Stealth cooler 100-100000065BOX

エーエムディー Ryzen 5 5600X with Wraith Stealth cooler 100-100000065BOX

オーバークロックによる過熱も気にせず使える

Ryzen 5 3600 with Wraith Stealth cooler Ryzen_5_3600

エーエムディー Ryzen 5 3600 with Wraith Stealth cooler Ryzen_5_3600

初めてCPUを購入する場合にもおすすめ

  • 掲載している参考価格・スペック等の情報について、万全の保証はいたしかねます。詳細な商品情報については、購入前に各メーカーの公式サイト等でご確認ください。
  • 比較表内の空欄部分は調査中です。

【Intel |オンラインゲーム向け】CPUのおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

16コア搭載の高い処理性能が魅力

高性能のCPUです。コア数が16、周波数が3.2GHzとスペックが高く、高負荷のかかる処理もスムーズに行えます。「ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0」を搭載しており、オーバークロック時は5.2GHzまで周波数を高められます。処理性能が高いので、本格的な3Dゲームをプレイする方にもおすすめです。

16コア搭載の高い処理性能が魅力

高性能のCPUです。コア数が16、周波数が3.2GHzとスペックが高く、高負荷のかかる処理もスムーズに行えます。「ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0」を搭載しており、オーバークロック時は5.2GHzまで周波数を高められます。処理性能が高いので、本格的な3Dゲームをプレイする方にもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

負荷の高さにあわせて割り当てを変える2種類のコア搭載

ゲーミングPCにおすすめのCPUです。コア数が12、スレッド数が20なので、大きなデータも素早く処理できます。2種類のコアを搭載しており、負荷の高さにあわせて割り当てを変えることで、スムーズな処理を行えるようにつくられています。また、処理スピードを高めるために、1コアあたりのL2キャッシュメモリー量を多くしているのもポイントです。

負荷の高さにあわせて割り当てを変える2種類のコア搭載

ゲーミングPCにおすすめのCPUです。コア数が12、スレッド数が20なので、大きなデータも素早く処理できます。2種類のコアを搭載しており、負荷の高さにあわせて割り当てを変えることで、スムーズな処理を行えるようにつくられています。また、処理スピードを高めるために、1コアあたりのL2キャッシュメモリー量を多くしているのもポイントです。

出典:Amazon.co.jp

5.3GHzまでオーバークロック可能

オーバークロック対応のCPUです。「ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0」搭載で、オーバークロック時は5.3GHzまで周波数を引き上げられます。コア数が8、スレッド数が16と、基本的なスペックも高めです。オンラインゲームや動画編集など、高い負荷のかかる作業をする方にもおすすめです。

5.3GHzまでオーバークロック可能

オーバークロック対応のCPUです。「ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0」搭載で、オーバークロック時は5.3GHzまで周波数を引き上げられます。コア数が8、スレッド数が16と、基本的なスペックも高めです。オンラインゲームや動画編集など、高い負荷のかかる作業をする方にもおすすめです。

【Intel |動画編集向け】CPUのおすすめ2選

出典:Amazon.co.jp

4K動画やRAWデータ画像の編集におすすめ

10コア搭載のCPUです。コア数とスレッド数が多く、周波数も3.7GHzと高いので、素早いデータ処理を行えます。オーバークロックに対応しており、ブースト時は4.9GHzまで周波数の引き上げが可能です。全体的に性能が高いので、4K映像の動画編集やRAWデータの画像編集など、ある程度負荷の高い作業を頻繁に行う方におすすめです。

4K動画やRAWデータ画像の編集におすすめ

10コア搭載のCPUです。コア数とスレッド数が多く、周波数も3.7GHzと高いので、素早いデータ処理を行えます。オーバークロックに対応しており、ブースト時は4.9GHzまで周波数の引き上げが可能です。全体的に性能が高いので、4K映像の動画編集やRAWデータの画像編集など、ある程度負荷の高い作業を頻繁に行う方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

価格と性能のバランスの良さが特徴

ミドルグレードのCPUです。コア数が8、スレッド数が16と、性能は比較的高めです。周波数は3.6GHzと高く、オーバークロック時は5GHzまで引き上げが可能で、用途によってCPU性能を高められます。価格と性能のバランスが取れた、コスパの良さも魅力です。動画編集や画像編集、デザインなど、負荷の高めなクリエイティブ系の作業を行う方にもおすすめです。

価格と性能のバランスの良さが特徴

ミドルグレードのCPUです。コア数が8、スレッド数が16と、性能は比較的高めです。周波数は3.6GHzと高く、オーバークロック時は5GHzまで引き上げが可能で、用途によってCPU性能を高められます。価格と性能のバランスが取れた、コスパの良さも魅力です。動画編集や画像編集、デザインなど、負荷の高めなクリエイティブ系の作業を行う方にもおすすめです。

【Intel |インターネット向け】CPUのおすすめ2選

出典:Amazon.co.jp

手に取りやすいリーズナブルな価格が魅力

4コア搭載のCPUです。スレッド数は8、周波数は3.3GHzと、軽い作業であれば十分スムーズに行えるスペックです。2種類のコアを搭載しており、負荷の高さによって割り当てを変えることで、素早い処理になるよう設計されています。リーズナブルな価格なので、購入コストを抑えたい方にもおすすめです。

手に取りやすいリーズナブルな価格が魅力

4コア搭載のCPUです。スレッド数は8、周波数は3.3GHzと、軽い作業であれば十分スムーズに行えるスペックです。2種類のコアを搭載しており、負荷の高さによって割り当てを変えることで、素早い処理になるよう設計されています。リーズナブルな価格なので、購入コストを抑えたい方にもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

素早く情報を処理できる軽作業向け

Windows10対応のCPUです。コア数は2、スレッド数は4と、軽作業向けのスペックです。周波数は4.3GHzと高く、素早く情報を処理できます。価格も低めに設定されているので、購入コストを抑えられます。文章作成やページ閲覧、オンライン動画視聴など、負荷の高くない軽い作業が多い方におすすめです。

素早く情報を処理できる軽作業向け

Windows10対応のCPUです。コア数は2、スレッド数は4と、軽作業向けのスペックです。周波数は4.3GHzと高く、素早く情報を処理できます。価格も低めに設定されているので、購入コストを抑えられます。文章作成やページ閲覧、オンライン動画視聴など、負荷の高くない軽い作業が多い方におすすめです。

【AMD|オンラインゲーム向け】CPUのおすすめ2選

出典:Amazon.co.jp

高画質のゲームから高度なデザインまで対応できるハイエンドモデル

Ryzen 9シリーズのハイエンドモデルのCPUです。コア数16、スレッド数は32と高性能で、クロック周波数は3.4GHzを備えています。コア数が多いため、膨大な演算処理が必要になる3Dゲームや、動画編集などにも対応することが可能です。

高画質のゲームから高度なデザインまで対応できるハイエンドモデル

Ryzen 9シリーズのハイエンドモデルのCPUです。コア数16、スレッド数は32と高性能で、クロック周波数は3.4GHzを備えています。コア数が多いため、膨大な演算処理が必要になる3Dゲームや、動画編集などにも対応することが可能です。

出典:Amazon.co.jp

ゲームを本格的にプレイしたい方やクリエイターにおすすめ

8コア、16スレッドを備えたCPUです。クロック周波数は3.8GHzで、3Dゲームや高度な動画編集作業にも対応することができます。本格的なゲームプレイ用のPCを用意したい方や、クリエイターにおすすめの商品です。

ゲームを本格的にプレイしたい方やクリエイターにおすすめ

8コア、16スレッドを備えたCPUです。クロック周波数は3.8GHzで、3Dゲームや高度な動画編集作業にも対応することができます。本格的なゲームプレイ用のPCを用意したい方や、クリエイターにおすすめの商品です。

【AMD|動画編集向け】CPUのおすすめ2選

出典:Amazon.co.jp

オーバークロックによる過熱も気にせず使える

ミドルグレードのCPUです。コア数が6、スレッド数が12と、スペックは比較的高めです。周波数も3.7GHzと高いため、データを素早く処理できます。「Presicion Boost 2(PB2)」により、それぞれのコアの周波数を適切な範囲で引き上げられるので、オーバークロックによる過熱の心配も減らせます。動画や画像の編集など、ある程度負荷の高い作業をする方におすすめです。

オーバークロックによる過熱も気にせず使える

ミドルグレードのCPUです。コア数が6、スレッド数が12と、スペックは比較的高めです。周波数も3.7GHzと高いため、データを素早く処理できます。「Presicion Boost 2(PB2)」により、それぞれのコアの周波数を適切な範囲で引き上げられるので、オーバークロックによる過熱の心配も減らせます。動画や画像の編集など、ある程度負荷の高い作業をする方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

初めてCPUを購入する場合にもおすすめ

コア数が6、スレッド数が12、周波数が3.6GHzと、負荷の高いデータもスムーズに処理できるCPUです。オーバークロックに対応しており、ブースト時で4.2GHzまで周波数の引き上げも可能です。価格も比較的リーズナブルで、性能もある程度高いため、初めてCPUを購入する方にもおすすめです。

初めてCPUを購入する場合にもおすすめ

コア数が6、スレッド数が12、周波数が3.6GHzと、負荷の高いデータもスムーズに処理できるCPUです。オーバークロックに対応しており、ブースト時で4.2GHzまで周波数の引き上げも可能です。価格も比較的リーズナブルで、性能もある程度高いため、初めてCPUを購入する方にもおすすめです。

グラフィックボードもチェック

グラフィックボードはPCの描画処理を担うパーツで、演算処理能力の高いCPUを使ってもグラフィックボードの性能が高くないと、ゲームプレイ中にカクつきが起こってしまいます。選び方やおすすめの商品を紹介してるので、あわせてチェックしてみてください。

CPUの売れ筋ランキングもチェック

CPUの楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピングの最新売れ筋ランキング情報は、以下のリンクから確認することができます。

この記事の修正依頼を送る

人気記事

HEIM
HEIM
アプリをダウンロードする(無料)