【2022年版】外付けグラボ・eGPUボックスのおすすめ11選!グラボ内蔵タイプも

【2022年版】外付けグラボ・eGPUボックスのおすすめ11選!グラボ内蔵タイプも

eGPUボックス(外付けグラボ)は、GPU(グラフィックボード)を内部に設置するためのケースです。Thunderbolt3ケーブルを使用し、デスクトップやノートPCに外部接続するだけで、簡単にグラフィック性能を向上させられます。今回は、外付けグラボ・eGPUボックスの選び方とおすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

外付けグラボ・eGPUボックスとは

外付けグラボ・eGPUボックスとは

出典:Amazon.co.jp

外付けグラボ・eGPUボックスは、機器とケーブルを接続することで、グラボの容量を増設できるアイテムです。GPUとは、ディスプレイに映し出す画像や映像の質を向上させるための部品を指します。内部にグラボを増設するスペースが限られたPCや、内部に増設スペースがないノートPCに外付けグラボ・eGPUボックスを使用することで、ゲーミングPCのような性能を発揮できます。HDMIポートやディスプレイポート、USB3.0のType-Cポートを備えたものや、MacOS対応モデル、小型タイプなど、商品によって特徴は様々です。

外付けグラボ・eGPUボックスのメリット・デメリット

メリット|手軽にGPUを外付けできる

メリット|手軽にGPUを外付けできる

出典:Amazon.co.jp

外付けグラボ・eGPUボックスは、ノートPCを分解せずに、接続するだけで簡単にGPUを増設できるのがメリットです。気軽に取り外しができるため、ゲームや編集作業など必要なときにだけ使用できるので、不要な電力消費も抑えられます。またPC外部に接続するため発熱しにくく、熱によるノートPCのパフォーマンス低下が起きにくいのも魅力です。

デメリット|対応しているPCが限られている

外付けグラボ・eGPUボックスはサイズが大きいため、ある程度の設置スペースを確保する必要があります。「Thunderbolt3」ケーブルに対応しているノートPCが必要になり、指定のOSに対応していない外付けGPUがあるなど、使用できる環境も限られます。また、ボックス自体が比較的高めの価格に設定されており、GPUの値段も含めると購入コストがかさむ可能性もあります。あらかじめ使用環境や予算を考慮して商品を選びましょう。

外付けグラボ・eGPUボックスが使えるPCは?

「Thunderbolt3」規格に対応している

外付けグラボ・eGPUボックスは、「Thunderbolt3」ケーブルで接続するため、ノートPCが「Thunderbolt3」に対応しているかをチェックしましょう。「Thunderbolt3」は、最大40Gbpsの転送速度が可能な、高速通信規格の1つです。USBのType-Cと端子の形状が同じものの、「Thunderbolt3」はあくまでType-Cのバリエーションの1つであるため、同じ端子でも接続できない場合があります。ノートPCが「Thunderbolt3」対応ポートを備えているか、購入前にしっかりと確認しましょう。

M1チップ搭載のMacは使用できない

外付けグラボ・eGPUボックスは、M1チップを搭載したMac OSのノートPCでは使用できないため、使いたいノートPCのプロセッサを確認しましょう。M1チップは、2020年11月以降にリリースされた「MacBook Pro」や「MacBook Air」に搭載されている、Apple社で開発されたプロセッサです。MacOSでeGPUボックスを使いたい場合は、「Intel」プロセッサを搭載し、「Thunderbolt 3」ポートを備えたノートPCが必要になります。使えるか不安な方は、Apple公式ページもチェックしておきましょう。

外付けグラボ・eGPUボックスの種類

ケースのみタイプ|自分にあったGPUを選べる

ケースのみタイプ|自分にあったGPUを選べる

出典:Amazon.co.jp

ケースのみタイプの外付けグラボ・eGPUボックスは、GPUを設置する箱のみの状態になっているタイプです。GPUは付属しないため、別で用意する必要があります。用途にあった性能のGPUを、自由に選びたい方におすすめです。ケースに対応しているものであれば、新しいGPUに気軽に交換できるのもメリットです。

グラボ内蔵タイプ|セッティングの手間が少ない

グラボ内蔵タイプ|セッティングの手間が少ない

出典:Amazon.co.jp

グラボ内蔵タイプの外付けグラボ・eGPUボックスは、ケースの中にあらかじめGPUが内蔵されており、接続してすぐに使用できるのが特徴です。GPU選びや、ケース内への設置作業の手間がかからないのがメリットです。商品によっては内蔵GPUを交換できないものもあるため、将来的にアップグレードを行う可能性のある場合は、GPU交換が可能かどうかもあわせて確認しておきましょう。

外付けグラボ・eGPUボックスの選び方

GPUメーカーごとの対応OSをチェック

AMD(Radeonシリーズ)|Window OS・Mac OSの両方に対応

AMD(Radeonシリーズ)|Window OS・Mac OSの両方に対応

出典:Amazon.co.jp

AMD(Advanced Micro Devices)は、「Radeon」シリーズを展開し、様々なグラフィックボードを販売しています。「RX 6950 XT」や「RX 6950 XT」などがあり、数字が大きいものほど、価格が高く高性能になります。「Radeon」シリーズのGPUは、WindowsとMacいずれのOSでも使用可能です。

NVIDIA(GeForceシリーズ)|Window OSのみに対応

NVIDIA(GeForceシリーズ)|Window OSのみに対応

出典:Amazon.co.jp

NVIDIA(エヌビディア)は、「GeForce」シリーズとして、豊富なラインナップのグラフィックボードを取り扱っています。「RTX 3090」や「RTX 3080」、「GTX 1650」などがあり、AMDと同様、数字が大きいものほど性能が高くなります。「GeForce」シリーズのGPUはWindowsOSのみ対応で、MacOSでは使用できないので注意しましょう。

対応しているGPUの規格をチェック

対応しているGPUの規格をチェック

出典:Amazon.co.jp

外付けグラボ・eGPUボックスは、ケースのみの商品を購入する場合、後付けするGPUの規格がケースに対応しているかを確認しましょう。GPUとケースのサイズや規格が対応していないと、ケース内に収まらず、設置できない可能性があります。商品を選ぶ際は、使用したいGPUの縦幅や横幅、占有スロットについての記載を必ずチェックしておきましょう。

出力端子の種類や数で選ぶ|モニターに対応した端子をチェック

出力端子の種類や数で選ぶ|モニターに対応した端子をチェック

出典:Amazon.co.jp

外付けグラボ・eGPUボックスは、モニターへの出力端子に対応しているかをチェックしましょう。「HDMI」や「DisplayPort」「Type-C」など、商品によって備えている出力端子の種類が異なります。モニターがeGPUボックスの出力ポートの規格に対応していないと接続ができず、使用できないので注意が必要です。マルチディスプレイなどで、複数のディスプレイを同時に使用したい場合は、出力ポートの数も確認しておきましょう。

電源の大きさで選ぶ|補助電源端子がついているかチェック

電源の大きさで選ぶ|補助電源端子がついているかチェック

出典:Amazon.co.jp

外付けグラボ・eGPUボックスは、GPUの消費電力を考慮して、搭載している電源の大きさもチェックしましょう。GPUによっては消費電力が大きく、補助電源が必要になるものもあります。補助電源を必要とするGPUを使用する場合は、「6pin」や「8pin」など、補助電源端子が付いているeGPUボックスを選びましょう。

USBポート付きもおすすめ|デバイスを複数接続できる

USBポート付きもおすすめ|デバイスを複数接続できる

出典:Amazon.co.jp

外付けグラボ・eGPUボックスは、外付けのPC周辺機器を接続できる、USBボートを備えているものも多くあります。USB端子が複数ついているタイプはUSBハブとしても使用できるため、ノートPCのポート数を拡張できるのがメリットです。なお、USBには「Type-A」や「Type-C」などがあり、デバイスによって対応しているタイプが異なるので注意しましょう。

外付けグラボ・eGPUボックスのおすすめ商品比較表

商品

販売サイト

ポイント

搭載GPU

搭載端子

4K対応

ビデオメモリ

補助電源

本体サイズ

eGFX Breakaway Box GPU-550W-TB3 ソネットテクノロジー eGFX Breakaway Box GPU-550W-TB3

GPUのオーバーヒートを防ぐ2基の大型ファン装備

メーカー記載なし

メーカー記載なし

メーカー記載なし

-

8pin×1

幅29.1×奥行43.2×高さ27.5cm

Node Titan AKTNPTNT3 ガンメタリック AKiTiO Node Titan AKTNPTNT3 ガンメタリック

フルサイズGPUに対応の広々スペース

AMD Radeon RX Vega 64

メーカー記載なし

-

-

8pin×2

幅13.5×奥行35.7×高さ26.6cm

Node Titan グラフィックボード向け PCI Express 外付け拡張ボックス AMU-AKTNPTNT3 ガンメタリック AKiTiO Node Titan グラフィックボード向け PCI Express 外付け拡張ボックス AMU-AKTNPTNT3 ガンメタリック

フルサイズGPU対応!取っ手付きで携帯しやすい

外付け

メーカー記載なし

-

-

-

幅13.5×奥行35.7×高さ26.6cm

Node グラフィックボード専用 外付け拡張ボックス AMU-NODE-T3IA-AKTJ5 ブラック AKiTiO Node グラフィックボード専用 外付け拡張ボックス AMU-NODE-T3IA-AKTJ5 ブラック

補助電源8ピン×2対応で安定接続

外付け

メーカー記載なし

-

-

-

幅14.5奥行4.28×高さ2.27cm

外付けGPU Box GPU-750WEX-TB3 ソネットテクノロジー 外付けGPU Box GPU-750WEX-TB3

750w電源でハイエンドGPUも内蔵可能

外付け

メーカー記載なし

-

-

-

幅18.4×奥行33.9×高さ20.3cm

eGPU Breakaway Puck Radeon RX 5500 XT GPU-R55XT-TB3-S ソネットテクノロジー eGPU Breakaway Puck Radeon RX 5500 XT GPU-R55XT-TB3-S

狭いスペースでも設置しやすいコンパクトサイズ

AMD Radeon RX 5500 XT

メーカー記載なし

-

メーカー記載なし

幅15.24×奥行12.95×高さ5.08cm

NVIDIA GeForce RTX3080搭載 外付けグラフィックボード GDDR6X GV-N3080IXEB-10GD_R2.0 ブラック 日本ギガバイト NVIDIA GeForce RTX3080搭載 外付けグラフィックボード GDDR6X GV-N3080IXEB-10GD_R2.0 ブラック

GPUをしっかり冷やす水冷却システム搭載

NVIDIA GeForce RTX 3080

HDMI端子×2, DisplayPort×3

10GB

8pin×2

幅14×奥行30×高さ17.3cm

AORUS RTX 3090 ゲーミングボックス GV-N3090IXEB-24GD 日本ギガバイト AORUS RTX 3090 ゲーミングボックス GV-N3090IXEB-24GD

高性能GPU搭載!高い冷却性も特徴

NVIDIA GeForce RTX 3090

HDMI端子×2, DisplayPort×3

24GB

メーカー記載なし

幅14×奥行30×高さ17.3cm

eGFX ブレイクアウェイパック Radeon RX 560-S GPU-RX560-TB3-S ソネットテクノロジー eGFX ブレイクアウェイパック Radeon RX 560-S GPU-RX560-TB3-S

どこでも手軽にゲームが楽しめるコンパクトタイプ

AMD Radeon RX 560

メーカー記載なし

-

-

-

幅15.2×奥行12.9×高さ5.0cm

ゲーミングボックス RX 580 8G グラフィックカード GV-RX580IXEB-8GD 日本ギガバイト ゲーミングボックス RX 580 8G グラフィックカード GV-RX580IXEB-8GD

Radeon RX 580搭載!パワフルにゲームがプレイできる

AMD Radeon RX 580

USB 3.0×3

-

8GB

-

幅17.2×奥行13.1×高さ3.9cm

AORUS ゲーミングボックス GTX 1070 GV-N1070IXEB-8GD 日本ギガバイト AORUS ゲーミングボックス GTX 1070 GV-N1070IXEB-8GD

モバイルノートPCが簡単にゲームPC化できる

NVIDIA GeForce GTX 1070

HDMI端子×1, DisplayPort×1, DVI端子×2

8GB

-

幅21.2×奥行9.6×高さ16.2cm

  • 掲載している参考価格・スペック等の情報について、万全の保証はいたしかねます。詳細な商品情報については、購入前に各メーカーの公式サイト等でご確認ください。
  • 比較表内の空欄部分は調査中です。

【ケースのみ】外付けグラボ・eGPUボックスのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

参考価格69,029円

GPUのオーバーヒートを防ぐ2基の大型ファン装備

冷却性に優れたeGPUボックスです。2基の大型ファンを装備し、風速調節機能と温度調節機能により、GPUのオーバーヒートを防止します。静音性も高く、GPU作動中も静かなので、しっかり作業に集中できます。またPCIeカードもサポートしているため、「RED ROCKET-X」や「AVID Pro Tools」などを使用したい方にもおすすめです。

搭載GPU
メーカー記載なし
搭載端子
メーカー記載なし
4K対応
メーカー記載なし
ビデオメモリ
-
補助電源
8pin×1
本体サイズ
幅29.1×奥行43.2×高さ27.5cm

GPUのオーバーヒートを防ぐ2基の大型ファン装備

冷却性に優れたeGPUボックスです。2基の大型ファンを装備し、風速調節機能と温度調節機能により、GPUのオーバーヒートを防止します。静音性も高く、GPU作動中も静かなので、しっかり作業に集中できます。またPCIeカードもサポートしているため、「RED ROCKET-X」や「AVID Pro Tools」などを使用したい方にもおすすめです。

搭載GPU
メーカー記載なし
搭載端子
メーカー記載なし
4K対応
メーカー記載なし
ビデオメモリ
-
補助電源
8pin×1
本体サイズ
幅29.1×奥行43.2×高さ27.5cm

出典:Amazon.co.jp

参考価格55,800円

フルサイズGPUに対応の広々スペース

650W電源のeGPUボックスです。電源が大きめなので、消費電力の大きいGPUでも使用できます。スペースが広く、フルサイズGPUを設置できるのも特徴です。サイドにはメッシュパネルが付いており、吸気と排気を効率良く行いながら、GPUが加熱するのを防止します。また、持ち運び用のハンドルが付いているので、別の場所に移動させる際も便利です。

搭載GPU
AMD Radeon RX Vega 64
搭載端子
メーカー記載なし
4K対応
-
ビデオメモリ
-
補助電源
8pin×2
本体サイズ
幅13.5×奥行35.7×高さ26.6cm

フルサイズGPUに対応の広々スペース

650W電源のeGPUボックスです。電源が大きめなので、消費電力の大きいGPUでも使用できます。スペースが広く、フルサイズGPUを設置できるのも特徴です。サイドにはメッシュパネルが付いており、吸気と排気を効率良く行いながら、GPUが加熱するのを防止します。また、持ち運び用のハンドルが付いているので、別の場所に移動させる際も便利です。

搭載GPU
AMD Radeon RX Vega 64
搭載端子
メーカー記載なし
4K対応
-
ビデオメモリ
-
補助電源
8pin×2
本体サイズ
幅13.5×奥行35.7×高さ26.6cm

出典:Amazon.co.jp

参考価格57,000円

フルサイズGPU対応!取っ手付きで携帯しやすい

フルサイズのGPUも搭載できる大型のGPUボックスです。312× 107mmのフルレングスGPU、占有スロット2. 5までのサイズに対応しています。本体の上部に収納可能な取っ手があり、移動時の持ち運びもスムーズです。本体の底に2個の放熱ファンがついており、高速処理時の発熱によるパフォーマンスの低下がおさえられ、動作が安定しやすいのも特徴です。WindowsとMacと互換性があります。

搭載GPU
外付け
搭載端子
メーカー記載なし
4K対応
-
ビデオメモリ
-
補助電源
-
本体サイズ
幅13.5×奥行35.7×高さ26.6cm

フルサイズGPU対応!取っ手付きで携帯しやすい

フルサイズのGPUも搭載できる大型のGPUボックスです。312× 107mmのフルレングスGPU、占有スロット2. 5までのサイズに対応しています。本体の上部に収納可能な取っ手があり、移動時の持ち運びもスムーズです。本体の底に2個の放熱ファンがついており、高速処理時の発熱によるパフォーマンスの低下がおさえられ、動作が安定しやすいのも特徴です。WindowsとMacと互換性があります。

搭載GPU
外付け
搭載端子
メーカー記載なし
4K対応
-
ビデオメモリ
-
補助電源
-
本体サイズ
幅13.5×奥行35.7×高さ26.6cm

出典:Amazon.co.jp

参考価格77,000円

補助電源8ピン×2対応で安定接続

500Wの電源を搭載したGPU用の拡張ボックスです。Thunderbolth3搭載のノートPCと接続すれば、グラフィック処理性能が増設できます。フルレングスのGPUボードと、2スロット占有タイプまで対応可能になっています。8ピン×2の補助電源コネクタにも対応しており、足りない電力を補いながら安定したパフォーマンス性能が維持できるのも特徴です。本体の前・側面には放熱用の大型ファンも搭載されています。

搭載GPU
外付け
搭載端子
メーカー記載なし
4K対応
-
ビデオメモリ
-
補助電源
-
本体サイズ
幅14.5奥行4.28×高さ2.27cm

補助電源8ピン×2対応で安定接続

500Wの電源を搭載したGPU用の拡張ボックスです。Thunderbolth3搭載のノートPCと接続すれば、グラフィック処理性能が増設できます。フルレングスのGPUボードと、2スロット占有タイプまで対応可能になっています。8ピン×2の補助電源コネクタにも対応しており、足りない電力を補いながら安定したパフォーマンス性能が維持できるのも特徴です。本体の前・側面には放熱用の大型ファンも搭載されています。

搭載GPU
外付け
搭載端子
メーカー記載なし
4K対応
-
ビデオメモリ
-
補助電源
-
本体サイズ
幅14.5奥行4.28×高さ2.27cm

出典:Amazon.co.jp

参考価格67,800円

750w電源でハイエンドGPUも内蔵可能

キューブ型のおしゃれなデザインのGPUボックスです。750Wの大容量電源を搭載し、GPUには最大で375Wの強力な電力が供給できるので、ハイエンドなGPUでも動作が安定しやすいです。ノートPCへの給電にも対応可能で、グラフィック性能を増強しながらPCへの給電も行えます。USBポートが4つ搭載されており、様々なデバイスの接続にも使える仕様です。

搭載GPU
外付け
搭載端子
メーカー記載なし
4K対応
-
ビデオメモリ
-
補助電源
-
本体サイズ
幅18.4×奥行33.9×高さ20.3cm

750w電源でハイエンドGPUも内蔵可能

キューブ型のおしゃれなデザインのGPUボックスです。750Wの大容量電源を搭載し、GPUには最大で375Wの強力な電力が供給できるので、ハイエンドなGPUでも動作が安定しやすいです。ノートPCへの給電にも対応可能で、グラフィック性能を増強しながらPCへの給電も行えます。USBポートが4つ搭載されており、様々なデバイスの接続にも使える仕様です。

搭載GPU
外付け
搭載端子
メーカー記載なし
4K対応
-
ビデオメモリ
-
補助電源
-
本体サイズ
幅18.4×奥行33.9×高さ20.3cm

【グラボ内蔵】外付けグラボ・eGPUボックスのおすすめ6選

出典:Amazon.co.jp

参考価格100,760円

狭いスペースでも設置しやすいコンパクトサイズ

「Radeon RX 5500 XT」搭載のeGPUボックスです。WindowsOSだけでなく、Intel搭載のMacOSにも対応しています。複数のボディ面にメッシュが付いており、GPUの熱が外に逃げやすい設計なのもポイントです。Thunderboltに加え、HDMI、ディスプレイポート、2つのUSBポートも備えており、様々なデバイスを接続できます。コンパクトなサイズなので、スペースに限りのある場所での使用もおすすめです。

搭載GPU
AMD Radeon RX 5500 XT
搭載端子
メーカー記載なし
4K対応
ビデオメモリ
-
補助電源
メーカー記載なし
本体サイズ
幅15.24×奥行12.95×高さ5.08cm

狭いスペースでも設置しやすいコンパクトサイズ

「Radeon RX 5500 XT」搭載のeGPUボックスです。WindowsOSだけでなく、Intel搭載のMacOSにも対応しています。複数のボディ面にメッシュが付いており、GPUの熱が外に逃げやすい設計なのもポイントです。Thunderboltに加え、HDMI、ディスプレイポート、2つのUSBポートも備えており、様々なデバイスを接続できます。コンパクトなサイズなので、スペースに限りのある場所での使用もおすすめです。

搭載GPU
AMD Radeon RX 5500 XT
搭載端子
メーカー記載なし
4K対応
ビデオメモリ
-
補助電源
メーカー記載なし
本体サイズ
幅15.24×奥行12.95×高さ5.08cm

出典:Amazon.co.jp

参考価格214,388円

GPUをしっかり冷やす水冷却システム搭載

「GeForce RTX3080」搭載のeGPUボックスです。水冷却システムを搭載しており、動作中のGPUをしっかり冷やしながら、オーバーヒートを防止できます。内部の液体の漏れを検知した際に、フラッシュライトで知らせる機能があるのも特徴です。また、RGBライティング機能付きで、色やエフェクトのカスタマイズができるのも魅力です。

搭載GPU
NVIDIA GeForce RTX 3080
搭載端子
HDMI端子×2, DisplayPort×3
4K対応
ビデオメモリ
10GB
補助電源
8pin×2
本体サイズ
幅14×奥行30×高さ17.3cm

GPUをしっかり冷やす水冷却システム搭載

「GeForce RTX3080」搭載のeGPUボックスです。水冷却システムを搭載しており、動作中のGPUをしっかり冷やしながら、オーバーヒートを防止できます。内部の液体の漏れを検知した際に、フラッシュライトで知らせる機能があるのも特徴です。また、RGBライティング機能付きで、色やエフェクトのカスタマイズができるのも魅力です。

搭載GPU
NVIDIA GeForce RTX 3080
搭載端子
HDMI端子×2, DisplayPort×3
4K対応
ビデオメモリ
10GB
補助電源
8pin×2
本体サイズ
幅14×奥行30×高さ17.3cm

出典:Amazon.co.jp

参考価格374,693円

高性能GPU搭載!高い冷却性も特徴

「GeForce RTX3090」搭載のeGPUボックスです。GPUの性能が高いため、3Dゲームや動画編集など、高精細な映像を映し出したい方におすすめです。HDMIポートとディスプレイポートを3つずつ備えているので、複数のデバイスへの映像出力もできます。また水冷却システムと2基のファンが搭載されており、GPUを冷却しながら、内部の熱を逃がす設計なのも特徴です。

搭載GPU
NVIDIA GeForce RTX 3090
搭載端子
HDMI端子×2, DisplayPort×3
4K対応
ビデオメモリ
24GB
補助電源
メーカー記載なし
本体サイズ
幅14×奥行30×高さ17.3cm

高性能GPU搭載!高い冷却性も特徴

「GeForce RTX3090」搭載のeGPUボックスです。GPUの性能が高いため、3Dゲームや動画編集など、高精細な映像を映し出したい方におすすめです。HDMIポートとディスプレイポートを3つずつ備えているので、複数のデバイスへの映像出力もできます。また水冷却システムと2基のファンが搭載されており、GPUを冷却しながら、内部の熱を逃がす設計なのも特徴です。

搭載GPU
NVIDIA GeForce RTX 3090
搭載端子
HDMI端子×2, DisplayPort×3
4K対応
ビデオメモリ
24GB
補助電源
メーカー記載なし
本体サイズ
幅14×奥行30×高さ17.3cm

出典:Amazon.co.jp

参考価格358,880円

どこでも手軽にゲームが楽しめるコンパクトタイプ

携帯しやすいコンパクトな外付けGPUユニットです。幅15cm、奥行き13cm、高さ5cmのコンパクト設計で、カバンの中に入れて楽に持ち運べます。GPU(Radeon RX 560-S)とケースが一体化されており、Thunderbolt 3搭載のノートPCと接続するだけでグラフィック性能が増強できるのが魅力です。別売りのキットを用意すれば、液晶ディスプレイへの取り付けも可能です。ディスプレイポートが3基あり、最大4台のディスプレイと接続できます。

搭載GPU
AMD Radeon RX 560
搭載端子
メーカー記載なし
4K対応
-
ビデオメモリ
-
補助電源
-
本体サイズ
幅15.2×奥行12.9×高さ5.0cm

どこでも手軽にゲームが楽しめるコンパクトタイプ

携帯しやすいコンパクトな外付けGPUユニットです。幅15cm、奥行き13cm、高さ5cmのコンパクト設計で、カバンの中に入れて楽に持ち運べます。GPU(Radeon RX 560-S)とケースが一体化されており、Thunderbolt 3搭載のノートPCと接続するだけでグラフィック性能が増強できるのが魅力です。別売りのキットを用意すれば、液晶ディスプレイへの取り付けも可能です。ディスプレイポートが3基あり、最大4台のディスプレイと接続できます。

搭載GPU
AMD Radeon RX 560
搭載端子
メーカー記載なし
4K対応
-
ビデオメモリ
-
補助電源
-
本体サイズ
幅15.2×奥行12.9×高さ5.0cm

出典:Amazon.co.jp

参考価格398,800円

Radeon RX 580搭載!パワフルにゲームがプレイできる

グラボ内蔵タイプの外付けGPUボックスです。高性能なグラフィックでゲームが楽しめるRadeon RX 580が内蔵されています。USBポートが3つ搭載されており、ゲームに必要なコントローラーやヘッドセットなど、同時に複数台の接続が可能です。1,670万色のカラーライティング対応で、サイドが好みの色に変えられるのも特徴です。USBポートはQuick charge対応で、QC3.0対応のスマホが従来の約4倍の速度で充電できます。

搭載GPU
AMD Radeon RX 580
搭載端子
USB 3.0×3
4K対応
-
ビデオメモリ
8GB
補助電源
-
本体サイズ
幅17.2×奥行13.1×高さ3.9cm

Radeon RX 580搭載!パワフルにゲームがプレイできる

グラボ内蔵タイプの外付けGPUボックスです。高性能なグラフィックでゲームが楽しめるRadeon RX 580が内蔵されています。USBポートが3つ搭載されており、ゲームに必要なコントローラーやヘッドセットなど、同時に複数台の接続が可能です。1,670万色のカラーライティング対応で、サイドが好みの色に変えられるのも特徴です。USBポートはQuick charge対応で、QC3.0対応のスマホが従来の約4倍の速度で充電できます。

搭載GPU
AMD Radeon RX 580
搭載端子
USB 3.0×3
4K対応
-
ビデオメモリ
8GB
補助電源
-
本体サイズ
幅17.2×奥行13.1×高さ3.9cm

出典:Amazon.co.jp

参考価格448,800円

モバイルノートPCが簡単にゲームPC化できる

GeForce GTX 1070搭載の外付けGPUボックスです。Thunderbolt 3対応のモバイルノートPCと接続するだけで、簡単にゲーミングPC化できます。ディスプレイポート、HDMI、DVIポート×2、USBポート×3、スマホの急速充電対応のQuick Charge 3.0対応USBポートが1つ搭載された、拡張性の高いモデルです。1,680万色対応のカラーカスタマイズ機能もついており、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

搭載GPU
NVIDIA GeForce GTX 1070
搭載端子
HDMI端子×1, DisplayPort×1, DVI端子×2
4K対応
ビデオメモリ
8GB
補助電源
-
本体サイズ
幅21.2×奥行9.6×高さ16.2cm

モバイルノートPCが簡単にゲームPC化できる

GeForce GTX 1070搭載の外付けGPUボックスです。Thunderbolt 3対応のモバイルノートPCと接続するだけで、簡単にゲーミングPC化できます。ディスプレイポート、HDMI、DVIポート×2、USBポート×3、スマホの急速充電対応のQuick Charge 3.0対応USBポートが1つ搭載された、拡張性の高いモデルです。1,680万色対応のカラーカスタマイズ機能もついており、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

搭載GPU
NVIDIA GeForce GTX 1070
搭載端子
HDMI端子×1, DisplayPort×1, DVI端子×2
4K対応
ビデオメモリ
8GB
補助電源
-
本体サイズ
幅21.2×奥行9.6×高さ16.2cm

ノートパソコン用冷却台もチェック

負荷のかかりやすい作業でもノートPCの負荷を抑えられる、ノートパソコン用冷却台もおすすめです。選び方とおすすめ商品を紹介していますので、あわせてチェックしてみてください。

この記事の修正依頼を送る

人気記事