一輪車のおすすめ4選!ノーパンクタイヤも

一輪車のおすすめ4選!ノーパンクタイヤも

「一輪車」はほとんどの小学校に置かれていて、多くの方が乗ったことあると思います。一輪車は運動効果も高く、身体の基礎が作られる子どもへのプレゼントにもよいでしょう。ケガをしにくいようにタイヤに工夫がされているものや競技用として使えるような本格的な商品もあります。今回は一輪車の基礎知識や選び方、「サイズはどう見たらいいの?」などの疑問に答えます。初心者でも乗りやすい商品やブリヂストンが発売しているおすすめの人気商品なども紹介します!

一輪車の種類と特徴

一輪車は年齢、性別を問わず誰でも楽しめる乗り物です。また、平こう感覚や反射神経といった運動技能や、集中力ややる気をといった内面的な成長に効果があると言われています。友達と助け合いながら練習できるということから、教具としてほとんど全ての小学校に置かれています。誰でも遊べるものである一方、一輪車はスポーツとしての側面も注目されています。トラック競技だけでなくマラソンやクロスカントリー、「陸上のフィギュアスケート」と呼ばれる演技部門まであり、始めやすく生涯続けられるスポーツとして人気です。

一輪車の選び方

サイズ

一輪車を選ぶうえで重要なポイントは、身長に合ったものを選ぶということです。低すぎるものや高すぎるものでは上手く練習することができないため、サドルがへその位置に来るものを選びましょう。一輪車の大きさは主にタイヤのサイズ(インチ)で示されます。小学校低学年は16〜18インチ、高学年は20〜22インチ、中学生以上は24インチが目安となりますが、メーカーによって適正身長が違うため、しっかり確認することが大切です。

耐久性

一輪車は倒れることが前提の乗り物です。また、子どもの場合はちょっと乱暴に扱ってしまうこともあります。ペダルやサドルが傷んでしまったり、パーツが破損してしまった一輪車は、そのまま使用していると重大な怪我にもつながりかねません。そのため、サドルにガードが付いたものや、耐久性に優れた素材を使ったものを選ぶようにするといいでしょう。一輪車の中には保証が付いているものや、オプションで保証がつけられるものもあるので、長く愛用するなら保証があるものを選ぶことをおすすめします。また、日本一輪車協会の認定を受けたものは、一定の基準をクリアしているので安心して使用できます。

タイヤ

チューブ式タイヤ

チューブでできているタイヤはパンクをしてしまうこともありますが、パンクをしても交換してまた使うことができます。日々のメンテナンスが必要なので手間はかかりますが、しっかりメンテナンスをしていると、長く使うことができてお得です。

ノーパンクタイヤ

パンクをすることがなく、日々のメンテナンスもほとんど必要ありませんが、交換不可能な部品が多いため、壊れてしまうと修理することができません。また、ノーパンクタイヤは振動が体に伝わりやすくなっています。振動を感じた方がバランス感覚を養いやすいという意見もありますが、振動が気になるという方もいるので、購入の前に確かめておくとよいでしょう。

用途

一輪車競技を目指す場合、大会で使用できるものが一輪車協会によって定められているため、普段の練習から認定されている一輪車を使用するといいでしょう。また、初めての一輪車であったり、遊びの範囲で使用する場合は、樹脂やプラスチックの車輪のものが安価でおすすめです。これらはデザインが重視されたものも多く、プレゼントにもぴったりですが、メーカーによって規格が異なるためしっかり確認して購入するようにしましょう。

一輪車の主なメーカー

BRIDGESTONE

世界大手のタイヤメーカーブリヂストンです。そこから分離独立したブリヂストンサイクル株式会社は、日本の自転車のトップメーカーとして他を牽引しています。一輪車は可愛らしいデザインを重視したSCARECROWと、機能性を重視したSPINZの2モデルがあり、確かな技術と信頼性の高さから、人気ランキングでも上位にランクインしています。

MIYATA

日本最古の自転車メーカーであるモリタ宮田工業から2010年に分社した自転車メーカーです。確かな技術と高い耐久性から、MIYATAの一輪車は小学校や児童館でも多く使われています。スタンダードなフラミンゴ、専用タイヤのノーパンク、上級者モデルであるエキスパートの3モデルを展開しており、どれも日本一輪車協会の認定品です。

一輪車のおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

レザーサドルやホイールカバー、ポスト部分に可愛らしいデザインが施された一輪車です。サイズ展開は12・14・16・18・20インチの5サイズです。サドルの部分には、持ち手が付き、跨るときや持ち運ぶときに便利です。付属のスタンドを使用すれば、すっきりと収納することができます。

レザーサドルやホイールカバー、ポスト部分に可愛らしいデザインが施された一輪車です。サイズ展開は12・14・16・18・20インチの5サイズです。サドルの部分には、持ち手が付き、跨るときや持ち運ぶときに便利です。付属のスタンドを使用すれば、すっきりと収納することができます。

出典:Amazon.co.jp

ホークに描かれたロゴが可愛らしい一輪車です。特徴はサドルの固定方式が選べることで、頻繁にサドルの高さを変更するならシートピン、シートピン止めが足に引っかかるのが気になるならロックナットと、2つの方式を自由に変更できます。

ホークに描かれたロゴが可愛らしい一輪車です。特徴はサドルの固定方式が選べることで、頻繁にサドルの高さを変更するならシートピン、シートピン止めが足に引っかかるのが気になるならロックナットと、2つの方式を自由に変更できます。

出典:Amazon.co.jp

日本一輪車協会認定品の競技向け一輪車です。回転抵抗を従来の約半分まで落としたペダリングの良さや、脚のかけやすいホークデザインなど、扱いやすさ、競技のしやすさが重視されています。大きめのサイズが展開されているので、大人の方にもおすすめです。

日本一輪車協会認定品の競技向け一輪車です。回転抵抗を従来の約半分まで落としたペダリングの良さや、脚のかけやすいホークデザインなど、扱いやすさ、競技のしやすさが重視されています。大きめのサイズが展開されているので、大人の方にもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

日本一輪車協会の認定品で、最も小学校に採用されている一輪車シリーズです。安定性や耐久性にも優れ、ノーパンクタイヤなのでメンテナンスの手間があまりかかりません。価格は高めで、タイヤの交換はできませんが、競技用としても使えるしっかりした一輪車が欲しいという方におすすめです。

日本一輪車協会の認定品で、最も小学校に採用されている一輪車シリーズです。安定性や耐久性にも優れ、ノーパンクタイヤなのでメンテナンスの手間があまりかかりません。価格は高めで、タイヤの交換はできませんが、競技用としても使えるしっかりした一輪車が欲しいという方におすすめです。

一輪車のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

紹介されているメーカー