カッティングマシンのおすすめ7選!厚紙も切れる【2020年版】

カッティングマシンのおすすめ7選!厚紙も切れる【2020年版】

カッティングマシン(カッティングプロッター)はスキャンカットとも呼ばれ、プラ板や厚紙など、通常のカッターでは切ることが難しい材質のものを簡単にカットできるアイテムです。本来は業務用でしたが、手軽にステッカーやうちわなどをつくることができるため、家庭用に購入する方も増えています。ペーパークラフトやステンシル、DIYといった作業を本格的に行いたいという方にも人気です。PCに接続して使用する際には、Macには対応していないマシンもあるので注意が必要です。カメオやステカ、マックス、ブラザーなどのメーカーから販売されており、商品によって性能や機能も様々です。今回は、カッティングマシンの選び方やおすすめ商品をを紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

カッティングマシンの選び方

大きさで選ぶ

小型は手軽に購入できる

小型は手軽に購入できる

出典:Amazon.co.jp

自宅で使用する場合や、作業するスペースが限られている場合には、小型のものを選びましょう。価格も安いもので3万円と、比較的お手頃に購入することができます。ただし、サイズが小型な分、大きいサイズのカッティングや100枚単位でのカッティングには不向きなので注意が必要です。その場合は、いくつかに分割してからカッティングすれば、大きいサイズのカッティングも行うことができます。

中型は使用用途が幅広い

中型は使用用途が幅広い

出典:Amazon.co.jp

オリジナルTシャツやジャケットといった衣類のカットや、看板作成などの事業として使用するのであれば、中型のカッティングマシンを選びましょう。中型のカッティングマシンは、大きなサイズのカッティングが可能で、カッティング速度も、小型のものに比べて5倍〜10倍速くなります。そのため、大きなサイズのステッカーなどを、100枚単位で大量にカッティングする際は、中型のカッティングマシンが活躍します。

切断可能な素材で選ぶ

切断可能な素材で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

カッティングマシンで切ることができるのは、紙やカッティングシートだけではありません。布やフェルト、プラスチックなどの特殊な素材を切ることができるカッティングマシンもあるため、切れる素材についてもチェックしておきましょう。様々な素材を切れるもの方が、色々な用途に使用できるためおすすめです。ステッカーシートのカッティングにしか使用できないものなど、切れる素材が限定される機種もあるので注意してください。

カッティング範囲で選ぶ

自分がカッティングしたい紙の幅に対応しているカッティングマシンを選ぶことが重要です。小型のカッティングマシンでは、約250〜305mmの間をカッティング範囲としているものが多いです。中型のカッティングマシンになると、約580〜610mmとカッティング範囲が大きくなり、より大きい紙を切ることができるため、作業の幅が広がります。

切断可能な厚さで選ぶ

切れる紙の厚さは商品によって異なるため、切りたい紙の厚さに合わせて選びましょう。紙の厚さは、コピー用紙や画用紙など、その種類によって異なります。対応していない厚さの紙を切ろうとすると、マシンの故障にも繋がってしまいます。そのため、なるべく切れる厚さが幅広いカッティングマシンを選ぶことで、様々な用途に使用することができます。中には、ハサミやカッターで切ることができない厚さ0.5mmのボール紙も切ることができるものもあります。

カッティングの速度で選ぶ

カッティングの速度が速ければ、その分作業を早く終えることができるため効率的です。マシンによっては、速度を何段階か調節することができるものもあるため、自分の使いやすい速度に合わせることができます。注意する点として、小型のカッティングマシンの速度を速くすると、刀や紙がブレてしまい、きれいに仕上がらないことが挙げられます。また、初心者は速度が遅い方が安心して作業できるため、あえて速度の遅いものを選ぶのもおすすめです。

使用中の音の大きさで選ぶ

使用中の音の大きさで選ぶ

自宅で使用するのであれば、切るときの音の大きさも気をつけて選ぶ必要があります。特に業務用のマシンは、カッティングの速度や切れる素材が多く、優れている点が多いですが、その分切るときの音や作動音が気になる場合があります。自宅で使用することを想定した小型のマシンであれば、静音仕様のものも多いためおすすめです。

対応しているOSをチェック

基本的に、カッティングマシンはPCに接続して使用します。そのため、普段使用しているPCのOSに対応しているマシンを選びましょう。Windowsにしか対応していないマシンが多いため、Macを使用している方は特に注意が必要です。中には、タブレット端末と接続できるカッティングマシンも販売されています。iPadとAndroidタブレットで対応の有無が異なるため、接続したいタブレットのOSも確認しておきましょう。

機能で選ぶ

イラストレーター対応なら使い慣れたソフトを使用可能

カッティングマシンの多くには、オリジナルのデザインソフトが内臓されています。しかし、使い慣れているソフトを使用してデザインしたいのであれば、イラストレーターなどのソフトから直接出力ができるかどうかも確認しておきましょう。イラストレーターでデザインしたイラストを、簡単にステッカーやTシャツとしてプリントすることができます。

スキャン機能付きなら手書きのデザインも使える

スキャン機能付きなら手書きのデザインも使える

出典:Amazon.co.jp

PCの操作や、PC上でのデザインが苦手な方には、スキャン機能付きのカッティングマシンがおすすめです。手書きのイラストをスキャンすることができるため、PC上でデザインしたものとは一味違ったステッカーやTシャツを仕上げることができます。スキャンするだけで、あとは難しい操作は必要ないため、PCの操作が不安な方でも安心です。

液晶パネルがあれば直感的な操作ができる

液晶パネルがあれば直感的な操作ができる

出典:Amazon.co.jp

PCと繋いで使用するのが面倒だったり、機械の操作にあまり自信がない方は、液晶パネル付きのカッティングマシンを選ぶと良いでしょう。液晶パネル上のタッチパネルは、文字やアイコンで分かりやすく表示されているため、直感的な操作が可能です。液晶パネルでカットまでの作業を一通りこなせるため、PCから離れた場所に設置する場合にもおすすめです。

トンボ読み取り機能でより綺麗な仕上がりに

トンボとは、印刷する範囲やカッティングの範囲、加工の位置を示す印のことで、「トリムマーク」とも呼ばれます。トンボを読み取ることで、仕上がりの質が大きく変わります。手動で設定できるものもありますが、自動で読み取ってくれるものだとより精密に綺麗に仕上がります。特に初心者の方は、自動でトンボを読み取ってくれる機能の付いたマシンがおすすめです。

カッティングマシンのおすすめ7選

出典:Amazon.co.jp

紙やフィルムに加えて、布もカットできるプロッターです。スキャナーが内蔵されており、カットする文字やイラストなどのデータをスキャンして、ダイレクトにカットすることができます。500種類以上内蔵されているパターンも使用できます。オリジナルステッカー、店舗用POP、パッチワークなど、幅広い用途におすすめです。

紙やフィルムに加えて、布もカットできるプロッターです。スキャナーが内蔵されており、カットする文字やイラストなどのデータをスキャンして、ダイレクトにカットすることができます。500種類以上内蔵されているパターンも使用できます。オリジナルステッカー、店舗用POP、パッチワークなど、幅広い用途におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

12インチ、レター、A4サイズに対応しているプロッターです。カットできる用紙は、画用紙、はがき、ケント紙、インクジェット数などです。また、高輝度反射フィルムを除く、厚さ0.1mm以下のフィルムや、厚さ0.5mmまでのボール紙などもカットできます。

12インチ、レター、A4サイズに対応しているプロッターです。カットできる用紙は、画用紙、はがき、ケント紙、インクジェット数などです。また、高輝度反射フィルムを除く、厚さ0.1mm以下のフィルムや、厚さ0.5mmまでのボール紙などもカットできます。

出典:Amazon.co.jp

素材の厚みを感知して、刃の出ている量を自動で設定してくれるので、細かい調整いらずでカットすることができます。ラベルシールや紙、布、フェルト、プラ板など、最大3mmまでの厚さの素材をカットできます。また、DCモーターを採用しているので、従来機種と比較してカットやドロー、スキャン時の音が静かで、スピードも速いです。

素材の厚みを感知して、刃の出ている量を自動で設定してくれるので、細かい調整いらずでカットすることができます。ラベルシールや紙、布、フェルト、プラ板など、最大3mmまでの厚さの素材をカットできます。また、DCモーターを採用しているので、従来機種と比較してカットやドロー、スキャン時の音が静かで、スピードも速いです。

出典:Amazon.co.jp

オリジナルステッカーの作成に便利なプロッターです。文字、イラスト、ピクトグラムなど、自由にデザインしたデータを使ってステッカーをつくれます。スキャナーなどで取り込んだ画像データも使用できます。最大カッティング範囲は幅160mm、長さ1mです。プリンターと同じような感覚で使えるので、初心者の方にもおすすめです。

オリジナルステッカーの作成に便利なプロッターです。文字、イラスト、ピクトグラムなど、自由にデザインしたデータを使ってステッカーをつくれます。スキャナーなどで取り込んだ画像データも使用できます。最大カッティング範囲は幅160mm、長さ1mです。プリンターと同じような感覚で使えるので、初心者の方にもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

切り文字のステッカーを簡単につくることができるカッティングプロッターです。10mm~200mm幅までの仕様ですが、文字を3分割して印刷すれば最大580mmサイズの大きな文字がつくれます。PC用の専用ソフトウェアが付属しており、PC上で文字デザインの入力に加えて、シート残量のチェックなども可能です。

切り文字のステッカーを簡単につくることができるカッティングプロッターです。10mm~200mm幅までの仕様ですが、文字を3分割して印刷すれば最大580mmサイズの大きな文字がつくれます。PC用の専用ソフトウェアが付属しており、PC上で文字デザインの入力に加えて、シート残量のチェックなども可能です。

出典:Amazon.co.jp

家庭用と業務用どちらにも使用できる中型のカッティングプロッターです。カットのスピードや精度も高いレベルに設計されており、デザインソフトからそのまま印刷とカットが行えます。カット刃の交換ができるため、素材やデザインに合わせて幅広い用途の使い方ができるでしょう。

家庭用と業務用どちらにも使用できる中型のカッティングプロッターです。カットのスピードや精度も高いレベルに設計されており、デザインソフトからそのまま印刷とカットが行えます。カット刃の交換ができるため、素材やデザインに合わせて幅広い用途の使い方ができるでしょう。

出典:Amazon.co.jp

オフィスや自宅のデスクトップで使いやすい、コンパクトなサイズが特徴のカッティングマシンです。シンプルな操作ながら高機能なデザインソフト「Roland Cut Studio」が付属しているので、こだわりのステッカーをつくることができます。コンピューター接続で使用できるので、プロ顔負けのきれいなカッティングステッカーが身近になります。

オフィスや自宅のデスクトップで使いやすい、コンパクトなサイズが特徴のカッティングマシンです。シンプルな操作ながら高機能なデザインソフト「Roland Cut Studio」が付属しているので、こだわりのステッカーをつくることができます。コンピューター接続で使用できるので、プロ顔負けのきれいなカッティングステッカーが身近になります。

カッティングマシンのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

紹介されているメーカー