シャー芯のおすすめ10選!目的に合わせて最適な太さ・濃さを

シャー芯のおすすめ10選!目的に合わせて最適な太さ・濃さを

シャー芯(シャープペンシル替え芯)は、硬さや濃さを表すHBや2B、0.2、0.3、0.4、0.5といった太さなどの違いにより種類が豊富です。ノートの筆記に向くもの、絵を描くのに適しているもの、かわいいケース入りなどのモデルのほか、カラーシャー芯のラインアップもあります。今回は、ナノダイヤ、ハイユニ、アインシュタイン、ステッドラーなどの人気モデルを紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

シャー芯の選び方

「太さ」で選ぶ

「太さ」で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

シャー芯には、0.3mm、0.5mm、0.7mmなど、さまざまな太さの種類があり、表示されている数値がそのまま芯の太さを表します。中には1.3mmなどの太めの芯もありますが、一般的によく使用されているのは0.5mmのタイプです。シャープペンシルも0.5mmの替え芯に対応するモデルが多いので、無難な太さといえるでしょう。手帳やノートで使用するときは、0.3mmや0.5mmを使って書くと、文字が見やすいのでおすすめです。

シャー芯の太さを選ぶときに注意しなければならないのは、手持ちのシャープペンシルが替え芯の太さに対応しているかどうかです。0.5mmの替え芯を購入しても、シャープペンシルが0.3mm対応であれば、使用できません。シャー芯を購入する前に、自分のシャープペンシルがどの太さの替え芯に対応しているのかを確認しておきましょう。

「濃さ」で選ぶ

「濃さ」で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

シャー芯のケースやパッケージには、2B、B、HB、2Hなど、数字とアルファベットを組み合わせた記号の表記があります。これは芯の濃さや硬さを表す記号で、4Bから6Hまで11種類に分類されます。ちなみに、記号に使用されているアルファベットのBとHは、英語の「Black(黒)」と「Hard(硬い)」の頭文字です。

これらの記号は、しばしば芯の「濃さ」を表すものとして扱われますが、厳密には「硬さ」を示す規格です。ただし、もっとも芯がやわらかい4Bは文字が濃く書けるため、Bの数字が大きいほど濃さが強い芯という認識でもまちがいではないといえるでしょう。反対に、Hでは、数字が大きいほど芯が硬く、文字が薄くなります。手帳やノートなどへの筆記であればHB・B・2Bあたりで十分です。筆圧に合わせて最適な芯を選びましょう。

筆圧に合わせて選ぶ

筆圧に合わせて選ぶ

出典:Amazon.co.jp

筆圧が強い方の場合、やわらかいシャー芯を使って書くと折れやすくなるため、HやHBといった硬さがおすすめです。また、4B~6Hの11種類ある硬さのタイプのうち、ちょうど中間にあたる「F」も適しているといえます。Fは、英語の「FIRM(しっかりした)」の頭文字を表します。反対に、筆圧が弱い方は、力を入れなくても濃く書けるBのタイプが適しているでしょう。

用途に合わせて選ぶ

用途に合わせて選ぶ

出典:Amazon.co.jp

文字の筆記に使用する、絵やイラストを描くなど、用途に合ったシャー芯選びも大切です。手帳やノートなどに文字を見やすく書くのであれば、0.3mmあるいは0.5mmのシャー芯がおすすめです。一方、絵やイラストを描くときには、細かい作業が要求されることが多いので、細い線が正確に書ける0.3mmや0.4mmが向いています。ちなみに需要が多いのは0.4mmです。広い範囲を塗りつぶす作業には、1.3mmなどの太めの芯を使うと便利です。

カラー芯もチェック

カラー芯もチェック

出典:Amazon.co.jp

シャー芯はブラックが定番のカラーですが、最近はブルー、レッド、オレンジ、グリーンなどのカラフルな替え芯のラインアップがあります。ブルーやレッドは採点などの際に利用するペン代わりに使う、赤および青シートを併用して暗記に役立てるなどの使い方ができて便利です。また、カラー芯は色鉛筆と同じように使える上、消しゴムで消せるため、絵やイラストを描くときにもおすすめです。

ケースの使いやすさを確認

ケースの使いやすさを確認

出典:Amazon.co.jp

シャー芯を選ぶときに、ケースの使いやすさもチェックすることをおすすめします。芯が出しづらい仕組みのケースだと、芯を替えるたびにイライラしてストレスになるので、できるだけ避けましょう。中には、片手でケースを開閉できる、1本だけ取り出せるなど、機能的なものがあります。

シャー芯のおすすめ10選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ゼブラのドラフィックスシリーズ、0.5mmのHBシャープペン芯です。ケースの横についたレバーをスライドさせるだけで簡単に芯がでてくるので、芯が多く出すぎることを防ぐことができます。きらりと光るDRAFIXの文字が入っていたりとスタイリッシュなデザインなので、ケースのデザインにもこだわりたいという方におすすです。

この商品の特徴

ゼブラのドラフィックスシリーズ、0.5mmのHBシャープペン芯です。ケースの横についたレバーをスライドさせるだけで簡単に芯がでてくるので、芯が多く出すぎることを防ぐことができます。きらりと光るDRAFIXの文字が入っていたりとスタイリッシュなデザインなので、ケースのデザインにもこだわりたいという方におすすです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

三菱鉛筆のハイユニシリーズ、0.5mmB替え芯です。ハイユ二シリーズは黒く、なめらかな書き心地にこだわった理想の芯が使われています。ベーシックで落ち着いたデザインは男女問わず使うことができます。高品質なシャープペン芯をお探しの方におすすめです。

この商品の特徴

三菱鉛筆のハイユニシリーズ、0.5mmB替え芯です。ハイユ二シリーズは黒く、なめらかな書き心地にこだわった理想の芯が使われています。ベーシックで落ち着いたデザインは男女問わず使うことができます。高品質なシャープペン芯をお探しの方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ぺんてるのアインシュタイン0.3mmHB替え芯です。独自の芯の構造により強く折れにくい性能と、なめらかな書き心地が実現されています。黒鉛がしっかりと上に定着する特徴を持つので、筆跡が汚れたり擦れたりしにくくなっています。筆圧が強い方や、色のノリが良いものが欲しいという方におすすめです。

この商品の特徴

ぺんてるのアインシュタイン0.3mmHB替え芯です。独自の芯の構造により強く折れにくい性能と、なめらかな書き心地が実現されています。黒鉛がしっかりと上に定着する特徴を持つので、筆跡が汚れたり擦れたりしにくくなっています。筆圧が強い方や、色のノリが良いものが欲しいという方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ロットリングの0.35mmHBのメカニカルペンシル用替え芯です。0.35mmという細さながらも柔軟性に優れたハイポリマー芯を採用しているので、折れにくいことが特徴です。0.3mmの細いシャー芯でも折れにくく強度のあるものが欲しいという方におすすめです。

この商品の特徴

ロットリングの0.35mmHBのメカニカルペンシル用替え芯です。0.35mmという細さながらも柔軟性に優れたハイポリマー芯を採用しているので、折れにくいことが特徴です。0.3mmの細いシャー芯でも折れにくく強度のあるものが欲しいという方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ステッドラーのマルスマイクロカーボンシリーズの0.5mmの替え芯です。ポリ塩化ビニルを排除し、天然素材を中心に作られており、くっきりと濃い線を描くことができるのが特徴です。ユニークな形のケースと、男女問わず使えるカラーがおしゃれで、ペンケースに入っていると気分があがりそうです。

この商品の特徴

ステッドラーのマルスマイクロカーボンシリーズの0.5mmの替え芯です。ポリ塩化ビニルを排除し、天然素材を中心に作られており、くっきりと濃い線を描くことができるのが特徴です。ユニークな形のケースと、男女問わず使えるカラーがおしゃれで、ペンケースに入っていると気分があがりそうです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

パイロットのネオックス・グラファイトの替え芯です。高純度の黒鉛で作られたことによって強度が増加し折れにくくなり、なめらかな書き心地が楽しめます。濃くはっきりとした色が特徴です。折れにくくなめらかな書き心地のシャー芯が欲しいという方におすすめです。

この商品の特徴

パイロットのネオックス・グラファイトの替え芯です。高純度の黒鉛で作られたことによって強度が増加し折れにくくなり、なめらかな書き心地が楽しめます。濃くはっきりとした色が特徴です。折れにくくなめらかな書き心地のシャー芯が欲しいという方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ぺんてるのアインシュタイン0.2mmB替え芯です。独自の構造である強化シリカによるフレームにより、圧倒的な強度を実現しています。0.2mmで折れにくいシャー芯が欲しいという方におすすめです。

この商品の特徴

ぺんてるのアインシュタイン0.2mmB替え芯です。独自の構造である強化シリカによるフレームにより、圧倒的な強度を実現しています。0.2mmで折れにくいシャー芯が欲しいという方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

三菱鉛筆のユニシリーズの0.5mm2Bシャープペン芯です。ナノダイヤを配合することによって書き心地の良さと折れにくい強度、描くときの濃さをアップさせています。2段階のスライド調整機能により、自分のやりやすい方法でシャー芯を取り出すことができます。強度の他にケースの使いやすさにもこだわりたいという方におすすめです。

この商品の特徴

三菱鉛筆のユニシリーズの0.5mm2Bシャープペン芯です。ナノダイヤを配合することによって書き心地の良さと折れにくい強度、描くときの濃さをアップさせています。2段階のスライド調整機能により、自分のやりやすい方法でシャー芯を取り出すことができます。強度の他にケースの使いやすさにもこだわりたいという方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

三菱鉛筆のユニシリーズ、カラーシャープペン芯ミックスです。黒のシャープペン芯のようにきれいに消しゴムで消すことができるので、失敗しても消せる色鉛筆の代用としても活用できそうです。濃くはっきりとした色を出すことができます。

この商品の特徴

三菱鉛筆のユニシリーズ、カラーシャープペン芯ミックスです。黒のシャープペン芯のようにきれいに消しゴムで消すことができるので、失敗しても消せる色鉛筆の代用としても活用できそうです。濃くはっきりとした色を出すことができます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ぺんてるのアインシュタイン0.5mm青色のシャープペン替芯です。独自のシュタイン構造により芯が折れにくく、しっかりと色の濃さもあります。回して開けるケースはロックがかかるので、芯の出しすぎや、うっかり開けて芯が飛びてて折れてしまうことを防いでくれます。

この商品の特徴

ぺんてるのアインシュタイン0.5mm青色のシャープペン替芯です。独自のシュタイン構造により芯が折れにくく、しっかりと色の濃さもあります。回して開けるケースはロックがかかるので、芯の出しすぎや、うっかり開けて芯が飛びてて折れてしまうことを防いでくれます。

合わせて使いたいシャープペンシルをチェック

シャー芯の種類は様々ですが、太さなどそれに対応したシャープペンシルを使わなければなりません。書きたいものに合ったシャー芯の太さに合わせて、シャープペンシルを選ぶという方法もあります。自分が書きやすいものを選んでみてください。

シャー芯のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー