ヘアアイロンのおすすめ9選!カールや2wayも【2020年版】

ヘアアイロンのおすすめ9選!カールや2wayも【2020年版】

ヘアアイロンは、手軽に髪の毛をカールやストレートにアレンジできるアイテムです。メンズにもおすすめの消費にゃコードレスタイプ、ストレート用としてもカール用としても使える2wayタイプ、ブラシ型のものなど様々な種類があります。今回はヘアアイロンの選び方と、サロニアやパナソニックなどのおすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

ヘアアイロンの種類

ストレートアイロン

ストレートアイロン

出典:Amazon.co.jp

ストレートアイロンはボサボサはねきった髪をストレートにすることだけではなく、カールをつくることや、前髪が割れないように整えるなど色々なアレンジを楽しむことができます。細かいカールをたくさん作るなど髪の毛に大きな動きを加えたい時は、ストレートアイロンだと少し手間や時間がかかってしまうこともありますので注意してください。

プレートの大きさに注意

ストレートアイロンにはプレート(実際に髪に当てる部分)が広いものとプレートが小さいものがあります。プレートが広い方は多くの髪を一度に巻き込むことができるので、早くセットしたい時はオススメですが、細かいセットが難しいという特徴があります。プレートが小さいものは、細かいセットや顔まわりのセットが簡単にできます。ただ、髪全体のセットには時間がかかってしまいます。慣れるまではプレートの小さいものを選ぶのがいいかもしれませんね。

カールアイロン

カールアイロン

出典:Amazon.co.jp

カールアイロンは髪を巻くことに特化したアイロンで、コテと呼ばれることもあります。太さは大きく分けて3パターンほどありスタイルや髪の長さによって使い分けることができます。一般的には26mmはショートカットの方や細かいカールを作りたい方、32mmはショートからミディアムの方や少し強めのカールを作りたい方、38mmはロングの方やふんわり巻きたいという方に合うと言われています。

カールアイロンでは、髪をストレートにできないことや、髪が伸びてしまうと、アイロンの太さと髪の長さが合わなくなり、セットに時間がかかってしまうこともありますので、注意してください。

2wayアイロン

2wayアイロン

出典: Amazon.co.jp

2wayアイロンとは、ストレートアイロンとカールアイロンが一つになっているアイロンです。これ1台でカールにもストレートにもできることが、1番の特徴です。アイロンを熱した時に、ストレートアイロンでは熱されない外側の部分まで熱されてしまうので、顔まわりのスタイリングをする時にはやけどに注意して利用してください。

ブラシアイロン

ブラシアイロン

出典: Amazon.co.jp

ブラシアイロンはブラシ状のアイロンです。ブラシアイロンの中には、ロールブラシアイロンという種類があり、この種類はブラシで髪の毛をセットするような感覚で、カールができる商品です。ブラシ部分を持ちながらスタイリングができるので火傷のリスクが少ないことや、スタイリングが簡単という特徴があります。

カールアイロンで作るような完成度の高いカールを作ることは難しいですが、やけどの心配なく簡単にカールを作りたいという方におすすめの種類です。髪の毛が絡まりやすいこともありますので、選ぶ際には絡まりにくい工夫がされたものを選ぶといいかもしれませんね。

ヘアアイロンの選び方

温度で選ぶ

温度で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

温度によって巻いた時の完成度や傷みやすさが変わります。一般的には170℃から180℃が、1番きれいにストレートやカールを作れると言われています。それ以上の温度ですと髪がもろくなるそうです。温度が低いほど髪は傷みにくくなりますが、その分弱いカールになってします。また温度が高いほど短い時間で強いカールを作ることができますが、その分髪が傷みやすくなってしまいます。ストレートアイロンも同じく、温度が高いほど短い時間でストレートに仕上げることができます。

立ち上がりにかかる時間で選ぶ

平均的なアイロンの温まり時間は1分だと言われています。しかし5分待ってやっと使えるものもあれば30秒で温まるものもあります。髪のセットを効率よく行うためにも、どれぐらいの時間待って使うことができるのかチェックしておきましょう。

髪質保全へのケア機能をチェック

髪質保全へのケア機能をチェック

出典:Amazon.co.jp

ヘアアイロンを使うときに1番気になるのが、髪が傷んでしまうことかと思います。現在売り出されている商品の多くには、髪質保全のための機能がついています。中でもよく使われている機能を4つご紹介します。

マイナスイオン

マイナスイオンはキューティクルの保全に役に立つと言われています。各社マイナスイオンを売りに出しており、実際に髪質が上がったとの報告もあるそうなのですが、科学的根拠はあまりないと言われています。

クッションプレート

またの名をダンパー構造、フロートプレートと言います。髪を挟み込む鉄のプレートが髪を挟み込む際に沈み込み、髪に強い圧力をかけないようにする機能です。

チタンプレート

ヘアアイロンで髪を挟み込むところに使われるプレートのは様々な素材の鉄が使われます。チタンプレートはその中でも髪通りが良い素材で、少ない摩擦でヘアセットをすることができます。

セラミックプレート

よく熱伝導率が良いと言われるものです。熱伝導率とは簡単にいうと”どれだけ他の物質に熱を伝えるか”を示した指標です。つまりセラミックプレートのヘアアイロンは、髪の毛に短時間で熱を伝えることができるため、短時間で髪の毛のセットをすることができます。ただし摩擦があるため、髪の毛を傷つけてしまう可能性もあります。

長持ちするかどうかを確認

ヘアアイロンが長持ちするかどうかのチェックポイントは、プレート(髪を挟む部分)の強度です。コーティングや加工と書かれているものには、髪を傷めやすい鉄の素材の上に薄くチタニウムでコーティングがされています。つまりヘアアイロンを使えば使うほど、コーティングされていたチタニウムが剥がれていき、髪を傷つけやすい鉄の部分が出てきてしまいます。するとすぐに買い替えが必要になったり、知らず知らずのうちに髪の毛を傷つけていたりします。

プレートの大きさで選ぶ

プレートの大きさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

プレート(髪を挟む部分)が広いと、一度に多くの髪の毛を巻き込むことができますが、初心者の方には少し扱いが難しいと言われています。ですので、アイロンの扱いに慣れており、かつ早くヘアセットを行いたい方はプレートが広いヘアアイロンを選ぶのが良いでしょう。あまりヘアセットの慣れていない方はプレートが小さいヘアアイロンを選ぶのが良いでしょう。

カールアイロンの太さで選ぶ

髪の長さや仕上げたいスタイルによって、扱いやすい太さが変わってきます。自分の髪の長さや、仕上げたいスタイルによって最適な太さを選んでみてください。

19mmカールアイロン

  • ショートヘア〜ミディアムヘアの方におすすめ
  •  毛先に軽くクセづけするときに便利
  • 細かい部分のカールや細かいウェーブをつくるときに最適な太さ
  •  縦巻きのカールを作りやすい

26mmカールアイロン

  • ショートヘア〜ミディアムヘアの方におすすめ
  • ふんわりとしたボリューム感を出すヘアアレンジに向いている
  • 毛先のハネ感や、毛束を強調するカールを作れる

32mmカールアイロン

  • ショートヘア〜ロングヘアまで幅広いヘアスタイルの方におすすめ
  • 初心者でも使いやすい、ベーシックなコテの太さ
  •  自然なカール感が出せる

38mmカールアイロン

  • ロングヘアの方におすすめ
  • 大きくゆるめのカール感を出しやすい

安全性に注意

プレート部分が高温になるヘアアイロンは、注意を怠ると使用中にやけどしてしまうこともあります。未使用時の電源の切り忘れには自動電源オフ機能、あらかじめ設定した温度を維持する温度ロック機能、プレートを閉じた状態で保管できる開閉ロック機能など、安全機能が搭載されているかも確認しておきましょう。

髪を傷ませずヘアアイロンを使うコツ

髪を傷ませずヘアアイロンを使うコツ

濡れた髪の毛に使わない

髪の毛は三層からできています。キューティクルと呼ばれる髪の毛の一番外の層、コルテックスと呼ばれる中間層、メデュラと呼ばれる髪の芯となっている層です。この中間層には水分をはじめとした潤いの元となっている物質があります。キューティクルはその物質たちを守る役割があります。

髪の毛が濡れるとキューティクルが開きます。もしその状態でアイロンをしてしまうとコルテックス(中間層)の水分などが蒸発してしまうので潤いがなくなってしまい、パサついた髪の毛になってしまうのです。ですのでヘアアイロンを使うときには、しっかりと髪の毛を乾かしてからにしましょう。

熱や摩擦に注意する

キューティクルは熱や摩擦に弱いものです。なので髪の毛を強く挟んだり同じ箇所にアイロンをかけ続けるのは避けてください。

ヘアアイロン使用後は髪の保湿も忘れずに

ヘアアイロン使用後は髪の保湿も忘れずに

ヘアアイロンを使うと、髪の水分が奪われてしまいます。ですので、髪を保湿することでキューティクルを守ってあげましょう。具体的には、シャンプー後にしっかりとトリートメントをしたり、ドライヤーで乾かす前や後に洗い流さないトリートメントまたはオイルを染み込ませるなどです。

夜まで取れない巻き髪を作るコツ

ヘアアイロン使用前にスタイリング剤を使う

ヘアアイロンを使う前に、スタイリング剤を髪に染み込ませることで、カールのキープ力が上がるだけではなく熱から髪を守ってくれる作用もあります。巻き髪専用スタイリング剤や、ストレート専用スタイリング剤が発売されていますので、チェックしてみてください。

カールは髪が冷めてからほぐす

髪の毛の巻いた形がしっかりと固まるのは、巻いた直後ではなく髪の熱が冷めた後なのです。ですので、ヘアアイロンを使ってカールを作った直後にほぐすのではなく、髪の熱が冷めてからほぐすと、その後もカールをキープすることができます。

ほぐしたあとはヘアスプレーでしっかりキープ

ほぐしたあとはヘアスプレーでしっかりキープ

ヘアスプレーで巻き髪を固めることで、雨や風にも負けないキープ力を作り出すことができます。髪の内側と外側からスプレーをかけるように意識してみてください。少し離れたところから髪にスプレーをかけることで、より自然にキープすることができます。

ヘアアイロンの主なメーカー

Vidal Sassoon(ヴィダルサスーン)

ドライヤーやヘアアイロンなど、髪の毛に関する商品を扱う海外メーカー。プロの美容師が認める商品や、スチームアイロンが人気です。

パナソニック

生活家電を幅広く取り扱う老舗家電メーカー。ビューティー家電も売り出しており、ヘアアイロンはストレート、カール、2wayの3タイプ23種類を販売しています。中でも、ナノイーというキューティクルを保全してくれる機能のついた商品が人気です。

テスコム

キッチン家電やビューティー家電を取り扱うメーカー。コンパクトサイズの商品や、コードレスの商品など29種類のヘアアイロンを売り出しています。

ストレートアイロンのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

髪にやさしいチタニウム加工を採用しているヘアアイロンです。クッションプレートと呼ばれる、プレートが上下左右に動く加工もされているので、髪をしっかり巻き込みやすくスタイリングもしやすいのが特徴です。プレートの温度は80度~220度まで調節可能で、約30秒で設定温度に到達します。100V~240V対応なので、海外で使用することもできます。

髪にやさしいチタニウム加工を採用しているヘアアイロンです。クッションプレートと呼ばれる、プレートが上下左右に動く加工もされているので、髪をしっかり巻き込みやすくスタイリングもしやすいのが特徴です。プレートの温度は80度~220度まで調節可能で、約30秒で設定温度に到達します。100V~240V対応なので、海外で使用することもできます。

出典:Amazon.co.jp

パナソニックの、ヘアアイロンです。カラーバリエーションは、ピンク・ホワイト・ブラックの3色展開です。温度は130度~200度まで、5段階で設定することができます。ストレートヘア用のアイロンです。ナノイーが搭載されている、髪の毛を綺麗にしながら使用できる、ヘアアイロンを求めている方におすすめです。

パナソニックの、ヘアアイロンです。カラーバリエーションは、ピンク・ホワイト・ブラックの3色展開です。温度は130度~200度まで、5段階で設定することができます。ストレートヘア用のアイロンです。ナノイーが搭載されている、髪の毛を綺麗にしながら使用できる、ヘアアイロンを求めている方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

家で気軽に使えるストレートアイロンです。マイナスイオンの効果で髪を痛めることなく、しっかり髪を真っすぐにしてくれます。ダイヤル式温度設定で120℃~230℃の設定が可能です。上品なパールゴールドの色味も魅力で、クリスマスプレゼントなどにも最適です。海外でも使用できるタイプなので、出張や海外旅行の多い方におすすめします。

家で気軽に使えるストレートアイロンです。マイナスイオンの効果で髪を痛めることなく、しっかり髪を真っすぐにしてくれます。ダイヤル式温度設定で120℃~230℃の設定が可能です。上品なパールゴールドの色味も魅力で、クリスマスプレゼントなどにも最適です。海外でも使用できるタイプなので、出張や海外旅行の多い方におすすめします。

出典:Amazon.co.jp

クレイツのストレートアイロンの中でも人気のモデルです。プレートにクレイツイオンゴールド加工がされており、髪の毛の滑りがスムーズでツヤのある髪の毛に仕上げることができます。スリムタイプのプレートなので、細かなスタイリングにもおすすめです。温度調節は120度から200度までの5段階、自動電源オフの機能に加え、海外兼用モデルなので旅行に持って行くのも便利です。

クレイツのストレートアイロンの中でも人気のモデルです。プレートにクレイツイオンゴールド加工がされており、髪の毛の滑りがスムーズでツヤのある髪の毛に仕上げることができます。スリムタイプのプレートなので、細かなスタイリングにもおすすめです。温度調節は120度から200度までの5段階、自動電源オフの機能に加え、海外兼用モデルなので旅行に持って行くのも便利です。

カールアイロンのおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

パナソニックのヘアアイロン、カール用です。ダブルマイナスイオンが搭載されているので、ツヤのある綺麗な髪にしてくれます。温度は120度と130度の2段階調節することができます。フッ素コーティングがされているので、髪の毛に優しいです。26mmのコテなので、髪の毛が長い人はもちろん、短い方でも使用しやすいのでおすすめです。

パナソニックのヘアアイロン、カール用です。ダブルマイナスイオンが搭載されているので、ツヤのある綺麗な髪にしてくれます。温度は120度と130度の2段階調節することができます。フッ素コーティングがされているので、髪の毛に優しいです。26mmのコテなので、髪の毛が長い人はもちろん、短い方でも使用しやすいのでおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

サロニアの、セラミックカールヘアアイロンです。コテのサイズは19mm・26mm・32mmから選ぶことができます。カラーバリエーションは、ブラック・ホワイト・シャンパンピンクなど5色展開です。温度は100度~210度まで5度刻みで調節することができます。高温まで細かく温度を調節できる、ヘアアイロンを求めている方におすすめです。

サロニアの、セラミックカールヘアアイロンです。コテのサイズは19mm・26mm・32mmから選ぶことができます。カラーバリエーションは、ブラック・ホワイト・シャンパンピンクなど5色展開です。温度は100度~210度まで5度刻みで調節することができます。高温まで細かく温度を調節できる、ヘアアイロンを求めている方におすすめです。

2wayアイロンのおすすめ2選

出典:Amazon.co.jp

ブラシ感覚のスタイリングも、しっかりしたカールづくりもできる2WAYタイプのブラシアイロンです。髪に手を添えてスタイリングできるので、見えにくい後頭部のスタイリングや、トップのボリュームアップも簡単にできます。ヘアアイロンでのスタイリングが苦手な方にも扱いやすく、おすすめです。携帯に便利なコンパクトサイズなので、カバンの中に収納しやすく、外出先にも手軽に持ち運べます。

ブラシ感覚のスタイリングも、しっかりしたカールづくりもできる2WAYタイプのブラシアイロンです。髪に手を添えてスタイリングできるので、見えにくい後頭部のスタイリングや、トップのボリュームアップも簡単にできます。ヘアアイロンでのスタイリングが苦手な方にも扱いやすく、おすすめです。携帯に便利なコンパクトサイズなので、カバンの中に収納しやすく、外出先にも手軽に持ち運べます。

出典:Amazon.co.jp

両面ヒーター搭載で熱をキープ

1台でストレートとカール、両方のスタイルがつくれる2wayアイロンです。プレートにシルキーピンクコーティングがほどこされており、髪全体に熱が優しく伝わります。180度まで設定ができ、両面ヒーター搭載で熱がしっかりキープできるので、くっきりときれいにスタイリングができます。温度の設定はスライド式で、片手でも操作ができます。ストレートとカールの切り替えは、先端のロックを開閉するだけの簡単操作です。

両面ヒーター搭載で熱をキープ

1台でストレートとカール、両方のスタイルがつくれる2wayアイロンです。プレートにシルキーピンクコーティングがほどこされており、髪全体に熱が優しく伝わります。180度まで設定ができ、両面ヒーター搭載で熱がしっかりキープできるので、くっきりときれいにスタイリングができます。温度の設定はスライド式で、片手でも操作ができます。ストレートとカールの切り替えは、先端のロックを開閉するだけの簡単操作です。

ヘアアイロンホルダーもチェック

ヘアアイロンホルダーの選び方とおすすめ商品を紹介しています。あわせてチェックしてみてください。

ヘアアイロンのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

紹介されているメーカー