ジンのおすすめ8選!定番のボンベイやキルビージンも

ジンのおすすめ8選!定番のボンベイやキルビージンも

ウォッカやテキーラ、ラムと並ぶ4大スピリッツのひとつであるジンは、ストレートはもちろんジントニックなどのカクテルのベースに使われ、様々な種類が市販されています。エギュベルジンやタンカレー、ギルビージン、ボンベイなど選択肢が豊富で、日本人好みの味に仕上げたジャパニーズジンもおすすめです。ジンのアルコール度数は40~50%と高いですが、マイルドな味の銘柄を選ぶと初心者でも飲みやすく、ジンが好きという方は香りや味わいの繊細な違いを吟味して選ばれています。全体的に価格も安いので、味を比較しながら選びましょう。そこで今回はジンの選び方とおすすめ商品をご紹介していきます。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

家庭でも美味しく飲めるジンを知りたい!

家庭でも美味しく飲めるジンを知りたい!

出典:Amazon.co.jp

カクテルのベースとしてはもちろんストレートでも飲めるジンは、種類がとても多いのでどのように選べば良いのか悩んでしまいますよね。ジンとはジュニパーベリー(ネズの実)を原材料に含む蒸留酒のことで、レシピはそれぞれ異なります。その特徴のひとつにハーブやスパイスなどの「ボタニカル」があり、入っている種類や量によって香りや味わいに変化をもたらします。ジンの主な種類にはドライジン、ジュネヴァ、シュタインヘーガー、オールドトムがあり、製造方法や味わいが異なります。その内容を知ることで「キリっとした辛口の味わい」「甘さが感じられるもの」「フレッシュな香りを楽しみたい」などお目当てのジンを探しやすくなるはずです。それでは次にジンを選ぶ際に知っておきたい知識や選び方のポイントをチェックしていきましょう。

ジンの歴史

ジンの歴史は古く、11世紀頃にイタリアでジュニパーベリーを用いたスピリッツを作っていた記録が残っているほどです。また、オランダでジンは解熱・利尿用の薬用酒とされていましたが、普通のお酒として飲める味わいであることから一般に普及したとされています。現在でもボタニカル(薬草成分)を配合した製造方法が守られていると考えても、ジンが多くの人に長く親しまれるお酒ということが分かります。

4大スピリッツのひとつである

「スピリッツ」とは蒸留酒のことで、4大スピリッツはジン・ウォッカ・テキーラ・ラムを指します。ジンのアルコール度数は40~50度、ストレートで飲むほかにカクテルのベースとしても使われています。クセのないウォッカや甘みのあるラムと比べてジンは鋭い切れ味があると表現されることが多いです。

ジンとウォッカの違い

ジンは大麦やじゃがいも、ライ麦、とうもろこしが原料のお酒です。ねずの実(ジュニパーベリー)を必ず使用し、多数の薬草成分(ボタニカル)を加えて再度蒸留してつくられます。ジンは基本的にドライでクセが強いので、好みが分かれがちという特徴もあります。対してウォッカは原料はジンと同じですが、蒸留した原酒を白樺の炭でろ過してつくられます。ウォッカは無味無臭ともいえるほどクセが少なく、まろやかで飲みやすいのが特徴です。

ジンの選び方

種類で選ぶ

雑味のないドライな味わい「ドライジン」

雑味のないドライな味わい「ドライジン」

出典:Amazon.co.jp

ドライジンはジンの中で最も一般的で、カクテルなどに用いられています。ドライジンはベースとなるスピリッツを連続式蒸留でつくっているので、雑味がないのが特徴です。ドライで辛口なものが多い傾向がありますが、加えるボタニカルによって香りの良さも感じられます。ストレートで飲んでも美味しいものや、個性的な素材を用いた華やかなフレーバーのドライジンも増えてきています。

コク深い味わい「ジュネヴァ」

ジュネヴァはジンの原型といわれるオランダを起源とするスピリッツです。「クラシックジン」「オランダジン」とも呼ばれています。原材料やつくる工程はドライジンと同じですが、大麦麦芽を多く入れ、ベーススピリッツは単式蒸留でつくられます。そのため味や香りが濃厚で癖もやや強くなりますが、深くてコクのある味わいを好む方に好まれています。

マイルドさが魅力「シュタインヘーガー」

ドイツ特有のスピリッツであるシュタインへーガーは、ドイツの街、シュタインへーガーが名前の由来となっています。シュタインへーがーは生のジュニパーベリーを使っているため、あっさりとした風味でストレートでも飲みやすいです。その他にもカクテルのベースにも適しており、ドライジンとは一味違うカクテルが楽しめます。

甘口で飲みやすい「オールドトム」

オールドトムは、もともと雑味が多かったジンの雑味を抑えるためにサトウキビ由来のスピリッツを添加する、もしくはドライジンの製造過程に砂糖を2%加えてつくられています。そのためきりっとした辛さが軽減されて甘口で初心者でも飲みやすいです。ストレートでも美味しく飲めて、カクテルのベースとしても人気があります。

ジャパニーズ・クラフトジンも

ジャパニーズ・クラフトジンも

出典:Amazon.co.jp

ジャパニーズクラフトジンとは、日本のメーカーがつくるジンのことです。クラフトというワードからも想像できるように、高い技術と品質を誇っています。ジンといえばイギリスをはじめとする海外銘柄のイメージが強いですが、日本人の味覚に合うようにこだわりを持ってつくられています。そこで注目したいのが使われているボタニカルです。お茶や山椒、ゆずなど日本ならではの香りや味わいをもたらすボタニカルを含めることで、ジンを飲みなれない方にも親しみやすく、日本食との調和も楽しむことができます。

好みの風味で選ぶ

ジンの風味は控えめなものから濃厚で少しクセのあるものまで様々です。カクテルに使うのであれば辛口で風味が控えめなものを。ストレートで飲みたいのであれば、フレッシュさを感じるものや口当たりが柔らかいものがおすすめです。風味が少し異なるだけでも飲みやすさに変化をもたらします。ぜひ比較しながら選んでください。

ボタニカルの内容をチェック

ボタニカルの内容をチェック

ボタニカルとは、ジンの香り付けに使われるハーブやスパイスのことです。植物の皮や種子、実などが使われますが、何種類含めるかは商品によって異なり、レシピは多岐にわたります。ボタニカルの種類が多いほど味に深みが増し、味わいが複雑になるのが特徴です。バラやキュウリなど珍しい香りを楽しめるジンもありますよ。ジンを選ぶ際にボタニカルの数やその内容を見ることで、味のイメージしやすくなります。

アルコール度数が高い

ジンは40度弱~50度とアルコール度数が高いお酒です。飲みなれている方だとロックや水割りでも美味しく飲むことができますが、お酒が弱い方にはハードルが高いと感じることでしょう。そのため、カクテルなどに用いることでストレートよりも飲みやすくなります。それでも自分のペースと適量を心掛け、二日酔いを防ぐようにしてください。

価格で選ぶ

市販のジンは、1,000円前後のものが多く、ほとんどが5,000円までの価格帯になっています。価格が高いものは、製造方法や原材料にこだわっている場合が多いです。しかし、味の好みは人それぞれなので、高ければ美味しいというわけではありません。お酒の知識が豊富な相手への贈り物には、こだわり抜いたボタニカルを使用して複雑な味わいが楽しめる高価なジンを選ぶのも良いでしょう。

ジンのおすすめ8選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

世界1のプレミアムジン・ボンベイ・サファイアです。容量は750mlです。アルコール度数は47%になります。産地はイングランドです。原材料・成分はナチュラルグレーンスピリッツです。世界中から選抜して集めた10種類のボタニカルを使用しています。製法はベイパー・インフュージョンを採用しています。華やかな味わいと香りを提供してくれるお酒です。バルーングラス付きのセットもありますので、お酒が好きな方へのプレゼントにもおすすめです。

この商品の特徴

世界1のプレミアムジン・ボンベイ・サファイアです。容量は750mlです。アルコール度数は47%になります。産地はイングランドです。原材料・成分はナチュラルグレーンスピリッツです。世界中から選抜して集めた10種類のボタニカルを使用しています。製法はベイパー・インフュージョンを採用しています。華やかな味わいと香りを提供してくれるお酒です。バルーングラス付きのセットもありますので、お酒が好きな方へのプレゼントにもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ペルノリカールの、モンキー47ドライ・ジンです。内容量は500mlになります。アルコール度数は47%です。原産国はドイツになります。原材料・成分はジュニパーベリー・クランベリー・エルダーフラワーです。シトラスのすっきりとした爽快感・フローラルや・クランベリーの甘酸っぱい香りが融合し絶妙な味わいのお酒です。お酒は香りも楽しみたい方におすすめです。

この商品の特徴

ペルノリカールの、モンキー47ドライ・ジンです。内容量は500mlになります。アルコール度数は47%です。原産国はドイツになります。原材料・成分はジュニパーベリー・クランベリー・エルダーフラワーです。シトラスのすっきりとした爽快感・フローラルや・クランベリーの甘酸っぱい香りが融合し絶妙な味わいのお酒です。お酒は香りも楽しみたい方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

サントリーのジャパニーズクラフトジンです。内容量は700mlになります。アルコール度数は47%です。桜花・煎茶・玉露・桜葉・柚子山椒といった、6つの日本のボタニカルでバランス良く作られたお酒です。日本を感じられるお酒なので、日本のお酒が好きな方はもちろん、お酒好きの海外の方へのプレゼントにもおすすめです。

この商品の特徴

サントリーのジャパニーズクラフトジンです。内容量は700mlになります。アルコール度数は47%です。桜花・煎茶・玉露・桜葉・柚子山椒といった、6つの日本のボタニカルでバランス良く作られたお酒です。日本を感じられるお酒なので、日本のお酒が好きな方はもちろん、お酒好きの海外の方へのプレゼントにもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

厳選された手摘みのボタニカルとフレッシュな生のフルーツが醸し出すエレガントで繊細な味わいのスーパープレミアムジンです。1960年代に誕生したオリジナル蒸留器で蒸留して作られています。アルコール度数は47度、容量700mlです。2000年から3年連続サンフランシスコ世界スピリッツ大会でベストスピリッツに選ばれています。ボトルもおしゃれでインテリアの1つにもなります。

この商品の特徴

厳選された手摘みのボタニカルとフレッシュな生のフルーツが醸し出すエレガントで繊細な味わいのスーパープレミアムジンです。1960年代に誕生したオリジナル蒸留器で蒸留して作られています。アルコール度数は47度、容量700mlです。2000年から3年連続サンフランシスコ世界スピリッツ大会でベストスピリッツに選ばれています。ボトルもおしゃれでインテリアの1つにもなります。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

高品質なボタニカルを使用した、豊かで個性的な香味を醸し出し、洗練されたキレのある味わいが特徴のプレミアムジンです。アルコール度数は47.3%、容量750mlです。1830年に作られてから180年以上変わらぬ製法で作られており製法やレシピは門外不出です。歴史のある芸術的な味わいです。カクテルシェーカーをモチーフとしたボトルのデザインがおしゃれです。

この商品の特徴

高品質なボタニカルを使用した、豊かで個性的な香味を醸し出し、洗練されたキレのある味わいが特徴のプレミアムジンです。アルコール度数は47.3%、容量750mlです。1830年に作られてから180年以上変わらぬ製法で作られており製法やレシピは門外不出です。歴史のある芸術的な味わいです。カクテルシェーカーをモチーフとしたボトルのデザインがおしゃれです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

150年以上の伝統を守り続けるギルビー社のこだわりのジンです。12種類のボタニカルをふんだんに使用した柑橘系の爽やかな味わいです。12種類のうち4種類は非公開とされたギルビー家秘伝のレシピです。ストレートで飲むほかにも、様々なフルーツや野菜、割材と合わせてフレッシュでおしゃれなカクテルを楽しむことができます。

この商品の特徴

150年以上の伝統を守り続けるギルビー社のこだわりのジンです。12種類のボタニカルをふんだんに使用した柑橘系の爽やかな味わいです。12種類のうち4種類は非公開とされたギルビー家秘伝のレシピです。ストレートで飲むほかにも、様々なフルーツや野菜、割材と合わせてフレッシュでおしゃれなカクテルを楽しむことができます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

南フランス・プロバンス地方のエギュベル修道院で作られているジンです。ドライなジンの刺激的な感覚や薬っぽい感じとは対照的にマイルドで甘く、柑橘系やバラ系の香りと風味を持ちます。アルコール度数は40度で、独特の香りを楽しめるストレートやロックで味わうほか、ジントニックにしても絶品です。ドライ・ジンが苦手な方にもお試しいただきたいお酒です。

この商品の特徴

南フランス・プロバンス地方のエギュベル修道院で作られているジンです。ドライなジンの刺激的な感覚や薬っぽい感じとは対照的にマイルドで甘く、柑橘系やバラ系の香りと風味を持ちます。アルコール度数は40度で、独特の香りを楽しめるストレートやロックで味わうほか、ジントニックにしても絶品です。ドライ・ジンが苦手な方にもお試しいただきたいお酒です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

今なおロンドン市内で蒸留を続ける唯一のドライ・ジンです。爽やかな柑橘系の味わいで多くのカクテルベースとして愛され、「シンガポールスリング」もこのビーフィーターがオリジナルとなっています。ブランドのシンボルである伝統的な王室の近衛兵と、現代ロンドンの街並みを組み合わせたラベルが、この商品のこだわりを物語っています。爽やかなジントニックにぴったりのお酒です。

この商品の特徴

今なおロンドン市内で蒸留を続ける唯一のドライ・ジンです。爽やかな柑橘系の味わいで多くのカクテルベースとして愛され、「シンガポールスリング」もこのビーフィーターがオリジナルとなっています。ブランドのシンボルである伝統的な王室の近衛兵と、現代ロンドンの街並みを組み合わせたラベルが、この商品のこだわりを物語っています。爽やかなジントニックにぴったりのお酒です。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー