ジャパニーズウイスキーのおすすめ13選!贈り物にもぴったり

ジャパニーズウイスキーのおすすめ13選!贈り物にもぴったり

ジャパニーズウイスキーとは、日本でつくられた国産ウイスキーの総称です。外国のウイスキーに比べると度数が低く、初心者にも飲みやすい銘柄が多いのが特徴です。ストレートやロック、ハイボールなど様々な飲み方ができます。ブラックニッカや角瓶のように、リーズナブルに楽しめるものから、香り高いシングルモルトなど、贈り物にもぴったりな高級感のあるものまで、様々な商品が販売されています。今回はジャパニーズウイスキーの種類や選び方、おすすめの商品をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

ジャパニーズウイスキーの種類

風味が強く濃厚なモルトウイスキー

風味が強く濃厚なモルトウイスキー

出典:Amazon.co.jp

モルトウイスキーとは、大麦麦芽だけを使用した、単式蒸溜のウイスキーを指します。単式蒸留とは昔ながらの単発式の蒸留方法で、モルトウイスキーの場合だと、蒸留器の中に入れた大麦麦芽の分だけが蒸留されます。大麦麦芽のみの単一の原料で、シンプルな蒸溜方法を用いているため、風味が強く濃厚なウイスキーに仕上がります。はっきりとした味や香りが好みの方におすすめのウイスキーです。また、ジャパニーズウイスキーでは1つの蒸留所でつくられたウイスキーを「シングルモルト」、複数のシングルモルトをブレンドしたウイスキーを「ピュアモルト」と呼んでいます。

クセが少なく飲みやすいグレーンウイスキー

クセが少なく飲みやすいグレーンウイスキー

出典:Amazon.co.jp

グレーンウイスキーとは、主にトウモロコシ・ライ麦・小麦などの穀類(グレーン)を使用した、連続蒸溜のウイスキーを指します。連続蒸溜とは、連続式蒸留機を用いて、原料の風味をあまり残さず、アルコール度数の高いお酒をつくるのに向いている蒸留方法です。単式蒸留とは異なり、蒸留を複数回行うため、原料の風味や雑味が薄めのウイスキーに仕上がります。そのためクセがなく、飲みやすいのが特徴です。口当たりが軽いものや、さわやかな香りが好みの方におすすめのウイスキーです。

初心者にもおすすめのブレンデッドウイスキー

初心者にもおすすめのブレンデッドウイスキー

出典:Amazon.co.jp

ブレンデッドウイスキーとは、複数のモルトウイスキー原酒と、グレーンウイスキー原酒をブレンドしてつくったウイスキーを指します。香りが強く個性のあるモルトウイスキーに、クセのないグレーンウイスキーを混ぜてつくられているため、複雑ながらもバランスのとれたウイスキーに仕上がります。ブレンデッドウイスキーは、日本人に合うようにハイボールや水割り、料理に合うようにつくられているのも特徴です。

ジャパニーズウイスキーの選び方

ピート香の強さで選ぶ

ピート香とは、ウイスキー特有のスモーキーな香りのことを指します。ピート香が強いとクセが強いと感じやすいです。ストレートやオンザロックなどで、ウイスキーそのものを深く味わいたいという方はピート香の強めのものがおすすめです。初めてウイスキーに挑戦する方やハイボールにしたい方、料理に合わせて飲みたいという方はピート香が弱くて飲みやすいものがおすすめです。

度数をチェック

ウイスキーは、アルコール度数40%前後のものがポピュラーですが、中には50%近くもある高アルコールの銘柄も存在します。また、スコットランドやアメリカ、カナダなどでウイスキーの度数は40度以上と定義されていますが、ジャパニーズウイスキーでは度数の制限はありません。そのため、銘柄によっては40%以下のものもあるので、高アルコールのお酒が苦手な方におすすめです。

蒸留所・メーカーで選ぶ

蒸留所・メーカーで選ぶ

蒸留所やメーカーによっても、味の傾向や個性があります。例えば、ニッカウヰスキーというメーカーの場合、余市と宮城峡に2つの蒸留所で全く異なる個性を持ったウイスキーを生産しています。スコットランドにできるだけ近い気候風土で選んだ余市では、力強くしっかりとした味わいのモルト原酒を、気候風土がローランドに似通った宮城峡では華やかで軽快なモルト原酒をつくっています。ブレンデッドウイスキーやグレーンウイスキーの場合もメーカーや銘柄によって度数や香り、口当たりなどそれぞれ特徴を持っています。ぜひ自分に合うウイスキーを探してみてください。

飲む場面で選ぶ

料理と一緒に楽しむときはクセの少ないものを

ウイスキーは食後酒として飲まれることが多いですが、ジャパニーズウイスキーは料理とあわせて楽しめる銘柄が豊富です。料理と合わせる場合はクセが少ないものを選び、口当たりの良さや飲みやすさを重視して選ぶと良いでしょう。特にウイスキーを炭酸水で割るハイボールは、食事に合わせやすい飲み方のひとつです。揚げ物やソース系の食べ物、焼き鳥やからあげなどの肉料理など、居酒屋メニューにマッチします。

じっくりお酒を楽しみたいときは甘さや香りを重視

じっくりお酒を楽しみたいときは甘さや香りを重視

食後酒として楽しみたい方や、ウイスキー本来の味をじっくり堪能したい方は、ウイスキー特有の甘さや香り、スモーキーさがしっかり感じられる銘柄がおすすめです。同じ銘柄のウイスキーでも、熟年数や貯蔵に使われた樽の種類などによっても香りに変化があるため、飲み比べてみるのも面白いかもしれません。おつまみにはウイスキーと似たような香りがある、燻製食品やナッツ、スイートチョコレート、ドライフルーツなどがおすすめです。

おすすめの飲み方

ストレート

ウイスキーのおいしさをじっくり楽しむならストレートがおすすめです。様々な飲み方の中でも、芳醇な香りや余韻を心ゆくまで楽しめる飲み方です。おいしく飲むコツは、ウイスキーと水などのチェイサーを交互に飲むことです。チェイサーをはさむことで口の中がリフレッシュされ、一口飲むごとにウイスキーのおいしさを味わうことができます。

オンザロック

オンザロック

冷えたグラスに氷とともに楽しむオンザロックは、氷がウイスキーの高い度数を和らげてくれ、飲みやさが増す飲み方です。常温で飲むストレートに比べると氷で冷やしているので、アルコールによる刺激を感じにくくなります。おいしく飲むコツは、大きな溶けにくい氷を使うことです。ひとくち飲むごとに氷とグラスが奏でる、「カラン」という音もオンザロックの楽しみのひとつです。

ハイボール

ハイボール

炭酸水と氷でウイスキーを割ったハイボールは、食事のお供にぴったりの飲み方です。香りや余韻を楽しむと言うよりは爽快感を楽しむ飲み方ですが、ウイスキー本来の味わいやコクもしっかり引き立ちます。おいしく飲むコツは、炭酸水とウイスキーをしっかり冷やしたうえで、かき混ぜすぎないことです。かき混ぜすぎると炭酸が抜けてしまうため爽快感が失われてしまいます。さらにレモン汁やレモンピールなどで香りづけすると、爽快感が一層増します。

水割り

ゆっくりウイスキーを楽しむなら水割りがおすすめです。氷が溶けすぎてしまうことも炭酸がぬけてしまうこともないので、ゆっくりくつろぎながら味わえます。おいしく飲むコツは、ウイスキー1に対してミネラルウオーターが2~2.5程度で割ることです。ストレートのようにアルコールのきつさを感じないため、料理との相性も抜群です。

ホットウイスキー

ホットウイスキー

ホットウイスキーは、ウイスキーの香りをやわらかに楽しめる飲み方です。ウイスキー1に対して80℃前後のお湯を2程度で割ってつくります。お湯ではなく紅茶やコーヒーでも楽しめるので、リラックスタイムのお供におすすめです。おいしく飲むコツは、グラスをあらかじめお湯で温めておくことです。寒い日に飲めば足の先までじんわり体があたたまります。また、レモンやかんきつ類、シナモンスティックやジャムなどのトッピングを楽しめるのもホットウイスキーの魅力です。

ジャパニーズシングルモルトウイスキーのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

山崎蒸溜所の原酒のみでつくられた、シングルモルトウイスキーです。ワイン樽貯蔵モルトや、ミズナラ樽貯蔵モルトなどを厳選し、ブレンドしてつくられた商品です。複数のモルトが重なることで生まれる柔らかく華やかな香りと、なめらかな味わいが特徴です。甘く飲みやすいウイスキーが好きな方におすすめです。

山崎蒸溜所の原酒のみでつくられた、シングルモルトウイスキーです。ワイン樽貯蔵モルトや、ミズナラ樽貯蔵モルトなどを厳選し、ブレンドしてつくられた商品です。複数のモルトが重なることで生まれる柔らかく華やかな香りと、なめらかな味わいが特徴です。甘く飲みやすいウイスキーが好きな方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

サントリーのシングルモルトウイスキーです。内容量は700mlになります。アルコール度数は43%です。産地は山梨県です。黄緑色のウイスキーで、すだちやミントの爽快感のある香りがします。すっきり爽やかな口あたりですが、さりげない甘さもあり、飲みやすいです。白州ブランドのウイスキーが好きな方におすすめです。

サントリーのシングルモルトウイスキーです。内容量は700mlになります。アルコール度数は43%です。産地は山梨県です。黄緑色のウイスキーで、すだちやミントの爽快感のある香りがします。すっきり爽やかな口あたりですが、さりげない甘さもあり、飲みやすいです。白州ブランドのウイスキーが好きな方におすすめです。

ジャパニーズグレーンウイスキーのおすすめ2選

出典:Amazon.co.jp

ほのかな甘さとなめらかな口当たりの、ウイスキーです。トウモロコシを原料にしたグレーンウイスキーを、複数ブレンドしてつくられています。ハチミツのような甘い香りと柔らかな味、キレの良い後味で、和食などの繊細な料理と相性が良い商品です。ロックやハイボールでの飲み方がおすすめです。

ほのかな甘さとなめらかな口当たりの、ウイスキーです。トウモロコシを原料にしたグレーンウイスキーを、複数ブレンドしてつくられています。ハチミツのような甘い香りと柔らかな味、キレの良い後味で、和食などの繊細な料理と相性が良い商品です。ロックやハイボールでの飲み方がおすすめです。

ジャパニーズブレンデッドウイスキーのおすすめ7選

出典:Amazon.co.jp

日本人の好みに合うようにつくられた、ウイスキーです。山崎蒸留所や白洲蒸留所などのバーボン樽原酒を、ブレンドして熟成させることで、厚みのあるコクとドライな後味を実現しています。ハイボールにすることで、おいしさが引き立つようにつくられており、チキンカレーや餃子、唐揚げなど、どんな料理ともおいしく味わえます。

日本人の好みに合うようにつくられた、ウイスキーです。山崎蒸留所や白洲蒸留所などのバーボン樽原酒を、ブレンドして熟成させることで、厚みのあるコクとドライな後味を実現しています。ハイボールにすることで、おいしさが引き立つようにつくられており、チキンカレーや餃子、唐揚げなど、どんな料理ともおいしく味わえます。

出典:Amazon.co.jp

優しい甘い香りと、丸みあるなめらかな味わいが特長のブランテッドウイスキーです。飲み飽きないすっきりとした飲み口で自宅で気軽にウイスキーを愉しむことができます。ラベルデザインはハイボールをイメージしたタンブラーの形を金色で大きく施した存在感のあるラベルデザインです。飲み方はハイボールや水割りやロック、お湯割り、炭酸水以外の炭酸で割っても愉しめておすすめです。

優しい甘い香りと、丸みあるなめらかな味わいが特長のブランテッドウイスキーです。飲み飽きないすっきりとした飲み口で自宅で気軽にウイスキーを愉しむことができます。ラベルデザインはハイボールをイメージしたタンブラーの形を金色で大きく施した存在感のあるラベルデザインです。飲み方はハイボールや水割りやロック、お湯割り、炭酸水以外の炭酸で割っても愉しめておすすめです。

出典:Amazon.co.jp

柔らかな甘さとビターな味わいのある、ウイスキーです。ニッカ独自のカフェ式連続式蒸留機で製造された、カフェグレーンをブレンドすることで、穀物本来の味わいを楽しめるテイストに仕上げてあります。ほのかにピートの香りが漂う、くせのない穏やかな味わいが特徴です。

柔らかな甘さとビターな味わいのある、ウイスキーです。ニッカ独自のカフェ式連続式蒸留機で製造された、カフェグレーンをブレンドすることで、穀物本来の味わいを楽しめるテイストに仕上げてあります。ほのかにピートの香りが漂う、くせのない穏やかな味わいが特徴です。

ジャパニーズウィスキーのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

紹介されているメーカー