タブレット向けキーボードのおすすめ10選【2020年版】

タブレット向けキーボードのおすすめ10選【2020年版】

iPadなどのタブレットで文字入力をする際、キーボードやマウスがあると便利です。Huaweiなどからは、キーボード付きの2in1タブレットも販売されていますが、タブレットにキーボードを別途付属させても快適に入力できます。使い方は簡単で、Bluetoothか無線か有線でタブレットとキーボードを接続するだけです。今回は、カバーとキーボードが一体化したタイプや独立型など、人気の製品をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

タブレットで集中して文章を作成したい

タブレットで集中して文章を作成したい

スマホよりもう少し大きい画面でインターネットを楽しみたいとき、外出先でも仕事をしたいときなど、様々な場面でタブレットは重宝します。しかし、サイズによっては片手で持って操作することができないため、文字の入力が困難に感じることもあります。また、スマホのフリック操作に慣れている方にとって、タブレットの大きなキーボードでは入力しにくいと感じるのこともあるのではないでしょうか。タブレットで多くの文字を入力するのなら、タブレット向けのキーボードがあると便利です。

タブレットでキーボードを使用するメリット

タブレットでキーボードを使用する最大のメリットは、文章や数字の入力が快適にできるということです。タブレットをネット閲覧メインで使用するなら良いのですが、文字入力をメインとする使用法ならキーボードは欠かせません。例えばブログを運営している方の場合、わざわざPCを開くよりも、タブレットで記事の更新ができれば楽だと感じるでしょう。また、メールのやり取りが多い方や、仕事でタブレットを使用する方も、タブレット向けのキーボードがあると便利です。この他にも、数字や矢印キーが使用できる、ショートカットキーが使えるなどのメリットがあります。

タブレット向けキーボードの選び方

OSに対応しているかで選ぶ

タブレット向けキーボードを選ぶ際に必ず確認しておきたいのが、キーボードがタブレットのOS(iOS、Windows、Androidなど)に対応している機種かどうかです。対応機種でなくても使用できたという話も聞きますが、いざという場合にサポート対象外であったり、動作確認ができていなかったりと、安心して使用することができません。複数種類のデバイスを使用している方は、多くのOSに対応したキーボードがおすすめです。

形状で選ぶ

カバー一体型

カバー一体型

出典:Amazon.co.jp

タブレット向けキーボードの中には、タブレットカバーとキーボードが一体となったタイプの製品があります。外出先での使用が多い方や、キーボードをタブレットと別に保管するのが面倒に感じる方におすすめです。一体型であれば、カバーとしてタブレットを保護する効果も期待できます。また、使用しない場合には、カバーからキーボード部分だけを外して、のみでカバー使用することができるタイプもあります。しかし、独立型に比べると対応するモデルが限られており、中には特定のブランドのタブレットにしか使用できない製品もあります。そのため、タブレットを買い替えたら使えなくなる、商品選びのバリエーションが少ないなどのデメリットもあります。

独立型

独立型

出典:Amazon.co.jp

独立型は、デスクトップパソコンで使用するような形状のキーボードです。タブレットのサイズに合わせる必要がないので、多くの種類から好みにあわせて選ぶことができます。また、タブレットを複数持っている方や、スマホでも使用したい方、PCのキーボードとも兼用したい方など、複数のデバイスで使いたい方にもおすすめです。製品によっては、キーボードにタブレットを立てられる溝が付いたものもあります。これならスタンドを別に用意する必要はありません。ただし持ち運びの利便性は、ケース一体型と比べるとやや劣ります。自宅やオフィスなど、決まった場所で使用する方におすすめです。

有線かワイヤレスか接続方法で選ぶ

接続が安定する有線タイプ

有線のキーボードを選ぶ最大のメリットは、接続が安定することです。電波が多い場所で使用しても、他の電波に干渉されて接続が不安定になることはありません。有線接続であれば、せっかく長文を入力した後に、接続が途切れて文章が消えてしまい悔しい思いをすることもないでしょう。また、ネットゲームをする方や、音楽やグラフィックの作業をする方など、少しのタイムラグもストレスに感じる方にもおすすめです。同じスペックなら、無線タイプよりも安価であることもメリットとなります。反対にデメリットは、配線が邪魔になることと、キーボードの可動範囲が限られることです。デスクで飲み物を飲む方は、コードにひっかけてこぼさないように注意が必要です。

机を広く使えるワイヤレス接続

ワイヤレス接続の最大の魅力は、机を広く使えることです。机の上がすっきりと片付いていると、思考もまとまりやすくなり作業が捗ります。目から入る情報が少なくなるので、作業に集中しやすくなります。また、机を広く使いたいときなどは、キーボードを片隅に寄せたり、少し離れた場所に置くなど、置く場所を自由に選ぶことができます。反対にデメリットは、接続が不安定になる可能性があることや、入力と表示にタイムラグが生じる場合があること、電池切れを起こすと使用できないことなどが挙げられます。

角度調整の可否で選ぶ

角度調整の可否で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

タブレットケースとの一体型や、キーボードにタブレットを立てられる機能があるものを選ぶ場合、タブレットの角度の調節ができるかどうかも確認しておくと良いでしょう。タブレットの角度によっては、光が反射したり見えづらくなります。見えにくい状態が続くと、姿勢を歪めて見やすく調節してしまうため、疲労感やストレスが増してしまいます。基本的にタブレットは様々な場所で使用することが想定されるので、使用する場所や机にあわせて快適な角度に調節できる製品を選ぶと良いでしょう。

持ち運びやすいサイズや重量

持ち運ぶことが多いならば、持ち運びやすいサイズや重量のキーボードを選びましょう。もっともおすすめなのは、タブレットカバーにもなる一体型ですが、タブレットによってはちょうど良い製品が見つけられないこともあります。独立型を選ぶ場合は、持ち運び用に専用ケースが付いた製品や、軽量化された製品にすると良いでしょう。一般的なキーボードと比べると2/3程度のサイズで、重さも200gを切るものもあります。ただし軽すぎるキーボードは、打鍵感が物足りない、キーボードの中央がたわむなどのデメリットもあります。持ち運びやすさを優先するのか、快適な打鍵感を求めるのか、求める機能をしっかりと定めてから選びましょう。

キーボードの配列で選ぶ

キーボードの配列で選ぶ

キーボードは大きくは、英語配列と日本語配列の2種類に分けることができます。アルファベットや数字の並びは同じですが、「@」などの記号の配列が異なる、英語配列には「¥」記号がないなどの違いがあります。一番おすすめなのは、普段使用している配列と同じキーボード配列を選ぶことです。使い慣れない配列では入力ミスやストレスが増えますし、使い慣れたキーボードを使用する際にも戸惑いが生じます。オンラインで購入する場合は、自分でしっかりと確認しましょう。

マルチペアリング機能や切り替え機能

マルチペアリング機能とは、Bluetoothでタブレットとキーボードを接続する際に、複数のデバイスとのペアリングが記憶できる機能のことです。マルチペアリング機能や切り替え機能が搭載されていれば、タブレットだけではなく、スマホ、PCでキーボードを使用する際にもボタンひとつで切り替えることができます。キーボードを複数のデバイスで使用する予定がある方は、これらの機能が搭載された製品だと便利です。

バッテリーの駆動時間で選ぶ

キーボードによって、バッテリーや電池のもち時間が異なります。使用頻度や状況にもよりますが、1度電池を入れると約2年間電池交換が必要ないものや、フル充電をすれば80時間使用できるものなどがあります。また、太陽電池と乾電池を併用することで、明るい場所での使用時には電池切れの心配がなく、暗闇でも最大3カ月間もつ製品もあります。好みにあわせて選びましょう。

タブレット向けのおすすめワイヤレスキーボード5選 

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,535円(税込)

この商品の特徴

ダイヤル一つで簡単にデバイスの切り替えができるBluetooth搭載のキーボードです。パソコンだけではなくスマホやタブレットなどでも動作します。Windows、Mac、ios、AndroidなどあらゆるOSに対応しており、快適に操作することが可能です。タブレットやスマホを快適な角度で保持するスタンド付きでタイピングや画面上の文字を読むことができます。ダイヤルを回すだけで接続された3台のデバイスを切り替えることができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ダイヤル一つで簡単にデバイスの切り替えができるBluetooth搭載のキーボードです。パソコンだけではなくスマホやタブレットなどでも動作します。Windows、Mac、ios、AndroidなどあらゆるOSに対応しており、快適に操作することが可能です。タブレットやスマホを快適な角度で保持するスタンド付きでタイピングや画面上の文字を読むことができます。ダイヤルを回すだけで接続された3台のデバイスを切り替えることができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,800円(税込)

この商品の特徴

あらかじめ接続された3台のデバイスをワンタッチで切り替えることができるBluetooth搭載のキーボードです。Windows、Macパソコンのほかスマホやタブレットなども接続したデバイスを自動で認識してOS毎の独自ショートカットキーなどを違和感なく使用することができます。重量は400g、薄さ16mmとコンパクト設計だから持ち運びにも便利です。省エネ設計だから電池2本で約2年の使用が可能になります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

あらかじめ接続された3台のデバイスをワンタッチで切り替えることができるBluetooth搭載のキーボードです。Windows、Macパソコンのほかスマホやタブレットなども接続したデバイスを自動で認識してOS毎の独自ショートカットキーなどを違和感なく使用することができます。重量は400g、薄さ16mmとコンパクト設計だから持ち運びにも便利です。省エネ設計だから電池2本で約2年の使用が可能になります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,199円(税込)

この商品の特徴

AnkerのBluetoothキーボードです。従来のキーボードの3分の2のサイズで、重さも約200gと軽量なので、デスクやカバンのスペースを取ることなく楽に持ち運びできます。静かでスピーディーにタイピングでき、ショートカットキーで検索や音量調整も簡単に行えます。取替え可能な単4形電池と省電力モードによって3ヶ月以上使えます。ラップトップやタブレットなどをより使いやすくしたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

AnkerのBluetoothキーボードです。従来のキーボードの3分の2のサイズで、重さも約200gと軽量なので、デスクやカバンのスペースを取ることなく楽に持ち運びできます。静かでスピーディーにタイピングでき、ショートカットキーで検索や音量調整も簡単に行えます。取替え可能な単4形電池と省電力モードによって3ヶ月以上使えます。ラップトップやタブレットなどをより使いやすくしたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値35,500円(税込)

この商品の特徴

発売以来、専門家やユーザーから高く支持されている、高品質キーボードのシリーズ製品です。機能性、デザイン共に無駄を省いたワイヤレスキーボードで、20cm弱の大きさで、最大4つの機器で使用できます。滑らかなタイピングを実現するために設計されているので、長時間の使用でも疲れにくく、タイピングしやすいキー配列になっています。携帯用としてサブ使用にもおススメです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

発売以来、専門家やユーザーから高く支持されている、高品質キーボードのシリーズ製品です。機能性、デザイン共に無駄を省いたワイヤレスキーボードで、20cm弱の大きさで、最大4つの機器で使用できます。滑らかなタイピングを実現するために設計されているので、長時間の使用でも疲れにくく、タイピングしやすいキー配列になっています。携帯用としてサブ使用にもおススメです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,699円(税込)

この商品の特徴

左右両サイドから折りたたむことができます。折りたためばスマートフォンとほぼ同じサイズ・重さとなるため、持ち運びがとても便利です。省電力のバッテリーを搭載しており、開くだけでキーボードの電源が入る優れものです。タブレットやスマートフォンでの使用に真価を発揮します。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

左右両サイドから折りたたむことができます。折りたためばスマートフォンとほぼ同じサイズ・重さとなるため、持ち運びがとても便利です。省電力のバッテリーを搭載しており、開くだけでキーボードの電源が入る優れものです。タブレットやスマートフォンでの使用に真価を発揮します。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

タブレット向けのおすすめ有線キーボード3選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,598円(税込)

この商品の特徴

コンパクトなボディながらも、数字入力に便利なテンキーもついているコンパクトキーボードです。キーボードのタッチ感も安定感があり、使用頻度の多いEnterキーは大きく配列されています。キーボード裏には邪魔になりがちなケーブルの収納用の溝が作られているので乱雑しやすい机上もすっきりと整理しやすいように設計されています。キーボードを使用しない時は立てて収納もできる便利機能付きです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

コンパクトなボディながらも、数字入力に便利なテンキーもついているコンパクトキーボードです。キーボードのタッチ感も安定感があり、使用頻度の多いEnterキーは大きく配列されています。キーボード裏には邪魔になりがちなケーブルの収納用の溝が作られているので乱雑しやすい机上もすっきりと整理しやすいように設計されています。キーボードを使用しない時は立てて収納もできる便利機能付きです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値7,841円(税込)

この商品の特徴

入力性、静音性、タイピングしやすさの3拍子がそろったキーボードです。有線タイプですが、ケーブルも耐久性が高く邪魔になりにくいタイプです。本体もキーボードが滑りにくい程度の程よい重さなので、長時間の入力でも滑らず安定して入力ができます。テンキーにプログラム可能なF1~F4、Winロック機能など、より精密な入力作業も可能にしてくれる高度機能も搭載しています。本体も耐久性を重視したアルミニウム製です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

入力性、静音性、タイピングしやすさの3拍子がそろったキーボードです。有線タイプですが、ケーブルも耐久性が高く邪魔になりにくいタイプです。本体もキーボードが滑りにくい程度の程よい重さなので、長時間の入力でも滑らず安定して入力ができます。テンキーにプログラム可能なF1~F4、Winロック機能など、より精密な入力作業も可能にしてくれる高度機能も搭載しています。本体も耐久性を重視したアルミニウム製です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値4,157円(税込)

この商品の特徴

ケーブル内臓の自立型コンパクトキーボードです。ノートPCと同じ「パンタグラフ方式」を採用し、タッチのキーボードで、タッチは軽く正確な入力ができるのが魅力です。Windows PC/Android、Mac PCにもそれぞれ対応可能。使用しない時は立てて収納できるので持ち運びやデスク回りも整理することができます。13種類のファンクションキー搭載なので、メディアプレーヤーとしての操作もしやすいです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ケーブル内臓の自立型コンパクトキーボードです。ノートPCと同じ「パンタグラフ方式」を採用し、タッチのキーボードで、タッチは軽く正確な入力ができるのが魅力です。Windows PC/Android、Mac PCにもそれぞれ対応可能。使用しない時は立てて収納できるので持ち運びやデスク回りも整理することができます。13種類のファンクションキー搭載なので、メディアプレーヤーとしての操作もしやすいです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

タブレット向けのおすすめカバー一体型キーボード2選 

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,380円(税込)

この商品の特徴

タブレットをノートPCとしても使用できる、キーボード付きタブレットケースです。キーボードはBluetooth接続で、着脱ができるタイプなので、ワークスタイルなどに合わせてタブレットケースとして、ノートPCとしても使いまわせるのでとても便利です。ケースとキーボード自体も軽量設計されているので、持ち運びでも重さを気にせず使用することができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

タブレットをノートPCとしても使用できる、キーボード付きタブレットケースです。キーボードはBluetooth接続で、着脱ができるタイプなので、ワークスタイルなどに合わせてタブレットケースとして、ノートPCとしても使いまわせるのでとても便利です。ケースとキーボード自体も軽量設計されているので、持ち運びでも重さを気にせず使用することができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,299円(税込)

この商品の特徴

快適にタイピング: インテリジェント磁気スイッチのデザインにより、マグネット付きのカバーの操作で自由にスリープとウェイクアップを切り替えられます。また、PUレザーの材料を採用したので、カバーとしては360度全面的に保護しながら、自由にタイピングできます。キーボードを一度フル充電(約2~3時間必要)すれば、内蔵バッテリーにより、連続再生時間が90日保つことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

快適にタイピング: インテリジェント磁気スイッチのデザインにより、マグネット付きのカバーの操作で自由にスリープとウェイクアップを切り替えられます。また、PUレザーの材料を採用したので、カバーとしては360度全面的に保護しながら、自由にタイピングできます。キーボードを一度フル充電(約2~3時間必要)すれば、内蔵バッテリーにより、連続再生時間が90日保つことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

iPad向けのキーボードをチェック

タブレット向けのキーボードは、タブレットのOSによって使える機種と使えない機種があります。iPadを使用している方は、ぜひ次の記事もチェックしてみてください。iPadで使うことができるキーボードを紹介しています。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー