パンタグラフ式キーボードのおすすめ9選【2020年版】

パンタグラフ式キーボードのおすすめ9選【2020年版】

パンタグラフ式キーボードとは、キーボードの支持構造にパンタグラフを採用したキーボードのことです。キーストロークが浅いので速いタイピングが可能で、打鍵音が小さく静音性が高いなどのメリットがあります。LogicoolやBUFFALOなどから、Mac用、クリエイティブ用、ゲーミング用など様々な商品があります。Bluetooth接続や有線接続、無線LANを使用した商品をはじめとする様々な商品があります。今回は、パンタグラフ式キーボードの選び方とおすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

パンタグラフ式キーボードの選び方

接続方式で選ぶ

有線接続

有線接続

出典:Amazon.co.jp

有線タイプは、電池交換や充電が不用です。また、接続が安定しているので、高速で入力をしても文字抜けが少ないメリットもあります。

Bluetooth接続

Bluetooth接続

出典:Amazon.co.jp

Bluetooth機能で本体と接続するキーボードは、複数のデバイスと簡単につなげることができます。なかには、1度ペアリングを行うだけで次回から複数のデバイスと手軽に接続でき、切り替えもボタン1つで行える商品もあります。

無線LAN接続

無線LANを使用したキーボードは、レシーバーをPCに挿して使用します。コードがないのでデスクの上で邪魔にならず、キーボードも好きな場所で使用することができます。

対応OSで選ぶ

対応OSで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

パンタグラフ式キーボードを選ぶ際には、使用するデバイスのOSに対応しているかを確認しておきましょう。商品によっては、特定のOSにしか使用できない場合もあります。特に複数のデバイスでキーボードを使用したい場合は、色々なOSに対応した商品がおすすめです。

キーピッチで選ぶ

キーピッチで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

キーピッチとは、隣り合わせたキーの中心同士を結ぶ長さのことです。キーピッチは15~20mm程度の商品が多く、デスクトップ型のキーボードの場合は19mm程度が一般的で、パソコンが小さくなればキーピッチも狭くなります。キーピッチによって打鍵感や入力ミスの頻度が異なるので、自分が使い慣れたキーピッチを選ぶと良いでしょう。また、アイソレーションタイプと言って、一般のキーボードよりもキーとキーの間の隙間を広くとった商品もあります。入力の際に隣のキーに触れにくくなるので、入力ミスが少なくなります。

薄さで選ぶ

キーボードの薄さやサイズも、使いやすさに関わります。キーボードを持ち運ぶ機会が多い方は、薄くて軽量の商品を選ぶとバッグの中でかさ張りません。裏面の三脚台の有無や、タイピングしやすい角度に調節できるかどうかを確認しておくと安心です。また、裏側に滑り止めが付いた商品であれば、タイピング時に滑ることなく快適に使用できます。

テンキーの有無で選ぶ

テンキーの有無で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

数字入力が多い方や桁数の多い数字を入力する方は、テンキーがある商品がおすすめです。ただし、テンキーの分だけキーボードの幅が大きくなってしますので、デスクのスペースなども考慮して選んでみてください。

折りたたみタイプをチェック

折りたたみタイプをチェック

出典:Amazon.co.jp

外出先でスマホやタブレットを使って入力する機会が多い方には、折りたたみできるパンタグラフ式キーボードがおすすめです。2つ折りや3つ折りの商品があり、折りたたんだサイズによってはポケットに入れて持ち運ぶことも可能です。キーボードケース付きで、キーボードを使用している間、スマホやタブレットのスタンドとして使用できる商品もあります。

ソーラー充電タイプもチェック

ソーラー充電タイプもチェック

出典:Amazon.co.jp

ソーラー充電タイプのパンタグラフ式キーボードは、電池交換や充電の必要がありません。屋内であっても光源さえあれば充電されるので、電池切れを気にすることなく使用できます。また、一度フル充電された状態であれば、3ヶ月程度暗闇で使用することができる商品もあります。

有線のパンタグラフ式キーボードおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

パンダグラフキーが採用されたMac用のフルキーボードです。表面にメタルシートが採用されているため、軽いタッチでスムーズに入力しながら、打鍵に適度な重量感を感じられます。commandキーやoptionキーなど、Mac特有のキーにも対応しています。テンキーもついているため、エクセルなどで頻繁に作業する方にもおすすめです。ファンクションキーも装備されていて、輝度の上下や音量調整にも適しています。様々な操作をキーボードでフルに行いたい方におすすめの商品です。

接続タイプ
-
キー間隔
-
キースイッチ
-
付属機能
-

パンダグラフキーが採用されたMac用のフルキーボードです。表面にメタルシートが採用されているため、軽いタッチでスムーズに入力しながら、打鍵に適度な重量感を感じられます。commandキーやoptionキーなど、Mac特有のキーにも対応しています。テンキーもついているため、エクセルなどで頻繁に作業する方にもおすすめです。ファンクションキーも装備されていて、輝度の上下や音量調整にも適しています。様々な操作をキーボードでフルに行いたい方におすすめの商品です。

接続タイプ
-
キー間隔
-
キースイッチ
-
付属機能
-

出典:Amazon.co.jp

サンワサプライのコンパクトスリムキーボードです。従来のパンタグラフキーボードと比較し、キータッチ音が約1/3の静音タイプです。サイズを極限まで小さくした超コンパクトデザインなので、狭いデスクでも邪魔になりにくく、スペースの有効活用ができます。タッチ音が静かなので、深夜のパソコン作業をする方におすすめです。

接続タイプ
-
キー間隔
-
キースイッチ
-
付属機能
-

サンワサプライのコンパクトスリムキーボードです。従来のパンタグラフキーボードと比較し、キータッチ音が約1/3の静音タイプです。サイズを極限まで小さくした超コンパクトデザインなので、狭いデスクでも邪魔になりにくく、スペースの有効活用ができます。タッチ音が静かなので、深夜のパソコン作業をする方におすすめです。

接続タイプ
-
キー間隔
-
キースイッチ
-
付属機能
-

出典:Amazon.co.jp

薄型のパンダグラフ式のキーボードです。浅いキーストロークで滑らかに打てるため、長時間の作業でも疲れを感じずに正確なタイピングが行えます。バックライト付きのイルミネートキーを採用しており、夜間や暗い場所の作業にもおすすめの商品です。

接続タイプ
-
キー間隔
-
キースイッチ
-
付属機能
-

薄型のパンダグラフ式のキーボードです。浅いキーストロークで滑らかに打てるため、長時間の作業でも疲れを感じずに正確なタイピングが行えます。バックライト付きのイルミネートキーを採用しており、夜間や暗い場所の作業にもおすすめの商品です。

接続タイプ
-
キー間隔
-
キースイッチ
-
付属機能
-

ワイヤレスのパンタグラフ式キーボードおすすめ4選

メカニカルキーボードもあわせてチェック

耐久性が優れていて、タイプミスも減らすことができるメカニカルキーボードについてまとめています。選び方やおすすめ商品を紹介しているので、気になる方はあわせて参考にしてみてください。

パンタグラフ式キーボードのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

紹介されているメーカー